世界の名言

自然・人生
社会・生活
教養・芸術
恋愛・友情
人間
[ 自由 ] [ 人民 ] [ 政治 ] [ 戦争 ] [ 平和 ] [ 家庭 ] [ 道徳 ] [ 真実 ] [ ]

道徳 についての名言

道徳は常に古着である。

芥川龍之介(日本)


立身出世主義よりも、もっと不愉快なもの・・・それは、謙譲の美徳の見せびらかしである。

ルナール(フランス)


汝の意志の規律が、いつのばあいでも、一般に立法の原理として適用できるように行動せよ。

カント(ドイツ)


貞潔さえも、中傷を免れない。

シェークスピア(イギリス)


悪行は愉快なものであって、それを行なわないのは難儀なことである。という考えは、イギリス人の頭からはどうしても取り去ることができないようだ。

ショー(イギリス)


誠実こそ、もっともすぐれた政策。

(イギリスのことわざ)


美徳は、もし虚栄の道連れがなかったら、こんなに遠くまで乗り出すはずがない。

ラ・ロシュフーコー(フランス)


石川や浜の真砂は尽くるとも、世にぬす人の種は尽きまじ。

石川 五右衛門(日本)


どんな悪徳でも、外面にいくらかずつ美徳のしるしをつけている。

シェークスピア(イギリス)


善はただ一つしかない。それは自分の良心に従って行動することである。

ボーボワール(フランス)


人が自分より力弱い者をあわれむとか、恵むとかいうときに、少しばかりでも虚栄心を持たないだろうか?

宮本百合子(日本)


打ち明け過ぐるも悪しく、物隠すように見ゆるも悪しきなり。

森鴎外(日本)


良心は永遠の祝日。

(イギリスのことわざ)


何にもまして好きなのは、単純と善良さ。とくに善良さを、これこそ富める者や権威ある者すべてが備えるべき美徳です。

スタンダール(フランス)


古い忠臣義士、孝子烈婦の残したる幾多の美談は道徳の名によりて伝わるといえども、実は一種の美的行為のみ。

高山樗牛(日本)


弱さは、悪徳が美徳に反するより、もっと美徳に反する。

ラ・ソリュフーコー(フランス)


恐怖心や愛国心によって人を殺すのは、怒りや貪欲によって人を殺すのとまったく同じく悪い。

ヘンリー・ミラー(アメリカ)


美徳はつねに最良の貴族。

(ドイツのことわざ)


悪は必要である。もし悪が存在しなければ、善もまた存在しないことになる。悪こそは善の唯一の存在理由なのだ。

アナトール・フランス(フランス)


誠は天性自然の道であり、誠になろうと努めるのが、人の道である。

中庸(中国)


順境は悪徳をもっともよくあらわす。逆境は美徳をよくあらわす。

ベーコン(イギリス)


実際の道徳の世界は大部分が悪意と嫉妬から成りたっている。

ゲーテ(ドイツ)


無為はあらゆる不徳の母である。だが不徳はあらゆる芸術の父である。

ポール・モーラン(フランス)


誠実こそ道徳の核心である。

トーマス・ハクスリー(イギリス)


道徳の伴わない知識は害あって益なし。

沢柳政太郎(日本)


きわめて礼儀正しいのは、だれにも不快でない。

(中国のことわざ)


悪いことをする機会なら一日百回もある。しかし善いことをするためのそれは、一年に一度しかない。

ボルテール(フランス)


われわれの美徳は、ほとんどつねに、仮想した悪徳にすぎない。

ラ・ロシュフーコー(フランス)



人間が本当に悪くなると、人を傷つけて喜ぶこと以外に興味を持たなくなる。

ゲーテ(ドイツ)



善人と呼ばれている人の生きる条件は、「虚偽」である。

ニーチェ(ドイツ)



英国人は、かれが快適でないとき、自分は道徳的だと考えている。

ショー(イギリス)



道徳とは、われわれが個人として嫌っている連中に対してとる態度にすぎない。

ワイルド(イギリス)



後悔は美徳の春。

(中国のことわざ)



人生最高の価値は知識にあらず、黄金にあらず、名誉にあらず、ただ一個の善人たるにあり。

綱島 梁川(日本)



善とはなにか。あとあじのよいことだ。悪とはなにか。あとあじの悪いことだ。

ヘミングウェー(アメリカ)



古き道徳を破壊するは、新しき道徳を建立する時にのみ許されるものなり。

夏目漱石(日本)



人間がほんとうに道徳的であるということは、自分が助力することのできるあらゆる生命を助け、どんな生命をも傷つけまいと熱望する、その熱望に従う場合だけである。

シュバイツァー(フランス)



不思議なことに人間の心理は、一国の領土を盗むほうが、女のハンドバッグを盗むよりずっと名誉であり良心的であり、論争の価値があると考えやすい。

林語堂(中国)



われわれ人間に対する最悪の罪は、人間を憎むことでなく、無頓着だということだ。それが無情のエッセンスだ。

ショー(イギリス)



科学者にとって、・・・道徳において崇高なものは何もない。それは純粋な人間的出来事である。

アインシュタイン(ドイツ)



よい思想もこれを実行しなかったら、よい夢と同じである。

エマーソン(アメリカ)



徳は悪いことをしないということではなく、それを欲しないということのうちに成り立つ。

ショー(イギリス)



道徳は便宜の異名である。「左側通行」と似たものである。

芥川龍之介(日本)



この地上で喜びの盃を飲んだものは、かの天上では二日酔いを味わう。

ハイネ(ドイツ)



誠実にまさる知恵なし。

ショー(イギリス)



私は無信仰だ、だが決して不信仰とはならないだろう。

ジード(フランス)



人の礼法あるは水の堤防あるが如し。

貝原益軒(日本)



道徳の基本はあらゆる国民において同一であるがゆえに、地上のすべてに確立されている市民生活上の習慣があるのだ。

ボルテール(フランス)



飢えている人間は危険な人間である。たとえその人の政治上の意見がいかに穏健であるにしてもだ。ご馳走を食べた人は、決して革命家ではない。その男の政治は、すべて口先だけのものである。

ショー(イギリス)



善行は、これを他人に施すものではない。これをもって自分自身の義務を済ますのである。

カント(ドイツ)



親切で暖かい人間であることを恥じてはならない。

サロイヤン(アメリカ)



世の中には善人とか悪人とかがあるわけではあるまい。ただ場合によって善人になったり、悪人になったりするだけである。

アンリ・ド・レニエ(フランス)



すべて一切の有情を見て慈悲の心なからんは、人倫にあらず。

吉田兼好(日本)

↑このページの一番上へ↑

メニューに戻る

トップページ知識と心のDNA世界の名言・道徳