I LOVE パノラマカー 7000 !

 

 

きまぐれ日記  

 

 

 

Diary 過去

 

萌え車両

 

乗り

飛行

お出かけ

 

 

 

 

GW後半は撮りには微妙そうな予想。

でも、ダラダラと過ごしたくはない。

でも、お金を使って、混雑している所へは行きたくない。

そこでひらめいたのは、近鉄週末レールパス。

金土日と乗り放題で4100円と格安です。

気になるのは、GWも使用できるのか?

前日までに購入が必要なため、妻にお願いしておいたら、買ってきてくれてありました。

ということで、私の3日間の運命が決まりました(笑)。

珍しく3扉クロスで伊勢中川からの大阪線を移動できました。

 

ということで、大和八木。

特急には乗らず、後続にて。

 

15年以上前に壺阪山までは乗ったことがある吉野線。

吉野までは初乗りとなります。

 

新緑を車窓にカーブの多い路線をゆっくりなぞり、

福神にて。交換待ちの間に。

 

ロングシートとはいえ、旅気分上がります。

 

目指すは上千本か。

 

ブルーシンフォニーと交換します。

 

撮影地として有名な鉄橋で吉野川を渡り。

 

車内は予想に反してガラガラで終点に到着しました。

 

 

 

 

 

 

初めての吉野。GW真っ只中に関わらずまったりしています。

 

バスもあるようですが、気持ちのいい季節。

迷わず、ハイキングを選択します。

 

 

何とケーブルは運休。かきいれどきのはずですが。

理由は不具合発生とのことでした。

 

しかし、昭和感たっぷりです。

 

 

ケーブルが営業する区間を自力で登り。

といいつつも、それほどの距離ではありませんでした。

営業していても儲からないのかもしれません。

 

人の数に比べるとお店の数は結構多く。

 

 

 

さすがに名物の柿の葉すしの店も多いです。

 

そして見えて来ました。

 

ここ金峯山寺の蔵王堂の公開に来たかったのです。

 

料金は1000円。ちょっと高めですが。。

 

 

(イメージ)

いや〜すごい迫力で圧倒されました。圧巻。

 

蔵王堂を堪能し、さらに登ります。陽気がいいのがなにより。

 

 

 

この辺りから店は少なくなり、ハイキングっぽくなりました。

 

 

 

 

日当たりのよくない所を好む花だそうで。

 

 

駅前で見たバスでしょうか。ここまで登ってくるのですね。

 

 

道の途中にこうしたお店があります。

 

こちらはくず餅が食べられるお店。

誰かと一緒なら休憩していることでしょう。

 

国立公園でもあり、世界遺産でもあり。その割には静かです。

 

吉野水分神社に到着。上千本です。

 

 

おお〜世界遺産。

何もお金も落とさず境内を歩かせていただき、お礼だけ言い出てきました。

 

静かな時間が流れる午後。いいGWです。

 

こちらは定番の展望台。

といいいますか、桜の時期は有料の場所となるのでしょうか。

 

 

 

こんな感じで独占。桜なら感動でしょうが、新緑もなかなかです。

 

蔵王堂も見えます。

さあ帰らないと。下山開始。

 

 

帰り道、早足で下っていると、店主より声がかかりました。
お店の前はいい眺め。(気持ち的には早々と帰宅のつもりでしたが)
のどかな時間の中、しばしのお話タイムとなりました。
築150年の建物ということですが、開放的な店からの新緑の山々の眺めが素晴らしかったです。
ただし、世界遺産に登録されて、庭の木1本を切ることにも厳しいそうで、
この眺めも永遠に見ることができるとは限らないそうです。
熊野、高野山、吉野山の世界遺産はともに参拝道、修験道としてのものとのことで、
ここ吉野は展望してもらうと分かる通り、道が尾根沿いに続いていて、
修験道としてのものである。この通りも世界遺産に登録されている。
最初は何もなかったが、修験者の心の拠り所として金峯山寺ができ、民家が増えた。
民家も尾根沿いに立ち並んでいるが、生活するには不便なところで、例えば、水は
谷に集まるため、今でも水の確保は大変であり、野菜を作るのも大変で、自給自足の
反対な生活であることを教えてもらいました。マチュピチュにしても同様に生活には不便
なところであるが、特殊な事情で町ができたのだろうとの話でした。
金峯山寺で7メートルを超える大きな金剛蔵王権現立像を見て来た話しをしましたら、
本尊はもっと高い所にあると教えられました。調べてみると、山上ケ岳(大峯山寺 本堂)
のようで、修験道の聖地として知られた1719.2mの山のようでした。吉野から熊野の山は
奥が深いなあと。
GWにも関わらず、人が少ない感想を述べたら、観光とリゾートとは意味が違い、子どもの日
を含むGWはリゾート的な場所が好まれると思われ、桜以外の時期の集客が課題と話してくれました。

 

 

 

気分もよくなり、足取り軽やかに。

 

お土産もゲット!くずまんじゅう。

 

もう一度、きんぷせんじに寄って。

 

 

 

運休中のケーブルを見て。

 

17時の時報に見送られながら。

 

17時過ぎの列車で帰宅しました。

 

 

途中からバリ晴れとなり、途中、壺阪山で交換したY8編成にがっかり(撮りできずで)。

 

 

 

 

 

大和八木でもバリバリの日没に見送られて帰宅となりました。

 

 

2017.5.5

伊勢中川にて。夜のホームも気持ちのいい陽気。

過ごしやすい季節は長続きせず、もったいない気持ちでいっぱいになりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.5.4

5月3日に続き、この日も完全非鉄。

初めて、園原の花桃の里へ。想像を絶する桃源郷でした。

(2017.5.18掲載)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.4.30

晴れ保障された1日。レンタカーまで予約し新幹線で往復という気合の入った出撃となりました。

以前から行きたかった貴重な編成ポイントと俯瞰ポイントに行くことができ、なかなかの成果でした。

しかし、もっと早く到着していれば、上りの定番でバリで決められたこと、

俯瞰ポイントでの切り位置が、1Dの連写速度であったなら満点だったこと、

16時台の筋が山陰でまともに活かせなかったこと等杭が残りました。

贅沢言い過ぎてはいけないと思いますが、新緑ラストチャンスと思うとどうしても(汗)。

(2017.5.10掲載)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.4.23

衣臨853に連続出撃。この日は終日快晴の絶好な撮り日和でした。

853は午前中で運用終了で、午後からのネタがなく途方に暮れました(泣)。

海30Y記念の名古屋工場公開に行きたかったですが、853と同期が痛かったです(泣)。

午後からは新緑狙いで本宿に向かいかけましたが、向かう先に雲が見えたため(汗)、

Uターンし、上野間方面に行きましたが、これが正解で19:15の暗くなるまで撮っていました(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.4.22

衣臨に853ということでしたが、曇りなのと撮影地は激混みということで

人がばらけだした頃に出撃。

メインは半田埠頭なので、午後から夕方まででかなり楽しめました。

自分には珍しく、翌日の場所を確保し帰宅しました。

(2017.5.3掲載)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.3.19

大府で鯨を捕獲後は、さくらトレイン狙いに。

しかし、さくらは岐方でした。

6RやSRもややネタ化していますね。

(2017.3.27掲載)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たー他