悪の恋愛術 (講談社現代新書)



悪の恋愛術 (講談社現代新書)

分類:
発送可能時期:アクセスしてご確認下さい
参考価格:¥ 714 (消費税込)


「利己的」で「独りよがり」で…
著者は読者に、自分の本質が利己的であること、独りよがりであることを認めるべきと言っています。
けれど、だからと言って「利己的」で「独りよがり」であることに胡坐をかいていいわけではない、ということに後になって気づきました。

開き直っていた数年間(?)を思うと、恥ずかしいというかもったいないことをしたというか…。

ところで「イギリス植民地支配に学ぶ贈与」のくだりは面白いと思いました。香港はイギリスの植民地だったけれど、植民地って人がイメージするほど悪くない。香港にとっては中国領でいるより幸せだったのではないか―男女関係にも同じことが言えますね(笑)「あげまん」「さげまん」とは、ほとんどこの発想でしょう?

私も「イギリス」と付き合いたいと思ってしまいました(笑)これってエゴイスティックな発想…(汗)!?

けっこうすごいことが書いてある
恋愛術がどうこう以前にこの著者が慶應高校時代にどのような学生生活を送っていたかに関するエピソードが、かなり過激というか、よくぞここまで本当のことを書いたものだと感心しました。今の慶應生もそうなのかと思うと愕然とするというか。人の記号に対する感度や植民地支配あるいは文部科学省の教育政策など、なるほどと思わせてくれるくだりはたくさんありました。

恋愛の本質をズバッと
恋愛ほど無垢な善意や無意識な純粋さが美しいと勘違いされているものはないでしょう。
本来は福田氏が言うように支配・被支配の構造であり、どちらの恋愛物語に相手を取り込むかの「闘い」であるにも関わらず。

そこで「悪の」恋愛術が効いてきます。
意識的に戦略を立て、駆け引きを楽しむ。
恋愛が結局はエゴであり自己チューであることをしっかりと認識した上で、甘い夢を見るのではなく苦い現実の恋愛を精一杯楽しむ。
それこそが大人の恋愛というものでしょう。

素敵な大人になりたい方、見た目だけちょい悪オヤジを目指すのではなく内面からの「悪」を身につけたい方、読んでみられてはいかがでしょうか。

恋愛は、厄介で愉しい贅沢品
エピローグのサブタイトルの「恋愛は、厄介で愉しい贅沢品」、特に「厄介で」というのが、この本のポイントなのだと思います。「厄介」なことを面倒くさがる人には、恋愛は楽しめないということでしょうか。

恋愛においてもイギリス植民地の見事さ(自然の良港をもつという素材のよさに着目して、中国から奪い取った寒村に大投資をして、世界的な貿易都市「香港」を作りあげた)にならえという指摘には、なるほどと思ってしまいました。

きたいはずれ
私は期待して買ったのですが思ってたほどのものではありませんでした。はたしてこの本が恋愛術というところが疑問です。
著者の語り口もあまりいいとはおもえないですし。
著者のほかの本(作家の値打ち)などは楽しめましたが、
この本はあまりおすすめできません。




悪の恋愛術 (講談社現代新書)

DVD付 5分若返り宝田流美顔マッサージ

Dr.YOSHI☆アメリカ開業医はつらいよ!―留学から15年、私が見た本当のアメリカ医療

ここまで来た!アトピー最新医療―アメリカの分子栄養学

医療コンフリクト・マネジメント−メディエーションの理論と技法−

IFRS 国際会計基準で企業経営はこう変わる

なぜあなたはやらないのか―異端起業家になる (小学館文庫)

モンスターペイシェント―崩壊する医療現場 (角川SSC新書)

超簡単 お金の運用術 (朝日新書)

恋愛の昭和史 (文春文庫)

最新ブログ 更新情報 ブログ2