◆Linkの目的  
 Link・森と水と人をつなぐ会は「アジア各地の人々と、国境や民族、宗教を越えて互いに尊重し協力し合いながら連帯を築き、自然との共生を通して持続的な社会の実現をはかること」を目的として、2004年に発足しました。
 特に、農村部においても都市においてもくらしの生命線ともいえる水、およびその源である森の保全に取り組んでいます。開発政策の下で、タイでは森林や水といった資源の激しい奪い合いが行われています。これらの資源を保全しつつ、人々が安心してくらせる社会を実現するめに、Linkはそれぞれの地域住民と共に、北タイ山村の持続的な開発に取り組んでいます。
 一方で、こうした資源の利用によって豊かなくらしを享受している国内外の都市住民に対する啓発活動も欠くことが出来ないと考え、都市部における水質保全に取り組んだり、スタディーツアーや講演、会報の発行も行っています。
 Linkはこうした活動が北タイ地域のみならず、地球規模の環境保全、社会の安定や平和に裨益するものと考えています。



       
       
◆Linkのこれまで  
 

2004年1月:
 Link発足 チェンマイの木村会長宅を本拠に活動開始
 北タイ農村の村落開発活動の支援事業(ヴィアンパー計画)開始
 エコライフ・イン・チェンマイ事業開始
 ホイポン村機織りグループ設立・運営の支援事業開始
 木村会長の帰国講演会を開始(毎年5月・11月頃実施)
 スタディツアー開始(年2〜3回実施)
 会報『まっぷらん』発行開始(年3〜4回発行)
2005年8月:研修生公募による第一号研修生を受入れ
2005年10月:ホアファイ村にてGPSを使った森の地図作成活動を開始
2005年11月:ホームページ作成

2008年11月:特定非営利法人として埼玉県より認可される

 


◆Linkの構成員  
  会 長:杉本篤史(すぎもとあつぶみ)…大学教員(東京事務局長)
副会長:佐藤哲夫(さとうてつお)…大学教員
理 事:後藤敦史(ごとうあつし)…大学職員
顧 問:木村 茂(きむらしげる)…元JVCスタッフ・大学教員 
チェンマイ現地職員:岡部博明(おかべひろあき)
チェンマイ現地職員:久留島 啓(くるしまけい)
監 事:山田和生(やまだかずお)…(株)マイチケット会長

正会員(法人社員):10名
賛助会員:個人会員88名・法人会員1団体 (2014年9月現在)
 
◆協力団体・助成実績  
  【協力団体】
(株)マイチケット…スタディツアーなどを共同で実施している旅行会社です

【助成実績】
 公益信託地球環境日本基金(2006年度・2007年度・2008年度)
 日タイ修好120周年記念事業草の根助成(2007年度)
 庭野平和財団(2008年度・2010年度・2011年度)
 コスモ石油エコカード基金(2009年度・2010年度・2011年度・2012年度)
 梅村記念基金(2009年度・2010年度)
 財団法人日本国際協力システム〔JICS〕(2010年度、2011年度)
 大竹財団(2011年度)
 彩の国さいたま国際協力基金(2012年度)
 
    ※このページのトップに戻る