集団ストーカー対策

,瓩鵑匹Δさがらずに自分の被害を訴えるサイトを作る事

集団ストーカーをやる連中はターゲットの人間関係や仕事、年収、一日の行動パターンは予め調査してから、ターゲットを精神的に追い込む嫌がらせを行います。これはターゲットが誰に相談するか、また集団ストーカーを止める実力者(警察上層部や政治家、その他)を知っているかをチェックして、嫌がらせをやって問題ないかどうかを、チェックするからです。つまり、集団ストーカー被害を受けてる時点で、この点にクリアしてしまってるという事を表してます。(知り合いに相談しても中々解決できないでしょう)

現実問題としては、タブーではありますが創価が世間で集団ストーカー(創価の教義では三瘴四魔と言われている)と称される、組織的な暴力を実行している事は非常に有名です。特に他宗(過去創価と揉めたりした宗教)では広く知られています。創価は教義上の敵対勢力や脱会者、信者とトラブルを起こしてしまった一般人(これは依頼者からカネを取る)に対して、「魔」が沸いているといって制裁の嫌がらせをしたりします。一説には、日本の総人口の十分の一。1500〜2000万人も信者がいる(フリー百科事典ウィキペディアより)といわれている、日本一のマンモス教団の裏の顔ですね。ここは司法や警察に信者が多くこの犯罪行為に対しても手がつけられない状態です。なによりマズイのはこの被害を放置することで、集団ストーカー被害は徐々にエスカレートしていく。という現実があることです、初期は、監視だけだったのがやがて、24時間、被害者の動作に合わせてやたらタイミング良く音が鳴り始めたり、通行中、鼻ススリや咳払いをすれ違う度にやたら高確率でやられるようになったりし、中期では、体に痛みを飛ばしてきたり、頭痛をやられたり、空気の振動が常に体にピリピリ当たるようになる低周波の振動被害や、電磁波を腹部に照射する事により生じる体臭の発生(便臭)等をやったりし、こればかりは実際にやられないと理解してもらえないかもしれませんが、後期になると思考盗聴を駆使して、コチラの思考に合わせてそれを実際に話したり、反応したりする仄めかしを行ったりするようになり、最終的には人や、人工知能を使った音声送信を行うようになります。当然思考盗聴と連動してます。そして3、4ヶ月ぐらい被害が突然激しくなり(これはターゲットにとって最もストレスが高くなる時期を見計らって仕掛ける)記憶の封印とも言うべき強引な洗脳工作も行ってきたりします。これは、ターゲットが集団ストーカー被害を思い出そうとすると、ピンポイントで靄がかかったようになり、その記憶が思い出せなくなる状態になる。これを記憶が消えるまで24時間続けてきます。(これで強引に被害記憶を消して治ったと称する)こうなると非常に厄介です。というのも精神分裂に似せて嫌がらせを、被害者を完全包囲して組織的にやるので(家族の弱みを握って折伏して、引き込むなんて当たり前です)長期間粘着して止めようとしません。こんなの当然被害者が嫌がるなんて、分かった上で選択した後始末なんですから、絶対に止めないくらいの勢いがあり。何処に相談しても創価は手を回して阻止したり、他宗や、敵対宗派に対しても裏取引で協力を要請したりします。こうなってしまうと強引に洗脳テクニックを駆使して解決しようとする加害団体と非常に長い戦いに突入するでしょう。しかし安心してください、徐々に被害は軽くなって行きますから。しかしこれも現実の精神病に似せているので非常にスローな速度です。ターゲットが外出する度に現場で動員される信者としては、サッサ止めて一件落着といきたいでしょうが・・・・(何度もぼやく信者の声を聞きます)音声送信や、仄めかしの圧力でなるべく外出しないようにと誘導したりもしますが、一切無視して構いません。

これを喰らわないようにする一つの方法として、サイトの構築があります。創価は自分達の悪事が暴露されるのを極端に嫌います。上記の後始末も過剰な組織防衛の表れです。サイトを作っている被害者(なるべく仄めかしなどをボイスレコーダーで録ってアップするようなサイトが良い)には、強引に洗脳しようとせずに、監視しつつ取り込んで終わりにする道を選択する可能性が非常に高くなるからです。嘘を意図的に流している工作員のサイトではなく、生のリアルな暴露サイトは、集団ストーカーのやり口がバレ、他の被害者が精神病と引っかからなくなる点でアウトですし、当然こういったやり方は組織犯罪だというのも十分に理解してます。創価=集団ストーカーになってしまってはマズイ訳です。だから仕方なく要らない人材でも取り込んでサイトを消してもらおうとするんですね。もっともコレも直接の加害者の嗜好も反映されますのでどうなるかはハッキリとは分かりませんが・・・・とにかく様々な圧力をかけて妨害したりしてくるでしょうが気にせずに、掲示板への書き込みだけで満足しないでサイトは解決のために必ず作って下さい、絶対後悔はしないはずです。

ターゲットが精神的におかしいという事で証拠を残さずに揉み消すのがセオリーなので、精神科へ叩き込んで、それに合わせて被害を軽くしたりして、精神的におかしかったんだという風に演出したりします。(音声送信を受けるようになって2年近くたちますが精神科へ行かせたいんだろうとか思うと、すかさず嫌がらせで身体への痛みや、仄めかすのを軽くしたり、「頼みます」と音声送信してきたりする)

加害者が特定できてる場合は謝罪しに行く

これで被害が軽くなったり、止んだりしたりするって話も良くききます。集団ストーカーは、宗教的な問題でなくやられてる場合は信者とどっかで揉めていて、ソレがカネ出して依頼してるだけなので、これも有効です。カオスの中にも秩序はあります。信者同士で相談したりして攻撃内容を決めている面があるので、謝罪したという事実があると、加害者が被害者を追い込みにくくなる訳です。創価内での世間体もありますし・・・加害者が謝罪を受け入れてくれるのがベストですけど、それはトラブルの経緯や謝罪の真摯な誠意次第でしょう。しかし、カネ使って一人を追い込んでる相手ですから普通じゃない人だという事は忘れないように。大抵変人だし、目的もあるでしょうからね

集団ストーカー被害はメモを取りキチンと記録しておく

集団ストーカーの被害は具体的に証拠としてメモ(コピーして複数とっておくこと)しておくのが大切です。その際、最終的には必ず偶然や不法侵入さえ当然のように行って盗もうとするので注意が必要です。コレがあると被害者の妄想という事にならないので必ず窃盗を狙ってきます。複数コピーをとっておく事も大切で、精神的にオカシイという事をアピールする為に、色々盗んでいるという面もあるので、コピーをしっかりとって別々に保管しているというだけで、盗み出しにくくなる訳です。不法侵入しては窃盗を繰り返して、突然何度も探した場所から出てきたり、物の配置を変えたりしますが、それも全て精神的にオカシイという事を主張したいがために加害団体はくり返し行います

集団ストーカー被害がエスカレートし、組織的に隠蔽する段階になると、窃盗はガンガンやられるようになりますね。どさくさに紛れて、ネット掲示板への被害書き込みすら、別の書き込みとすり替えたりもしますから、コレは書き込み自体を写メったり、書込みしたスレとレス番号を押えておくと防げます。ちなみに携帯も都合が悪い事を記録してると壊したりしますので、PCにでも保存しておく事をお勧めします。

づ霙梓錙盗撮器のチェックを仕掛けそうな場所をネットで調べ、駄目元でも自分で行う

業者を雇ってやってもらうのも手ですがカネだけかかって空振りに終わるでしょう、実際専門の業者で集団ストーカーの証拠を取れた例は皆無です。創価の人脈やコネ、顔の広さは凄まじく、色々な業者に手を回せますし、ターゲットに対する24時間の監視も徹底してるので、依頼自体が何処から依頼しても筒抜けなだけでなく、そういった自分達にとって不都合な相手(業者とか、警察とか)をガンガン折伏して自分達の団体に取り込んでしまうという点も問題で、ハッキリいって専門業者も殆ど信用できません。集団ストーカー被害に理解を示すくらいがせいぜいだと思いますね。その点自分なら只ですしね。現に私は盗聴器を自分で発見しました。私のケースでも必ず複数仕掛けてるハズなのにたったの一つしか出てこない点からも、もし盗聴盗撮機が出てこなくても不思議はないと思ってください。また、発見したら必ずその場で警察に110番通報して事件化して下さい。監視員も24時間チェックしてるので、もたもたしてるとすぐに機材を取り外されて、証拠隠滅してしまいます

 シ抻,冒蠱未簇鏗夏呂韻鮟个校には必ずボイスレコーダー(ICレコーダー)を使う

警察は信仰の自由ということで、権力志向の強い創価の警察組織への折伏を許容しており、創価汚染が深刻です、創価警察官は集団ストーカーの相談窓口である生活安全課をほぼ完全に掌握してます。相談を受けずに追い払ってなかった事にする為です。それに被害者が相談に来る事は事前に監視がチェックしているので知っており創価警察官は積極的に関与してこようとします。結果創価警察官に相談しなきゃいけないというのが基本になります(稀に例外もありますが)被害者を諦めさせる為にとても横柄な態度で接するように学会に指導されてるとしか思えない態度で接してきます、証拠をもみ消したり、暴力で傷害を受けたのにコチラが悪いから被害届けを出すなとか言ってくるのは当たり前です。調書を取るならボイスレコーダーをコッソリ回して、出来上がったのを読んだりしてちゃんと証拠とすべきです。(調書改竄防止の為に)しかし、ボイスレコーダーを回していると180度態度が変化します。以前のデタラメな態度をとった警察官ではなく、優しく温和な警察官が相談に応じてくれること請け合いです。これも事前に24時間監視されているからバレているわけです。創価警察官といえども警察官ですから、業務はこなさなければとなる訳です。パソコンに録音を取り込めるボイスレコーダーは万ぐらいで売ってるし、他に仄めかしの証拠をとることもできますので、被害者は絶対に買うべきです。

 精神科へ行かせようとする圧力を一切無視してバイトや仕事を強引に続ける方法

下に書いた☆マンガ喫茶のナイトパックを利用する+☆電車に乗りまくったり、ホームで何度も乗車をキャンセルしたりするをある程度やり続け、常に働きたいと思考していると、相手が色々なサインを送ってきます。例えばバイト情報誌を目に付くようにやたら置いておいたりとかです。監視に凄まじいカネと人員がかかるので嫌がらせを軽くして、むしろ気を使ってくれるような感じで働かせてくれたりします。そこにも創価はいますけどね。しかも無理に精神的におかしいから仕事ができない人と持っていきますが、それに耐えれば働けます。本来ならターゲットに無理矢理妄想にしないと人生がうまくいかないと持っていき、24時間攻め続けて疲れ果てさせ、強引に精神科へ行かせて妄想だと洗脳しようとし、無視すると本当に無理に記憶の封印(記憶が霞む)とかを行って物理的な洗脳を行い、それが済むまで、外に出られないようにターゲットの収入もカットしようとしますが、なんとかなる訳です

 

どうしても加害者の身勝手がゆるせなかったら・・・・・・

限度を超える嫌がらせの果てに、人生を狂わされてしまい取り返しがつかない、または努力が無駄になってしまった。連中に夢を壊された。そんなときに取れる対抗策がいくつかあります。しかし、加害団体も必死ですので責任は負いかねますし、自己責任でお願いします。特に女性は被害が重くなる時期、手っ取り早く壊すためにレイプされたりするという被害も出てますので注意して下さい。夜間は控えるとか・・・これから書込みすることを実行するなら確実に創価は驚愕しますし、音を上げます。ただし代償は大きくつきますし、一年間隔ぐらいとはいえ暴行を受けるなんて当たり前だと思ってください(大体一年周期で無理矢理喧嘩を売ってくる)。それでも実行する場合は、どんな脅迫や暴力にも屈せず毅然とやり通してください。また実行した場合、加害団体は自分達でやっておいて、ターゲットに罪悪感を持たせようと必死に音声送信したりしますが、全て無視して構いません。どんな理由であれ、虐待や障害行為はやった方が悪いに決まってますから。ただし必ず精神科へ行かずに凌ぎきれます。

☆マンガ喫茶のナイトパックを利用する(これだけならカルトの報復も大丈夫かも)

おそらく、近所の学会員か専属の監視員に監視されている家で寝泊りせずにマンガ喫茶のナイトパックを利用する(1000円で八時間くらいいられる)夜九時頃から非常にリーズナブルなプライスで利用できます。当然のように加害団体もガンガン信者を入れて、イビキを強くかいたり、コチラに合わせてタイミング良く舌打ちしたり、物音をたてたりして圧力をかけて、追い払おうとしますが一切無視して下さい。あまりに五月蝿かったら店員に言って注意してもらったり、席を代わってください(連中は、ターゲットは精神的にオカシイという事でありとあらゆる場所で追い込みをかけなきゃいけないので、これだと店全体に工作員を配置する必要があり、これも嫌がります)

なるべく、同じ界隈にマンガ喫茶が集中している町を選んで、終電がなくなってから入るというのがセオリーです。一箇所ではなく、複数のマンガ喫茶を併用するようにしましょう。そうすると待ち伏せしたりしないといけないので馬鹿みたいに信者を投入してきます。

 ☆電車に乗りまくったり、ホームで何度も乗車をキャンセルしたりする

前にも書きましたが、加害団体はターゲットは精神的にオカシイという事でありとあらゆる場所で追い込みをかけなきゃいけないので、当然ターゲットが電車を利用するなら、(盗聴や思考盗聴を使って)事前に信者を動員してその車両に前から乗ったりしてターゲットを待ち伏せしたりします。普通ならこんなに全車両に人を配置できないと思いますよね?そのトリックは極めて単純で、上り電車と下り電車の二本線路があるとすると、動員した人を電車の上り線から降りたら、改札口をくぐって出口から駅の外に出ずに、下り線のホームへ移動するという、人員の循環を組織的に行って凌いでます。これなら、車両の何処に乗っても仄めかしを行う人が存在できます。ターゲットが顔を見た人は、ストーカーしてるのがバレるのでそのまま帰りますが、基本は信者集団でいつまでも循環してキセル行為を堂々と行っている訳です。偶然JRの山手線の田端駅でこの光景を目撃したときは、その異様な光景に言葉が出ませんでした。なんと電車を降りてエスカレーターで登ってきた客の半数以上20〜25人くらいが、真ん中にある出口から駅外に出ずに、今電車で来た駅の方へと戻る反対側のホームへとまたエスカレーターで下っていくんです。しかも、2、3人で仄めかしながら会話してる女子とか、携帯とかで仄めかしつつ喋ってる怪しい奴等に限って、反対側のホームへと行くんだから傑作です。チェックしてみるとやはり、何度見ても何十人も循環するために反対のホームの方へ行ってます。携帯で動画として保存して見ましたが間違いありません。やはりやっています。この大量動員が集団ストーカーの最大の特徴でしょう。しかし、大量動員して全ての車両に配置するのは非常に骨が折れるので、信者達は何とかして、ターゲットを帰そうとするし、先頭車両や最後尾車両などのすいている車両にのみ、日頃から乗るように音声送信や、仄めかしてきたりして要求してきたりします。これはターゲットが先頭車両にのみ乗り続けるなら、徐々に他の車両へ配置される信者数を減らせるからです。これ等を守ると仄めかしたりせずに静かにしていたりしますが、一切無視して構いません。

これを書き込みしてる時も隣の奴が「つけあがってる」とか外でひたすら数名が騒ぎ続けたりしてます。

                                                                                                      

1