モンゴル笛リンベ、ホーミー演奏家「マハバル・サウガゲレル」 OFFICIAL WEB SITE
 Minii Togloh Durtai Khugjim サウガゲレルの演奏楽器

HOME
プロフィール
私の楽器
NEWS
モンゴル民族音楽演奏・
コンサート企画のご依頼
出演したコンサート
笛、ホーミーの教室
ALBUM
民族音楽shop
リンク
お問い合わせ



サウガゲレルの演奏楽器など
 サウガゲレルが演奏している、ホーミーやモンゴル国の楽器、中国の楽器を紹介します。

ホーミー
ホーミーとは、モンゴル国の西部で発祥した独特な歌唱法です。一度に低音と高音の二つの音を同時に歌う、モンゴルの伝統的な芸術です。自然の中から生まれた芸術で、水の流れ、鳥の声、山に響くこだま等を模倣している芸術ともいえます。ホーミーの種類は数多くあります。
馬頭琴やトプシュール、ヨーチンなどの伴奏と共に歌うことが多いです。
リンベ
モンゴル国の民族楽器の笛で、元来は動物の骨と銅でできていました。現在はプラスチック、銅、真鍮などで作られています。私が用いているのは自分で作成した、プラスチックと銅でできたリンベです。
上から吹き口、6つの指穴、一番下には音の出る穴が2つ、ついています。
モンゴルの伝統的な歌のオルティンドーを伴奏するために曲の最初から最後まで息継ぎをせず一息で吹く循環呼吸という奏法を使うこともあります。
モリンホール(馬頭琴)
その名の通り、馬の頭の部分の彫刻がついた弓で弾く弦楽器。また、弦、弓とも全て馬のしっぽの毛でできています。かつては音の鳴る共鳴箱の部分は馬の頭の骨で作られていました。その後、木と羊の皮で作られるようになり、最終的に現在のような木の共鳴箱になりました。バイオリンとチェロの中間の音域を持っています。
モンゴル語ではモリンホールと呼びます。
トヴシュール
この楽器にはいろいろな種類があり、その頭の部分についている動物によって名前が変わります。私の楽器は白鳥の形をしているので白鳥トヴシュールと呼ばれているものです。指を使ってはじいて弾く楽器で、ホーミーの伴奏時のみに使用されます。
口琴 モンゴル国の民族楽器の一つ。口琴には、鉄製と竹製の2種類があります。口琴の弁を震わせると同時に、口の中の空気や舌の高低を変化させていろいろな音程を出します。
笛子
中国の民族楽器の竹でできた横笛で、リンベや他の国の笛と違う特徴として、吹き穴と指の穴の間に薄い笛膜のついた穴があります。膜は薄い葦を張り付けたもので、吹いた時にこの膜が空気で振動し、独特の張りのある音色を生み出します。
巴烏
中国の雲南地方の笛で、見たところ笛子と同じような横笛ですが、吹き口に銅製のリードがついているのが特徴です。やわらかい独特の音色がします。
葫芦絲(フルス)
中国雲南省の少数民族に伝わる、ひょうたんと竹を使って作られたたて笛です。真ん中に太い管、両側には単音竹という2本の管があります。吹き口にはリードがついていて、独特のやわらかい響きのする多重音楽器です。
口笛
高い音が出る笛。穴の数は少なく、とても小さい笛ですが、他の笛と同じように様々な曲を演奏することができます。

中国の笙。管は竹で作られており、一管ごとに中にリードが入っていて、指穴を押さえて息を吹き込むとその振動でリードが震えて音が出る仕組みになっています。

尺八と仕組みが良く似た、竹でできた縦笛です。
排簫
ペルーの民族楽器ですが、これは中国で作られている竹製のものです。一管一管で音が違います。上から息を吹き込んで音を出します。


Copyright(c) 2005-2009 lkhagvagerel. All rights reserved.