ひぐらしのく頃に解
公式サイトへ

夏も近づき、ひぐらしのなく声も聞こえはじめるこの季節、「ひぐらしのなく頃に解」はじまる。
1期は全く予習せんで見たが、今回は違う。原作全部把握済み。


第1話 罪滅し編 サイカイ
おお、いいOPである。抜け出してゆけ。前期と違って怖さはそこまでアピールされてはいないな。梨花メイン。

10〜20年後の雛見沢。
赤坂が、雛見沢に来る。何年後の設定だろうか、もうオジサンになってる赤坂。ということは、大石は…おじいちゃんになってる。
あれ、鬼ヶ淵の沼が埋め立てられてる。なんだ、これも自衛隊がやったのか。
「34号文書」を赤坂が持ってる。って、エエェェエーと思ったが、これは鷹野三四が書いたから、ここでは34号文書と呼ばれいるらしい。あの政府のものとは違う。
レナ大人Ver.も登場。 話を聞く限り罪滅し編の未来の話のようだな。レナによる営林署人質篭城事件のあとにやはり大災害は起きて、皆死んでいる。レナだけは、病院にいたため助かったらしい
大石がレナに当時の事情を改めて聞くと、またひぐらしモードっぽくなるレナ。まだL5なんだろうか。
おお、レナたちも古手梨花が事件の鍵だとにらんでる。
EDもいい

しかし、ほんの微妙とはいえ作画が変わっているのには意味があるんだろうか。
早く動いて声の出る羽入が見たいです。

第2話 厄醒し編 其の壱 鬼ごっこ
フルデリカ・ベルンカステルと梨花ちゃんの声の使い分けをいざアニメで聞くと…梨花、いや田村ゆかりさんの演技力はやはり高レベル。
1期からの久しい雛見沢の雰囲気。やっぱりいいね。
「厄醒し編」では、詩音は沙都子を面倒見るために転校したとのこと。ほう。ほかの設定は、他の編と同じっぽい。
体育の余った時間の自由時間…やはり部活だ。部活ではゾンビ鬼ごっこやってる。
この鬼ごっこがおもしろい。おもしろい、おもしろい。さすが、ひぐらし。
入江も、鷹野、富竹も登場。最近ニコニコ動画のせいか富竹がネタキャラにしか見えねえ、修正しないと。
また羽入出らんかった。

第3話 厄醒し編 其の弐 無力
沙都子は、ダム戦争での北条家への村八分の影響をまだ受けているのね。なんと…かわいそうな。
翌日は野球やってる雛見沢ファイターズ。敵チームに…亀田ー!!!圭一も祟殺し編同様ゴルフ持って現れる。圭一の固有結界キタ!!!

夜、梨花は羽入と語っている。ここで羽入はいちおう登場したが、声だけだったな。
っておい、梨花、フレデリカ・ベルンカステル状態の梨花を沙都子に見せていいのか?まあ、今回は沙都子の寝ぼけだった、ってことで済まされたが…
って油断してたら、また梨花は沙都子にベルンカステル状態見せてる。
ここまできたら思い切って真相をみなに言ってしまえよ梨花、とも思うけど、梨花はみなを事件に巻き込みたくもないんだよな。


しかし皆殺し編(ゲーム)ででも思ったけど、梨花って素を出してしまうシーンが増えてきてるよな?ああ、だんだん病んでってるってことだろうか。

 
第4話 厄醒し編 其の参 予定調和
綿流しがある。あらためて思ったがあの鍬をあの体で振り回せる梨花って実はすごくね?鍬っかなり重いと思うんだが
梨花は、綿流しが終わると祭具伝に駆ける。ああ、富竹がいる。また祭具伝入ったのか。それを見る沙都子。
富竹はそこで梨花から、殺されるぞ、と伝えられる。それを冗談とうけとる富竹。ばかやろー、ほら梨花泣いてるやんか…。
ほらほらほら、富竹また死んだ。時報乙。
沙都子も梨花を怪しむ。沙都子は梨花になやみがあるなら相談してくれと言うけどとぼける梨花。そして力不足なのかと泣く沙都子。ああ
入江も死んだ。
あれ、もう山族が出演してる。梨花ちゃんハウスを監視しはじめている。

第5話 厄醒し編 其の四 雛見沢大災害
うわー梨花ちゃんハウスに山族入ってくる。このロリコンめ。
梨花は沙都子を部屋に隠し、殺される。また神社の前で惨殺か。なぜか全裸。
沙都子も山族に追われるが、逃げ切る。学校にたどりつくと…
うっひゃー雛見沢大災害はじまってた ひでえええええええええ
雛見沢で助かったのは沙都子だけになる。

沙都子は病院で寝たきりの失語症になる。
また大石が沙都子のとこにくる。警察とはいえ実際しつこいよな。大石いわく山にレナの血つき帽子があったことと、レナの遺体が見つかっていないと。
沙都子はレナが殺されるところを見てたのを思い出すのだが、
殺される。

厄醒し編終了。

今回も鬱な終わり方。
さあ次は皆殺し編か。wkwk

第6話 皆殺し編 其の壱 迷路の法則
お待ちかねの、「皆殺し編」キター!!

始まり方もゲームとおなじである。カケラも。
羽入の姿出るぞーテラモエス
梨花が、死んで、雛見沢に出るときは、どういう感覚なんだろう。梨花は、一体何回雛見沢で殺されてんだろう。100回は超えてるだろうな。
L3の沙都子。ああ、これって「レベルスリー」と読むのか。L5と書いてあったらエルごエルご読んでた。
町のおもちゃ屋で部活。圭一が、梨花の言ったとおりの「運命」を、壊す。
梨花は運命変えられると決心する。

ほぼ原作どおりだな。特に削除されたようなエピソードもまだない。期待期待

第7話 皆殺し編 其の弐 運命の変え方
おはぎ見て圭一がデジャブ体験したり
レナの父親が脱ニートしたり
運命変わってきてます
ちょ、梨花が祭具伝を開けてあげたとの鷹野も…「にぱ−!!」
赤坂も来たぞー
うほっすでに山狗も梨花の警備に入ってる
梨花調子いいな〜

だが原作知ってる者としては元気付いてる梨花に泣けてくる。
梨花よ、もう一度だけ殺されなければなりません。

第8話 皆殺し編 其の参 揺らぎ
てっぺいが雛見沢に帰ってくる。そして祟殺し編と同じく沙都子が北条家にかえされる。沙都子の目が死んでるよ…
赤坂は温泉に行ってるし…役立たずめ
梨花は山狗を動かそうと言うが、鷹野たちは無理と言う。
そこで梨花がキレる。おあちゃー
知恵先生も北条家に行くが、てっぺいには効果がない…。先生も精一杯やってるんだろうが、これだと情けなく見えてしまう
詩音がてっぺい殺人宣言。ちなみに1500秒は25分だ
その詩音を止める圭一!!ここの圭一がかっけぇえぇえぇえぇ これはいい名シーンだ
沙都子を救うべく児童相談所に行く圭一たち5人。しっかしここの役所のやつも沙都子とてっぺいを親子と勘違いしてたり、やる気ねえな。

こっからが面白くなるんだよなあwww

第9話 皆殺し編 其の四 交渉
雛見沢の学校みんなで沙都子を救うために団結。そして役所に行くんだけど…やっぱり役所は動かない
亀田、エンジェルモートのヲタたち(昭和でこんなもん流行ってるのか)、店員たち。イリーやトミーも着く。おおおおおお
役所に再び突撃しようとしたその日、学校に沙都子が来る。
沙都子、目がかなり死んでるわ。てっぺいに、あんなことやこんなこと、やられてるよな…
沙都子は校長先生が近づいて来たのを見て泣き叫ぶ。校長涙目。沙都子が病気の注射をできてないから、L3の症状が悪化したのだ。うわー、ここの沙都子がかわいそすぐる……
そして100人近くで役所へ向かう圭一たち。そこで梨花は自分が沙都子を諭すことが出来ることに、改めて気づく。
やっぱ皆殺し編おもしれ〜〜

第11話 皆殺し編 其の六 強い意志
てっぺいの沙都子への虐待はやっぱり酷いがな
沙都子は児童相談所にも遂に助けを求める。ここで警察を北条家の前に張り込ませていた大石がナイスすぎる。大石もやれば出来る子。
案外あっさりと沙都子虐待事件終わったな。翌日の綿流しには沙都子は明るくなってるし。痣はどうした?
一方。三四がとうとう動き出す。山狗を呼び出し、トミーを捕らえる。めがねをとったトミーは意外にイケメンである。終末作戦はじまた。
ついでにアジトにての帽子かぶった三四はメーテルみたいだな。

第12話 皆殺し編 其の七 雛見沢症候群
梨花は遂に雛見沢症候群のことについて圭一たちに全部話す。ここの話でアニメが初ひぐらしの人は大きな衝撃を受けただろうな。

ところで、雛見沢症候群の説明で「リンパ腺があるところを掻きむしって死ぬ」ってあったけど、リンパ線って首だけでなく腋と股にも集中してるよな。
腋ならともかく、股を掻きむしって死ぬのは………

第13話 皆殺し編 其の八 終末
山狗が梨花ちゃんハウスに侵入。
梨花たちは逃げる。沙都子のトラップが山狗に効いていくのが気持ちいいねえ
また梨花たちを追いかける山狗をぶっ倒す圭一やレナがナイスすぐる
てか鉈持たせたレナ、つよすぎわろた
「オヤシロさまは、いるんだもの」のシーンのレナには鳥肌が立った。迫力すげー

ああああ。結局、梨花らは山狗たちには勝てない。
梨花の死体シーンはないのか。
そして最後は雛見沢大災害。ひっでぇ
さて梨花たち、後1回頑張ってもらいますよ。


第14話 祭囃し編 其の壱 三四
祭囃し編はじまた。

おお、OPに実体化羽入が登場した 今回はOPとばしたら負けだな
内容は、鷹野三四の過去の回想がメイン
やっぱり三四がいた孤児院ひでえ 子供に暴力振るいまくり 実際昔こんな孤児院マジであったの?
それにしても今回は原作を知らない人はついて行き辛くないかなー
おお、EDのあとにCパートがある。

第15話 祭囃し編 其の弐 蠢き
電話ボックスから一二三(ひふみ)に電話する美代子。
がんばれ10円!! とか思ってたら孤児院のやつら来て捕われる美代子…
んでも一二三は助けにきてくれる。
一二三ナイスーーー!!!一二三ってカーネルサンダースに似ているね
鷹野式呼吸法の詳細を教えてくれ。
一二三のつくった資料が役人たちに踏まれるのはやっぱり辛いがな…

第16話 祭囃し編 其の参 終わりの始まり
ダム戦争真っ只中の雛見沢の描写が中心。
監督の殺害の件だけど、本当に過剰防衛ってあるんだな。都市伝説と思ってた
でも過剰なのか正当なのか判別とか難しそうだな…
三四がL5末期のやつ連れてきて悩んだりする入江。研究は研究と割り切れる人でないと(ry

祭囃し編も其の三だけど、カケラ紡ぎは1本のストーリーにまとめるようだな

第17話 祭囃し編 其の四 謀略
梨花の両親が初登場。
母親は梨花が、入江たちの雛見沢症候群の研究の材料になることを拒む。まあそりゃそうだな…だがこれが悲劇を引き起こすことになるんだよなあ…
2年目の、L5の沙都子が両親を突き落としたって真実が浮き彫りに。それを曲げずに受け止める入江は、このアニメの中で一番の人格者であろう。
研究所の取り潰しを言い渡される34に、救いを差し伸べる(かな?)野村という女登場。

第18話 祭囃し編 其の伍 最後の駒
4年目の事件について。
悟史のL5発祥の話だったりレナの改名だったり。

第19話 祭囃し編 其の六 幕開け
羽生が、雛見沢分校に転校してくる。話がはじまってきたぞ。
レナが羽生をお持ち帰りしたり、入江がメイドを沙都子に強制してたり、こんな楽しげなひぐらしは久しくしていた。
女王感染者の話をぽんぽん思いつく魅音は、真実を知っているのではないだろうか。と思ったり。

第20話 祭囃し編 其の七 トラップ
ロリ坂、じゃなくて赤坂が雛見沢に戻ってくるぞ。
梨花、全ての事実を圭一たちに話す。圭一たちそのことを即信じる。いい奴らだなあ。仲間の言うことをすぐに信じることが出来るってのは。
赤坂は梨花ちゃんハウスに張り込み、梨花たちは園崎家に。
なるほどね。「梨花は既に死んで48時間経っている」作戦を企てる魅音たち。こうすると、34号文書の意味なくなり、緊急マニュアルも発動されなくなる。これはおもしろい。

第21話 祭囃し編 其の八 48時間
「梨花死んだ」作戦を夜明けに開始。
なんで三四は裸で寝てるんだ。
圭一たちの意図通り、梨花死亡の報告に焦る三四たち。
三四は野村に「この雛見沢症候群のことなんて妄想だったのですか」的なことで罵倒される。そのときの野村の口調は、まさに銀様。
大高君の攻めを跳ね返す大石かっけぇえええ!!!
あら、ラストは山狗に囲まれる富竹。それでも突っ込んでいく富竹かっこいいな

第22話 祭囃し編 其の九 攻防
富竹が捕まったことを知り、赤坂に電話して車で逃げる入江。だが銃弾を撃たれ入江はケガ。そこに助け舟が来る。詩音と葛西。ナイスタイミング。
山狗たちに縛られてる富竹、これなんてSMプレイ?
園崎家の洞窟に立ちこもるも、山狗たちに見つかる梨花たち。梨花自ら赴き出る。
そこで赤坂「君を助けに来た!」
かっこよすぎるんだが。山狗を蹴散らす赤坂が格ゲーみたいだ。
こっからが益々面白くなるんだな

第23話 祭囃し編 其の拾 血戦
山狗たちと圭一たちの戦いの場は山の中へ。
入江診療所、地下に広い組織としてのスペースがある。昭和53年にカードキーシステムがあるのか。
圭一の鶏の首を絞めたような泣き声ってなんやー

第24話 祭囃し編 其の拾壱 オシマイ
最後のシーンで、日めくりカレンダーをめくる羽入と梨花が微笑まし過ぎる。


戻る