自由共和党

<ヨハネの福音書 1章 1〜5節>

初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。

この方は、初めに神とともにおられた。

すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたも
のは一つもない。

この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。

光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。

The Liberal-Republican Party

< 主の導きと共に >

 

       




更新履歴
更新履歴
自由共和党 本部
自由共和党 本部
神の存在の証明
神の存在の証明
情報<個人的>
情報<個人的>
マクロ防衛
マクロ防衛
詩篇
詩篇
日曜日は教会へ行きましょう!
日曜日は教会へ行きましょう!
第一研究室
第一研究室
第二研究室
第二研究室
第三研究室
第三研究室
第一調理室
第一調理室
第二調理室
第二調理室
第三調理室
第三調理室
キリスト教界の前進
キリスト教界の前進
日本のキリスト教・教育機関 問題
日本のキリスト教・教育機関 問題 
旧  資料室
旧  資料室
新  資料室
新  資料室
What’s N
ew

10/08/14


<自由共和党 概要>


1 主に対し、安全に。を原則とする。

2 聖書により、基本方針を決定する。

3 生きたキリスト者を中心とした指導体制とする。

4 世界各国のキリスト教会を顧問とし、安全な組織を維持する。

5 千年の平和を目標とする。

6 国教会を確立する。

7 党主はキリストとする。よって、地上では、代理の者「党首」とする。

8 各種宗教団体、調停委員会を設置する。

「その他」 国際救助隊{内政援助含む}を発足。


<ヨハネ 15章> 
 
わたしはまことのぶどうの木であり、わたしの父は農夫です。
わたしの枝で実を結ばないものはみな、父がそれを取り除き、実を結ぶものはみな、もっと多く
実を結ぶために、刈り込みをなさいます。
あなたがたは、わたしがあなたがたに話したことばによって、もうきよいのです。
わたしにとどまりなさい。わたしも、あなたがたの中にとどまります。枝がぶどうの木についてい
なければ、枝だけでは実を結ぶことができません。同様にあなたがたも、わたしにとどまってい
なければ、実を結ぶことはできません。
わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にと
どまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もす
ることができないからです。
だれでも、もしわたしにとどまっていなければ、枝のように投げ捨てられて、枯れます。人々は
それを寄せ集めて、火に投げ込むので、それは燃えてしまいます。
あなたがたがわたしにとどまり、わたしのことばがあなたがたにとどまるなら、何でもあなたが
たのほしいものを求めなさい。そうすれば、あなたがたのためにそれがかなえられます。
あなたがたが多くの実を結び、わたしの弟子となることによって、わたしの父は栄光をお受け
になるのです。
父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛しました。わたしの愛の中にとどまりなさ
い。
もし、あなたがたがわたしの戒めを守るなら、あなたがたはわたしの愛にとどまるのです。それ
は、わたしがわたしの父の戒めを守って、わたしの父の愛の中にとどまっているのと同じです。
わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、わたしの喜びがあなたがたのうちにあり、あ
なたがたの喜びが満たされるためです。
わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、これがわたしの戒めで
す。
人がその友のためにいのちを捨てるという、これよりも大きな愛はだれも持っていません。
わたしがあなたがたに命じることをあなたがたが行うなら、あなたがたはわたしの友です。
わたしはもはや、あなたがたをしもべとは呼びません。しもべは主人のすることを知らないから
です。
わたしはあなたがたを友を呼びました。なぜなら父から聞いたことをみな、あなたがたに知らせ
たからです。
あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任
命したのです。それは、あなたがたが行って実を結び、そのあなたがたの実が残るためであ
り、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものは何でも、父があなたがたにお与
えになるためです。
あなたがたが互いに愛し合うこと、これが、わたしのあなたがたに与える戒めです。
もし世があなたがたを憎むなら、世はあなたがたよりもわたしを先に憎んだことを知っておきな
さい。
もしあなたがたがこの世のものであったなら、世は自分のものを愛したでしょう。しかし、あなた
がたは世のものではなく、かえってわたしが世からあなたがたを選び出したのです。それで世
はあなたがたを憎むのです。
しもべはその主人にまさるものではない、とわたしがあなたがたに言ったことばを覚えておきな
さい。もし人々がわたしを迫害したなら、あなたがたをも迫害します。もし彼らがわたしのことば
を守ったなら、あなたがたのことばをも守ります。
しかし彼らは、わたしの名のゆえに、あなたがたに対してそれらのことをみな行います。それは
彼らがわたしを遣わした方を知らないからです。
もしわたしが来て彼らに話さなかったら、彼らに罪はなかったでしょう。しかし今では、その罪に
ついて弁解の余地はありません。
わたしを憎んでいる者は、わたしの父をも憎んでいるのです。
もしわたしが、ほかのだれも行ったことのないわざを、彼らの間で行なわなかったのなら、彼ら
には罪がなかったでしょう。しかし今、彼らはわたしをも、わたしの父をも見て、そのうえで憎ん
だのです。
これは、「彼らは理由なしにわたしを憎んだ。」と彼らの律法に書かれていることばが成就する
ためです。
わたしが父のもとから遣わす助け主、すなわち父から出てくる真理の御霊が来るとき、その御
霊がわたしについてあかしします。
あなたがたもあかしするのです。初めからわたしといっしょにいたからです。