木鷽 (きうそ)

学生の頃、手に入れ損ねた木鷽。大宰府を訪れたことで、コレクションがスタートしてしまいました。エンドレス!?

天神信仰(てんじんしんこう)は、天神(雷神)に対する信仰のことで、特に菅原道真公を「天神様」として畏怖・祈願の対象とする神道の信仰のことをいう。(from Wikipedia)

全国で菅原道真公をお祀りしている神社は、約12,000社あると言われていて、境内には道真公ゆかりの「梅」「牛」「うそ」の像があります。

花を愛された天神さが大宰府へ西下の時、京の紅梅殿の梅にこの歌を詠まれると、梅花は、はるばると配所大宰府の菅公のもとに飛んできたというのが「飛梅伝説」です。

菅公は、承和12年(845)乙丑(きのとうし)の歳に生まれました。亡くなられた後、その御遺骸は都府楼の北東(丑寅)の方向へ向かって進み、車の止まったところ、当時の四堂のほとりに葬られました。このことが、太宰府天満宮の始まりとなりました。
自身の身体と同じ神牛の部分を祈念を込めて、お互いに撫でさすれば身体健全はもとより病気全快するといわれ、また神牛の頭部を同じように撫でさすれば、知恵が付くという信仰があります。だから、(真鋳の?)牛の頭はピカピカです。

「うそ鳥」の石像があったり、「うそ替え神事」が行われる天満宮。なぜ「うそ」かと言うと、道真公が嘘をつかない正直な人だったという説や、蜂の大群におそわれた時に「うそ鳥」が助けてくれたという説。さらには、天満宮を建てるための材木を食い散らかしていた虫を退治したという説があります。そして・・・「嘘」と「鷽」の音が同じであるということ。

『うそ替え神事』は、境内にて木うそを手にした人々が「替えましょう 替えましょう」と呼び合いながら、木うそを互いに取り替えることで、一年間に知らずについた嘘を清算し、御神前で天神さまの誠心に変えて幸運を戴き、新しい気持ちで本年を過ごす為の迎春の神事です。
この神事、実際に「うそ替え」を行っているところは、数えるほどです。ほとんどの天満宮では、前年の木鷽を神社へ返納し、新しいものと取り替える(=鳥替える)ことによって1年の吉運を招き、開運・出世・幸運を得ることができると信仰されていて、熊手と同じように、毎年大きくしていくものだとされているようです。
(私のは、コレクションなので、取り替えることはしません!だから、同じところにお参りすると、おのずと木鷽が増えていきます。)
 

20160219日現在

 

Bullfinch Exchanget is based on a homonymous word play of "" (pronounced USO, meaning a bullfinch bird) and "" (pronounced also USO, meaning a lie. Attendees to the ritual bring their own small wooden bullfinch. They gather inside a sacred area of the shrine enclosed by straw festoons and exchange their wooden birds with each other saying Lets change, Lets change. It is believed that, by doing so, people can cleanse themselves of all the lies they made unintentionally or circumstances forced them to make, and ask the deified spirit of Sugawara Michizane for forgiveness and to be given good fortune to start a new year. The exchanged wooden bullfinch is later enshrined in the household Shinto altar or a sacred alcove in the house to receive the years good fortune. Uso-gae is a Shinto ritual similar to the concept of repenting in Christianity

 

 

<東北>


 

2014814

 

榴岡天満宮(宮城県・仙台市)

通年手に入るようです。

 

確認できている、日本最北の木鷽。

絵馬やお守りの目は鷹のごとく鋭いのに、木鷽の目は笑ってます。

 



(売り切れた木鷽は「飛んでいきました」と貼り紙)

2012112

 

西根神社、高畑天満宮(福島・飯坂温泉)

 

どんと焼き及び鷽かえは例年113日から16日。
2012年は特別に1日早くから開始)

 

こちらでは、金鷽も購入可能。
ストラップは、谷保天満宮のものと同じ顔つき。

 

春の大祭でも1日だけ鷽替えが行われますが、その時の木鷽は、顔つきがちょっと違います。(欲し〜!)


 
 上段が春の大祭用

 

  



2014年8月

 

西根神社、高畑天満宮(福島・飯坂温泉)

 

なんと、なんと、春の大祭の鷽を入手できました!

 

 

正月バージョンと比較すると、こんな感じです。

 

<関東>




2010124


亀戸天神社:鷽替え(毎年1月24・25日のみ)

 

一番小さいものは、懐中用。


 

2010725

 

亀戸天神社で通年手に入る鷽の御守り

 

左から:小さな木鷽のストラップ。金色の小さなものは、金色の板状の御守り。銀色のものは、うそ笛。
以上のものは、土鈴も含め、通年手に入りま

下:根付の木ウソの後ろ側と底。


   

2010126

 

湯島天神社、木鷽

 

25日から手に入りますが、受験シーズンなので、この木鷽よりも合格祈願の絵馬が人気

底には「寅」の文字あり。


 

2012125

 

湯島天神 木鷽(大小)

 

サイズにばらつきがありますが、2サイズのみ。

 

底には「辰」の文字あり。

 

木鷽は、毎年初天神の日からの販売で、例年1週間ぐらいでなくなるそうですが、なんと今年は26日朝には授与終了。


  

201022

町田天満宮

 

木鷽とストラップ。

通年手に入ります。


 


2010
21

 

中野:新井天神 北野神社

 

友達に頼んで買ってきてもらった木鷽。
木鷽は11日から配布で、大中小+携帯があるそうですが、すで1ヶ月後だったので、チョイスは少なく、これは小です。
手作り感ありありの木彫りですが、どこにも社名がないのが・・・


  


2010
527
中野:新井天神 北野神社

 

2月のお礼もかねて北野神社に足を運びました。そしたら、まだ大と小があり・・・、今回は大を入手。
木鷽は11日から配布で、大中小+携帯があるそうなので、来年は是非、中を手に入れたいと思います!
大きいサイズも手作り感ありあり。しかし、これにも社名はありません。

今回入手したのが右の大きいサイズ。左は小サイズ。
中が欲しい〜!




201118

 

中野:新井天神 北野神社

 

昨年、2度に分けて小と大を手に入れたので、今年は是非「中」サイズをと思っていました。
晴れて3サイズ勢ぞろい!
新井天神には、このほかに懐中用の鷽があるようですが・・・。これは今年も3日には売り切れたそうです。


   

20101103

 

東京都国立市:谷保天満宮

 

年に1度、113のみの頒布。ホウの木で出来ていて、他の天満宮の物とは異なり、細長く、長さ6センチ
谷保の鷽がえは江戸時代以後暫く途絶えていたが昭和45年頃復活


 

 


2011
13

 

上野 :五條天神社

 

*正月三が日と124.25日に頒布。
桧製、長さ7センチ

 

「金鷽」を受け得た人は、将来家運が隆盛に赴く吉兆であると伝えられています。
我が家に来たのは・・・残念ながら銀鷽。頭部の紙が銀色です。

 

   
社務所前の石像


 



2011126

 

千葉神社、千葉天満宮

 

5サイズの中から小さい方から2つを選びました。
* 初天神から節分まで授与。

  

  

201359

 

平河天満宮

皇居に一番近い天満宮!とのこと。

 

この木鷽は、通年入手可…らしいのですが、私が訪れた時は、残り2個!

(7月に訪れた時には在庫なし。泣く泣く?お守りを頂いてきました。)

 

7cm弱の小さな木鷽で、頭には金紙。

貼り方が独特です。

 

 

 

 

201456

 

成子天神社 (東京、西新宿)

 

これは、鷽替の木鷽ではなく、鷽みくじ。
(ちなみに「吉」でした。)

5cmの木の鷽です。

 

力石もあります!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな、新宿の街中にある天満宮で、最近工事が終了したばかり、新しく立派な天満宮です。


 

 

2014825

 

牛天神北野神社 (東京、文京区)

 

ヒノキでできた、約6cmの木鷽。
目にはビーズが埋め込まれていて、干支の鳥に近い形です。

 

今年の正月に初登場とか…。
社名はどこにもなし。



20148
右:牛天神北野神社の木鷽
左:横浜熊野神社の木鷽

 

2014819

 

横浜熊野神社 (神奈川県横浜市鶴見区)

 

どうみても牛天神と同じヒノキの木鷽。
おそらく同じ作家さんのものと思われます。

社名はどこにも無し。

神社内には社務所がなく、電話で連絡して社務所(ご自宅)で無事に木鷽を入手!

 

 

 

2016年2月19日

 

永谷天満宮 (神奈川県横浜市港北区)

 

台紙も含めて、亀戸のウソ守り(根付)と似てます。
が、顔も背中も違いました!
(こちらも底に印章があればいいのに!)

 

 

  

 

20130724

 

静岡県磐田市:見付天神 矢奈比賣(やなひめ)神社

 

通年あると聞いていたので、いつかは行きたいと思っていましたが、出張ついでに買ってきてもらっちゃいました!

 

15cmの太くて立派な木鷽です。

尾羽の下に、「見付天神」と焼き印が入ってます。

                               

<関西>


  

201054
名古屋:七尾天神社木鷽

 

「お願〜い!」と頼んで入手してもらった木うそ。
東京のものとも、福岡のものとも異なる、形はカクカクの八角柱ながら、この梅と松の美しい絵が!なんとも「べっぴんさん」な鷽です。しっかり紙で包まれ、さらに神社の袋に入れられていますが、「あたり」は金色の木鷽。これはふつうの・・・です。
* 鷽替え神事はなし。木鷽の授与は通年。


   

2010610
愛知県岡崎市:岩津天満宮の木鷽(うそみくじ)

 

ネットで調べ上げ、送付していただけることが判明。

問い合わせをし、初穂料を書留で送り、定形外郵便で送っていただきました!


 

2011115
名古屋、千種区:上野天満宮

 

サイズは大15cm、中12cm、小9cm
社務所での授与は2日間だけですが、予約をすることで手に入れることができました!
*
うそ替え神事は1月15(左義長祭り)25(初天神)2日間。


 

 

2011618

 

大阪:道明寺天満宮

 

鷽替えは1月の初天神​の日。だから、木鷽が​あるだろうなんて、こ​れっぽっちも思わずに​お参り。そして社務所​で発見!大と小を授か​りました!


  
2010年)


右が2013年の木鷽


2013年)


2010
51


奈良:菅原天満宮の鷽御守護

 

朴(ほお)の木の一刀彫
なんと、お電話したところ、「送りまひょか?」と宮司様。感激です。

 

* うそ替え神事は2008年に戦後初めて復活。誕生祭が行われる625

 

 

2013年4月19
旅行中、たまたま時間でき、菅原天満宮を訪れることができました!西大寺から迷い迷い、やっと到着!

前回送っていただいたお礼をいい、新しく木鷽を授与していただきました。

 

そして、「わざわざ遠くからおいで下さいまして!」と菅原天満宮の印のあるおせんべいも1袋頂きました。

そして、小箱を大事に持って帰って開けると、なんと前回とはスタイルが違うではありませんか!羽がカールしています!進化だぁ!

 

 

 

<四国>


  


2010
68

 

香川の滝宮天満宮の木鷽。

 

またまたオークションで見つけてしまいました。
とっても欲しかったのは、滝宮の木鷽。現在は、もっと簡素な木鷽になっているので、このタイプは古く、珍しい!(はず)
現在のものも、木を削って丸くカールさせた「はねあげ」はあるのですが、ぜんぜん感じが違います。もちろん・・・今のも欲しいけど!


(コレらしいです。)

 

 

<九州>


 

20091220

 

福岡の太宰府天満宮参道にあるみやげ物店で手に入れた木鷽。

初めて手に入れた木鷽です。小さいものに技術を感じ、5cm3cmのものを購入。


 

梅園の「うその餅」
ウソ欲しさに買いました。

右写真の一番右がおまけの鷽です。




2010

念願の太宰府天満宮の木鷽

 

太宰府での授与は17日のみで、結局ネットで手に入れました。いつかは神事当日に現地で手にしたいものです。

立派な羽が特徴です。


  

2010515

 

大牟田市:駛馬(はやま)天満宮の木鷽
木鷽の授与は通年らしい。


これも、友人のお姉さまにお願いして手に入れた鷽!
手作り感ありありの素朴な一品。
* 鷽替え神事は3/24・25、9/24・25


  

2010516

 

久留米市:北野天満宮の木鷽

 

友人の友人まで動員してしまい、久留米の鷽も手に入れました!通年授与?
大宰府と同じ、吊り目で羽のカールが上向きの鷽です。
* 鷽替え神事は225

2010519& 68

 

熊本県天草市:登立(​のぼりたて)天満宮の​木鷽


たまたまネットで見つけてしまい、購入。

どちらも、古いもの。


 

2011217

 

博多;水鏡天満宮

 

昔の木鷽は、左側の羽が下がっているものが多かったようです。これも、気持ち左側が・・・。
* 鷽替えは17日だが、問合せの結果、在庫ありということで、手に入れました!


 


2011
217

 

博多: 住吉神社

 

* うそかえ神事は17日ですが、在庫ありということで、駆けつけました。
が・・・、社名はどこにもなく、限りなく大宰府とおなじもの?

小さい方は3cm。大宰府のものに比べると、高さは同じですが、かなりスマート。


 



201217

 

住吉神社

 

なんと、鷽替え当日の番号付きの木鷽。
(
この日に博多にいたら、そりゃ〜お願いしちゃうわね!)

下は我が家の住吉神社の木鷽勢ぞろい。

 

 

 

ホームへ戻る