日本のことわざ





































■ る ■


 類は友を呼ぶ(るいはともをよぶ)

趣味が同じである者や、気の合う者どうしは自然と集まって、行動をともにするようになる。


 累卵の危機(るいらんのきき)

積み重ねた卵のように、今にも崩れそうな(壊れそうな)、非常に危険で不安定なこと。


 留守を使う(るすをつかう)

本人が家にいるのに、いないふりをする。(居留守を使う、ともいう)


 瑠璃も玻璃も照らせば光る(るりもはりもてらせばひかる)

瑠璃と玻璃とは物は違うが、光をあてるとどちらも輝いて美しく見えるように、人もそれぞれに素質は異なるが、学問・修養を重ねれば一段と優れたものになる。

メニューに戻る

トップページ知識と心のDNA日本のことわざ・る