日本のことわざ





































■ き ■


 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥(きくはいっときのはじ、きかぬはいっしょうのはじ)

自分の知らないことを他人に聞くのは、その時は格好悪いこともあるが、聞かずにそのままにしておけば一生そのことを知らないで恥ずかしい思いをしなければならない。


 雉子も鳴かずば射たれまい(きじもなかずばうたれまい)

山野にすむキジも、鳴かなければその居場所を人に知られず、撃たれることもなかったろうに…、ということから、よけいなことを言って災難にあわないように言葉に気をつけなさいということ。


 木に縁りて魚を求む(きによりてうおをもとむ)

手段・方法を誤って、求めようとしても得られず、しようとしてもできないことのたとえ。


 木仏金仏石仏(きぶつかなぶついしぼとけ)

人情に動かされない人、融通のきかない人のたとえ。


 窮すれば通ず(きゅうすればつうず)

物事がうまくいかずどうしようもなく苦しい立場になると、かえってその状態から逃れて助かる道が開かれる。


 窮鼠猫を噛む(きゅうそねこをかむ)

追いつめられたネズミは、逆にネコに噛みつくものだ。どうしても逃れられない場合に死にものぐるいで抵抗すれば、弱いものが強いものに勝つこともある。


 兄弟は他人の始まり(きょうだいはたにんのはじまり)

血を分けた兄弟も、妻や子を持つとそれらに愛情が移って、兄弟どうしの情がだんだん薄らいでいく。


 京の着倒れ、大阪の食い倒れ(きょうのきだおれ、おおさかのくいだおれ)

京都の人は衣装に、大阪の人は飲み食いにぜいたくをして貧乏する風習があるということ。


 器用貧乏(きようびんぼう)

手先が器用な人は何でもうまくやってのけるので皆に重宝がられるが、何が専門ということもないために一つのことに徹することができず、結局いつも貧乏で大成しない。


 漁夫の利(ぎょふのり)

ハマグリとシギがたがいに争っているすきをねらって、漁夫が両方とも捕らえたということから、そのことに直接関係のない人が横から出てきて、利益を奪い取ること。


 清水の舞台から飛び降りるよう(きよみずのぶたいからとびおりるよう)

強い決意をしたときのたとえ。(京都の清水寺は、本堂の前方のがけの上に、いわゆる”清水の舞台”が張り出している)


 錦上花を添える(きんじょうはなをそえる)

りっぱな模様を織り出した錦(にしき)の上に花を置くように、美しいものの上にさらに美しいものを付け加えること。

↑このページの一番上へ↑

メニューに戻る

トップページ知識と心のDNA日本のことわざ・き