日本のことわざ





































■ れ ■


 礼も過ぎれば無礼になる(れいもすぎればぶれいになる)

必要以上にていねいなのは、かえって礼儀を欠く結果となる。人に対する礼儀は、ちょうどよい程度がいい。


 烈風枯葉を掃う(れっぷうこようをはらう)

激しい風が枯れ葉を吹き払うように、敵を攻めて追い払う。


 連木で腹を切る(れんぎではらをきる)

実現できないことのたとえ。(連木は、すり鉢で物をすりつぶすときに使う木の棒。すりこぎ)

メニューに戻る

トップページ知識と心のDNA日本のことわざ・れ