松下のオリジナル曲と、レコーディングに参加したアーティストのアルバムの一部を紹介しています。
音楽を視聴できるmp3プレイヤーを設置しています。お使いのPCやスピーカーの環境によって、低音が聴き取りにくい場合がございます。良い環境で視聴されることをオススメいたします。

松下一弘 オリジナル曲

旅立ち~いつもそばに~
 絵本に描かれた複数枚の絵からイメージを膨らませ、作曲しました。
作者が結婚を機に両親、家族、そしてこれからを共に歩むこととなったパートナーへの感謝の気持ちを表したものです。 その絵からは「優しさ」「抱擁」といった感情がイメージされます。映像と音楽が合わされ、DVD化されました。【非売品】
音楽制作の仕事をするきっかけとなった曲です。
フルート・ピアノ・ナイロンギターのみ生演奏。他のオーケストラ楽器群を含め僕のアレンジです。

視聴mp3 使用許可申請中

画像利用 http://www.gatag.net/

 

見上げた空に
 これから始まる未来に期待を寄せ躍動感たっぷりの曲になりました。
サンバのリズムを主体に、様々な楽器が思い思いにリズムとハーモニーを楽しんでいます。ナイロンギター・キーボード・ベース・ドラム・パーカッション・コーラス。
ピアノソロを終えた後、ドラムとパーカッションによる6/8拍子は某有名ギタリストの作品をイメージしました(わかる方にはわかるはず)。
  楽しい気分になり、出かけたくなりませんか?(写真は愛猫マロンとのお花見の様子です)

 

Contrast ~コントラスト~
 コントラストとは「対比」「対照」といった意味があります。
大きな雲が渡っています。そこにみえる自由に高々と舞う1羽の鳥。
真っ青で白い大空だからこそ黒く影つく鳥を見つけられたようなものです。

  この曲には歌詞が存在していました。録音では唄を聴くことはできませんが、いつか歌詞のついたバージョンも発表してみたいですね。

  のどかな自然をボサノヴァのような(厳密には違います)リズムで表現しています。楽器はナイロンギター・キーボード・ベース・ドラム・パーカッション。後半の口笛は僕が吹きました。

 

夜に包まれて
 ふとフレットレスベースを手に取り、なにげなく緩やかに、そして大きな気持ちで演奏してみると空からイメージが降ってきました(とよく作曲家はいいます)。
 めずらしい楽曲だと思います。それもそのはず、エレキベース4本のオーバーダビング(多重録音)されたものです。エレキベースの音色に聴こえず、ユーフォニアムのようだと言ってくれた知人がいました。管楽器のように唄いたいという気持ちがありましたので嬉しい意見でした。
 この音色は、フレットレスベースにリバーヴというエフェクターをかけ、原音(ベース本体の音)を0にし、リバーヴ音(残響音)のみで演奏したものです。

画像提供 CrossKnot

 

The Sun Above A Mountain Top
  晴れ渡る青空、ある3月の阿蘇山です。あまりにも広大で美しい自然を目にし、イメージの世界で作曲しました。
  エレキベースがメロディを唄っています。中間部分で聴かれるストリングスはその雄大な自然をイメージしています。
  もともとエレキベース1本で演奏できる曲として作曲したものです。

 

コンテスト応募作品

Go The Distance / Ryuta Sakamoto

 リットーミュージック出版のベースマガジン2009年8月号の企画 「最強プレイヤーズコンテスト2009」に応募しました。 課題曲を選び、ベースパートだけが録音されていない音源に独自のベースライン・ソロなどを付けて録音。その完成した音源を郵送し審査をしてもらう企画です。
課題曲はプロベーシスト坂本竜太さん作曲・アレンジの「GoTheDistance」

下のmp3音源は実際にCDにして郵送した音源をmp3に変換したものです。
また、初の試みでMacbookを使って動画撮影にも挑戦。その動画が右にあります。
パンチイン・アウトを使わず、最初から最後まで弾ききっています。
2009年8月21日録音/撮影。
審査結果は…第1次審査通過!(151人中25人)
「Diary」の記事はコチラ

動画を再生できます。

 

 

 

松下の演奏が聴けるCD

「a la carte」  ~The Dream Band~
ア・ラ・カルト

製作・発売

2000年2月6日・3月5日録音 同年夏発売 【限定発売】

アーティスト

The Dream Band [ リーダー:桑野迪彦 ] 益田潤子(S.A.Sax)篠崎寛之(Fl.A.Sax)
永芳真美(A.Sax)稲富克己(Fl.A.T.Sax)栗原聡史(T.Sax)坂本理恵(B.Sax)
桑野大介(Flh.Tp)西村健二郎(Tp)久保雄一(Tp)中嶋功明(Tp)二宮涼一(Tp)
泊野太郎(Tb)森田康裕(Tb)山本洋子(Tb)芳野浩士(B.Tb)田中淳一(Tuba)
松下一弘(Ba)桑野律子(Key)水摩啓助(Dr)多田哲平(Perc)柴田雄史(Perc)
崎山順子(Marinba) Guest大熊雄貴(Hr)山崎文(Hr)

録音曲

1:Without You 2:マンボNo.8 3:コーヒールンバ 4:イパネマの娘
5:八木節 6:五木の子守唄 7:佐渡おけさ 8:南部牛追唄 9:ブラジル
10:クマーナ 11:マイアミビーチルンバ 12:ロードハイズ
13:りんご追分 14:キャリオカ 15:Love Me Tonight 16:バードランド
17:My Favorite Things

使用楽器

Tobias 5-Strings

コメント

 The Dream Bandは、福岡県の福岡市と北九州市の中間に位置する、漁業と農業と海浜観光の町「玄海町」を活動拠点とするラテンビッグバンドです。リーダー桑野迪彦が平成7年に結成。以後、地域イベントや自主コンサートなどで活動をしています。
 この「ア・ラ・カルト」(一品料理の意味)は2枚目のCDとなります。
 主に使っている楽譜は、東京キューバンボーイズでも活躍していた編曲家、今泉有規男氏によるもの。

視聴mp3

「EVEN」  ~bianco nero~
EVEN

製作・発売

2003年8月10日 Centinial Records

アーティスト

bianco nero ビアンコ ネロ (古賀たかし・稲田裕之・古川けんぢ・八尋学)
山根健二(Gt)平田知之(Gt)松下一弘(Ba)肥後俊作(Key)山部三喜男(Dr)

録音曲

1:安心 2:八月の夜 4:二時のニュース 5:まばたきの間
6:群れを手放した鳥

使用楽器

Tobias 5-Strings

コメント

 福岡出身の4人組(2008年現在では3人で活動中)。それぞれがシンガーソングライターとして作曲・メインボーカルを取り、残りのメンバーはコーラスや他楽器の演奏で参加するという一風変わったユニットです。
 この「EVEN」は彼らのインディーズ時代の1stアルバムとして発表されました。

ウェブサイト

http://www.bianconero.jp/

視聴mp3

「CooL」  ~ReaL CooL~
CooL

製作・発売

2003年

アーティスト

ReaL CooL 星野玲子(Vo)田中克紀(Gt)大森陽一郎(Gt)丹羽肇(W.Ba)
GuestMusician 天野正幸(Gt)久保盟(Flh)松下一弘(Ba)内田裕之(Dr)

録音曲

2:Sentimental Journey 6:The Way You Were

使用楽器

Tobias 5-Strings

コメント

 福岡で活躍するシンガー星野玲子さんがメンバーを集めCooLを結成(メンバー上記)。これはその1stアルバム。CooLのメンバー全員が数々のスタンダードジャズ曲をアレンジし、レコーディングした内容になっています。
松下はエレクトリックアレンジの2曲にゲスト参加。

「Chameleon」  ~The Dream Band~
カメレオン

製作・発売

2002年11月23日 玄海ロイヤルホテルにて公開録音
2003年初旬発売【限定発売】

アーティスト

The Dream Band [ リーダー:桑野迪彦 ] 篠崎寛之(Fl.A.Sax)永芳真美(A.Sax)
稲富克己(Piccolo.T.Sax)田中啓太郎(T.Sax)坂本理恵(B.Sax)桑野大介(Flh.Tp)
鵤太一郎(Tp)久保雄一(Tp)中嶋功明(Tp)深田龍介(Tp)泊野太郎(Tb)
森田康裕(Tb)柳本憲一(Tb)梅崎梨恵(Tb)芳野浩士(B.Tb)田中淳一(Tuba)
松下一弘(Ba)徳永律子(Key)水摩啓助(Dr)山本達也(Perc)柴田雄史(Perc)
ゲスト 粟野美喜男(Accordion)美濃部修(Tb)

録音曲

1:オープニングファンファーレ 2:マンボNo.8 3:黒いオルフェ
4:片目の水夫の伝説 5:ひえつき節 6:私のお気に入り 7:カメレオン
8:Without You 9:Soul Bossa Nova 10:ある恋の物語 11:枯葉
12:真珠採りのタンゴ 13:チャッキリ節 14:りんご追分 15:八木節
16:ムーンライトセレナーデ 17:ケ・リコ・エルマンボ

使用楽器

Tobias 5-Strings(V-BASS使用)

コメント

 リーダーの桑野氏がメンバーの身内やバンド支援者の方々に感謝の気持ちで開いたスペシャルコンサートです。当日はフリーの食事やお酒も振舞われ、会場は終始リラックスしたムードと音楽を純粋の楽しむ笑顔で溢れていました。
 これまでの活動の中でTheDreamBandらしい曲たちを集めています。ゲストに粟野美喜男さん(Accordion)と美濃部修さん(Tb)を迎えています。
 アルバムジャケットに写っているのはBASSを弾いている僕の右手です(笑)

視聴mp3


「ケイタク三昧」 ~ケイタク~
ケイタク三昧

製作・発売

2004年4月7日 B.I.C.Records

アーティスト

ケイタク 内山敬太(Vo.Gt)遠山卓也(Cho.Gt)
ミュージシャン 安部謙(Ba)松下一弘(Ba)大和弘憲(Dr)山部三喜男(Dr)
石橋序佳(Pf.Key)

録音曲

1:ヒトリゴト 2:拝啓、お元気ですか?

使用楽器

1:Tobias 5-Strings 2:YAMAHA サイレントベース

コメント

 福岡からデビューしたアコースティックユニット「ケイタク」のインディーズ時代の1stアルバム。
 1:ヒトリゴトではアグレッシヴなドライブ感のあるサウンドを意識。 その反面2:拝啓、お元気ですか?では爽やかなBossaNovaのリズムをサイレントベースで演奏しています。

ウェブサイト

ケイタク公式サイト http://www.keitaku.com/

「Gift」  ~ケイタク~
Gift

製作・発売

2005年1月26日 B.I.C.Records

アーティスト

ケイタク 内山敬太(Vo.Gt)遠山卓也(Cho.Gt)
安部謙(Ba)松下一弘(Ba)山部三喜男(Dr)深町宏(S.A.T.Sax)
パンテーント中嶋fromVELVET PEACH SEVEN(Dr)石橋序佳(Key)
MakotoTasaki(Trb)NorihiroMiyahara(Tp)NaomiMatsuura(B.Sax)
fromSLASH BRASS

録音曲

2:Shine you,shine day 9:お疲れサンキュー

使用楽器

2:Momose 4-Stringsジャズベース(ピック) 9:Tobias 5-Strings

コメント

 ケイタクのインディーズ時代2ndアルバム。彼らのライブスタイルは基本2人。しかしアルバムを聴くと、そのアレンジの豊かさを感じ、様々な音楽が彼らのバックグラウンドとして存在している事がよくわかる。

ウェブサイト

ケイタク公式サイト http://www.keitaku.com/

「Hill Where The Load Hides 神々の住む丘」  ~The Dream Band~
神々の住む丘

製作・発売

2005年11月19日 玄海ロイヤルホテルにて公開録音

アーティスト

The Dream Band [ リーダー:桑野迪彦 ] 篠崎寛之(Fl.A.Sax)大賀仁(A.Sax)
稲富克己(Fl.T.Sax)田中啓太郎(T.Sax)花田菜奈(B.Sax)桑野大介(Flh.Tp)
鵤太一郎(Tp)久保雄一(Tp)江口武志(Tp)中嶋功明(Tp)深田龍介(Tp)
泊野太郎(Tb)柳本憲一(Tb)梅崎梨恵(Tb)芳野浩士(B.Tb)田中淳一(Tuba)
松下一弘(Ba)徳永律子(Key)水摩啓助(Dr)山本達也(Perc)柴田雄史(Perc)
川島徹也(Perc) ゲスト アルマンド小木(Vo)

録音曲

1:Without You 2:ソーラン節 3:テキーラ 4:Round Midnight
5:キャリオカ 6:Mornin' 7:ロードハイズ(神々の住む丘)
8:マルタ島の砂 9:ひまわりのテーマ 10:テネシーワルツ
11:ソラメンテ・ウナ・ベス(Vocal) 12:ベサメ・ムーチョ(Vocal)
13:キエンセラ(Vocal) 14:バードランド 15:ケ・リコ・エルマンボ
16:この素晴らしき世界 17:エル・クンバンチェロ(Vocal)

使用楽器

Tobias 5-Strings(V-BASS使用)

コメント

 The Dream Bandの結成10周年を記念したライブを収録したCD。ゲストに国内外で有名なラテンボーカリストであるアルマンド小木(おぎ)さんを迎えている。

視聴mp3

「冒険者/最果て」  ~ケイタク~
冒険者 / 最果て

製作・発売

2007年12月5日 B.I.C.Records

アーティスト

ケイタク 内山敬太(Vo.Gt)遠山卓也(Cho.Gt)
松下一弘(Ba)パンテーン中嶋fromVELVET PEACH SEVEN(Dr)
一木弘之:Forest(Pf.Key)

録音曲

1:冒険者 2:最果て

使用楽器

1:Fender テレキャスターベース 2:Tobias 5-Strings

コメント

 1:冒険者は2007年12月6日より行われた福岡モーターショー2007のイメージソングとして書き下ろされたもの。
 2:最果てでは、レコーディングスタジオにてドラマーがその場でサンプリング音源を演奏・録音、それを元にリズムトラックを作成。5弦ベースの低く音程感があやふやな部分を利用したグリッサンドを多様。おもしろい試みでした。

ウェブサイト

ケイタク公式サイト http://www.keitaku.com/

「self」  ~ケイタク~
self

製作・発売

2008年1月23日 B.I.C.Records

アーティスト

ケイタク 内山敬太(Vo.Gt)遠山卓也(Cho.Gt)
パンテーン中嶋fromVELVET PEACH SEVEN(Dr)Masashi Akiyoshi(Ba)
伊藤公了(Dr)一木弘之(Arrange.Ba.Key)山部三喜男(Perc)大和弘憲(Dr)
松下一弘(Ba)小島良喜(Pf)水摩啓助 from Full-vibe creation(Dr)
Junji Yamaguchi from Full-vibe creation(Ba)

録音曲

7:朝焼け通り 8:my life

使用楽器

7:YAMAHA サイレントベース 8:Moon 5-strings フレットレス

コメント

 ケイタクふたりによるセルフプロデュースです。彼らがやりたかった音楽の形がここにつまっていると思える作品です。
 PLAYERで長く共演しつづけてきた大和弘憲(Dr)との意気はピッタリ。レコーディングにかかった時間も短かったと思います。
 7:朝焼け通りではおしゃれなジャズ風アレンジ。その雰囲気をPianoの小島良喜さんが作ってくれています。←近年の井上揚水バンドなどで活躍中の天才ピアニストです。
 8:my lifeではフレットレスベースを使用しました。所々にスライドした音が聴こえてくると思います。

ウェブサイト

ケイタク公式サイト http://www.keitaku.com/

「Step after step goes far.」  ~鶴久政治プロデュース~
Step after step goes far

製作・発売

2008年 ORANGE RECORDS

アーティスト

音楽プロデューサー:鶴久政治(元チェッカーズ)
マイケル・リッチー(Vo)YOKO(Vo)三角とおる(Lyric.Compose)
真崎越朗(GtSolo)大和弘憲(Dr)井手秀次(Arrange.Key)
大森陽一郎(Gt)松下一弘(Ba)長岡舞(Cho)山口容佳(Cho)
Marika,Yully,Ryoko,Misaki,824(Cho)

録音曲

1:遠き君へ(作詞:内山敬太 作曲:鶴久政治)

使用楽器

Fenderテレキャスターベース

コメント

 元チェッカーズメンバー鶴久政治のプロデュース作品。
アルバムタイトル「Step after step goes far」は日本のことわざでいう「百里の道も一歩から」という意味です。前向きで未来を見据えているイメージがしますね、ジャケットに写っている道路も納得がいきます。
 1:遠き君へはとても歌いやすいバラードポップスです。コーラスを贅沢に使った壮大な物語になっています。 2:ねこ夜森は独自の雰囲気を持っており、とても面白い作品だと思います。

「Friendship」  ~De Corazon~
フレンドシップ

製作・発売

2008年3月5・6日録音 4月発売 【販売終了】

アーティスト

De Corazon デ・コラソン
ファン・マルチネズ・オルテガ(Vo.Gt)緒方裕光(Gt)松下一弘(Ba)下津英樹(Perc)

録音曲

1:コーヒールンバ 3:Bem,Bem,Maria 6:Inspiration 8:Galaxia

使用楽器

Tobias 5-Strings

コメント

 スペイン人のギタリストであるファンはあのパコ・デ・ルシアと共演するほどの実力の持ち主。彼の情熱と人柄の良さにライブ会場は本物の空気を感じることができます。
デ・コラソンは彼を中心として2008年3月に結成されたユニットです。
「Passion」と合わせ2枚同時リリース。ライブ会場でのみ販売、まもなく完売となりました。

「Passion」  ~De Corazon~
パッション

製作・発売

2008年3月5・6日録音 4月発売 【販売終了】

アーティスト

De Corazon デ・コラソン
ファン・マルチネズ・オルテガ(Vo.Gt)緒方裕光(Gt)松下一弘(Ba)下津英樹(Perc)

録音曲

1:Volare 2:マイウェイ 4:Quiero Saber 5:ゴッドファーザー愛のテーマ

使用楽器

Tobias 5-Strings

コメント

 スペイン人のギタリストであるファンはあのパコ・デ・ルシアと共演するほどの実力の持ち主。彼の情熱と人柄の良さにライブ会場は本物の空気を感じることができます。
デ・コラソンは彼を中心として2008年3月に結成されたユニットです。
「Friendship」と合わせ2枚同時リリース。ライブ会場でのみ販売、まもなく完売となりました。

「今成佳奈ファーストコンサート」  ~今成佳奈~
今成佳奈ファーストコンサート

製作・発売

2007年12月7日 大分市 音の泉ホールにて収録 2008年ライブ収録盤として発売

アーティスト

今成佳奈(Vo.Pf) 井手秀次(Pf.Key)久米博之(Gt)松下一弘(Ba)山部ミキオ(Perc)
TOMOMI(Cho)園田めぐみ(Violin)秦亜希子(Violin)阿南まゆ子(Viola)
仲摩ツヤ子(Cello) ゲスト 福井静(Vo)

録音曲

AudioCD
1:風を感じて 2:雨上がりの午後 5:Winter Wonderland
6:Wonderful Christmas 7:always 8:僕らのHistory
DVD Video
1:風を感じて 2:Wonderful Christmas

使用楽器

1:5:6:7:8:Tobias 5-Strings 2:Fender テレキャスターベース

コメント

 大分県を中心に活動するシンガーソングライター今成佳奈さんのファーストコンサートを収録したCD&DVDです。

ウェブサイト

今成佳奈オフィシャルホームページ http://www.imanarikana.com/

「Kitto Ashitawa」  ~Milena~
きっと明日は

製作・発売

2008年1月録音 11月発売

アーティスト

Milena(Vocal/Chorus/Piano/Keyboard/Accordion)清水康弘(Gt)Gattchan(Gt)
山田洋介(Ba)松下一弘(Ba)横路宙哉(Dr)藤山和哉(Dr)大塚篤史(Peac)
打越あゆみ(GraundHarp)

録音曲

1:Frola 5:きっと明日は 7:Solo

使用楽器

Moon 5-strings フレットレス

コメント

 「純粋」そんな言葉が似合う音楽。気取らずにリラックスして聴けるカフェミュージックを表現したMilenaさんの1stオリジナルアルバムです。
自身のオリジナルを5曲(Frola・Grenada・祈り・きっと明日は・Solo)カバー曲を2曲(Triste・What a wonderful world)
 僕はフレットレスベースを使い、その柔らかいサウンドに溶け込む演奏を録音させてもらいました。

ウェブサイト

ホームページ http://music.geocities.jp/hiro0175pat/keikotop.html
MySpace http://www.myspace.com/milenavoice←1:Frolaが試聴できます

「FOLK IS NOT DEAD」  ~ケイタク~
ケイタク Falk Is Not Dead

製作・発売

2009年11月4日 B.I.C.Records

アーティスト

ケイタク 内山敬太(Vo.Gt)遠山卓也(Cho.Gt)
松下一弘(Ba)山部ミキオ(Dr)パンテーン中嶋fromVELVET PEACH SEVEN(Dr)
石橋"Zun"序佳(Pf.Key) 他

録音曲

3:待ち合わせの交差点 4:初恋 5:風は南から 6:傘がない
10:思えば遠くへ来たもんだ

使用楽器

3:5:YAMAHA SilentBass 4:Tobias 5-Strings 6:Fender テレキャスターベース(ピック)
10:Moon 5-StringsFretless 

コメント

 九州発のフォークミュージシャンたちのカバーコンセプト。言わずと知れた名曲がケイタクの声とアレンジで語り継いだ作品です。歌、アレンジやサウンド・ミックス・マスタリングも逸品の仕上がりです。

ウェブサイト

ケイタク公式サイト http://www.keitaku.com/