直線上に配置

 ロスト・イン・トランスレーション(2003年)

監督 ソフィア・コッポラ
出演 ボブ・マーレイ
スカーレット・ヨハンソン
物語

CM撮影の為に日本にやってきたハリウッドスターと
夫の仕事に同行して日本にやってきた女性が、同じホテルに滞在して偶然出会い、
言葉を交わすうちに絆が芽生えてくるロマンスの物語。

ロケ地 東京



パークハイアット東京

東京都新宿区西新宿3-7-1-2

映画の舞台になったのは、
東京・新宿にあるホテル、パークハイアット東京です。

 写真は、ビル・マーレイがホテルにやってきた時に、
日本のクライアントが出迎えるラウンジです。
映画を観ていた時には1階にあるロビーのように見えたのですが、このラウンジがあるのは41階です。
天井がガラス張りになっているので、昼間、天気が良ければ明るくて開放的な空間のように見えます。
エンディング近くで、記念撮影を撮るシーンもここで撮影されました。私が行った時には、結婚式を挙げた新郎新婦が同じ場所で記念撮影をしていました。

この場所は一般の人達も入れますし、客室に行く人達が必ず通る場所なので、撮影する時には大変だったのではないかと、思いました。
 
ラウンジでお茶をしようと思ったら満席でした。





このホテルに泊まったわけではないので、
客室は見れませんでしたが、
一回は泊まってみたいホテルです。

でも、映画のように何泊もしたら、とんでもない金額になるでしょうね。


 外からみるとこんな感じ・・・。
    




主人公二人が出会うパークハイアットの
52階にある「NYバー」です。

私が行ったのはお昼すぎだったんですが、
お昼の時間帯にはランチブッフェが食べられるみたいです。

お昼は14時まで、
その後は17時からパータイムになります。




52階から見た景色はこんな感じ。

都庁や世界一大きな振り子時計がある
NSビルも見えます。


 吸い込まれそう〜。
 

エンディングで二人が再会した場所。

丁度、新宿の京王デパートから
都庁に抜けるあたりです。二人が抱き合って、
キス
したのは、写真よりもうちょっと奥の方になりますね。

目印は「ヨドバシカメラ時計総合館」です。
映画の中でも看板が確認できます。


 
「作品名一覧」へ


 「映画のロケ地探訪」トップへ


直線上に配置