I LOVE パノラマカー 7000 !

 

 

またまた北海道へ(2017.9.2〜3)
 

 

7月にも行きましたが、また北海道へ。

いい訳をすると(誰に?)もともと、こちらを先に予約してあったところ、

航空機の雑誌に煽られて、7月の千歳基地航空祭行きを急遽入れただけの話で、

今回は正当な?北海道行でありました。

 

前置きはどうでもよくて本編へ。いつものパターンで土曜日。

7月同様ジェットスターを利用します。

セントレアのLCCは時間が悪かったりしますが、ジェットスターの千歳便は使えます。

 

 

 

 

 

 

 

定刻より5分程度遅れて発車。

 

 

四日市上空を見下ろして。低い位置に雲があります。

 

こちらは長島。

 

さらに上昇して、木曽三川。

 

岐阜市内と金華山。

 

そして、岐阜基地とよく見えました。

 

 

いつも通りアルプスが見えて来ました。

 

 

 

北アルプスでしょう。

 

そのまま日本海へ。

 

こちらは佐渡島。

 

その後は雲が多くなり、北海道はお決まりの曇り空。

3月、7月に続き、毎回天気が悪いです。

 

沼ノ端駅上空。

 

 

ウトナイ湖。

 

着陸します。

 

日曜は晴れそうだったので、一眼レフを急遽持参して来ましたが、

今日は晴れない感じ。機内で時刻表をめくると予定していた筋より早いのに乗れそう。

 

ということで、一日散歩きっぷを慌てて購入し、

7月に途中断念した秘境駅への旅をすることにします。

 

7月同様のルートをたどります。ここで乗り換え。

 

 

 

時間があるため、しばし撮影。

 

 

 

 

 

乗車する列車がやってきてサボ替え。

サボを隠されてしまい交換風景をうまく撮れませんでした(残念)。

 

 

 

何はともあれ、予定より早い筋に乗れました。

 

幸せのBOX席。今や最高の贅沢です。

 

 

社台辺り。

 

各地に咲いていた黄色い花。

 

 

時間があるため、初下車してみました。

 

 

 

すぐ近くが海です。北の海といった感じです。

 

 

 

 

台風のために豪快な海でした。

最初、飛行機が定刻で飛ばないかもと思っていたくらいなので、運が良かったです。

 

 

登別へ戻ります。

 

 

富浦から乗った列車が登別で折り返し、室蘭行きとなるため、そのまま荷物を置いて。

 

 

 

前に出てみます。7月はここで慌ててとんぼ帰りでした。

 

 

 

天気が悪いせいか、時間が悪いせいかひっそりしていた登別でした。

 

 

 

なかなかお得なこちらの切符。18切符より安いバーゲンプライスです。

ただし、普通列車が少なく、他の同業と同じようなプランになるのが残念。

 

 

 

東室蘭でサボ交換。

ホームと反対側は車内から交換となりますが、座っていた若者はびっくりしていました。

 

窓の開く車両にサボ交換。乗り鉄の醍醐味でした。

 

 

室蘭に到着。

室蘭〜東室蘭が未乗だったため、早い筋に乗れたことをいいことに乗りつぶしました。

 

そして、こちらをゲット!

 

 

 

東室蘭に戻りました。次の長万部行きまで時間があります。

 

 

 

台風ではなく、鹿に衝突で列車が少し遅れているのもあり、ホームで母恋めしを食べて待ちます。

 

 

かなりかわっている(とんがっている)駅弁でした。

 

しかし、ひとつひとつの味は確かでおいしくいただきました。

 

 

私が初めて北海道へ来たのは鉄道で、青函トンネル経由でした。

函館に着くと、この北斗やダブルデッカーが待っていて、北海道を実感しました。

 

 

こちらは元スーパーホワイトアロー車。

ワイド周遊券で乗り放題もいいことに札幌〜旭川でよく乗りました。

 

そして、今日乗るのはこちら。

ワイド周遊券もなくなり、乗せられている感のある特急より、

ローカル列車に贅沢を感じるようになりました。

 

こんな風景も、

 

こんな眺めも、

 

こんな停車時間も普通列車ならではです。

しかし、この駅はいい雰囲気でした。いい撮影地でもありますね。

 

さらに西へ。車内には同業者が多くいるようです。

 

 

 

 

そして、到着!

 

案の定沢山の人が下車しました。

 

これでは秘境感ないですね。 18切符も使える時期ですし、仕方なしです。

 

帰りの列車まで20分程。

 

正直過ごし方が分からないです。というより、時間がなさ過ぎで。

 

ちょっと引いて。

 

こんなのがあったり、

 

こういうのもあったり。

 

20分で海まで往復できないことはない感じでしたが、

駅の雰囲気をのんびり味わいたくて、止めました。

 

列車本数に注目です。到達難易度の高い駅です。

 

北斗が通過。

 

 

 

そして、帰りの列車が来ました。

 

 

車内は割と混んでいて、海から離れたら少し退屈になりました。

もう、訪れることのないであろう小幌駅でした。

 

 

 

東室蘭1658発に乗り継いで。

 

白老で交換待ちです。

少し時間があるため、改札を出てみたかったですが、貨物が停まっていたため、

先頭へ行っていたらタイムオーバーとなりました。

 

 

 

 

 

 

苫小牧に戻って来ました。

今日は明日の予定を考え札幌に宿を取りました。

 

苫小牧からは普通列車で札幌へ行く予定でしたが、

快速に乗り換えるとこちらに間に合いそうということで。

 

格好いいですが、ニセコの下はホームライナーですか。

 

 

 

夕食はアピオの中のこちらへ。大盛で1200円程。

札幌らしい味噌ラーメンでした。

 

翌日曜日。

泊まったのは、こちらJRイン。

地下のお風呂前のラウンジには北海道の鉄道本なんかも揃っていて

楽しかったです。枕もこだわっていて良かったです。

 

朝の札幌駅。

 

お決まりの切符。

 

 

向かうは、小樽。

当初は未乗の札沼線を乗りつぶす予定でしたが、迷いに迷いニセコ狙いとしました。

 

小樽でDCに乗り換え。函館山線を行くのは20年以上ぶりです。

 

 

ニセコの前走りに乗っています。小樽805発。

 

心配なのは天気てす。小樽までは雲が多かったですが、少しずつ晴れてきました。

 

 

こちらで初下車します。

途中の定番撮影地には30人近く集結していましたが、徒歩アクセスはとても無理な距離でした。

 

岩内線! 乗ったことがありません。

 

小沢駅職員一同とあります。歴史感がすごいです。

 

さあ、撮影地へ歩きます。

 

 

前夜に○○さんに教えてもらっていた通りの駅近くの撮影地でした。

台風が道東方面へ行ったことで、撮影できる天気となっただけでなく、無事に晴れました。

 

皆さん車で追っかけに行きましたが、こちらはその必要はなし。

気分も良くなり、ゆったり気分です。

 

 

有名な名物ですが、欲しくないためパス。

 

代わりにこちらへ。

 

 

記念に買いました。このシリーズついつい買ってしまいます。

 

 

夏とはいえ、さすが北海道。なかなか涼しく快適です。

 

時間はありますが、他に行くところもないため、入場券に記されている跨線橋を見ながら過ごします。

 

 

 

 

緑と青空に夏雲のコントラストもいい感じ。

 

倶知安行きが来ました。小樽行きはまだまだ先のため、逆方向の倶知安へ向かいます。

 

 

 

 

 

 

倶知安に到着。ここでしたいのは空のペットボトルに水を汲むこと(笑)。

 

 

 

 

こちらが有名な水です。

20年以上前にも来ているはずですが、飲んだ気がするという記憶しかありません。

 

 

 

右側の小樽行きに乗車。

 

 

隣の席では、たまたま乗り合わせた倶知安とニセコ在住の人のお話が始まりました。

結構盛り上がっています。

 

暑い内地には住めないだの、今の所に住むことになったきっかけだのと悠々自適の生活を

されている様子が伝わってきます。

 

 

 

小樽に到着。隣の席のお二人。片方は別れが寂しそうでした。

メルアドでも交換すれば良かったのに。

 

 

ちょうど、石原裕次郎展示がされていましたので、ちらっと拝見。

 

 

こちらは本当の?駅長室を公開。

 

 

 

 

 

 

さあ、帰宅への最終ランナーです。始発から好きな席に乗るのはいいですね。

クロスシートで良かった。

 

北海道新幹線延伸13年後ですかあ。

 

 

思いの外眺めのいい区間。張碓駅ってとっくの昔になくなっていたのですね。

 

マヤ検が。この数日後、最後の仕事に出かけたようです。

 

札幌を過ぎて千歳線へ。

つかの間ですが、北海道らしい車窓が広がります。

 

 

離陸まで時間があるので、というよりも、本命が飛ぶため、デッキへ来ました。

 

 

天気は最高です。ニセコといい、一眼を持ってきた価値がありました。

 

 

 

 

 

 

背景すっきりで最高のロケです。これがお気軽に撮れるとは。

 

そして、本命登場!!

背後に千歳線も。

 

 

バリ晴れの最高の天気の下、離陸へ向かいます。

 

 

緊張が高まります。

 

ワンツースリーと決まりました。最高最高!大興奮。

 

見えなくなるまで追って。

 

 

 

 

天気がいいためその後も撮影を続けますが、気持ちはもう十分に。

 

おまけにバッテリーが切れそうです。

一眼を持参するつもりがなく、充電をまもとにしていませんでした。

何という適当な準備を。北海道まで来るのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく粘りましたが、カメラも自分も充電切れ、おまけに時間切れ(苦笑)。帰り時です。

 

 

 

帰りもジェットスターで。1650発ですが、もう最終案内となっていて焦りました(汗)。

 

 

飛行機で遊び過ぎたのか、土産を選び過ぎたのか(汗)。

 

 

セントレアまでよろしく頼みますね。

 

 

離陸!

 

夕日に照らされる新千歳空港。政府専用機2機が見えました。

 

 

到着時とは違い、いい天気の中、さよなら〜北海道〜。

 

 

月も出ています。

 

恵山が下に。行ったことがないですね。

 

こちらは下北半島。雲があって分かりにくいですが、しっかりと確認できました。

こちらは20年以上前に恐山やら大間へ行っています。下北交通にも乗りました。懐かしい。

 

こちらは野辺地の町。南部縦貫鉄道にも乗りました。

2016年1月には18切符と三セクで青森まではまなすを撮りに行き、

帰りに雪の野辺地で小休止(停車)しました。

 

海沿いに風力発電が設置されていますが、ここはどこでしょうか。

秋田県内辺りと思いますが、分かりませんでした。

 

 

雲もバラエティ豊かで飽きませんでしたが、暗くなってくると眠たくなりました。

 

 

目が覚めるとここはどこ? まさかと思いましたが、三河湾でした。

ぐるっと南からセントレアに入るようです。

反対側の車窓からは夕日がきれいなようです。

 

ということで、最後はこちらが夕焼け側となり、着陸となりました。

 

セントレアに到着。

 

帰宅して、千歳で購入の佐藤水産の弁当を。

 

 

今年は3回北海道へ行きましたが、全て千歳、札幌近郊となりました。

来年は最北を目指してみたいです。