I LOVE パノラマカー 7000 !

 

 

季節はずれの北海道へ(2017.3.4〜5)  

 

 

 

何をもって季節はずれというかは不明ですが、

3月という中途半端な季節の北海道に行きました。

もともとは、HISの初売りプランが格安なのに空きがあったことが発端で

朝早くの出発で夜帰宅と2日のプランながら滞在時間多めでした。

 

3月4日(土)セントレア

 

 

機内からタイのA380が見れました。

 

こちらも機内から。さすがに近いですね。

 

離陸し木曽三川。その後一宮から岐阜基地を見ながら北上しましたが、

その岐阜基地辺りから雲で下界が見えなくなりました。

 

やがて雲が切れると見事な雪山が。

 

 

 

 

北アルプスでしょうか? 神々しい眺めでした。

 

日本海へ。その後は雲の上となりました。

 

北海道に到着しました。苫小牧方面でしょうか。

 

ラリージャパン以来の久しぶりの北の大地です。

 

樽前山を見ながら新千歳空港に着陸です。

 

ピーチがいました。関空からは安く来れそうでいいなぁ。

 

僕らを乗せてきてくれた飛行機。

 

帰りに買うお土産のあたりをつけるため、到着したら店を見て回ることにしていました。

 

 

 

 

キノトヤ、ロイズ、ルタオと。

 

シレトコドーナツは東京駅でいつも見ていましたね。

 

昼飯はラーメンとしました。

 

家族で入りたい店が割れて。

 

自分はこちらに。弟子屈という店です。

20年以上行っていない弟子屈の町に思いをはせながら。

 

鮭とばの塩ラーメンにしました。

ラーメンといえばにぼしやしょうゆが好きなのですが、北海道ということで。

北海道らしい味がしました。

大学生の時に北海道によく遊びに行っていたのを懐かしく思い出しました。

 

試食もしたし、ラーメンも食べたし気分が良くなって。

 

ふらふらと。

 

 

フードコートの前が滑走路です。なかなか贅沢な作りです。

 

時間があるため、こんなところにも入ります。

 

 

 

 

 

 

 

さあ、移動です。

 

 

行き先はこちら。そう、1時間に1本のシャトルバスの時間待ちでした。

 

 

娘は北海道の雄大な眺めに感動していました。うらやましいな。

 

 

ノーザンホースパークに到着しました。

初めて来ましたが、広いですね。

 

 

 

 

馬とふれあい(えさやり)。

 

 

馬蹄の形をしています。

 

ハッピーポニーショーを見学しました。

 

 

 

なかなか楽しいショーでした。

 

 

 

しかし、一番盛り上がったのはこちら(笑)。

いや〜楽しいそりでした。10回以上滑ったかも。中国人?に笑われましたが。

 

 

 

短い滞在でしたが、入場も無料で、いい時間を過ごすことができました。

さすがは社台ファームですね。

 

新千歳空港から小樽へ向かいます。

 

 

確かデンマーク国鉄と提携した駅だったような。

 

 

 

札幌までの沿線は宅地化が進みましたね。

 

海が見えるのが分かっていて進行方向右側の座席に座りましたが、やはりこの車窓はいいですね。

 

 

 

 

 

南小樽で下車しました。既に夕方です。

 

 

さすがに坂の街小樽。

 

小樽は家族や会社の旅行やらで何度も来ていますが、街が変わってきていると思います。

ガラスやオルゴールの店に入ったり、前回は寿司屋通りで寿司を食べた記憶がありますが、

これだけスイーツの店があった記憶はありません。

 

六花亭と北菓楼。

 

ルタオ パトス。ここに入りました。

妻が「ここ、ここ。テレビでやってた」と。

 

夕食食べ放題が控えているため、控えめに。

しかし、チーズケーキはうまかったです。

ルタオのチーズケーキ今まで食べたことなかったのですが、たちまちファンになりました。

 

向かいにはルタオのショコラの店が。

 

試食でチョコを1粒いただきました。なかなかサービスがいいですね。

それにしても、ルタオ5軒ほどありました。おそるべし。

 

ガラスの店に入ります。

 

 

 

お父さん預かる?(笑)

自分は預けられずに済みました。

 

古い建物をうまく活用していますね。

外国人しか入っていない店もありました。

 

 

気温は2.5度(道内の人はマイナスは言わないとか)でしたが、風がなかったため、

それほど辛くありませんでした。伊吹おろしの方がよほど寒いですね。

 

ということで、小樽運河。

日没時間となったためか、ガス灯がついて風情が出ました。

 

 

 

見事なツララ。

 

さあ時間です。駅へ向かいます。

 

雪に埋もれる手宮線跡。

 

 

ロングシートの車両が増えましたね。

 

 

 

地下鉄ですすきのへ。

 

 

夕食はこちら。今回のプランについていました。

 

 

かに食べ放題が最高でした。

焼肉もありましたが、3人でかにばかり食べていました。

これだけかにを食べたことも今までにないかも。

それにしても、外国人の団体がすごい数でした。

 

翌日は家族と別行動ですが、結局、この時まで自分はどこに行くか決めかねていました。

夕張まで往復するか、札沼線を新十津川まで行くか、大雪を撮りに行くか。

 

3月5日(日)

 

ホテルから。いい天気です。

 

ホテルのシャトルバスで札幌駅に。

ここから別行動です。既に札沼線プランは消えています。

 

 

時間があるため、観光名所を徒歩で巡ります。まずは旧道庁。う〜んバリ順。

 

 

時計台。違うアングルで。

 

大通公園。

 

 

 

北海道新聞社。「ど〜しん」です。

 

 

駅に戻って来ました。

 

さあ、旭川へ向かいます。自由席なので少し気が焦ります。

 

 

 

 

前日のダイヤ改正でスーパーが取れてカムイとなりました。

 

席は空いていました。しかし、朝食を買い損ねました。まあ、慣れていますが。

 

 

旭川まで1時間25分の旅です。

 

大学生の頃、北海道ワイド周遊券でよく乗りました。

 

 

 

 

北海道らしい道。萌えますね(笑)。

 

青空も広がって。

 

 

もうすぐ旭川。一気に雪が深くなりました。

 

旭川に着きました。それほど寒さを感じません。

 

 

 

 

ライラックに大雪。名称復活ですね。

 

 

新しくなった旭川に初めて来ました。

 

買物公園。ずっと向こうまで歩いたのは20年以上も前。

途中のラーメンの名店に入った記憶があります。

 

 

 

旭川駅の反対側はこんな感じ。まるっきり川があるだけです。

こんな駅も珍しいのではないでしょうか。駅の表裏の表情が違い過ぎです。

川なので、駅前とはいえ、開発しようがないということでしょうか。

 

 

コンコースを十分に見ることができないまま、時間となり、ホームに上がりました。

 

 

 

 

 

 

本命はこちら!

もっといい背景の場所へ移動しようにも列車がなく、こちらで妥協しましたが、

雪の巻き上げがいい感じとなり、良かったです。

 

 

スラントノーズいいですね。国鉄色でないのがもったいないですが。

 

ヘッドマークが復活して良かったです。萌えます。

 

本命を撮ったら、ライラックで札幌へ戻ります。

雪を巻き上げて。

 

 

JR北海道の車内誌は健在です。

東京駅にあったJR北海道プラザで何度か入手したことがありますが、現地でゲットが一番です。

 

途中、眠くなりましたが、寝たらもったいないので、頑張って起きていました。

雪の反射がまぶしくて、目を閉じてしまいますね。

 

しかし、頑張って起きていれば、きれいな車窓も流れて行きます。

 

 

 

 

 

札幌に到着。帰りはなかなかの乗車率で、私の隣にも美唄から座ってこられました。

 

 

 

 

 

 

 

エアポートで千歳へ向かいます。今日はまだまだあります。

 

 

 

千歳にて。

 

 

 

 

さあ、乗りましょう!

 

北海道らしく二重窓です。

 

しかし、眺めが悪いため、1枚窓を上げます。

 

 

 

 

追分で小休止。

 

駅前へ出てみます。普通列車ならではの特権です。

 

 

 

おだやかな時間が流れます。北の駅にて。

 

 

 

 

しかし、この1枚はミスりました。

おだやかな時間を堪能しすぎました(苦笑)。

 

この位置から撮るべきでした。

 

 

 

列車交換を繰り返すため、なかなか前に進みませんが、

やっと、夕張方面に進み始めました。向こうに見えるのが、新得方面です。

 

 

 

 

 

 

廃止になることが決まっている線。

かみしめながら乗車します。

 

 

右手にスキー場を見ながら夕張に到着しました。

 

駅横はスキー場となっています。

残念ながら鉄道が発着していることが不思議な雰囲気です。昔はそうでなかったと思いますが。

 

 

1日5本のみの時刻表。

 

 

夕張に停車中。

しかし、撮影していると列車が動き始めてしまいました(大汗)。

必死に運転士さんにアピールし、ドアを開けてもらいました(これって広島でもやってしまった)。

向こうで撮っている人がいたため、まだ時間は大丈夫と思い込んだのが間違いでした。

 

 

ああ、下車したい。でも、下車したらえらいことに。

帰りの飛行機の券は自分が持っています。

絶対にこの列車で戻らないといけません。

 

 

 

新夕張で待ち時間となりました。

今度は乗り遅れのないように注意しつつ、駅前に出てみます。

 

 

 

 

 

ホームに戻ると貨物列車が通過して行きました。

 

北の美しい夕景。車内からはうまく撮れず。

 

追分。こちらでもしばしの停車。

 

新千歳空港で家族と合流しました。

さっきまでの場所、時の流れと別世界です。

 

 

 

 

私は夕食を食べる時間がなく、弁当を。

 

 

こちらもうまい。弁当で良かった(笑)。

 

 

デザートも。キノトヤ。

 

出発が10分遅れました。

保安検査場を早く通過し過ぎました。

 

 

名古屋駅上空。

 

ロイズのベーカリーにて購入。

 

 

やはり、北海道は食のパラダイスでした。

あと、札沼線初乗りや道東方面へも久しぶりに行きたいです。

また、行きたいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たー他