I LOVE パノラマカー 7000 !

 

岡山鳥取島根(2017.10.7〜9)

 

 

2017.10.7(土) 岡山。

 

 

中国勝山!

 

津山線で。ホームに降りると何とノスタルジー車両が待っていました。

 

 

席を確保し、顔を撮りに。

 

並びも。

 

 

座席はこちら! 運良くベストの席に座れました。

 

じきに旭川が見えて来ます。

 

 

 

 

弓削と書いてゆげ。やっと覚えることができました。

 

こちらもおなじみの駅。下車したいなあ。

 

津山に到着。姫新線に乗り換えです。

 

 

 

 

中国勝山行きは単行でしたが、車内はガラガラでした。

 

何とも贅沢な。鉄旅の醍醐味です。

 

 

とっても萌える車両達が集います。

 

 

コンパクトな車両に駅舎がかわいい。

 

交換して、前に進みます。

 

イチョウ、もう黄葉?

 

 

中国勝山に到着。

のれんの町だそうですが、どんな町なんでしょうか。

散策に出かけます。

 

のれん、のれん。

 

のれん。

 

なかなかの町並みです。

 

 

 

教会にものれんが。

 

 

 

 

郵便局にものれん。なかなかなデザインです。

 

 

谷崎潤一郎、出雲街道。

 

風情あり過ぎです。

 

 

楽しい町歩き。

 

あっちもこっちものれん。

のれんがかかるだけで、こんなに楽しいとは。

 

今度は、寅さんロケ地です。

 

見事な建物ですね。

 

 

ちょうど、テレビの録画中でした。建物の解説のようです。

 

 

酒蔵もあって。

 

川も流れて。

 

 

坂もあるし。

 

のれんは楽しいし。

 

 

高瀬舟船着場もあって、なかなか見所、歩き甲斐のある町です。

 

さよなら! のれんの町。

 

 

1時間以上の散策を終え、駅に戻りました。

 

 

駅にものれんがかかります。

しかし、鉄道利用者は少なく、静かでした。

 

 

 

新見行きが来ました。さあ、初乗り区間を乗り進みましょう。

 

途中、制限25キロます。

 

刑部駅で交換待ち。5分程あるため、すかさず、改札をくぐってみます。

 

静かな駅前。中国山地の真っ只中にいる喜びを感じます。

 

 

ホームの横には川が流れます。のどかです。

 

再び、新見へ向けて。

 

途中、見事な夕焼けに。今日が暮れていきます。

 

新見に到着。

途中で乗ってきた、おばあさんを乗り換え先のホームへ案内をして、一安心しました。

 

 

新見にも初下車します。夕食を何とかしないといけません。

 

駅前からすぐに川が。

 

その川のそばに、駅弁のマークを見つけました。新見駅弁の大阪屋です。

 

まだ、時間があるため、フラフラと。パン屋も見つけました。

店はこの程度しかなかったですが、それでも、効率よく夕食の確保ができました!

 

連休で増結されているため、編成数がマチマチです。

撮影には苦労しそうです。

 

1番線は芸備線、2番線はさっき乗ってきた姫新線。

こちらはその先の4番線、伯備線へ。

 

ホームにいると64が入ってきて、停車しました。

運転士が交代して、ほどなく出発。静かな夜の駅にブロアー音が響きました。

 

私はこちら。乗りには最高なMT54車両に席を確保。

 

 

夕食は駅弁と岡山ならではのパンで。

 

おかずの種類が多く、なかなか豪華でした。

 

根雨で、通過待ち。

 

江尾で交換。

 

米子に到着、米子泊。

 

 

2017.10.8(日)

 

起きると晴れ。月も見えています。

 

米子駅へ。薄雲が出てきて、絶好の乗り鉄向けの空です。

 

 

さすがは鳥取。コナン!

 

 

鳥取も国鉄王国です。萌えますね。

 

アクアライナーに乗り、西へ向かいます。

 

 

松江を過ぎて、宍道湖が。

 

そして、宍道で乗り換え。

 

今回の旅の最大の目的はこちら。

木次線初乗車を奥出雲トロッコで、さらに出雲市延長運転日にということで。

1ヶ月前の発売日に指定券を確保していました。

 

 

 

それでは、よろしく頼みます。

 

宍道の駅構内で早速、山陰本線と別れて行きます。

 

それにしても、絶好のトロッコ日和となりました。最高です。

 

こんな景色が。

 

秋の乾いた風を受けながら。

 

こちらまで誇らしげな気分に。

 

 

沿線では至る所で、手を振って見送ってくれます。

 

 

鉄橋を渡る時は、豪快な音と共に。

 

 

木次に着くと、沢山の人がホームに。ここから満員になりそうです。

 

 

車内販売も乗り込みます。牛乳ですね。

 

ボランティアも乗りました。ジョニーというらしいです。

 

 

 

トロッコ車は混んで、自分の席が埋もれていそうなので、一旦こちらに。落ち着きます。

 

売りに来たのは、こちらの牛乳です。

 

先日、エアポートウォークのイベントで買って飲みましたが、今日も買ってみました。

 

車掌さんからはこちらをもらいました。

 

 

 

あくまで、さわやかな風を受けながら進みます。

 

 

停車駅ではいろいろな物を売りに来てくれます。

手を振ってお別れ。

 

 

 

 

あくまで、旅向けな空。

 

さあ、お楽しみの亀嵩です。必ず欲しいのでホームに降ります(笑)。

 

ゲットできました。500円です。

 

なかなかおいしかったです。ゆで加減抜群に良かったです。

 

 

すすきに迎えられ、秋の鉄旅。さいこー!!

 

ジョニーによる観光案内で右側を見ます。

 

こちらも。黄葉した写真をパネルで見せてくれました。

 

はさかけ。

 

クリアファイルは乗車記念に買いました。

 

 

出雲坂根に到着。停車時間があるので、下車します。

延命水を飲んで戻ります。

 

 

 

この先はこの先は森の中。

 

さあ、お楽しみのスイッチバックです。

 

 

みるみる高度を稼ぎます。

 

そして、視界が開けました。

 

そして、高原の雰囲気に。

 

 

奥は三井野原スキー場です。この先は広島県に入ります。

 

半分程下車し、静かになりました。

 

淡々と走っていますが、全然飽きませんね(笑)。

 

 

広島県に入っていますが、変わらず、こんな家が見られます。

なかなか萌える車窓です。

 

備後落合に着きました。あっという間の3時間でした。

 

静かな山間の乗り換え駅。中国山地の真っ只中にいる幸せ。

 

 

d

残念ながら、釜の前には行けないホームの構造でした。

 

こちらは芸備線のホーム。本数が極めて少ない路線のこと、列車の姿はありません。

また、乗りに来ることになるでしょう。

 

延命水で入れたコーヒーを淹れてもらいました。200円。

まろやかで、おいしかったです。

 

オープンエアの額縁。最高!!

 

この駅名標もいいですね。

 

こんな秋は最高!!(笑)。

長袖も持参しましたが、半袖でちょうど良かったです。

 

 

帰りは晴れました。

 

ループ橋も見下ろします。

 

出雲坂根。交換がありました。

普通列車はこれからスイッチバックに挑みます。

 

 

 

 

ここで、バリ順で撮影できました。なかなかの編成美。

 

光線や撮影環境まで考えての停車時間であるとすれば、素晴らしいです。

 

 

 

マークもアップで。

 

 

 

 

出雲横田で車内販売のおばさんとお別れです。笑顔が素敵な方でした。

 

 

出雲横田の街角が去って行きます。見事な町並みで、次回は訪問したいです。

そろばんで有名な町ですね。

 

 

 

 

 

小腹が空いたため、出雲三成の停車時間でご当地パンを。

こういうのも楽しいです。しかも、なかなか好みでした。

 

交換列車がやって来て発車です。

 

 

 

 

 

 

駅ナカ農園!

 

 

帰りも3時間。楽しかったトロッコ旅が終わりました。

 

 

 

 

 

 

陽も傾いて、陰を写して走ります。

 

宍道に戻りました。

 

国鉄色がいい色に輝きます。

 

時間があるので、初下車してみます。

 

 

米子行きに乗り、松江へ向かいます。

 

 

 

 

こちらで降りて、宍道湖の夕焼けを見に行きます。

 

 

なかなかの大盛況。こんな大勢で夕焼けを見たのは初めてかも。

 

 

定番の姉ヶ島を入れて。

 

最終のレイクラインがやってきました。

 

 

初めての宍道湖夕焼けチャレンジでしたが、まずまずのきれいなものを見れました。

 

 

 

 

 

そのまま歩いて市街地へ。松江城も初です。

 

お祭り中で賑やかでした。

大きな太鼓が横になっています。

 

 

 

 

 

塩見縄手まで巡って帰ります。

祭りのない、普段の夜は静かなのでしょうね。

 

 

 

その塩見縄手に良さげな店があったため、夕食にしました。

隠岐のイカ丼と宍道湖のシジミなかです。おいしかった。

 

 

 

小泉八雲。

 

風情ある松江城を1周して。

 

 

夜の松江を散策して。

 

川を渡る夜風気持ちいい〜。

 

松江駅に到着。何キロ歩いたかなぁ。

 

 

 

米子に到着。

 

 

米子に連泊です。交通便利な米子ですね。

 

 

2017.10.9(月)

 

この日も快晴。天候に恵まれます。

 

 

 

 

出発までの楽しいひととき。出発しても楽しいですが。

 

 

今回使用した切符はこちら。以前よりお値打ちになりました。

ただし、3日連続の使用となることや、複数人での使用不可等、

まさに乗り鉄向けの切符となっています(笑)。

 

 

新見行きに乗って。

 

快晴の朝に大山。

 

MT54サウンドでご機嫌です。

 

根雨で下車しました。

 

サンライズまで時間がありません。

完全に行き当たりばったりです。よりによってバリ晴れです(汗)。

 

駅から見えた道路から俯瞰しようと行きましたが、陰が出てたりしてイマイチ。

その先に鉄橋があるため、一か八か向かいました。

おしどり?方面へ。※越冬におしどりがやってくるらしいです。

 

柵が手前にありましたが、背景が○なのと、川と山と青空の風景がなかなか良かったです。

こちらは場所を少し移動した所から。

 

さらに少し場所を移動して。なかなか暑い日でしたが、後ろに木々があり、

日陰で快適に待つことができて、なかなかいい場所でした。

 

サンライズもやくもも決まり、ご機嫌で駅に戻ります。

 

いい感じです。ここまできれいに残っているとは感動もの。

 

新見行きが入って来ました。

 

 

 

 

この前に一つ失敗しました。

やくもが並んだのですが、撮り損ねました(泣)。

また、並び狙いで訪問したいと思います。

 

ネウクロは定番のトンネルバックを除けばイソクロのような雰囲気でした。

やくもは色は悪いですが、貴重な国鉄形の定期特急列車です。

いずれレンタカーで撮影することになるかもしれません。

 

MT54サウンドを聞きながら、帰宅開始します。

 

上石見で交換待ち。

 

 

 

 

前回乗ったのが20年以上前で、ほとんど車窓の記憶がない伯備線。

今回、久しぶりに堪能できました。

 

新見で乗り換えたのは、213系。2ドアのクロスシートが快適です。

 

連休で増結されているやくも。

マークなしで来ました。こんなのを沿線で撮ったら最悪ですね(苦笑)。

 

新見からしばらくは稲刈りを見ながら進みます。

 

 

 

しかし、井倉が近づくと、渓谷の雰囲気に。

何か網?がセットされていますね。

 

あくまで川沿いの車窓が楽しい伯備線です。

 

備中高梁で初下車します。後続のやくもを見送ってから。

 

 

駅に直結して、図書館が。蔦屋書店ともあります。

 

入ってみると、これは見事な、とても地方都市とは思えない(失礼!)空間が広がっていました。

スタバや観光案内所も併設して、見事でした。

 

上階のテラスから。備中松山城はあんなに高いところに。

思ったより高くてびっくり。

 

どおりで、車内からは発見できなかった訳です。

 

備中高梁発で南下します。

 

見事な駅舎が。

 

昔、最先端のワープロを使っていた時、合計とうちたいのに、いつも豪渓と出てしまい、

呆れていましたが、そこがここなんですね。それにしても、お粗末なワープロでした。

 

そうじゃ、総社で乗り換えようという思い付きではなく、

予定していた総社にて、吉備線に乗り換えます。

 

 

 

 

こちらも初乗り路線。岡山近郊とはいえ、のどかな車窓でした。

 

こんなのが現れたり。

 

 

こんな交換風景が見られたりとなかなか楽しめる路線でした。

 

岡山で速攻乗り換え。

時間がなかったですが、駅弁も買えて、席にも座れました。

 

MT54車両の活躍する岡山地区。移動が楽しいエリアです。

 

西からの帰宅では最近のパターンとなっている網干乗換え。

新快速に始発で乗る快感です。

 

 

岡山で購入の駅弁。最近、歳のせいか幕の内の選択が増えた気がしますが、

新見の駅弁同様なかなかおいしかったです。

 

ちょい萌えの311系の新快速で米原から名古屋まで。

 

 

秋の乗り放題パスをフルに使った鉄旅のお手本のような旅ができました。

天気も良くて、風も気持ち良くて最高な旅となりました。

この切符を使った秋旅は毎年の恒例になりそうです。

 

10/7

金山655
米原809-818
姫路1048-1107
相生1127-1128
岡山1238-1305
津山1411-1442
中国勝山1532-1645
新見1741-1841
米子2054


10/8
米子830
宍道923-928
木次1007
備後落合1236-1257
木次1557-1600
宍道1634-1655
乃木1713

松江2018

米子2052


10/9
米子736
根雨812-1158
新見1300-1316
備中高梁1355-1427
総社1451-1524
岡山1607-1612
相生1717-1720
網干1729-1744
米原2025-2035
名古屋2141