モンゴル笛リンベ、ホーミー演奏家「マハバル・サウガゲレル」OFFICIAL WEB SITE
 Uuriiguu taniltsyylah プロフィール

HOME
プロフィール
私の楽器
NEWS
モンゴル民族音楽演奏・
コンサート企画のご依頼
出演したコンサート
笛、ホーミーの教室
ALBUM
民族音楽shop
リンク
お問い合わせ



マハバル・サウガゲレル プロフィール
※コンサートの主催者の方などでパンフレットなどに掲載用の短いプロフィールが必要な方はこちらにご用意しています。>>>>短いプロフィール
 
リンベ、ホーミー、笛子、簫、笙、巴烏、フルス演奏家
マハバル・サウガゲレル(Makhbal Lkhagvagerel)


モンゴル国ウランバートルで生まれる。8歳の時より少年少女団中央宮殿にて、著名なリンベ演奏家ジャンバルジャムツ氏、モンゴル国最高文化功労者L.ツェレンドルチ氏についてリンベを学び始める。
1990年、モンゴル国立音楽舞踏学校に入学、著名なリンベ演奏家D.エンヒタイヴァン、モンゴル国最高文化功労者M.バダムの各氏に師事。在学中はリンベの他、ホーミー及びその伴奏をするモンゴルの伝統楽器である馬頭琴、トヴシュール、口琴を学ぶ。
16歳の時、モンゴル全国リンベコンクールプロ部門銀賞受賞。
'94、'95年、ウランバートルにてソロリサイタル開催。
'96年成績優秀により一年飛び級して卒業後、モンゴル国立文化芸術大学リンベ専攻に入学、著名なリンベ演奏家ジャンバルジャムツ氏に師事し優秀な成績を修める。
在学中モンゴル国立音楽舞踏学校の講師として教鞭をとる。また、「モンゴル国立民族歌舞団」及び「軍隊歌舞団」にソリストとして所属。1989年よりフランス、ロシア、日本、韓国、北朝鮮等世界各国で演奏。

1999年より中国に留学し、中国上海音楽学院笛子専攻に入学し中国の笛子を著名な笛子演奏家、張九斥、愈遜発の各氏に、笙を叔超明氏に師事し、2004年に卒業。また、その間巴烏(パウ)、フルス、簫も習得。

2004年より日本に在住。モンゴル国の伝統芸術を紹介するコンサート、講演、子供たちとの国際交流コンサート、テレビ・ラジオ出演など幅広い演奏活動を行う他、大阪と東京で横笛やホーミーなどを教えている。また、中国の笛子、簫、フルスの奏者、講師としても活動している。
05年、07年、国際音楽コンクール民俗楽器の部プロ部門第1位。
06年、アンサンブルフェスティバルにおいて、ジクール・セクステットの演奏で兵庫県知事賞受賞。
06年、豊中アクア文化ホールにてソロリサイタル開催。
07年、大阪ザ・フェニックスホール・エヴォリューションシリーズにてソロリサイタル開催。
10年、14種類のリンベのための教則本・曲集「リンベデフ・オルラグ」発行。また14種類のリンベのための新曲を多数委嘱。
10年、「モンゴル国文化功労章」(日本でいう文化勲章)受章。
12年、モンゴル国立馬頭琴交響楽団と竹下景子による「スーホの白い馬」全国ツアーコンサート、13年、同楽団の来日全国ツアー公演に参加。
モンゴル伝統芸術協会会長。日本ホーミー協会会長。モンゴル民族音楽「テムジン・アンサンブル」代表。

 


Copyright(c) 2005-2017 lkhagvagerel. All rights reserved.