TOMIXロコにKATOカプラーアダプターを装着その1


  1. その1:箱型DLを電機にすると・・・
  2. その2:スカートを作って屋根を仕上げる


その1:箱型DLを電機にすると・・・
*プロローグ
ある日、いつもの中古模型ショップに行くと、ビニールにくるまれたジャンク車両が目にとまりました。
手にとって見ると・・・なんと!永大の「DD54タイプ」ではないですか!
車体の状態は(ビニールの上から見る限り)まぁまぁだったので、
格安価格につられて、購入してしまったのです。

帰宅後、ビニールから取り出し、ボディや走行状態を確認してみると・・・
・台車間の燃料タンク状パーツ(ボディ一体)が切り取られている
・両側のカプラーが欠損
・車体側面に少々色剥げあり
・走行は永大らしい騒々しさ、しかし滑らかで問題なし
という状態でした。
これは、お買い得品だったというべきでしょう。

ところが、この製品、私は既に1両持っています。
そちらの方が状態はいいので、そのまま保存することに決めていました。
なので、この新たな1両を、かねてから考えていた改造に使おうと考えたのです。

改造着手前(KATOカプラーアダプターは装着済み)

*電化計画!
かねてから考えていた改造とは・・・なんとこれを「電機」にしてしまう、というもの。
DD54って、日本型DLらしからぬ箱型デザインだし、EF66とのデザイン上の共通点も見られます。
しかも永大のDD54タイプは、同社のED75の動力にEF65の台車を流用したものなので、
DD54よりも腰高になっていて、ますます電機っぽいアレンジになっているため、
以前からパンタグラフが似合うだろうなぁと・・・ずっと思っていたのです。

*スカートの切断
それに先立ち、KATおカプラーアダプターの装着を試みました。
永大のカプラーは、カプラーの柄が復元バネの役割を果たす構造になっており、
KATOカプラーアダプターをはめ込めるような、垂直のピンがあるのです。
ここにKATOカプラーアダプターの短軸タイプをきゅっと入れることが可能です。
同社のキハ40系やキハ58系には、全てこの方法でKATOカプラーを装着していました。

なのでこのDD54タイプも・・・って、おやおや、スカートの開口部に干渉してしまうじゃないですか・・・
走行は可能ですが、このままだと、勾配を上ることは不可能でしょう(笑)

そこで!後でKATOの何かのASSYを改造して使うことにして、
スカートは切り取ってしまうことにしました。
何しろこの車両は、燃料タンクもスカートも、ボディ一体構造なんですからね・・・


スカートを切り取ったところを裏面から
スカートは後でどうにかします。台車間の隙間には、エアータンクを置きましょう

*屋根を「ツルン」とさせる
DLらしさを消す、まず第一の方法は、屋根上のファンをなくすことでしょう。
この車両にも、大きなファンが2つ、屋根上に表現されています。
これを削り取って「つるん」とした状態にして、モニターや高圧引込み線、パンタ、避雷器を設ければ、
もともと電機のようなデザインが、そのまま使えるはずです。

早速ボディの裏を見てみるると、ファンの部分ははそのまま削り取れるようです。
しかし、ファンと反対側の角ばった部分・・・ここは、屋根の裏側が凹んでいました。
なのでこの部分はピンバイスでたくさんの穴を開け、デザインナイフで切り抜いてしまいます。
そして出来た開口部はプラ板で塞ぎ、滑らかに整形する、という方法を用いました。
開口部とプラ板の隙間には充分に瞬間接着剤を充填し、
耐水ペーパーを用いて、ツルツルになるまで磨いておきました。


屋根を切り抜き、プラ板で塞いだところ。既にファンは削り取っています。

続いては、パンタの位置を決めます。
手元にあったKATOのPS22を使って、バランスを見ながら位置を決めました。
作例では、車端部から20mmくらいのところに装着用の穴を開けています。
これを仮に装着してみると・・・



いいじゃないですか!なんか、電機に見えてきませんか?
期待は一気に高まります。

*モニターとランボード
さて・・・この電機は、直流機にします。
交流機や交直流機は、屋根上の配線が大変で面倒だからです。
直流機なら屋根上は至ってシンプル・・・
ここには、EF65PFのジャンクボディから拝借したモニターを置きましょう。
モニターの長いほうを若干カットして、短いほうと一緒に置いてみると・・・これがピッタシ!
カットした面をプラ板で塞いで修正した後、瞬間接着剤を用いて屋根に固定しました。

続いては、屋根の端にランボードを設けます。
これは、モニター底面のカーブと屋根カーブが合っていないのを、隠す意味合いもあります。
1mm×0.75mmのStripStyreneを用いました。
屋根の勾配に貼り付けたため、ランボードが傾いてしまいますが・・・後でどうにかしましょう。
いや、このまま「気にしない」という方法もありますね。


モニターパーツはKATOのPFのジャンクボディがか拝借しました。

*とりあえず・・・
今回はここまでにしておきます。

この状態でも、ボディを動力に戻して走行させてみると・・・
なかなか「ユニークな電機」といった感じで、悪くないのです。
なのでしばらく眺めてしまい、工作が中断してしまった・・・というのが本当のところです。

まだボディは全くの手付かずですが、実物に有り得る構造にこだわって工作を困難にしたくはないし、
このままでも充分に電機らしい雰囲気を漂わせていると思うので、あまり手は加えない予定です。

それよりもむしろ、ちゃんと最後まで仕上げること、今回はここに注力してみようと思っています。
(つづく)


スカートがないと、「歯抜け」みたいですが・・・今後に期待できる風貌だと思いませんか?


その2:スカートと屋根を仕上げる
こんな雰囲気になったんですよ!

*スカートの構想
この改造の一番のポイントは、スカートです。
もともとボディ一体成型だったスカートは、開口部が大きく欠き取られていたし、
カプラーと干渉してしまうし、ディテールが何も表現されていないため、
前回に切り取って廃棄してしまいました。
そこで・・・新たにスカートを新調する必要があるのです。

簡単なのは、最近のKATOの電機用ASSYパーツを利用すること。
これを、ボディ前端と動力ダイカストの間に挟みこむ加工をすればいいのです。
しかしたまたま、手持ちに手ごろなものがストックされていなかったため・・・
ジャンク箱を漁って、首振り構造のパーツを発見したのでした。

これ、何のスカートだか、実はよくわかっていません。
裾形状を見る限り、交流機のようで・・・しかもEF70とは違います。
とすると、動力リニューアル前のED75用でしょうか?
なんでこんなものを持っていたのでしょう???

まぁ、いずれにしても、これを使うことにしましょう。
スカートの目処が立ったので、まずは台車に付いていたカプラーポケットを、
ニッパーで切ってしまいました。

*スカートの加工
一番の難題は、これを「挟み込める構造にする」ことです。
以前EF70でやったように、平らな上面に挟み込み部分を作るのは、結構手間がかかります。
そこで今回は、スカートの裏面を全て切削して、そこに挟み込み用のプラ板を貼ることにしました。
こうすれば、徹夜で仕上げるなどということはしなくて済みそうですから。。。

首振り構造のスカートの裏側には、カプラーポケットなどが一体で作りこまれているので、
これをデザインナイフやヤスリで全て削ってしまい、「スカートだけ」の状態にします。
これをボディにあてがってみると、幸いにも、裏にプラ板を貼ると、ちょうどいい位置関係になりそうでした。
そこで1.0mm×4.0mmのStripstyreneを瞬間接着剤で固定し、
ボディ前端と動力ダイカストの隙間にきつく挟み込めるまで、ヤスって厚みを調整しました。
厚みがほどよくなれば、きちんと挟み込めるようになります。
このスカートがこの前面にジャストフィット!!・・・」はい、いつものご満悦タイムになってしまったのです・・・

しかし続いては、カプラーの固定方法を考えなくてはいけません。
適当に真鍮線でも立ててカプラーを通せばいいジャンとか考えていたところ、
これも幸い、やはりジャンク箱に、おそらくEF60かEF65のものと思われるスノープロウがありました。
ATS車上子に交換した際の余剰品なのでしょう。
嬉しいことに、これにはカプラー固定用のピンがあるので、それがそのまま利用できるのです。

ただ、スノープロウの脚をスカートの裏側に直接貼り付けると、スカートが前面に出すぎてしまいます。
なのでまず、Stripstyrenの小片を貼り、それにスノープロウを貼り付けました。
これで位置関係もバッチリです。

スカートを切ってしまったときにはどうなることかと思いましたが、まぁ、どうにかなるもんですね。


ジャンク箱で見つけた「何か」のスカートを加工。
裏面の余分な箇所を全て切削し、挟み込む部分を接着して整形、
EF65用?のスノープロウを接着してカプラーを固定、さらにEF66用の開放テコを装着。

さらにここで、EF66用のカプラー開放テコを見つけたので、これも取り付けてみることにしました。
これは(ボディではなく)スカートに固定するタイプだし、青い樹脂でできているので、好都合です。

EF66は流線型の前面をしているので、開放テコもかなり大柄です。
OKIには「EF66用スカートを使うか、開放テコを小さなものにしたほうがいいんじゃない?」と言われましたが、
EF66用スカートは後退角が大きくて、このボディには合わなかったし、
KATOカプラーアダプターが大柄のため、むしろこの開放テコが似合う・・・という理由で、
このままにすることにしました。

*屋根上の小物を作る
次は屋根上の小物です。
避雷器、ホィッスル、信号炎管・・・いずれもKATOのASSYパーツを用いて、それらしい位置に取り付けました。
こういった演出を施すと、また一歩電機に近づいたって感じになります。
ただ、このときはまだ塗装前のため、穴を開けて差し込んでいるだけです。

続いて、ふと思い立って、ヒサシを作ることにしました。
EF66後期型の雰囲気を出そうと思ったのです。
前面窓上には水切り状の出っ張りがあったので、これをガイドにして、
1.5mm×0.25mmのStripstyreneを貼ってみました。
貼った後にヤスリで整形してみると・・・これもなかなかいいんじゃないでしょうか!

・・・でも、この薄さのプラ板は、強度が不安です。
ちょっとした不注意で、曲がってしまったり、取れてしまったり・・・
これからまだ加工は続くので、ヒサシを気にしながらの作業は精神衛生上も好ましくありません。
なので一旦仕上げまでしたのに、結局は取り外してしまいました。

まぁ、こういった試行錯誤も、行き当たりばったり工作では楽しいものです。
どのように仕上がるのか自分でもわからない・・・それが私の個性(?)でもありますからね。


KATOのASSYパーツから、避雷器、ホィッスル、信号炎管を取り付けます。
ご覧のとおりヒサシも付けてみましたが、強度が不安なので、やっぱりやめました。

*床下機器を作る
DD54には軸重軽減のための1軸トレーラー台車があり、個性となっています。
しかし永大のDD54タイプではこれが省略され、代わりに燃料タンクのような表現がありました。
しかもこれ・・・ちゃんとタンクになっておらず、側面だけが壁のようにそそり立っていました。
このジャンク品は、購入時に既にこの部分が切り取られていたので、
結果として動力台車間はスカスカの状態です。
なのでここに、電機の床下機器らしきものを設けることにしました。

ただ、(機器の多い)交流機に比べれば、直流機の床下はシンプルなものです。
EF65などはほとんど何もありませんし、ED61などはエアータンクがあるくらいです。
なのでこのフリー電機も、直流らしいシンプルさを追求し、エアータンク+αにすることにしました。

使用したのは、タミヤのφ2.0mmプラ丸棒と、1.0mm×4.0mmのStripstyreneです。
これを適当に並べて床下機器らしくし、床面にゴム系接着剤で固定しました。
丸棒2本はエアータンクだけど、直方体状のものは・・・何なのでしょうか?
まぁ、どうせフリーなんだから、いいでしょう。

塗装は、後でハンブロールの筆塗りをしようと思います。


床下機器はプラ丸棒とStripstyreneで製作し、床板に接着しています。

*窓ガラスの取り外し、屋根上モニターの加工・・・そして塗装
さて、ここで塗装工程に入りますが、難問がひとつ残っていました。
それは前面窓・・・これがなかなか取り外せないのです。
ボディ裏から見ると、前面窓ガラスはヘッド・テールライトパーツと一体で、裏からはめこんであります。
これを取り外すためには、窓が側面に回りこんでいる部分を内側に押し曲げ、
さらに前面から押して、かなり曲げた状態で取るしかないようです。

しかし・・・経年変化もあるのか、もともと固い永大の透明樹脂がさらに固くなっていて、
にっちもさっちもいきません。。。
仕方なく、取り外すのを諦めてマスキングテープを貼ろうかとも考えました。
しかしこれでは、窓ガラスとボディとの隙間に、元のオレンジ色が残ってしまうでしょう。

結局、折れてしまうのを覚悟で、無理矢理取り外してしまいました。
案の定、回り込んだ部分が折れたり、正面がちょっと曇ったり、
ライトレンズが折れたりしてしまいましたが、仕方ありません。
取り外したパーツは正面窓だけを切り出し、外側から入れられるように仕上げておきます。
また、折れてしまったライトのレンズは、銀河のパーツを使うことにします。

さらに塗装前に、もうひとつの加工をしています。
前回は下枠交差型のPS22を取り付けていましたが、デザインの
バランスがいまひとつだったので、手持ちにあったGMのPS16に変更することにしました。
このとき、屋根上モニターと大柄になったパンタが干渉してしまったのです。

なので、短い方のモニターを、楕円窓1個分短く加工します。
モニターは瞬間接着剤で固定していたため、ちょっとこじれば外すことが出来ました。
加工が終わったモニターを再度取付ける前に、屋根全体に0.3mmプラ板を貼り、
黒(屋根色)と青(ボディ色)の塗り分けを明確にできるようにしました。
そして、モニターの底面を屋根のカーブに合わせる修正もして、
今回はタミヤセメントで、しっかり密着固定しました。

屋根全体をプラ板で覆い、短くしたモニターを密着させました

また・・・幅が狭く、傾いていた両肩のランボード、これも修正しました。
できるだけ水平になるように削り、上に1.5mm×0.25mmのStripstyreneを貼っておいたのです。
これで、ランボードも実感的になりました。
職員が屋根から転落する事故も、防ぐことができるでしょう(笑)

塗装はまず、スカ色青を吹きます。GMのスプレーを用いました。
発色を考えたら、クリームが先かとも思いますが、
後のマスキングの手間を考慮すれば、青を先にした方が楽ですから。

ちなみに・・・前面の塗り分けをどうするかは、まだ決めていません。
出来る限り、ごく普通の直流機一般色にしたいのですが・・・
ヘッドライトケースが腰部にあるため、EF66のような感じになるかもしれませんね。

このまま青一色でも充分に見栄えがする姿になったため、進捗が遅れそうですけど。。。

実はこの段階になって、ナンバーを削り取ることを忘れていました・・・(^-^;
今はまだ、DD54という表記が浮き彫りになって残っています。
仕方ないので、前面はEF66のようにナンバーをケース(?)に入れた状態で隠し、
側面は・・・削り取ってで、点検蓋のようなものを貼り、削り痕を隠すことにしましょう。


左写真:窓ガラスパーツは切り出して前面から入るようにしています
右写真:短くなったモニター、幅が広くなったランボード、GM製PS16に交換したパンタ。
 ランボードも、らしくなったでしょ?ちなみにホィッスルは取り外しています。

*ところで・・・形式名は?
ナンバーの話が出たところで、形式名についてお話しておきましょう。
全体の雰囲気は、EF66の流線型をおとなしくし、D型にアレンジしたような感じです。
確かにDD54の面影が一番大きいのですが、電機だという先入観で見ると、EF66そっくりです。
国鉄の直流D型電機はED62までで終わっているので、66という番号は空いています。
なので、安直な感じもしますが、「ED66」という形式名にすることにしました。
一昔前、カツミが16番の入門用に用意していた、ショーティみたいな形式ですね(苦笑)

さあ次は、ナンバー周りと塗り分けにチャレンジすることにしましょう。

このままでも活躍できそうな完成度です

(つづく)