ブログ→韓ドラの奇跡



新館ブログ→韓国ドラマあらすじ園


トップページ


メニュー

キャストページ

赤と黒
「悪い男」(赤と黒)(bad guy ) SBS-2010-05-26

欲望に向かって疾走する一人の男の愛と復讐の物語。

キャスト紹介
全17話ネタバレあらすじはここ

ナナム
キムナムギル
シン・ゴヌク(キム・ナムギル)

アクションスタントマン。29歳
外国語実力まで兼ね揃えた優れた才能の持ち主。
幼い頃、大財閥家の息子として養子になるが後に追い出され、その心の傷で海神グループに対する復讐を夢見る。
完璧なボディー、悩殺的な笑みと悪魔的なカリスマで、すべての女性達を虜にする魅力の持ち主。
成功のためなら愛など必要ない。
愛してはいけない女、自分とあまりにも似ているジェインがしきりに気になる。


ミンホ
ムン・ジェイン(ハン・ガイン)

美術館アートコンサルタント、29歳
常に1位で名門大を卒業したが、平凡な家のジェインに世の中は甘くなかった。
財閥の家のように優雅に暮らしてみたいが、チェインには夢のようなものだ。
海神グループの隠された息子ホン・テソンに近付いてみたが、彼はテソンではなくゴヌクだった。
偶然に日本で本当のテソンに出会うが、財閥後継者と結婚しようとする俗物的な目標と、
自分の弱点をすべて見せてくれたゴヌクに何故か引かれていく自分に気づく。


ジェウク
ホン・テソン(キム・ジェウク)

海神グループ後継者。29歳
海神グループの後継者で羨ましいことすべてを持っているが、家族の愛をただ一度も感じてた事がなく
、寂しさを抱えている。唯一、頼って愛していたソニョンの自殺によって、現実逃避のため日本行へ向かう。
偶然にジェインに会った後、また感じることなど出来ないと、思っていた愛を感じ始める。
しかしすべてのものを奪うために、緻密に近付いて来るゴヌクと、自分の愛と家族を守るため
避けることが出来ない対決を、繰り広げることになる。


テラ
ホン・テラ(オ・ヨンス)

35歳、グループ長女。
財閥家の娘たちがするように、彼女も愛ない政略結婚を当然のように受け、一児の母と同時に妻として暮してきた。
しかしゴヌクに出会い、ただ一度も震えたことのなかった心が震え始める。


キャスト
ホン・モネ(チョン・ソミン)

ヘソングループの末っ子。21歳
明るく天真爛漫さを武器にしたいことだけしながら育った。
画家の夢をつかむことができなかったお母さんの希望から、名前もモネだが、
美術よりは踊りが好きで何にでもすぐにハマりすぐに飽きる。
自分の誕生日に、ヨットの上に下りて来た男、ゴヌクに一目惚れする。
しかしゴヌクの愛が、自分を利用するための手段だったということを知った瞬間、背信感を感じて初めて
自分が愛を感じた人が、自分をただの一度も愛さなかったという事を知ったモネの感情が、
向かうところは彼女自信さえわからない。

キャスト
ホン・ジョンス (チョン・グクァン)

ヘシングループの会長

キャスト
シン・ミョウン女史 

ヘシングループ会長の妻。美術館館長

ジビン
ホン・テギュン 

ヘシングループの会長、長男。

キャスト
パク検事

テラの夫。

キャスト
クァク班長 

警察。コヌクの秘密を探っていく。

キャスト
ゴヌクのパートナー(協力者)

コヌクの仲間。

キャスト
イ刑事

クァク班長の部下。


キム・ソンジョン室長

ヘシングループに30年務める。シン女史の指示を受け動く。

キャスト
オム常務

モネ婚約者。

キャスト
ソニョン

ホン・テソンの恋人。

キャスト
ムン・ウォニン

ジェインの妹、高校生。

キャスト
マサル(三浦孝太)

日本でコヌクに雇われ動く。

キャスト
リュウ先生(豊原功補)

日本の大学講師、ガラス仮面を作っている。

キャスト
チャン監督

アクションスクールの監督。

キャスト
女優、ヘジュ

コヌクが働くアクションスクールで撮影した女優。

キャストページ


ブログ→韓ドラの奇跡



ツイート


トップページに戻る


メニューに戻る