> うまなり[Home]/ビジネス・エシックス(文献)




ビジネス・エシック (文献)
Business Ethics


【-1920's】

◆Rockefeller, J. D. Jr. (1918). Industry and Humanity,

【1920's】

◆Ford, H. (1926). Today and Tomorrow. William Heinemann.

◆Sheldon, Oliver. (1924). The Philosophy of Management. Prentice-Hall. reprinted (1965. Arno Press Inc.

◆Schär, J. Fr. (1928). Allgemeine Handelsbetriebslehre, fünfte erweiterte Aufl., G. A. Gloeckner, Leipzig.

◆Lisowsky, A., (1927). Ethik und Betriebswirtschaftslehre, ZfB., in Schweitzer, M.(Hrsg.). (1978). Auffassungen und wissenschaftsziele der Betriebswirtschaftslehre Wissenchaftliche Buchgesellschat.

◆Rockefeller, J. D. Jr. (1923). The Personal Relation in Industry.

◆Young, O. D. (1927). "Dedication Address," Harvard Business Review. 5(4)


【1930's】

◆Barnard, C. I. (1938). The Functions of the executive, Harvard University Press.(= 1968 山本安次郎・田杉競・飯野春樹 訳 『新訳 経営者の役割』, ダイヤモンド社

◆Filene, E. A. (1930). The Model Stock Plan.

◆Filene, E. A.,(1932). Successful Living in this Machine Age.

◆Penny, J. C. (1931). The Man with a Thousand Partners, a Autobiography.


【1940's】

◆Kalveram, W., Der christliche Gedanke in der Wirtschat, Einordnung des wirschaftlichen Bereichs in die Ganzheit des menschlichen Einzel-und Gemeinschaftslebens, in : M. Schweitzer (Hrsg.), a. a.


【1950's】

◆Abrams, F. W. (1951). "Management's Responsibilities in a Complex World," Harvard Business Review. 29(3)

◆Berle, Adolph A. Jr. (1957). Economic Power and the Free Society. Santa Barbara: Center for the Study of Democratic Institutions.

◆Berle, Adolph A. Jr. (1959). Power Without Property. NewYork:Harcourt, Brace and Comany.

◆Bunting, J. W. (1953). Ethics for Modern Business Practice. New York;

◆Durcker, P. F., (1958). "Business Objective and Survival Needs: notes on a Discipline of Business Enterprise," Journal of Business. 31(2),

◆Oliver, Henry M. (1958). "Trands toward a New Moral Philosophy for Business," Business Horizons, T(2);41 Spr.

◆Rudner R. S. (1966). Philosophy of Social Science. (= 1968 塩原勉 訳 『社会科学の哲学』, 培風館)

◆Penny, J. C. (1950). Fifty Years with the Golden Rule.

◆Selekman S. K., & B. M. (1956). Power and morality in a business society. McGraw-Hill.

◆Selekman, Benjamin M., A Moral Philosophy for Business. New York : mcGraw-Hill Book Company.

◆Steiner, George A. (1953). Governments' Role in Echonomics Life. New york: McGraw-Hill Book Company.

◆Sutton, Francis X., harris, Seymour E., Kaysen, Carli, and Tobin James. (1956). The American Business Creed. Cambridge, Mass.: Harvard University Press.(= 1968 高田馨・長浜穆良 訳 『アメリカの経営理念』)

◆土屋好重 (1956) 『経営倫理 現代商学全集 第十三巻』 春秋社

◆野田信夫 (1951) 『企業の近代的経営』 ダイヤモンド社

> top


【1960's】

◆Baumhart, R. C. (1961). "How Ethical Are Businessmen?" Harvard Business Reveiw. 39.

◆Carr, Albert. Z. (1963). "Is Business Bluffing Ethical?," in Beauchamp & Bowie eds. .[2004=2003:443-8=150-9] from Harvard Business Review. 46, 143-153,1963

◆Eells, Richard. (1960) The Meaning of Modern Business: An Introduction to the Philosophy of Large Corporate Enterprise. Columbia Univ. Press.

◆Frederick, W. C. (1960). "The Growing Concern over Business Responsibility," California Management Review.2(4), 54-56.

◆Heyne, P. T. (1968) Private Keeper of the Public Interest

◆Hodges, L. H. (= 1964 日本経済新聞社 訳『ビジネスの良心』, 日本経済新聞社)

◆Nossiter, Bernard. (1963 "The Troubled Conscience of Amercan Business," Harper's magazine 227 (1,360);42. Sep.

◆Wallich, henry. (1960). The cost of Freedom. New york : Harper and Brothers.

◆Petit T. A.(= 1969 土屋守章 訳 『企業モラルの危機――会社はなにを問われているか』, ダイヤモンド社)

◆Sloan, A. P. Jr. (1963). My Yeaars with General Motors. Doubleday & Company, Inc. (=1967 田中・狩野・石川 訳 『GMとともに』, ダイヤモンド社)

◆Towle, Joseph W. (1964). Ethics and Standards in American Business. Boston: Houghton-Mifflin company.

◆伊藤長正 (1964) 「新しい経営者倫理の確立」, 『生産性』, 12月号, 日本生産性本部

◆経済同友会 編 (1965)『新しい経営理念――日本的風土における経営哲学』, 経済同友会

◆中瀬寿一 (1967)『戦後日本の経営理念史』, 法律文化社

◆中西寅雄・鍋島達 編 (1965)『現代における経営の理念と特質』, 日本生産性本部

◆山城章 (1962) 「経営倫理の経営論理」,『経営者』, 中央経済社

> top


【1970's】

◆Brenner, S. N., & Molander, E. A. (1977). "Is the Ethics of Business Changing?" Harvard Business Review. 55, 57-71.

◆Davis, K., & Blomstrom, R. L. (1971). Business, Society and Environment: Social Power and Social Response 2nd ed. McGraw-Hill

◆Edmonds, Sharl W. (1977). "Unifying Concepts in Social Responsiblity," Academy of Management Review.

◆Ferrell, O. C., & Weaver, M. K. (1978, July). "Ethical Beliefs of Marketing Managers," Journal of Marketing. 69-73.

◆Hay, R. D., Gray, E. R., & Gates, J. M. (1976). Business & Society. South-Western

◆McGuire, J. W. (1975). Business and Society. Random House.

◆Miles, Robert H. (1987). Managing Corporate Social Environment, Prentice-Hall.

◆Rest, J. (1979). Development in Judging Moral Issues, University of Minnesota Press.

◆Steiner, G. A. (1975). Business and Society. Random House

◆竹内靖一・宮本又次 監修 (1979)『経営理念の系譜』, 東洋文化社

◆土屋喬雄 (1974) 「新時代に望まれる経営哲学」,『経営者』, 1月号

◆中川敬一郎 編 (1972) 『経営理念』, ダイヤモンド社

◆中谷哲郎・川端久夫・原田実 編 (1979) 『経営理念と企業責任』, ミネルヴァ書房

◆日本生産性本部産業教育委員会 編 (1979) 『これからの経営理念と産業人の価値観――企業市民社会を中心に』

◆山城章 編 (1972) 『現代の経営理念』, 白桃書房

◆山城章 (1974) 「経営理念――30年のあゆみと80年代への展望」『経営者』5月号

> top


【1980's】

◆Center for Business Ehitcs at Bentley College. (1986). "Are Corporations Institutionalizing Ethics?" Journal of Business Ethics. 5, 85-91.

◆DeGeoge, Richard. =1985『経済の倫理』 明石書店

◆De Geoge, Rechard. T. (1987). "The Status of Business Ethics ; Past and Future," Journal of Business Ethics, 6(3). (= 1992 宮坂純一 訳 「ビジネス倫理学の課題、過去、そして未来」,『産業と経済』, 7(2))

◆Donaldson, Thomas., and Werhane Patricia. (ed.). (1988). Ethical Issues in Business: A Philosophical Approach, 3rd ed., Prantics Hall.

◆Donaldson Thomas. (1898). The Ethics of International Business, Oxford University press.

◆Dubinsky , A. J., & Loken, B. (1989). "Analyzing Ethical Decision Making in Marketing," Journal of Business Research. 19. 83-107.

◆Ferrell, O. C., & Greshan, L. G. (1985, Summer). "A Contingency Framework for Understanding Ethical Decision Making in Markeing," Journal of Marketing. 49, 87-96.

◆Frederick, W. C. (1986). "Toward CSR3: Why Ethical Analysis is aIndespensable and Unavoidable in Corporate Affairs," California Management Review/, 28(2), 126-41.

◆Freeman, R. Edward, Gilbert Jr., Daniel R., & Hartman, Edwin. (1988). "Values and Foundations of Strategic Management," Journal of Business Ethics, 7, 821-834.

◆Hochshild, Arlie. (1983). The Managed Heart: Commcercialization of Human Feeling. The University of California Press. (= 2000 石川准・室伏亜希 訳『管理される心 感情が商品になるとき』, 世界思想社)

◆Jackall, R. (1988). Moral Mazes: The World of Corporate Managers, Oxford University Press.

◆Jane, Thomas M. (1983). "An Integrating Framework for Research in Business and Society," Academy of Management Review,8(4). p.559-64.

◆Jones, C. (2003). "As if Business Ethics Wre Possible," "Within Such Limites," Organization. 10(2), 223-248.

◆Jones, C., & Parker, M., & Ten Bos, R. (2005). For Business Ethics. London:Routledge.

◆Shaw, Bill, (1988). "A Reply to Thomas Mulligan's "Critique of Milton Friedman's Essay 'The Social Responsibility of Business to Increase Its Profits'". Journal of Business Ethics. 7, 537-543.

◆Toffler, B. L. (1986). Tough Choices: Managers Talk Ethics, John Wiley & Sons.

◆Trevino, L. K. (1986). "Ethical Decision Making in Organizations: A Person-Situation Interactionist Model," Academy of Management Review,11(3). 601-617.

◆Vogel, D. (1986). "The Study of Social Issues in Management: A Critical Appraisal," California Management Review. 28(2), 142-151.

◆高田 馨 (1989) 『経営の倫理と責任』, 千倉書房

◆森本 三男 (1982) 「経営理念と企業行動基準」, 『経済と貿易』, 134

◆早稲田大学産業経営研究所 (1988) 『企業倫理と経営戦略』, 早稲田大学産業経営研究所

> top


【1990's】

◆ブルナー R.F. =1999 .,『MBA講座』 日本経済新聞社

◆Center for Business Ehitcs at Bentley College. (1992). "Instilling Ethical Values in Large Corporations," Journal of Business Ethics. 11, 883-867.

◆Cohen, D. (1998). "Moral Climate in Business Firm: A Conceptual Framework for Analysis and Change," Journal of Business Ehitcs,17 1211-1226.

◆Boatright John. R. (1993). Ethics and the Conduct of Business, Prentice Hall.

◆Boatright, John R. (1994). "What's So Special About Stockholders?” In Beauchamp & Bowie eds. . [2004:75-83] form Business Ethics Quarterly. 4.,

◆Boatright John. R. (1996). "Business Ethics and the Theory of the Firm," "American Business Law Journal. 34, 217-238.

◆Bok, S. (1997). "Whistle blowing and Professional Responsibility" in Beauchamp & Bowie eds. . (1997=2001,2003 . Ethical Theory and Business 5th. Prentice-Hall. = 2001

◆Bowie, Norman. (1991). "The Firm as a Moral Community," In Couglin, R. M. (Ed.). Morality, Rationality, and Efficiency: New perspectives on Socio-economics. Armonk, NY: M. E. Sharp, 169-183.

◆Bowie, Norman. (1999). Business Ethics : A Kantian Perspective, Blackwell. (= 2009 中谷常二・勝西良典 監訳 『利益につながるビジネス倫理――カントと経営学の架け橋』, 晃洋書房)

◆Blanchard, Kenneth., and Peale, Norman Vincent. (1988). The Power of Ethical Management. William Morrow and Company, Inc. (= 2000 小林薫 訳 『企業倫理の力――逆境の時こそ生きてくるモラル』, 清流出版)

◆DeGeoge, Rechard T. (1990). 「多国籍企業の責任」 所収 マタイス.A. 新津 晃一 編『地球再生のための経済倫理 国際シンポジウム1989.11』, 柘植書房, 69-101

◆DeGeorge, Rechard T. (1990). Business Ethics 3rd ed. , Macmillan Publishing Co., New York. (= 1995 永安幸正・山田経三 監訳 麗澤大学ビジネスエシックス研究会 訳 『ビジネス・エシックス――グローバルな経済の倫理的要請』, 明石書店)

◆DeGeorge、Richard. (1993). Competing with Integrety in International Business, Oxford University Press.

◆Donaldson, Thomas., and Dunfee, Thomas. W. (1994). "Toward a Unified Conception of Business Ethics: Integrative Social Contracts Theory," Academy of Management Review (19 2 Apr. 「道徳的主体としての企業」,『麗澤学際ジャーナル』4(1).

◆Donaldson, Thomas., and Dunfee, Thomas. W. (1999). Tie that Bind : A Social Contracts Approach to Business Ethics. Harvard Business School Press.

◆Frederic, Robert E. (ed.). (1999). A Companion to Business Ethics. Blackwell Publishing.

◆Frederick, William., Post, James, and Davis, Keith. (1992). Business and Society; Corporatie Strategy, Public Policy, Ethics, 7th Ed., McGraw-Hill.

◆Freeman, R. Edward. (Eds.). (1992). Business Ethics Reprint (ed.). Oxford University Press. (= 1998 嶋口充輝・吉川明希 共訳 『ビジネス倫理』, 日本経済新聞社

◆Glenn, J. R. Jr., & Van Loo, M. F. (1993). "Business Students' and Practitioners' Ethical Decisions Over Time," Journal of Business Ethics,12. 835-847.

◆Grant, Colin. (1991). "Freidman Fallacies". form Journal of Business. 10 Dec (1991, 907-11.

◆Iwai, Katsuhito. (1999). "Persons, Things and Corporations : The Corporate Personality Contraversy and Comparetive Corporate Governance," The American Journal of Comparative Law,47(4). p.583-632.

◆Jones, T. M. (1991). "Ethical Decision Makeing by Individuals in Organizations: An Issue-Contigent Model," Academy of Management Review,16(2). 366-395.

◆Koehn, Daryl. (1997). 'Business and Game-Playing: The False Analogy'.Journal of Business Ethics 16.Kluwer Academic Publishers. 1447-1452.

◆Lee, Dwinght R., and McKenzie, Richard B. (1994). "Corporate Failure as a Means to Corporate Responsibility". Journal of Business Ethics.13,969-78.

◆Lowry, Ritche. P. (1991). GOOD MONEY -A Guide to Profitable Social Investing in the '90. W W Norton & Co Inc. (= 1992 平野秀秋 訳 『グッド・マネー――資本主義は倫理的でありうるか』 晶文社

◆Trevino, L., Weaver, G., Gibson, D., and Toffler, B. (1999). "Managing Ethics and Legal Compliance: What Works and What Hurts," California Management Review. 41(2), 131-151.

◆Macfarlene, Bruce. (1999). 'Re-Evaluating the realist conception of war as a business metaphor'.Teaching Business Ethics 3., Netherlands, Kluwer Academic Publishers. 22-35.

◆Mulligan, Thomas. (1986) ."A Critique of Milton Friedman's Essay 'The Social Responsibility of Business Is to Increase Its Profits'". Journal of Business Ethics Aug (1986;5, ,.265-69.

◆Nash Laura L. (1990). Good intentions aside : a manager's guide to resolving ethical problems. Harvard Business School Press (= 1992 小林俊治・山口義昭 訳 『アメリカの企業倫理――企業行動基準の再構築』, 生産性本部)

◆Nunan, Richard. (1998). "The Libertarian Conception Of Corporate Property: A Critique of Milton Friedman’s Views on the Social Responsibility of Business"., Journal of Business Ethics.,7,891-906.

◆Paine, Lynn Sharp. (1994, Mar.-Apr.). "Managing for Organizational Integrity," Harvard Business Review

◆Paine, Lynn Sharp. (1997). Cases in Leadership, Ethics, and Organizational Integrity: A Strategic Perspective, The McGraw-Hill Co. (= 1999 梅津光弘・柴柳英二 共訳 『ハーバードのケースで学ぶ企業倫理――組織の誠実さを求めて』 慶応義塾大学出版会)

◆Piper, Thomas R., Gentile, Mary C., & Parks, Sharon Daloz. (1993). Can Ethics be Taought? Perspectives, challenges, and approaches at the Harvard Business School.The President and Fellows of Harvard College. (= 1995 小林俊治・山口喜昭 訳 『ハーバードで教える企業倫理』, 生産性出版)

◆Post, J. E., Lawrence, A. T., & Weber, J. (1999). Business and Society, 9th McGraw-Hill.

◆Schmidheiny, Stephan., & BCSD. (1992). Changing Course: A Global Business perspective on Development and the Environment. MIT Press. (= 1992 BCSD日本ワーキンググループ 訳 『チェンジング・コース』, ダイヤモンド社)

◆Stark, Andrew. (1993). "What's the Matter with Business Ethics?," Harvard Business Review, March-June.

◆Stewart, David. (1996 . Business Ethics. The McGraw-Hill Companies, inc. (= 2001 企業倫理研究グループ 訳 『企業倫理』, 白桃書房)

◆Trevino, L, K., Weaver, G. R., Gibson, D. G., & Toffler, B. L. (1999). "Managing Ethics and Legal Compliance: What Works and What Hurts," California Management Review. 42(2), 131-151.

◆Trevino, L. K., & Youngblood, S. A. (1990). "Bad Apples in Bad Barrels: A Causal Analysis of Ethical Decision Making Behavior," Journal of Applied Psychology. 75(4).

◆Victor, B., & Cullen, J. B. (1987). "A Theory and Measure of Ethical Climate in Organizations," Research in Corporate Social Performance and Policy. 9, 51-71.

◆Veten, S. T. & Festervand, T. A. (1987). "Business Ethics Conflicts, Practices, and Beliefs of Industrial Executives," Journal of Business Ethics. 6, 111-122.

◆Wahn, J. (1993). "Organizaitonal Dependence and the Likelihood of Complying with Organizational Pressures to Behave Unethically," Journal of Business Ethics. 12, 245-251.

◆Wood, D. J., & Cochran, P. L. (1992). "Business and Society in Transition," Business & Society. 31(1).

◆石井彰次郎 (1990) 「企業の社会的応答と倫理」,『駒大経済研究』, 21(1)

◆伊藤信二 (1993) 「学習メカニズムと企業倫理の学習」,『成城大学経済学研究』, 12(1)

◆伊藤信二 (1994) 「企業はいかにして社会的責任を学ぶか」,『成城大学経済学研究』, 12(2)

◆岩田浩 (1999) 「ビジネス・モラルと道徳基準」,『大阪産業大学論叢社会科学編』, 91

◆梅澤正 (1999) 「日本企業の倫理体質と社員の倫理意識」,『東京経大学学会誌』, 214

◆梅津光弘 (1993) 「アメリカにおけるビジネス倫理学」,『千葉大学応用倫理学研究』, 1

◆梅津光弘 (1994) 「日米関係における経営倫理学の意義」,『日本経営倫理学会誌』, 1

◆梅津光弘 (1995) 「国際的共同主義と倫理的合意形成の手続き」,『日本経営倫理学会誌』, 2

◆奥村悳一 (1994) 『現代企業を動かす経営理念』 有斐閣

◆小畑二郎 (1997) 「経済と倫理との本質的な関連について -ブキャナン『倫理の経済学』に学ぶ」,『書斎の窓』, 465, 有斐閣

◆飫富順久 (1989) 「企業評価の今日的課題とその方向」 菊池敏夫編『現代企業の経営行動』, 同文舘

◆飫富順久 (1991) 「企業行動における倫理的側面の検討」 日本経営学会編『経営論集』, 61, 千倉書房

◆飫富順久 (1995) 「企業の倫理的行動とその評価」,『経営論集』, 43(1)

◆飫富順久 (1996) 「バーナード理論のおける企業倫理」,『経営行動』, 11(1)

◆加藤尚武 (1996) 「企業倫理が社会を活かす」,『ROMZA』, 6月号

◆斉藤弘行 (1996) 「企業倫理の形成と課題」,『東洋大学経営研究所論集』, 19

◆斉藤弘行 (1999) 「企業における徳の性質」,『経営論集東洋大学』, 50

◆櫻井克彦 (1990) 『現代企業と社会』 千倉書房

◆櫻井克彦 (1994) 「経営倫理論の展開と課題」,『経済科学』, 42(1), 1-15.

◆産能大学総合研究所 (1999) 『企業倫理実践プログラムの構築』, 産能大学研究所

◆塩野谷祐一 (1995) 「競争の倫理」 (所収 加藤寛孝編『自由経済と倫理』, 成文堂)

◆清水龍宝 (1997) 「企業倫理と日本型経営」,『三田商学研究』, 40(5)

◆鈴木辰治 (1995) 「倫理的人事政策の基礎理論」,『新潟大経済学年報』, 19

◆鈴木辰治 (1996) 『企業倫理・文化と経営政策――社会的責任遂行の方法』, 文眞堂

◆鈴木辰治 (1997) 「ゴーイング・コンサーンと経営倫理」 河野昭三編『ゴーイング・コンサーンの経営学』, 税務経理協会

◆古林輝久 (1993) 「企業の倫理問題」,『西南学院大額商学論集』, 39(3・4)

◆小林俊治 (1990) 『経営環境論』, 成文堂

◆小林俊治 (1994) 「最近におけるアメリカ企業倫理と企業」,『早稲田商学研究科紀要』, 4

◆小林袈裟治 (1994) 『企業者活動と経営理念』,文眞堂

◆高巌 (1998) 「企業倫理をいかに導入するか」,『取締役の法務』, 3月号

◆田中朋弘 (1997) 「ビジネスの倫理」 所収 石崎嘉彦他 編 『人間論の21世紀的課題――応用倫理学の試論』,カニシヤ出版

◆出見世信之 (1998) 「企業倫理と企業統治」,『経営学紀要亜短大』, 5(2)

◆出見世信之 (1997) 『企業統治問題の経営学的研究――説明責任関係からの考察』, 文眞堂

◆中野千秋 (1996) 「日本における経済倫理制度化の有効性」,『組織化学』, 30(2)

◆中野千秋 (1999) 「実証研究:企業管理者の倫理観に関する日米比較」,『麗澤学際ジャーナル』, 3(1), 29-50.

◆中村義寿 (1991) 「企業倫理についての一考察」,『名古屋学院大学論集』, 27(3)

◆中村瑞穂 (1994) 「アメリカにおける企業倫理研究の展開過程――基本文献の確認を中心として」,『明大商学論叢』, 76(1)

◆中村瑞穂 (1994) 「『企業と社会』の理論と企業倫理」,『明大商学論叢』, 77(1)

◆中村瑞穂 (1994) 「企業経営と現代社会」 所収,『現代の企業経営』, ミネルヴァ書房

◆中村瑞穂 (1995) 「経営社会関係論の形成」,『明大商学論叢』, 77(3・4)

◆中谷常二 (1997) 「経済学と倫理学の接点」,『科学技術の発展と現代社会U 生命・環境・科学技術研究』, 千葉大学

◆西尾チヅル (1999) 『エコロジカル・マーケティングの構図』, 有斐閣

◆西岡建夫 (1996) 「意思決定と経営倫理」,『追手門経営論集』, 2(1)

◆西岡建夫 (1996) 『市場・組織と経営倫理 文真堂現代経営学選集』, 文眞堂

◆西岡建夫 (1999) 「企業倫理」 所収 佐々木恒男編『現代経営学の基本問題』, 文眞堂

◆日本大学経済学部産業経営 (1997)『企業の社会責任と効率化」,『産業経営動向調査報告書』, 20

◆日本取締役協会 編 (2006) 『江戸に学ぶ企業倫理――日本におけるCSRの源流』 生産性出版

◆日本取締役協会 編 (2008) 『明治に学ぶ企業倫理――資本主義の原点にCSRを探る』 生産性出版

◆林満男 (1995) 「グローバル経営倫理の構築に向けて」, 『経営行動』, 10(1)

◆正木久司 (1990) 「株式会社の倫理」,『同志社商学』, 42(3)

◆正木久司 (1994) 「企業の倫理」,『同志社商学』, 43(5)

◆水谷雅一 (1995)『経営倫理学の実践と課題』, 白桃書房

◆水谷雅一 (1998)『経営倫理学のすすめ』, 丸善

◆水谷内徹也 (1997)『日本企業の経営理念』, 同文舘

◆水谷内徹也 (1997) 「経営理念の創造と倫理戦略」,『富大経済論集』, 42(3)

◆宮坂純一 (1992) 「現代企業とモラル 上 中 下 」,『産業と経済』, 7(3,4), 8(1)

◆宮坂純一 (1993) 「現代企業のモラル行動と政府規制」,『産業と経済』, 8(3)

◆宮坂純一 (1994) 「企業は何故モラルてきでなければならないか」,『産業と経済』, 9(1)

◆宮坂純一 (1994) 「現代企業のモラル行動と自主規制」,『産業と経済』, 8(3,4)

◆宮坂純一 (1994) 『日本的経営への招待』 , 晃洋書房

◆宮坂純一 (1996) 『現代企業のモラル行動』 , 千倉書房

◆宮坂純一 (1997) 「ビジネス倫理学は企業の目的をいかに拘束」,『産業と経済』, 11(3)

◆宮坂純一 (1997) 「経営者から存在理由を問われたビジネス」,『産業と経済』, 12(2)

◆宮坂純一 (1998) 「2つのビジネス倫理学の対立」,『産業と経済』, 12(3,4)

◆宮坂純一 (1998) 「ビジネス倫理学と社会契約論」,『産業と経済』, 13(1)

◆宮坂純一 (1998) 「ビジネス倫理は教えられるか」,『産業と経済』, 13(2)

◆宮坂純一 (1999) 「期待される経営者像――ビジネス倫理」,『産業と経済』奈良産業大学経営学部創設記念論文集

◆宮坂純一 (1999) 「トラスト――企業自体と各種ステイクホルダー」,『産業と経済』, 14(1)

◆宮坂純一 (1999)『ビジネス倫理学の展開』, 晃洋書房

◆村田晴夫 (1999) 「企業倫理と経営哲学」所収 佐々木恒男 編,『現代経営学の基本問題』, 文眞堂

◆村本芳郎 (1995) 「アメリカ合衆国における経営倫理教育」,『大阪商業大学論集』, 10(1)

◆森本三男 (1992) 「経営倫理とその実践体制」,『青山国際経政論集』, 25

◆山田経三 (1995)『企業倫理と組織・リーダーシップ』, 明石書房

◆吉原英樹 (1994) 「企業倫理の実証分析」,『経済経営研究』, 44

> top


【2000's】

◆Beauchamp, T., & Bowie, N. (eds.). (1983,2004). Ethical Theory and Business 2nd edn. Prentice-Hall. = 2005 加藤尚武 監訳『企業倫理学 1』, 晃洋書房:= 2003 梅津光弘 監訳 『企業倫理学 2』, 晃洋書房;= 2001 中村瑞穂 監訳 『企業倫理学 3』, 晃洋書房)

◆Bishop, John D. (2000). "A Framework for Discussion Normative Theories of Business Ethics," Business Ehtics Quarterly, 10(3). 563-591.

◆Boatright, John R. (2002). "Ethics and Corporate Governance: Justifying the Role of Stockholder" in Bowie ed. . [2002:38-60]

◆Bowie, Norman E. (ed.). (2002) . The Blackwell Guide to Business Ethics. Blackwell Publisher.

◆Brenkert, George. G. (2004). "Strict Products Liability and Compensatory Justice" in Beauchamp & Bowie eds. . [2004=2001:184-9=28-36]

◆Bush, M. & Smith, G. (2003). "Community Development Banks Sustainally outscore Other Banks in Serving Low-Income and Minority Communities," Reinvestment Alert, Woodstock Institute, No.19," (= 2004 泉留維 訳「コミュニティ開発銀行は持続的に低所得者やマイノリティのコミュニティに対する金融サービスにおいて他の銀行よりも優れている。」,『人間の経済』第70号、Gesell Research Society Japan.)

◆Byrne, Edmund F., (2002). "Business Ehtics: A Helpful Hybrid in Search of Integrity," Journal of Business Ethics,37. 121-133.

◆Carson, Thomas. (2004=2003 . "Second Thoughts About Bluffing". in Beauchamp & Bowie (eds.). [2004=2003:448-53=159-68] from Business Ethics Quarterly 3 4 ,1993.

◆Ciulla, Jpanne, B. (2000). The Working Life: The Promise and Betrayal of Modern Work, Random House Inc. (= 2003 中島愛 訳・金井壽宏 監修『 仕事の裏切り――なぜ、私たちは働くのか』, 翔泳社

◆Donaldson, Thomas., Werhane, Patricia H. & Carding Margaret. (Eds.). (2002). Ethical Issues In Business A Philosophical Approach 7th edn.. Prentice Hall.

◆Drucker, F. Peter. (2003). "The Ethics of Responsibility" Jennings [2003:47-51] from Management: Tasks, Responsibility, Practices. HarperCollins Publishers, Inc.

◆Epstein, Richard. A. (2004). "In Defense of the Contract at Will". in Beauchamp & Bowie eds. . [2004 = 2001: 274-82 = 143-56]

◆Felo, Andrew J. (2001). "Ethics Programs, Board Inovolvement, and Potential Conflicts of Interest in Corporate Governance," California Management Review. 25(3),

◆Fournier, V., & Grey, C. (2000). "At the Critical Moment: Conditions and Prospects for Critical Managment Studies," Human Relations. 53, 7-32.

◆Frederic, Robert E. & Hoffman, W. Mitchell. (2004=2001). "The Individual Investor in Securities Markets: An Ethical Analysis". in Beauchamp et al. eds. . [2004=2001:71-81=189-96] from Journal of Business Ethics., 9, 579-589.

◆Hasnas, John. (2004). "Two Normative Theories of Business Ethics: A Critique". in Beauchamp & Bowie eds. . [2004:65-74] form Business Ethics Quarterly (1998,8, (19-42.

◆Holfon, Robert. (2003). "Corporate Irresponsibility: Is Business an easing Anti-Business Activist? Great Britain". The Social Affairs Unit, from Jennings, M. Marianne. [2003:57-8]

◆Husted, Bryan W. & Allen, David B. (2000). "Is It Ethical to Use Ethics as Strategy?". Journal of Business Ethics., 27(1-2), 21-31.

◆Jennings, M. Marianne. (Ed.). (2003). Business Ethics Case Studies and Selected Readings 4th ed. . Thomson Learning, Ohio.

◆Loe, T. W., Ferrell, L., & Mansfield, P. (2000). "A Review of Empirical Studies Assessing Ethical Decision Making in Business," Journal of Business Ethics. 25, 185-204.

◆Kelly, M. (2001). The Divine Right of Capital: Dethroning the Corporate Aristocracy. San Francisco: Berrett-Koehler.

◆マリー、ド ドーン =2001 『ビジネス倫理10のステップ』 生産性出版

◆McAleer, Sean. (2003 . "Freidman’s Stockholder Theory of Corporate Moral Responsibility". Teaching Business Ethics,7 4 .437-51.

◆Mittchell N. J. (1989). The Generous Corporation: A Political Analysis of Economic Power, Yale university Press. (= 2003 松野弘・小阪隆秀 監訳 『社会にやさしい企業』 同友館

◆Nakano, C. (2001). Ethics-At-Work In Japanese Business: An Empirical Study of Japanese Managers' Perceptions of Ethics in Their Corporate Lives, Bell & Howell Co.

◆Piker, Andrew. (2002). ‘Ethical Immunity in Business: A Response to Two Arguments'. Journal of Business Ethics 36., Netherlands, Kluwer Academic Publishers. 337-346.

◆Paine, Lynn. Sharp. (2003). Value Shift: Why Companies Must Merge Social and Financial Imperatives to Achieve Superior Performance, The McGraw-Hill Co. (= 2004 鈴木主税・塩原道緒 共訳 『バリューシフト――企業倫理の新時代』, 毎日新聞社)

◆Parker, M. (2003). "Business, Ethics, and Business Ethics: Critical Theory and Negative Dialectics," in Alvesson, M., & Willott, H. (Eds.). Studying Management Critically. London:Sage, 197-219.

◆Post, J. E., Lawrence, A. T. & Weber, J. (2002). Business and Society 10th edn.: Corporate strategy, Public policy, Ethics, McGraw-Hill

◆Rosenthal, Sandra B. & Buchholz Rogene A. (2000). Rethinking Business Ethics: A pragmatic approach. Oxford University Press. (= 岩田浩・石田秀雄・藤井一弘 訳『経営倫理学の新構想――プラグマティズムからの提言』, 文眞堂)

◆Stevens, J. Stetnsma, K. H., Harrison, D., & Cochran, P. (2005). "Symbolic or Substantive Document? The Influence of Ethics Codes on Financial Executives' Decisions'" Strategic Managment Journal. 26()2 , 181-195.

◆Treviño, L, K., & Weaver, G. R. (2003). Manageing Ethics in Organizations: Social Scientific Perspectives.Stanford, Calif.: Stanford University Press.

◆Velasquez, Manuel. G. (2004). "The Ethics of Consumer production" in Beauchamp. & Bowie. eds. . [2004=2001:175-83=16-27] from (1982). Business Ethics: Concepts and Cases3/e. Prentice Hall,

◆Velasquez, Manuel. G. (2004). "Debunking Corporate Moral Responsibility". in Beauchamp & Bowie eds. . [2004:109-22] from Business Ethics Quarterly. 13(4).

◆Werhane, Patricia. H., & Radin, Tara. J. (2004). "Employment at Will Due Process," in Beauchamp. & Bowie. eds. . [2004=2001:266-74=129-142]

◆安達巧 (2002) 『企業倫理とコーポレートガバナンス――知的資産の有効活用』 創成社

◆天野明弘・大江瑞絵・持続可能研究会 編 (2004) 『持続可能社会構築のフロンティア 環境経営と企業の社会的責任CSR』 関西学院大額出版会

◆稲葉元吉 編 (2002) 『社会の中の企業』 八千代出版

◆岩田浩 (2000) 「経営倫理学の拡充に向けて」 経営史学会編,『経営学百年』

◆梅田徹 (2006) 『企業倫理をどう問うか――グローバル化時代のCSR』, NHKブックス

◆梅津光弘 (2001) 「企業倫理の促進・支援制度をめぐる諸問題」,『明大商学論叢』, 83(2), 89-102.

◆梅津光弘 (2002) 『ビジネスの倫理学 現代社会の倫理を考える』, 丸善

◆岡本大輔・古川靖洋・佐藤和・梅津光弘 (2005) 「続・総合経営力指標 コーポレートガバナンス」, 『三田商学研究』, 47(6), 48(2)

◆岡本大輔 (2005) 「企業評価基準としての社会性」,『三田商学研究』, 48(2)

◆岡本大輔・梅津光弘 (2006) 『企業評価+企業倫理――CSRへのアプローチ』, 慶應義塾大学出版会

◆飫富順久 (2000) 『企業行動の評価と倫理』, 学文社

◆小木紀親 (2004) 「コーズ・リレイティッド・マーケティングの研究」,『日本福祉大学経済論集』, 1, 特別号

◆北城恪太郎 (2004) 「企業倫理の確立に向けて」 小林 百田 [2004:1-6] 所収

◆久保田 政一 (2003) 「わが国経済界のCSRへの取組み」 高 他[2003:161-186]所収

◆経済団体連合会 (2001) 『この発想が社会を変える――新しい企業価値の創造』 経済団体連合会

◆経済団体連合会 (2002) 『社会貢献資料――グッドカンパニーへの変革U』 経済団体連合会

◆経済協力開発機構 (2004) 『企業の社会的責任』 技術経済研究所

◆経済同友会 編 (2003) 『第15回企業白書『市場の進化』と社会的責任経営――企業の信頼構築と持続的な価値想像に向けて』 経済同友会

◆合谷美江 (2002) 「企業の文化支援」 所収 斉藤毅憲 石井貫太郎 編『グローバル時代の企業と社会』, ミネルヴァ書房 第2章、第13章 p.13-28,237-52

◆合力知工 (2004) 『現代経営戦略の論理と展開――持続的成長のための経営戦略』同友館

◆小林俊治 (2000) 『経営環境論の研究』 成文堂

◆小林俊治・百田義治 (2004) 『社会から信頼される企業――企業倫理の確立に向けて』 中央経済社

◆小松隆二 (2004) 『公益とは何か』 論創社

◆小山嚴也(2001)「企業に対する社会的要請の変化――社会的責任論の変遷を手がかりにして」,『第八輯 組織・管理研究の百年 』 経営学史学会編 文眞堂

◆財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団 編 林泰義・小野啓子 他 共著 (1997) 『NPO教書――創発する市民のビジネス革命』 風土社

◆佐久間信夫・出見世信行(2001)『現代経営と企業理論』 学文社

◆櫻井克彦(2001)「企業経営とステイクホルダー・アプローチ」,『経済科学』, 48(4), 名古屋大学経済学研究科

◆櫻井克彦(2001)「現代経営学研究と『企業と社会』論的接近」,『経済科学』, 49(3), 名古屋大学経済学研究科

◆塩原俊彦 (2003) 『ビジネス・エシックス』 講談社

◆清水克彦 (2004) 『社会的責任マネジメント――企業の持続可能な発展と安全確保』, 共立出版

◆鈴木辰治・角野信夫 編 (2000) 『企業倫理の経営学――叢書現代経営学16』, ミネルヴァ書房

◆瀬野泉 (2000) 「倫理性が高い企業のデザイン・アプローチ」,『商学研究科紀要』, 51

◆高巌 (2000) 『企業倫理のすすめ――ECS2000と倫理法令遵守の仕組』, 麗澤大学出版会

◆高巌 (2000) 「H.A.サイモンの組織論と利他主義モデル」 経営史学会編『経営学百年』

◆高岡伸行 (2002) 「ステイクホルダーモデルの企業観とその論理構造」,『経済科学』49(4) p.99-119.

◆高浦康有(2001)「ビジネス・エシックスの方法論的基礎づけ」,『日本経営学会誌』, 7

◆高見直樹 (2004) 「経営者の社会的責任」論とシュタインマンの企業倫理論」,『経営学史学会年報 第十一輯 経営学を創り上げた思想 』経営学史学会編 文眞堂

◆谷口勇仁 (2000) 「ステイクホルダー理論再考」『経済学研究』, 51(1), 北海道大学, 83-93.

◆谷口勇仁 (2002) 「企業社会戦略の枠組みと課題」『経済科学』, 48(1)

◆谷口勇仁 (2002) 「啓発された自利を超えて――社会業績・経済業績関係分析の展望」『経済科学』49(2)

◆田代義範 2000) 『企業と経営倫理』 ミネルヴァ書房

◆田中照純 (2000) 「企業と倫理」,三島 倫八 阿辻 茂夫 編 『現代組織の諸相』 文眞堂

◆田中照純 (2003) 「企業倫理額の基本問題――その名称、性格、位置づけ」,『立命館経営学』, 41(6), 197-208.

◆田中照純 (2006) 「企業倫理学に潜む三つの陥穽」,『立命館経営学』, 45(3), 55-66.

◆田中朋弘 (2000) 「ビジネスにおける倫理的まなざし」 所収 川本隆史・高橋久一郎 編『応用倫理学の転換――ニ正面作戦のためのガイドライン』ナカニシヤ出版

◆田中朋弘・柘植尚則 編 (2004) 『ビジネス倫理学――哲学的アプローチ』, ナカニシヤ出版

◆田中朋弘 (2004) 『職業の倫理――現代社会の倫理を考える』 丸善

◆田村尚子 (2002) 「日本企業におけるビジネス倫理の意義と」,『経済学研究科研究論叢』, 学習院大学大学院経済学研究科111

◆柘植尚則・田中朋弘 (2007) 『経済倫理のフロンティア』,ナカニシヤ出版

◆角野信夫(2001)「企業倫理と経営学の研究および教育」,『明大商学論叢』, 83(2).

◆土屋喬雄 (2002) 『日本経営理念史』, 麗澤大学出版会

◆出見世信之 (2000)「企業における倫理法令順守制度」,『埼玉大学社会科学論集』, 99-100.

◆出見世信之 (2001) 「企業の倫理的行動」,『明大商学論叢』, 83(2)

◆出見世信之 (2002) 「企業倫理の制度化」,『明大商学論叢』, 84(3)

◆出見世信之 (2003) 「企業における倫理的行動の促進条件」,『明大商学論叢』, 85(2)

◆出見世信之 (2004) 『企業倫理入門』, 同文舘出版

◆中林真理子 (2003) 『リスクマネジメントと企業倫理』, 千倉書房

◆中野勲 (2000) 「企業の収益性と社会性について」,『神戸大国民経済雑誌』, 18(1)

◆中村葉志生 ほか (2003) 『実践ビジネスエシックス――企業倫理定着の』, ミネルヴァ書房

◆中村瑞穂ほか (2003) 『経営学――企業と経営の理論』白桃書房

◆中村瑞穂 (2000) 「企業倫理の確立に向けて」,『予防時報』 社団法人日本損害保険協会, 200

◆中村瑞穂 (2001) 「企業倫理実現の条件」,『明治大学社会科学研究所紀要』, 39(2)

◆中村瑞穂 (2001) 「ビジネス・エシックスと公益」,『公益学研究』, 1(1)

◆中村瑞穂 (2003) 『企業倫理と企業統治』, 文眞堂

◆西岡建夫 (2000) 「経営学における倫理・責任問題の理論的変遷と未来展望」 経営学史学会編,『経営学百年 鳥瞰と未来展望』, 文眞堂

◆日本経営倫理学会 編 (2003) 『経営倫理』, 同文舘出版

◆日本経営倫理学会 編 (2004) 『日本経営倫理学会10年史』, 日本経営倫理学会

◆日本取締役協会 編 (2006) 『江戸に学ぶ企業倫理――日本におけるCSRの源流』 生産性出版

◆貫井陵雄 (2002) 『企業経営と倫理監査』, 同文舘出版

◆荻原勝 (2004) 『企業倫理コーポレートガバナンス規程集』, 中央経済社

◆ビジネス・エシックス研究班 (2006) 『ビジネス・エシックスの諸相と課題』, 関西大学経済・政治研究所
 橋本昭一 「ビジネス・エシックスの諸相」
 安武真隆 「ビジネス・エシックスと西洋政治思想史――初期モンテスキューを事例として」
 小田淑子 「宗教と経済倫理」
 杉本貴志 「事例から見るイギリス流通業の社会的責任経営――コープ陣営を中心にして」
 池内裕美 「苦情行動に影響を及ぼす社会心理学的諸要因の検討」
 中澤信彦 「リーダーシップ・人事評価・ビジネス倫理――経済思想史の視野から」
 森岡孝ニ 「ホワイトカラー・エグゼンプション制度の導入は何をもたらすか」
 中澤信彦 「働きすぎの時代を超えて」

◆広島大学大学院マネジメント専攻 編 (2004) 『企業経営とビジネスエシックス』法律文化社

◆福留民夫 (2000) 「日本企業の経営倫理」,『明光社』

◆藤森三男 (2005) 「ハイブリッドキャピタリズム」,『三田商学研究』

◆万仲脩一 (2004) 『企業倫理学――シュタインマン学派の学説』, 星雲社

◆松野弘・野村千佳子 (2003) 「企業倫理と企業の社気的責任の位置――企業倫理論の限界と有効性」,『企業診断』, 11, 同友館

◆水尾 順一 (2004) 「戦略的CSRマネジメントと企業倫理」,『日経CSRプロジェクト』 ウェブサイト(確認日 2004.6.10)

◆水村典弘 (2000) 「『理解関係者管理』の形成」,『商学研究論集』, 13, 明治大学, 229-247.

◆水村典弘(2001)「企業倫理の確立に向けた社会的動向」, 『商学研究論集』, 14

◆水村典弘(2001)「『利害関係者理論』から『利害関係者管理』へ」,『日本経営学会誌』, 7, 36-47.

◆水村典弘 (2004) 『現代企業とステークホルダー――ステークホルダー型企業モデルの新構想』, 文眞堂

◆水尾順一 (2000) 『マーケティング倫理――人間・社会・環境との共生』, 中央経済社

◆水尾順一 (2001) 「企業社会業績の評価・監査システム」,『専修経営学論集』, 73

◆水尾順一 (2002) 「経営倫理監査の内部制度化」,『駿河台経済論集』, 11(2)

◆水尾順一 (2002) 「企業文化と倫理的感受性」,『駿河台経済論集』, 12(1)

◆水谷雅一 (2001) 「企業業績の持続的向上と経営倫理」,『科学経済』, 48(10)

◆水谷雅一 編 (2003) 『経営倫理』, 同文舘出版

◆南村博ニ (2004) 『わたしたちの企業倫理学』, 創成社

◆宮坂純一 (2000) 『ステイクホルダー・マネジメント』, 晃洋書房

◆宮坂純一 (2000) 「ビジネス倫理学の問題提起」 所収 奥林康司『現代の経営システム』 経営と労働税務経理協会

◆宮坂純一 (2000) 「現代企業の1つのモデルとしてのコーポレートガバナンス」,『産業と経済』, 15(1)

◆宮坂純一 (2001) 「内部告発のメカニズム」,『リスクマネジメントBUSINESS』, 16(7)

◆宮坂純一 (2003) 「企業は倫理的になれるのか」,『リスクマネジメントBUSINESS』, 4

◆宮坂純一 (2003) 「統合社会契約論について考える 上 下 」,『産業と経済』, 18, (2,3)

◆宮坂純一 (2003) 「アメリカの解雇ルール任意雇用の原則」,『産業と経済』, 18(4)

◆宮坂純一 (2003) 『企業は倫理的になれるのか』, 晃洋書房

◆宮坂純一 (2003) 「社会契約と雇用システム」,『労働調査』, 414

◆宮重徹也 (2003) 「企業倫理の実践による企業成長」,『富山商船高等専門学校研究集録』, 36, 39-53

◆村上伸一 (2000) 「ステイクホルダー理論の基本問題」,『北星論集』, 37, 19-32.

◆森末伸行 (2006) 『ビジネスの法哲学 −市場経済にモラルを問う』,昭和堂

◆渡辺喜七 (2000) 『アメリカの工業化と経営理念』,日本経済評論社

> top


◆高岡伸行 (2002) 「ステイクホルダーモデルの企業観とその論理構造」,『経済科学』49(4) p.99-119.

 ステイクホルダーモデルの企業観を正当化する論理は、二段階の論理構成を取る。まず第一段階では、所有権を根拠とした株主のステイクホルダーとしての絶対的優位性を否定する議論が展開される。ここでは企業の株主も出るが近代株式会社の実像と照らして批判される。今日の近代株式会社は、経営者裁量主義を前提にしている。この経営者裁量主義を前提に、所有概念を再考し、今ピン的には株式会社という制度の公共性が議論の焦点となる。第二段階では、利害化の議論、すなわち、利害として認められる理由に関する問題と、その利害を理由に認定された各ステイクホルダーを同等の価値を持った存在として位置づける論拠が展開される。利害化の議論は、企業のステイクホルダー理論を中心的活動かつ独自の課題である。ここでは、株式会社制度というよりは、継続事業体としての組織的実態に焦点が当てられ、ビジネスの協働性・共益性が議論の焦点となる。(p.108)

 ステイクホルダーはそれぞれ尊重されるべき、同質の価値をもつ、というステイクホルダーのポジショニングに結晶的な特徴を持つステイクホルダーモデルの企業観は、一方で近代株式会社という会社制度を対象とした議論において、伝統的な企業間が妥当としてきた株主優位の考え方を否定し、他方で継続事業体としての組織を対象に、ビジネスという価値創造活動が、関係者の共同と共益を条件に成り立つことを再確認することから、各ステイクホルダーを同一次元で捉える論拠を展開していた。前段においては、近代株式会社における株主の地位が、物権から債権の財産権に比重を移していることあが重要な論点であり、後段においては、多様な源泉をもつ利害という概念が、ビジネスの価値創造を成立させるという点で各ステイクホルダーは同等の価値を持った存在として位置づけられる。(p.113)

top


◆谷口勇仁 (2002) 「啓発された自利を超えて ー社会業績・経済業績関係分析の展望」『経済科学』49(2)

 …社会的責任を肯定する論者は、「啓発された自利」を主張する。つまり、企業が社気的責任を果たすことは長期的には企業の存続や成長に貢献することを主張sるのである。そこで、これを実証することを目的として、SP・EP研究が行なわれたのである。現実に、企業が社会的責任を果たすことが企業の利益になるのであれば、経営者は株主をおそれずに社会的責任にかかる費用を払うことができる。これによって、企業が社会的s系人を果たすことを正当化しようと試みたのである。このような考え方は、「「者気的責任は引き合う」(social responsibility pays)という言葉に代表される考え方である。…そのため、近年のSP・EP研究は、ステイクホルダーマネジメントの有効性を検証することを目的とした研究として再構成されているのである。企業を取り巻くステイクホルダーに配慮するマネジメントがステイクホルダーマネジメントであり、ステイkホルダーマネジメントを実践している企業は社会業績が高い企業であるという前提に立てば、ステイクホルダーマネジメントの由後世を検証することはSP・EP研究の憲章と同義となる。(p.126-7)

◆Beauchamp, T., & Bowie, N. (eds.). (1983,2004). Ethical Theory and Business 2nd ed. Prentice-Hall.
= 梅津光弘 監訳 (2003)『企業倫理学 2



目次

第4章 リスクとその許容範囲 


第5章 雇用者と従業員の権利と義務 

  • 採用・解雇をめぐる権利と義務  
    1. 任意雇用慣行と義務手続き  パトリシア・ワーヘイン タラ・ラディーン
    2. 任意雇用慣行の擁護について  リチャード・A.エブスタイン  
  • 従業員への検査  
    1. 労働現場でのドラックテスト−雇用関係と雇用法に対する挑戦  マーク・A.ロススタイン  
    2. 雇用関係におけるドラッグ検査 ジョセフ・デスジャーディン ロナルド・ダスカ
    3. 職場における遺伝子検査の倫理 ジョセフ・クッファー  
     
  • 内部告発  
        
    1. 内部告発と職業的な責任 シセラ・ボック
    2. 内部告発と従業員の忠誠 ロナルド・ダスカ  
  • 訴訟事例  
    1. ウォーセン 対 トムズ・リバー・コミュニティー記念病院 ニュージャージー州最高裁判所  
    2. ポッター 対 ニュージャージー・ビレッジ銀行 ニュージャージー州最高裁判所  
    3. ルードゥキ 対 アラスカ採掘会社 アラスカ州最高裁判所  
      • ケース1 主義の問題   
      • ケース2 正直テスト(Honesty Ezams)で泥棒を捕まえる

監訳者あとがき

*各章の冒頭には概略,最後には読書案内が置かれている.


top

第4章 1.消費者向け商品の倫理
(マニュエル・ヴェラスケス)




消費者と生産者間の利害保護義務

契約説(買い手責任の原則)

  • 義務権利関係が生じる根拠  
    • 当事者の自由意志に基づく合意   
      • 購買判断に影響を及ぼす情報開示の義務
        
    • 当事者間の合意の熟知  
    • 契約内容の遵守  
     
  • 明示されるべき製品の性質(Frederick D. Sturdivant,Business and Society,3rd ed.Homewood,IL:Richard D.irwin,Inc.,1985)
    • 信頼性   
    • 製品寿命  
    • メンテナンス可能性
    • 製品の安全性  
      
    • 契約説の問題点   
      • 生産者と消費者との直接的契約の非現実性    
      • 免責事項の合意による消費者保護の困難性    
      • 生産者と消費者とを仮想的に対等な立場として合意していること
        
      

製造者配慮義務の理論(Deu Care Theory:弱い売り手責任の原則)

  • 配慮義務の根拠    
    • 生産者は知識や経験において消費者よりも有利な立場にあること     
    • 生産者には消費者への配慮義務がある    
  • 生産者の配慮義務内容    
    • 設計     
    • 生産     
    • 情報    
  • 製造者配慮義務理論の問題点    
    • 配慮の確認・証明の困難性     
    • 配慮の対象・リスクの不明瞭性     
    • 生産者配慮のパターナリズム性    

生産者責任の社会的費用説厳格製造物責任:Strict liability:強い売り手責任の原則)  

  • 厳格製造物責任の根拠    
    • 企業の「外部コスト」を販売価格に反映させて「内部」化させることによって便益を受ける社会全体がコストを負担すべき
    • コストの「内部」化により社会的稀少資源を効率的に使用することができる(資源使用の功利性)    
  • 厳格製造物責任の意図    
    • コストを販売価格に転嫁させることで,市場原理がコストをコントロールすることができる.     
    • 市場原理によって生産と資源消費の適正化,生産者の事故減少,人的資源の効率的配慮を期待できる     
    • 広義の配慮義務を生産者に課すことで,従来対象とならなかった犠牲者への配慮が可能となる    
        
  • 厳格製造物責任の問題点    
    • 生産者に不公平である     
      • 賠償責任の正義に反する:生産者が損害を予見して防止できるときのみ,犠牲者への賠償義務が生じる  
      • 生産者の開発抗弁権を認めていない  
           
    • 生産者の過剰な配慮義務によって,消費者の事故への配慮を減少させる     
    • 経済的負担を生産者や保険会社に押し付けている    


    top

    第4章 2.厳格製造物責任と賠償上の正義
    (ジョージ・G.ブレンカート)


    要旨

     厳格製造物責任には合理的に正当性があり,それは厳格製造物責任と自由企業システムの本質とを結びつけることになる

    社会システムの前提

    1. 企業は利益のために財・サービスを生産し販売する  
    2. 最善の努力によって他者と競争し,さまざまな価値や欲求を交換する  
    3. 競争は公開性,自由であるべきである  
    4. 自発的交換  
    5. 個人資産の獲得と処分は交換による  
    6. 市場,市場系列も社会全体を構成し得ない  
    7. 法,道徳性,政府は交換を許容できる範囲の制限を課す 
      

    賠償上の正義の論拠(1)  

    1. 競争での公平概念が重要であるのは,各人の目標達成を可能とするために,システムに参加する平等の機会を与えること
    2. 各個人は生産者・労働者であると同時に消費者でもあり,ふたつの役割は相関している
    3. 欠陥商品による損害はその人の活動を制限し,目標を達成しようとしてシステムへ参加する機会均等が損なわれたことになる
    4. 厳格製造物責任は生産者の意図に反していても,厳然として被害を受けた(生産者,消費者の両面性を持った)個人の社会システムへの参加機会を奪ったことになる.

    賠償上の正義の論拠(2)

    1. 自発的売買ではなく,不正手段を原因として当初期待できた利益が得られない場合,そのシステムを正当化すると,社会システムの崩壊を導くがゆえに,不正手段に荷担したものは被害者に賠償の責任がある  

    厳格製造物責任の結論  

    1. 消費者が財・サービスの欠陥が明らかで,それによって損害を受け,自由企業システムへの参加機会が奪われたときには賠償を要求することは正当である
    2. その際の賠償は道徳的義務によるのではなく,社会システムに参加する機会を奪ったことの代償として賠償をする   


top

第4章 3.リスク情報の権利と危険な職場を拒否する権利
(ルース・R.フェイデン トム・L.ビーチャム)



要旨

  1. 企業には労働者の態度決定に必要な情報を開示する道徳的義務があるという総論での合意はあるものの,その具体的次元では合意ができていない.
  2. インフォームド・コンセントとは異なり,労使間はしばしば利害対立がある. 
  3. 「営業上の秘密」のために製品の成分や製造過程の情報を守る必要がある.
  4. 労働者に就労拒否権についての説明と行使後の待遇を確保する必要がある.


就労拒否権をめぐる問題 

  • 認定法  
    1. 合衆国労働安全衛生法(OSHA法) 労働者に死や深刻な危害を与えるような切迫した危険がある場合,作業現場を放棄することの就労拒否権を認める(1970年).
    2. 労働者管理関係協議法(Labor-Management Relations Act:LMRA) 「異常に危険な諸条件」の場合にのみ職場放棄を認める.
    3. 国立労働関係協議法(National Labor Relations Act.HLRA) 複数人の労働者による現場放棄は、些細な安全問題であっても認められるが,常勤の後退要員が雇用された場合には復職する権利を失う.

  • どの法を優先するかについて   
    1. 労働者の保護要求  
    2. 状況毎に労働者への最大保護  
    3. 法の無効性,却下に抗して複数回,他の法によって保護要求ができるのか  

  • 就労拒否権行使の問題  
    1. 賃金問題    
      • 有給ストライキの認定となるか否か    
      • 無給による就労拒否権行使の抑制    

    2. 就労拒否権の適用基準    
      • 緊急性    
      • 深刻さ(生存の危機)    
      • 明瞭さ    
      • 累積的(継続的)就労による既知の危険性

    3. 適用基準のモデル
            
      • 主観的基準   
      • 合理的人間標準   
      • 客観的基準  

    4. 適用期間   
      • 危険が取り除かれるまで
      • 正式な調査が開始されるまで   

    5. 職場での対応の両極化
      • リスク情報を開示し,労働拒否権を含む説明をする   
        • 過失致死傷に関する雇用者責任   
      • 職場での規制強化(説明の回避)  
      


  • 国立労働安全衛生研究所(The National Institute for Occupational safety and Health,NIOSH)
  • 労働安全衛生局(The Occupational Safety and Health Administration,OSHA)
  • インフォームド・コンセント  
    • 医師が知る範囲の利害と選択肢を医師の評価を含めて開示する義務がある. 
    • 患者は情報開示を受けたうえで,拒否(informed refusal)も含めた治療方法の選択をすることができる.  


top

第4章 4.ビジネス倫理と危険廃棄物の国際貿易
(ジャン・B.シィン V・C.ラッカム)



要旨

工業諸国−「低開発諸国」間での危険廃棄物の国際貿易経路の発達についての倫理学的論点 

事実上の危険廃棄物 

  1. 有毒性  
  2. 激しい科学反応によって爆発し,有毒ガスを放出するもの  
  3. 比較的低温での自然発火性  
  4. 高腐食性  
  5. 感染性  
  6. 放射性 

廃棄物の国際貿易についての論点 

  1. 居住可能な環境の権利侵害  
    • 居住可能な環境は人間の能力を充足するのに欠くことができないため.(Blackstone,同書.P411-424)
    • 人間は吸い込む空気の質や、飲み水の発ガン性効果について気にしているようでは幸福でいられない.(Guerrette.R.H.,"Environmental Integrity and Corporate Responsibility,"Journal of Business Ethics,Vol.5,P409-415)
    • 居住可能な環境の権利は未来世代にも広がっており、彼らに正常で安全な環境を受け渡すことは、現在の世代の義務である.(e.g.,Freinberg,J.,"The Right of Animals and Unborn Generation,",本書所収)  
  2. 廃棄物被害による治療の請求  
    • 「免罪符」となる危険性  
  3. 国際法として規定することの必要性 
  4. 廃棄物に関する法人責任  
    • 産出業者  
    • 輸出業者
    • 輸入業者  
      
  5. 政府の責任  
    • 適用規制が厳しくない国で廃棄物を処理するよう、企業が誘導されている結果となる.(Transfrontier Movements,March,1984)
    • 廃棄物処理規制を確立することには政府は責任がある.
    • いかなる政府も人間の生命と健康に高いリスクを与えるような企業活動を許す権利を持っているか否か.  
      
  6. 産出国と輸入国との不公平さ  
    • 産出国:廃棄物を産出する産業過程からの恩恵の享受   
    • 輸入国:必ずしも産出国が受けた恩恵を享受していない  
     


top

第4章 5.ビジネスと環境倫理
(W.マイケル・ホフマン)



要旨 環境倫理を企業に求める基礎付けについて

 

  • ビジネスエシックスの目指す論点
    1. 企業は積極的に問題の改善に向けて倫理的責任感を持つべきである. 
    2. 企業は問題の一部ではなく、問題解決の一部となる方法を見出す必要がある. 
  • Bowieの意見 
    1. 企業は法によって要請されているものを越えて環境を保護する義務はない. 
    2. 企業は環境関連法に利己的な目的で、政治の領域に介入しない道徳的義務がある.
  • Bowieへの反論
    1. 企業は法の範囲内であれば利潤を最大化するあらゆる方法を許すべきではない.むしろ環境に配慮するリスクを請け負い,利益を犠牲にすることを求めるべきである. 
    2. 企業は良い環境立法を支持し,悪い立法に反対するロビー活動を行うべきである.政府は環境保護に積極的な企業であっても干渉(支援)すべきである. 
  • 企業の倫理的責任の正当性
    • 環境的配慮をすると利益が上がるという動機付け. 
    • 経費のかからない方法を見つけて企業に環境問題の手助けを求める
     
  • 企業利潤に基づく正当性の問題点 
    • 企業の利益と倫理的プログラムが対立するときには正当性を見出せなくなる.  
    • 倫理は自己の利益より他者の利益を優先させるかあるいは少なくとも同等に扱うことを求める. 
  • 環境保護配慮の範囲  
    • 環境保護主義者  
      • ディープ・エコロジー(生命中心主義環境倫理) 生きているもの全てが道徳的配慮の範囲にある.
      • シャロー・エコロジー 「有情生物」としての人間とその利益の観点から道徳的要請に応える.
       
    出典Norman Bowie,"Morality,Money,and Motor Cars,"Business,Ehics,and the Environment:The Public Policy Debate,eds.,W.Michael Hoffman,Robert Frederick,and Edward S.Pert,Jr.(New York:Quororum Books,1990)


top



第4章 6.証券市場における個人投資家:倫理的分析
(ロバート・E.フレデリック W.マイケル・ホフマン)



要旨

仮定:個人投資家が証券市場で株式や先物取引を売買することを禁止することは正当か,またどのような根拠があるだろうか.

   

  • 目的    
    • 規制違反,不正行為から個人投資家を守る
    • ハイリスク商品を扱うほど個人投資家は知識を有しておらず,急激な価値の変動から個人投資家を守る    

  • 制限の対象となる投資家    
    • 相対的ハイリスクに関与する投資家     
    • 知識が乏しく,自分の負っているリスクの程度が十分認識できていない投資家

       
  • 倫理的な優先性の問題    
    • 誰もが自分の境遇を改善する権利を有する
           
      • 市場は自由で公開されていなければならない
        
    • 可能なときには人は不当な害から保護されるべきである   
      • 全ての市場は無制限に公開されているわけではない   
      • 受け入れがたいリスクを個人投資家に追わ,経済的な損失を与える可能性がある.

  • 制限の正当性について    
    • パターナリズムへの賛否
      • 子供や自分の行動の結果を合理的に考慮できないと判断された人の代理的判断
      • 事態の緊急性,「合理的人間」像からの仮想的判断      
      • 「真の」代理的考慮,判断の可能性についての反論      
      • 十分な理解の上で自分にハイリスクを課すための自由判断の侵害      
      • 政府は制限を設けることに同意する市民を害悪から守る義務.     

    • パターナリズムを優先させることから導かれるひとつの結論     
      • 一部の投資家の重大な経済的損害にさらされない権利は,他の投資家の何の無制約の投資の権利より優先する.      

  • 制限の前提     
    • 投資に必要な情報の全てを個人投資家が持てるように保証すること     


top

第4章 7.経営者による自社株買収と経営者の倫理
(ロバート・F.ブルーナー リン・シャープ・ペイン )



要旨 どのような条件のもとで自社株買収が経営者の受託者としての義務と合致するか.

  経営者による自社株買収 

     
  • 経営者の利益  
    • 公正さの検討   
      • 忠実義務違反
        • 経営者は企業を犠牲にして自らの利益を増進してはならない    
        • 株主利益を増進する受託者である経営者
            
      • 経営者のインサイダー取引の可能性
        • 個人的利害と職務上の義務とが対立する立場は非倫理的である.  
        • 利害対立は自社株買収以外にもある.自社株買収を禁ずるほかの根拠が必要である  
        • 利害の対立(自社株買収)の問題点はそれ事体が非倫理的なのではなく,非倫理的行為に結びつく可能性があるためである.  
        • 個人的利益がかかわるさいには,会社の利益の所在の判断ができなくなりがちである.

    • 金融市場からの視点
          
      • 実物資産の利用に影響のない金融上の変動  
      • 金融上の安定を脅かす

    • 株主の利益  
      • 企業の破綻を回避するための経営者による自社株買収  
      • 株主の譲渡益  
      • 投資継続機会の保護  

     


自社株買収の提案−経営者による受託者関係を解消する提案 


  • 株主が買収に応じる場合   
    • 株主の判断によって経営者の受託者義務が解除される.   
    • 買収が完了するか撤回されるまでは経営者は受託者義務は継続する.
      
  • 株主が買収を受け入れない場合
    • 経営者の受託者義務は継続している,  
    • ∵受託者の義務によって得た情報と資源に基づいて買収の提案をする.   
    • ∵買収の提案によって一方的に受託義務を解除することは,株主の信頼を著しく損なう.

       
  • 買収価格を評価することの難しさ   
    • インサイダー(経営者)とアウトサイダー(一般株主)間の情報の非対称性.   
    • 買収前の経営方針と買収後の経営方針を比較することが困難であること.

       
  • 「妥当」な買収価格    
    • 買収直前の株価    
    • 公開競売を想定したときの価格    
    • 買収前に経営者が相当量の持ち株を確保したうえでの買収提案価格    


top

第5章 1.任意雇用慣行と義務手続き
(パトリシア・ワーヘイン、タラ・ラディーン)

 

 企業の従業員手引きに解雇の要件が明記されていないときに慣習法である任意雇用慣行原則によって解雇されることは正当であるのか。法や合意、公共政策に抵触しない限り従業員が任意に辞職することを認められているときには、企業もまた従業員を任意に解雇することができるのだろうか。

 任意雇用慣行は一般的で期限のない雇用は当座の任意雇用であるというH.G.ウッドの「主人と召使」(1887)にさかのぼることができる。つまり特定の法や権利がない限りにおいて、雇用者は雇用、昇進、降格、解雇をいつでも誰にでも行うことができる権利を持ち、またそれに対する説明義務もない。

 降格、左遷、解雇の多くは理由ある決断に基づいているが、それを正当化する説明義務や倫理的、法的義務に欠けるところが問題である。

 雇用者が雇用を決定する際に正当理由を提示するという現在一般的となりつつある手続きはかつてはナンセンスなものとして取り扱われてきた経緯がある。しかしそれは法的義務ではなく、企業の善意によっている。

 本論文では雇用と解雇についての手続きは制度的、実質的に義務でなければならないことを従業員の権利として認められるべきであることを述べる。その立脚点は人権にあり企業が私的な営みであることを理由として任意雇用慣行を正当化することは、憲法が保障する人権を侵すことと同じなのである。


 任意雇用慣行が正当化される理由

  1. 従業員は雇用主の所有権のもとにあり、採用と解雇の裁量が付与される。
  2. 雇用主の解雇権は従業員の離職の自由と相殺される。
  3. 雇用に応じることには会社への忠誠と任意雇用の同意が含まれている。
  4. 解雇事由の説明を義務化することはビジネスの効率性と生産性に反する。
  5. 現在の労務関係は過剰規制であり、これ以上規制を加えるべきではない。

 1について、雇用主が所有権を主張できるのは従業員の労働の成果であり、人間である労働者ではない。人間と生産物は明確に区別されるべきである。解雇理由の説明を義務化するのは労働者を人間として適切に取り扱ううえでひつようなことである。

 2について、従業員と雇用主にそれぞれ与えられている権利は公平ではない。また従業員が突然離職したときの雇用主(会社)への影響、雇用主が理由なく解雇したときの従業員の再就職への影響は任意雇用慣行がめざす労使の自由を守る精神と矛盾する。

 3について、従業員が雇用に際して雇用主に忠誠、信頼、尊敬などを期待するならば、雇用主もまた従業員に敬意を払うべきことを見落としてはならない。

 任意雇用慣行の中の任意性は経営の理想である合理性と一貫性に反している。合理性とい一貫性という経営のダブルスタンダードは任意雇用慣行の乱用を防ぐそれぞれ独立した根拠である。任意解雇への再審請求は契約の自由に含まれるべきことの一部であり、それを守ることによって任意雇用慣行の一貫性を保つことができる。また解雇についての説明を実質的に義務とすることは任意雇用慣行の慣習法に基礎を置く経営合理性の理念と一致するのである。


 ビジネスは規模を問わず私的所有と自発的組織というてんで、公的、政治的制度と区別される。公的、政治的制度によって一般市民の権利を侵害させないために義務手続きが制度化されているが、私企業にそうした手続きが適用されることはない。公共の利害を理由として私企業を規制することは自由市場への侵害となりかねない。

 公務員には解雇が決定される以前に審査や理由提示などを求める権利が認められている。公務員が義務手続きの権利を保障されていることの根拠は公務員の仕事に対する経済的必要性にある。この議論を私企業の従業員に適用することはできないのだろうか。

 公は政府の規制のもとにあり、個人は規制範囲外であるという公私の区別は西洋の伝統的考え方である。個人の活動において本人にしか影響のないことは私的領域として公共の福祉に影響する部分は法のもとに置かれるべきだとされる。個人、家庭、社会、労使などの人間関係は憲法上の保護対象ではなく、違法性が主張されないかぎりは法の保護下には置かれない。労使関係は私的領域の関係という意味で家族関係と同列とみなされているのである。

公私の区別は私的所有物を公である政府の侵害から保護することを目的として意識されてきた。しかしこの区別は普遍的人権の主張と国家主権、公的−私的所有権、自由企業と公共政策、公社と私企業、公務員と私企業の従業員という枠組みを区別されることにも利用されている。

だが公私の区別では多義的な意味を捉えきれない恐れがある。私的所有と公共財の区別、同様に職場での私有と支配などがそれである。また株主と経営者の関係において、必ずしも企業の所有者が経営判断をしているとは限らない。公私で区別されている事柄の共通点や公私の区別そのものが曖昧になっている事柄について公私の二分法で還元することで問題を解決しようとすることには限界がある。

 従業員を解雇するにあたってその義務手続きを制度化することは私的経済活動への干渉を招くことに対する批判は妥当である。しかし公私の二分法による法規制を根拠とするよりもその影響を市民全体に拡張する選択がより平等であるのではないだろうか。

職場における義務手続きの制度化は道徳的必須要件であり、企業の意思決定に内在する合理性と一貫性に適うものである。義務手続きを制度化することは任意雇用慣行の精神と合い入れない制度ではない。また経済的公私の区分が曖昧になった現状に適合する考え方であるといえる。



top

第5章 2.任意雇用慣行の擁護について
(リチャード・A.エブスタイン)



 私的な意向と行政の規制には緊張関係が働いている。労使関係の規制はその典型である。だが雇用に関する法が暗黙のうちに前提としていることは、自発的な交換システムと契約の自由を支持する慣習法である。任意雇用慣行もまたこの慣習法に従っている。本論文で著者は任意雇用慣行の支持を主張する。それはこの慣行が労使の双方にとって有利だからである。ただし、その利点は労働契約の締結時点、労働争議が生じた時点で論じられるのではない。その利点を労使契約を本質的公平性、功利効果と福祉効果、分配上の帰結を基準に論じる。

 契約の自由は言論の自由や信教の自由と同じ重要性を持つ。経済的自由も同じであり、それを剥奪することは明白な不正である。公が個人の自由に干渉することを不正とするのであるから、雇用関係への行政介入もまた不正である。

 現実には裁判所や立法機関は常に私的契約関係に介入している。その正当化が十分になされないままに、それを当然のこととして自由をなし崩しにしている現状がある。契約当事者よりも公的機関の方がより本人たちの選好を理解することはできないはずである。

 任意雇用慣行は契約の自由に則ったことであり、それが制限されるのは第三者の権利を侵害する場合に限られるべきである。契約の自由は双方が内容について十分に合意することによっているのであり、詐欺や合理的判断ができない者につけこむことを想定しているのではない。不利益が生じたときにはその契約を破棄する選択を与えられているということが任意(at will)の示すところである。以上、契約の自由の公平さについての議論は単純であるが、それが説得力の大きさには関係ない。


 任意雇用慣行は不公平で一方的な性質を持ち、奴隷契約のように契約の過程における合理的な結果だという批判がある。また契約までの過程で無意識的に、見えない形で合意の判断には認識の欠如があるという批判もある。こうした批判の主張は任意雇用慣行を禁止することで、自由契約の無自覚的な乱用を抑止できるのだとするものである。

 こうした議論への反論を任意雇用慣行は基本的には契約当事者双方にとって利益になるということを主張したい。ただし、不測の事態や個々人の性格についてあらかじめ考慮に入れるべきではない。なぜならば政策立案や法解釈をするさいに、契約の破棄や訴訟に至る事態を考慮に入れていないのと同じだからである。労使の契約は双方の自己利益に動機付けられているはずなのだが、任意雇用慣行への批判者は双方または一方の利害が悪化する契約を想定していることは不合理な想定なのである。

 つまり任意雇用慣行が双方の利益に資するのはなぜなのかということを説明すべきなのである。そのさいに相互利益は労使の共同事業から生じるあらゆる利害を検証することによって明らかになる。任意雇用慣行への批判は権限の乱用を抑制する必要に向けられがちであるが、この慣行下での諸権利は双方に与えられている事柄である。だから雇用主が労働者を支配するのと同時に、労働者も企業を支配する手段とすることができるのである。つまり向けられるべきひとつめの主張は雇用者の権限を規制によって矮小化することではなく、労使関係から最大限の利益をいかに引き出すかということである。そしてふたつ目の主張は契約当事者がそれぞれ自らのリスクとコストを低めることに努めながら、相手を適切な行為に動機付けることができるのかということである。

 雇用主の経営上のリスクとコストは労働者をいかに管理するかにかかっている。従業員の管理とは従業員の怠惰や犯罪行為だけではなく、資質をいか多くの生産につなけるかということも含まれる。こうした管理のためにひとつひとつ訴訟という公的手段に訴えることはリスクとコストを考慮すると適切な選択ではない。

 法的処置に訴えずとも内部監査や適切な制裁措置によって効率的に従業員の権限乱用を管理することができるだろう。昇進、賞与、給与、解雇、降格、賃金据え置き、戒告などの信賞必罰によって役員を含めた全社員を監視する任意雇用慣行は私的労働市場に見出すことのできる原理である。つまり経営判断に基づいた解雇はそれに関わるリスクとコストが低く、企業の利益に大きな影響を与えるないことで支持されているのである。


 しかし任意雇用慣行下での従業員の利益のひとつが自発的な辞職が可能なことである。従業員は労使関係からの利益と雇用者の要求によって生じる損害と比較して、自発的に辞職することができる。労使間で信望を失ったときの損害の大きさは決して等しくはない。従業員は辞職することによって他の職場を求め、有能である分だけ有利な機会を得ることとなる。また辞職の選択は他の従業員の士気や意思決定にも影響があるだろう。しかし雇用者にとっても会社に望ましくない人材が社を去るならば、結果的に非協力的な労働を排除することとなる。また、潜在的に他の従業員の賃金の引き上げにつながるだろう。このように任意雇用慣行による私的なプレッシャーは公的な規制よりも有効に機能するだろう。また、任意雇用慣行によるそのほかの利益には、相手の情報をいっそう正確に知りえた段階で労使のどちらもが解雇や辞職などの意思決定ができるという利点を挙げることができるだろう。


 任意雇用慣行の廃止と雇用契約の改善の意図には貧困層の雇用の安定と収入の向上を期待しているが、そのような期待は的外れである。任意雇用慣行を廃止することによって受益集団をあらかじめ特定することは困難だからである。賃金によって労働の生産性は変化する。また任意雇用慣行によって解雇されるものが結果的に怠惰な労働者である想定ができるならば、批判者は勤勉な労働者を受益を減らしてでもそうした労働者の利益を保護する理由を述べる必要があるだろう。

 富の分配について従業員は年金に少なからぬ期待と依存をしているが、その年金は企業の収益次第で増減するのである。任意雇用慣行の規制によって全体の収益が下がるならば、結果的に一人一人の年金額にも影響を及ぼすだろう。

 このように考えると任意雇用慣行に法的規制を導入すべしと考える人たちの意図はどこにあるのか。労働組合はその活動と団体の存続のために雇用問題を盾にして批判しているのではないだろうか。不当解雇を名目として利益を得ようとしたり、正当な理由が無ければ解雇してはならないという契約のもとで働くすべを知っており、また組合に加入していない人にサービスすることでその勢力を拡大している。だが任意雇用慣行を廃止することによって組合とそのメンバーに利益があるという主張をしたとしても、それまでの任意雇用慣行によって得られる受益を敢えて崩してまで新しい規制を打ち立てるのかということに答えない限りその規制は正当化されない。


 本論文は自由契約の過程と任意雇用慣行が目指すことの誤解に答えることを目的としてきた。つまり労使契約を規制することによって得られる受益よりも任意雇用慣行による受益のほうが有益だということである。任意雇用慣行の持つこうした強みを従業員の不幸な結果を生み出したとされる特殊なケースによって判断されるべきではない。そしてほんとうの目標は労使双方がリスクとコストを最小限に押さえる包括的制度を見出すことである。



top

第5章 3.労働現場でのドラックテスト−雇用関係と雇用法に対する挑戦
(マーク・A.ロススタイン)

 薬物の乱用は社会にとって高くつく。ヘルスケアシステム、犯罪裁判システムという公的費用、薬物乱用者とその家族にとっても金銭的負担は大きい。また従業員の薬物乱用によって雇用者に甚大な被害を与える。それを生産力の低下、事故とけが、保険料、窃盗などの犯罪、雇用者間の人間関係、法的負担に分けることができる。

 薬物乱用と仕事の能率低下との相関関係を3つの特徴で示す。ひとつめの特徴はテスト結果からの評価である。薬物の乱用と仕事の能率低下との関係は口頭テスト、筆記テスト、生理学テスト、身体テストを利用することで立証することができる。ふたつめの特徴は薬物乱用をする従業員は病気療養のために長期欠勤する傾向が高く、雇用者はそのための療養費の負担を迫られることにある。そして三つ目の特徴は薬物乱用者は退職率が高いことが挙げられる。

 薬物乱用と事故による損害額の相関関係についての研究は必ずしもすすんでいないが、多くの労働現場の事故は薬物が原因であると考えられている。また政策の多くも薬物と事故に因果関係を認めた前提に基づいている。

 薬物とアルコールの乱用によってアメリカの保険料が毎年引き上げられると考えられている。それは薬物の問題がある従業員はない人に比べて医療保険や労働者保障請求の申請頻度が高いのである。

 薬物乱用者は薬物の購入資金のために犯罪に走ると考えられている。しかし経験的な証明はまだなされていない。

 薬物乱用をしている従業員同士が仕事の効率に悪い相乗効果をもたらしている。またそうした人たちの不足分を薬物を使用していない従業員が補完することとなり士気の低下という悪循環に陥っている。


 薬物テストの基準やその正確さについての理解は必ずしも浸透していない。労働現場での最も一般的なサンプルは尿である。より多くの採取ができる現場では血液、息、唾液、髪などのサンプルによってもテストをすることがある。テストは陰性陽性反応の判定を二段階に行う。一段階目で陽性反応と判定されたものだけを二段階目で再判定をするのである。この判定を確認テストと呼んでいる。テストの費用は分析方法の種類、サンプル数、テストされる項目によって異なるが、一般的には一段階目が5-20ドル、確認テストは30-100ドル程度かかる。

 注意すべきことは陽性反応の出た従業員が必ずしも耗弱状態にあるわけではない。それは薬物の種類、複要領、服用から検査までの経過時間、効果と効用の持続性、他の薬物との相互作用、年齢、体重、性別、健康状態、精神状態、薬物への耐性など様々な要素が相互に関係していためである。つまりテストの結果で判明することは物質の有無だけであり、薬物とその人との関係、その人とその人行為への影響は依然明らかにはならない。

 薬物テストにはどのくらい精度があるのか。陽性と判定された人のうち、どれだけの割合で「ほんとうは」陰性だった人がいるのか。また陰性と判定された人のうち、どれだけの割合で「ほんとうは」陽性だった人がいるのか。ある統計資料によって確認テストの重要性が明らかになる。なぜならば、第一段階のテストで陽性と判定された人の3人に2人が実は陰性である可能性があることが分かったからである。また事前に被験者にたいして使用中の合法的薬物と他の反応物についての調査や、陰性反応と判定されたときの弁明の機会を与える重要性も浮き彫りになる。なぜならば非合法薬物の代謝物質を正常な酵素と間違える可能性や薬物喫煙者の複流煙を吸い込むことで陽性反応が出ること、テストする設備環境の不備や判定者の経験など不確定要素が十分考えられるからである。

 薬物テストを実施しているのは企業規模と職務内容のデリケートさ、危険度に対応関係がある。中小企業になるほど薬物テストの実施数は少なく、また確認テストをしていない割合が高くなる。なぜなら陽性が出た段階で即刻解雇処分にする傾向があるためである。薬物テストを実施する理由には健康と安全、職場での薬物乱用の実態解明、国家的な問題としての実態調査、職務上の危険回避の目的が挙げられている。そして薬物テストを実施しない理由にはプライバシーの問題、テストの正確さへの懐疑、従業員の士気低下への危惧、テストによって乱用の程度はわからないため、従業員や組合の反対などが挙げられている。

 アメリカでは憲法のもとでの薬物テストの対象者は公的機関に関与している者、公務員に限られている。それは法的責務を効果的に履行する行政能力が損なわれる事を未然に防ぐためにと根拠付けられている。一般に争点となるのは薬物テストは不当な調査介入(憲法第4修正項)に該当するか否かについてである。シュマーバー−カリフォルニア州裁判以降では尿サンプルの採取は血液採取よりもプライバシーの侵害度が低いと判断されてきた。また同時に強制的な尿検査は侵害に抵触するという判断も下された。

 尿検査について、みっつのプライバシーの主張を挙げることができる。ひとつめは尿検査の尿はサンプルとして検査の手続き上で採取されており、排泄物ではないとする意見である。これは排泄された尿に個人のプライバシー権は主張できないという従来の判決への批判である。ふたつめは尿に内在する個人の生理学的機密にプライバシー権を認めるべきであるという主張である。みっつめは排泄行為は極めて私的な行為であり、それが干渉されるならば憲法のプライバシーの保護に抵触するという意見である。この意見が認められるならば、直接監視かにおいて尿をサンプルとして採取することは困難となる。



030424作成

top


◆Paine, Lynn Sharp. (1997). Cases in LEADERSHIP,ETHICS,AND ORGANIZATIONAL INTEGRITY :A Strategic Perspective, The McGraw-Hill Co.
= (1999 梅津光弘・柴柳英二 共訳 『ハーバードのケースで学ぶ企業倫理 組織の誠実さを求めて
』 慶応義塾大学出版会

目次

著者まえがき 

訳者まえがき

  • 第1部 組織の誠実さを理解する:倫理の役割 
    1. インスピーチ社の問題
    2.   
    3. シアーズ自動車センター(A)
    4. ハットン社の支店長(A)
  • 第2部  組織の誠実さを構築する:環境づくり
    1. 新しいソロモン社を造る
    2. マーティン・マリエッタ社:企業倫理を管理する(A)
    3. AES社の蜂の巣システム(A)
  • 第3部 組織の誠実さを維持する:重要な意志決定 
    1. ロータス社の新製品<マーケットプレース:家庭編>
    2. マリオット社(A)
    3. ダウ・コーニング社:製品管理
    4. リーバイ.ストラウス社:世界での調達(A)


  • 結論 組織の誠実さを実現する:企業の目的と責任
  • 論文と随想集 抜粋

    1. M.Friedman ビジネスの社会的責任は利益を増大すること(1970)
    2. The Business Roundtable 企業の責任についてのステートメント(1981)
    3. The American Law Institute(米国法律協会) コーポレート・ガバネンスの原則(1979-1993)
    4. Christopher D.Stone 企業の社会的責任:それが本当に問題なら,それはいったいどんなことか(1986)
    5. United States Catholic Conference(米国カトリック司教団)の 経済教書 すべての人々のための経済的正義:カトリックの社会的教えと米国経済(1986)
    6. 小林陽太郎 アメリカ管理者へのメッセージ(1989)
    7. RSA研究中間報告 明日の企業:変化する世界での企業の役割(1993-1995)

訳者解説


著者まえがき



  • 本書のテーマ
    • 目的,責任感,理想の意識によって,自己管理が徹底した組織をいかに構築するか.
  • 三つのテーマ
    • 組織の誠実さが重要である理由
    • 誠実な組織のために管理者がなすべきこと(誠実な組織を構築するための戦略)
    • 管理者に求められる知識,技量,思考方法(責任ある意志決定のために)
  • 「誠実さ」
    • 自己管理,責任感,道徳的健全さ,原則への忠実さ,堅固な問題意識などの質の高さに関連する広義の誠実さ
  • 倫理
    • 企業倫理は経営者の意志決定や組織でのリーダーシップと密接に関連している.
    • 企業倫理は企業戦略の思考の中だけでなく,組織構造の中に汲みこむ必要がある.
    • 責任があり,かつ合理的な選択をするために管理者が意志決定するプロセスを作り上げる

第1部 組織の誠実さを理解する:倫理の役割



  • なぜビジネスにエシックスが必要であるのか

    • 優れた組織の基盤には健全な倫理に基づいた価値体系にある。
    • 倫理への関心と組織の強さを無関係だと考える説には、倫理的に経営判断をすることは自己犠牲となるという誤解がある。
    • 組織の誠実さには目的と責任に基づいた企業倫理に依拠している。
    • 権利,義務,責任という概念によって、個人が及ぼしうる影響力の範囲が規定される。そして個人、企業、コミュニティーとの間がどのような関係で結ばれるのかが明確になる。

  • 倫理の目的

    • 倫理は自分自身の行動基準という意味合いだけではなく,他人に対してどう行動すべきかについての基準である。
    •   
    • 権利,責任,理想という倫理の枠組みは個人や集団の潜在能力の発揮に寄与する。また、倫理の基準を明確に示すことで個人の行為の指針や目標が設定だけではなく、集団の協力や相互信頼の基礎となる。
    •   

     
  • 企業倫理とビジネス

    • 企業の成功に不可欠な構成員がその企業に信頼感をもたず、不公正さを感じ、自分の利益につながらないと思うときには、企業のために貢献しようとはしない。
    •   
    • 経営者は組織の成功や成果を挙げるためには正直さ,信頼感,公正さ,尊敬などの価値観に基づく環境を構築する必要がある。
    •   
    • 健全な価値体系に基づいた組織は、たとえ逆境に陥ったとしても、目先の利益よりも長期的な利益を優先する行動をとることができる。
    •   
    • 明確に定義された価値体系を従業員に周知させることで、経営者は幾分でも安心して従業員の意思決定に期待し、権限委譲をすることができる。
    •   
    • 従業員は企業の価値観の体系や経営理念を知ることによって、意志決定を迫られたさいにもそれを判断の指針として頼ることができるまたその判断に自信をもつことができる。

  • 企業倫理と市場

    • その企業の倫理的活動が評価されることによって、企業は市場やステークホルダーと信頼関係を築くうえでの近道が開ける。
    •   
    • 倫理的な投資(ethical investing)という金融商品の意図は消費者や投資家が企業の製品だけではなく、企業がどのように活動しているのかについても関心があることを示している。
    •   
    • 消極的な意味でも消費者や投資家は企業に倫理的な行動を求めている。企業の不正行為によって信頼を回復することは、財務的な損失を回復させる以上に困難である。
    • 組織とそのリーダーは自ら価値を作り出し、相互の利益を生み出す戦略を指向すべきであり、取引上の良い関係を作り上げることに焦点を合わせるべきである。だから組織とそのリーダーは自らの市場取引に倫理的観点を導入すべきである。

  • 社会的存在としての企業


    • マスコミ,政府,社会問題に関心のある非政府団体が経営者と企業を厳しく監視しており、<社会全般の>ステークホルダーとの積極的な関係を過小評価すべきではない。
    • 不正行為に対する訴訟費用,損害賠償のリスクは企業存続の危機にかかわる。
    • 罰金額の高額化の一方で、政府は不正行為を未然に防ぐ効果的な対策についてはその努力を評価している。
    • 企業の権限には責任を伴うので、強大な企業ほど高い水準の社会的責任を負うのは当然である。

  • 倫理への疑問とその反論

    1. 倫理は子供のころに学ぶことであり、大人である管理者に倫理を説くことは遅すぎる。
      • 倫理意識の発達理論についての調査(1994)に見られるように、倫理的意識の成長は一生を通じて可能である。倫理の基礎的な態度が幼少期に培われるとしても、企業倫理についての意識改革が手遅れだということではない。

    2. 倫理は個人的な問題であり,経営とは関係がない。
      • 企業の不正行為について、その倫理的過失は組織というよりも個人の過失として認識される傾向にある。しかし個人が属する組織体質が企業犯罪の確かな要因となっている。従業員は組織の体質の中で善悪の判断を感じ取っている。管理者は自分の行動を通じて,組織の構築を通じて,企業の体質を作っていく。組織の要因は個人の価値観や行動に影響を及ぼすかぎり,倫理は経営の全てに関わることである。

    3. われわれのまともな倫理をあらためて省みる必要はない。
    4.  
      • 経営者,従業員の倫理的判断が同一だということはありえないし、望ましいことでもない。そして人々はビジネスの倫理について誤った考え方と枠組みを自分の仕事のなかに持ち込んでいる。また組織で働く人が共有する目的と価値観を作り出さなければならない。なぜなら行動を判断のための共通の枠組みと,倫理的障害に直面したときの共通の手続きを確認する必要があるためである。それは自分自身の倫理観を理解していても,他人の倫理観について理解している人は少ないためである。

    5. 企業が倫理をまじめに考えることは損益である,または無駄である。
    6.  
      • 買い手責任という指針は企業を成功に導くだろうか。継続的な取引に依存するビジネスは,公正さに基づいて相互利益を求めていく機会がなければ、効果的に取引を存続できない。相手が望むことはその人の要求することや利益を尊重してくれる企業である。経済的なインセンティヴや報酬は明らかにビジネスのうえでの重要な要素であるが,それが不公正だと感じられたときには,ビジネスの結果に逆効果を与えるかもしれない。

    7. 倫理と財務的な業績
      • 財務目標だけに焦点を当てた経営方針によって倫理的な感覚が失われ,結果として財政的な目的が達成できないこともある。財務的な業績は組織に貢献している人々の個々の行動,集団的な行動の結果として経営者に理解されるべきである。従業員の大半には会社が財政的に健全であるかどうかのほかにも、それ以上に自己啓発,技能修得、健康と幸福,やりがいある目的への後見,人々との交流に期待している。会社の経営者の優先すべき仕事とは個人,組織,社会全ての幸福を増進できるように,関係者の努力を調整していくことである。そのためには健全な倫理に基づいた企業の価値観の体系を作り上げることと維持することが経営者の最優先事項である。

第2部 組織の誠実さを構築する:環境づくり


  • 企業倫理の環境づくり

  •  
    • 今日では経営者が自分の役割として企業倫理を築することに自覚的である。経営者が組織構築者であり,自分の裁量が会社の価値観の体系に大きな影響を与える存在である。

     
  • 理想的な倫理の枠組み
    • 組織の目的と責任の所在との考え方を明らかにすること。
    • 理想的な倫理の枠組みには行為の最低基準と願望の基準と両方の基準を含むべきである。

  • 企業の倫理戦略〜どのような倫理の基準や価値観をもとに組織を構築するべきであるのか。
  •    
    1. 法遵守を目指す戦略
      • 合法的なことは倫理的であるという認識。
      • 倫理の基準とは、どのような行動が許容されるという制約や、どのような行動が倫理的に中立であるのかという規定として捉えられる。
      • 法律に反する行為を回避することに重点があり、規則,管理,基準を維持する目的で厳格に行為を統制をする傾向にある。
      • 法務責任者が企業倫理の責任を担う。
      • 組織に対する連邦量刑ガイドライン(Federal Sentencing Guidelines for Organizations)(1991)〜政府が企業を法遵守の観点から評価する指標
      •       
        1. 違法行為を報告したか否か。
        2. 違法行為の責任を認めたか否か。
        3. 当局の調査に協力したか否か。
        4. 違法行為を防止し,発見するための効果的なプログラムの有無


    2. 誠実さを目指す戦略
      • 基準や原則に添った自己判断による行動規制を重視する。
      •     
      • 行為の指針となる一連の価値観として基準や原則を認識する。
      •     
      • 組織が目指す諸目的だけではなく,組織の理想や責任という組織の本質に基づく。
      •     
      • 経営者が企業倫理の責任を担う。
      •     

    3. 両戦略の比較
    4.     
      • 誠実さを目指す戦略は法律遵守の限度を越える重要な責任を自らに課す。
      •     
      • 法遵守を目指す戦略は組織の意志決定や行動の指針を浸透させる根拠である組織の責任や理想について言及されていない。
      •     
      • 行動を正しい方向に導いていくためには意思決定による帰結よりも、意思決定の過程を管理することが重要である。

    5. 法遵守を越える戦略
      • 指導的立場にある企業が、将来にむかって社会が期待すると予想される指標を現行の法律に期待することはできない。
      •    
      • 法律によって合理的に期待される要求水準とはあらゆる組織が対象となる基準である。より高水準の意思決定を期待するためには組織が自発的に別の基準を追求する必要がある。
      •    
      • 法律が未整備である分野についても自発的な基準を設ける必要がある。
      •    
      • 従業員の関心事には公正さ,監督の方針,待遇,背反する命令,企業の方針,曖昧な領域での意志決定などがある。こうした内容を法遵守による倫理のアプローチで対応することは難しい。
      •     
      • 職務遂行のための意志決定には幅広く裁量権を委ねる必要があり、そこから説明責任と遂行責任を期待することができる。しかし法遵守による倫理のアプローチでは裁量権を少なくし,監督を強化し,違反に厳格な処罰で対処する方向性を持つ。
      •    
      • 法遵守と権限委譲とは矛盾することではない。法律を守ることが価値あることだという信条が十分に備わっているかぎりにおいて法遵守の努力は効果的があるといえる。


  • 組織の誠実さ
    • 広義の誠実さには責任とアイデンティティとの両方を含みもっている。
    • そのさいの責任とは職務上の逆境や誘惑に直面いた場合であっても、原則から外れた行動をとらないということである。
    •  
    • アイデンティティーに基づいている企業とは、自社の目的や価値観を重視してそこから誠実さをとらえている。

  • 高水準の誠実さについて
    • 責任転嫁や責任のえり好みをしない。
    • 正直,公正に約束を守り,適切に責任を果たそうとする。
    • 組織のアイデンティティを強く意識する。組織の目的と理想を達成しようと努力する。
    • ステークホルダーへの責任を全うする。そのために自己を統制するメカニズムを組織に組み込んでいる。
    • 企業が支持する原則や価値観と日常業務とのあいだに一貫性がある。また双方の差異は組織の信頼性とリーダーシップを揺るがすほど大きな差異ではない。
    •   
     

      
  • 組織の誠実さをどのように浸透させ,維持管理していくのか。

    1. 倫理の枠組みを作る
    2.    
      • 倫理の枠組みについて,責任の概念に含まれる3つの重要な要素
        • 目的 組織の存在理由と価値観がどのようなものであるか。
        •      
        • 原則 組織の権利・義務の関係と価値観を確認する。
        •      
        • 人間 組織が奉仕すべき社会の利益を明確にする。

    3. 組織を構築する。
      • 明示化された倫理の枠組みと、実際に組織を動かすシステムや手続きのあいだでの調整が十分取れていない場合、それは現実と理想とのあいだに倫理的ギャップとして現われる。
      •   
      • 情報と責任との拡散は大企業の階層構造に起きる傾向がある。そうした拡散によって責任の所在は曖昧となる。
      •   
      • 組織構造やシステムの設計と倫理の枠組みとの整合性を失うと,組織の構成員に混乱したメッセージを与えかねない。
      •   
      • システム構築のさいの注意点
      •     
        • リーダーシップと管理監督
        • 雇用と昇進
        • 業績評価と報酬
        • 計画立案と目標設定
        • 予算と資源配分
        • 情報とコミュニケーション
        • 監査と統制

    4. 経営者が行動で模範を示す
      • 従業員は組織の倫理基準を直接の上司が示す実例のなかに見出そうとする。
      • 最高権力者の行動は企業のいかなる倫理文書よりもはるかに明確な従業員へのメッセージとなる。
       
    5. 外部からの挑戦に立ち向かう
      • 誠実さを行動指針とする企業が競争に打ち勝つためには法律,規制,業界慣行などの外部条件を変える必要がある。
      •   
      • 外部条件に変化を促がすためには政府,業界,地域社会の代表,非政府組織との協力が必要である。
      •   
      • 異なった文化のもとでは理想の差異に起因して、相反する規範に直面する可能性がある。そのさいには規範の違いによって次のような問題がもちあがる。
      •   
        • 贈り物
        •     
        • ジェンダーと人権
        •     
        • 環境に対する責任
        •     
        • 雇用と作業環境の慣行
        •     
        • 健康と安全の基準
        •     
        • 従業員と顧客のプライバシー
        •     
        • 知的所有権
        •     
        • 競争の公正さ
        •     
        • 不正行為の報告(内部告発)
        •    

      こうした問題に直面することによって世界的な視野に立って倫理的に健全な組織の価値観や商習慣を構築することを目指す必要性を認識することができる。


    第3部 組織の誠実さを維持する:重要な意思決定



    責任ある意思決定とはどのようなものか。またそれがどうして必要なのか。そのためにどのような過程を踏む必要があるのか。

    • 企業内の個人とグループが行う意思決定が企業の誠実さを左右する。
    • 誠実さとは、時間的制約、責任の衝突と権限の曖昧さのなかから責任ある行動とはなにかを方向付けることである。
    • 企業の誠実さを方向付けるプロセスにはどのようなことが必要であるのか。

    ステークホルダーを考慮すること

    • 責任ある意思決定にむけた枠組みには、その仕組み自体の問題よりも、実際の適用のなかに問題があることが多い。たとえば費用/効果分析手法を取り上げると、より行為者本人のにとっての費用と効果に、より金額換算しやすい要素に、より近い未来の結果に着目する傾向がある。それでは責任ある意思決定には到達しえない。
  • 結果の評価と過程の解釈
  •  
    • 同額の損害であっても優れた新商品によってシェアを奪うことと、虚偽の広告でシェアを奪うこととのあいだには明瞭な区別がなされるべきである。優れた新商品は新しい価値の創造であるのに対し、虚偽の広告は信頼を裏切ることであり、社会の資源配分を誤らせることとなる。
    • 意思決定の過程を費用/効果分析にのみ依存することは困難である。倫理的な判断を組み入れなかったがゆえに信頼を失い、多額の損失を被る帰結が少なからずある。
    • 意思決定によって影響を与える相手(ステークホルダー)の範囲を理解する必要がある。
    • ステークホルダーの権利、利害、期待感を過小評価した意思決定は深刻な事態を招きうる。合理的な意思決定であったときであっても、ステークホルダーの期待感、顧客の反応の予測を行為のための意思決定の過程に織り込む必要がある。
    • 管理者が倫理の視点を意思決定の過程に組み込むためには自分の行為が,正直で公正で,法に適い,過去の約束と一貫しているかを省みることである。

  • 理由の根拠となりうる3つの視点

    1. 目的への貢献 その行為は目的達成のために不可欠であるか
      • ある状況においてどのような目的が課されているのか。長期的目標と短期的目標とが明確であるか。  
      • 目的や目標達成のためにどのような行動や手段が最も効果的であると考えられるか。
      •   
      • 目的の内容は様々であるが、目的達成に寄与する最も有効な行為は正当化される。
        
    2. 原則と行為との一貫性 行為の正しさの追求
      • ある状況での行為にどのような規範原則や価値観が関係しているのか。
      •   
      • その状況において自分の権利,義務,理想はどのようなことであるか。
      •   
      • 自分の権利の範囲内で行動できることはどのようなことか。
      • 原則と行為とが合致しているか。
      •   
      • 正しいと考えられる原則に適う行為のみは正当化される。
    3. 利害関係者への影響 全員にとって最善の行為
      • この意思決定に関わるステークホルダーは誰か。その人々にどのような影響をあたえるのか。
      •   
      • ステークホルダーの権利,利害,期待とはどのようなことか。
      •   
      • どのような行為によってステークホルダーの権利と期待感が尊重されるのか。
      •     
      • ステークホルダーに最良の結果をもたらす行為が正当化される。

  • 責任ある意思決定の過程
    • 多くの人々は3つの視点を状況に応じて使い分けているが、実際の問題ではこれらの視点は相互に関連している。
    • 主張されている権利,ステークホルダーへの影響,状況に応じた原則がそれぞれ目的に適っているかどうかを管理者が考慮することによって,その要求に合致し、且つ十分に根拠のある行為を導き出すことができる。
    • これらの視点によって問題点が発見される。しかしこうした視点は基準に則した行動がどのようなことであるかを問うためには有効であるはできるものの、責任ある行動とは何かという意思決定ルールや公式そのものを導き出すことはできない。
    • また、これらの視点に合致した意思決定だとしても、意思決定をする人の価値観、立場,状況によって導き出される帰結には相違がある。
    • これらの視点を考慮することによって、各人の意思決定の相違とその原因の所在を明らかにすること、判断基準の曖昧さを指摘すること、意思決定のための基準を作成することなど倫理的に重要な問題を引き出すことができる。
    • 意思決定の相違と原因の所在を認識することによって、新しい解決策や責任ある譲歩策を模索しなければならないことが明らかになる。
    • これらの認識の目指すところは責任ある意思決定を導くことであり,そうした意思決定には倫理的な見識を備え、それが意味することを弁明することができなければならない。こうした意思決定の過程が組織の誠実さを築きあげるための基盤となる。

    • 結論 組織の誠実さを実現する:企業の目的と責任


      • 組織の誠実さには以下の内容が重要である。
        1. 経営者の幅広い技量と知識
        2.    
        3. 組織の目的と責任とについての明確な価値体系
        4. それを支える組織的システムと意思決定のプロセスとの構築
        5. 経営者自らが行動を通じて組織の価値観を忠実に育てていくこと

      • ビジネスとエシックスの接点 企業の目的と企業の責任について
      •  
        1. 1970年代〜経営者の責任の範囲と性格への関心
        2. 経営者は誰に対してどんな責任を負っているのか。企業の目的はどのようなことか。

          • 社会時事への関心 政治活動への違法な寄付と外交政府高官への賄賂
          •   
          • 経営の失策〜環境汚染、人種差別、性差別、労働者と消費者の安全の無視、詐欺的行為、利害の対立、株主無視
          •   
           
        3. 1990年代〜地球規模経済での企業の目的と責任
          • 市場経済システムが正当化であるという根拠を示すためには,企業の目的と責任の核心部分についての理解を共有する必要がある。
          
      • E.メリック・ドットとA.A.バ−リ・ジュニアとの論争
        • バーリの主張(1931) 企業と経営者が最優先すべき目的は株主の利益のみであるという見解。会社法は信託法の一部である。
        •   
        • 「ドッジ 対 フォード・モーター・カンパニー」訴訟(1919、ミシガン州最高裁)〜取締役の権限は株主の利益のためのみに行使されるべきであるという見解。
        •   
        • ドットの反論(1931) ビジネスが法律によって許容され奨励されるのは、社会に奉仕する存在だからであるという見解。会社による自発的義務の遂行を重視する見解。

      論文と随想集 抜粋1



      M.Friedman ビジネスの社会的責任は利益を増大すること(New York Times Maganine,September13,1970)

      • 経営者は、株主が望むビジネスを行うという直接的な責任を負う代理人である。
      • その責任とは、法や倫理などの社会の基本的なルールを守りながら、できるかぎり利益をあげることである。
      • 経営者もまた権利を持つ一人の人間であるが,主体的な行為者として行動する場合には自分自身の生産手段をつかって行動すべきである。
      • 自発的に自らに課した責任は個人の社会的責任であって、ビジネスの社会的責任ではない。
      • ビジネスの唯一の社会的責任は、オープンで自由な競争原理のもとで、利益を増加させることを計画した活動を行うことである。

      030716作成

      top


      梅津光弘 (2002) 『ビジネスの倫理学』(現代社会の倫理を考える3) 丸善
      ISBN4-621-04992-5


      目次

      第T部 はじめに
      第1章 ビジネスの倫理学とは
      二つの座標軸/ビジネス倫理の三つのレベル


      第U部 理論としてのビジネス倫理
      第2章 規範倫理としての倫理
      倫理学とはなにか/規範とは/帰結主義と非帰結主義/帰結主義の立場/非帰結主義の立場/二つの実例

      第3章 倫理的利己主義とリバータリアニズム
      倫理的利己主義/倫理的利己主義と功利主義:その共通点―善悪の快楽説/倫理的利己主義:自己の利益の最大化/倫理的利己主義の評価

        
      第4章 功利主義と費用・便益分析
      功利主義:最大多数の最大幸福/フォード・ピント事件/成田空港の強行着工/功利主義の問題点

      第5章 義務論
      はじめに:カント哲学の位置付け/道徳形而上学の企て/動機、義務、定言名法、良心の声/格律の普遍化可能性/人間性の原則/ブレスト・スパーの処遇をめぐるケース/カントの義務論の評価

      第6章 正義論
      ジョン・ロールズと『正義論』/配分上の正義/二つの原則/無知のヴェール/弱い立場にある人々への配慮/正義論の問題点


      第V部 実践としてのビジネス倫理
      第7章 議論のための倫理から実践の倫理へ―アリストテレスの徳理論
      実践としての倫理の方法:ケース・メソッド/ケース・メソッド型授業の方法

      第8章 従業員関連の倫理
      はじめに/ケース:覗き見の代償/討論/ケースのポイント

      第9章 顧客関連の倫理
      はじめに/ケース:シアーズ自動車センター/討論/ケースのポイント

      第10章 地域社会の倫理
      はじめに/ケース:ケーダイ商店街/討論/ケースのポイント
      第11章 国際ビジネスの倫理
      はじめに/ケース:バングラディシュにおけるリーヴァイス社/討論/ケースのポイント

        
      第W部 制度としてのビジネス倫理
      第12章 企業内制度
      はじめに/ビジネス倫理の制度化とは/企業内制度:コーポレートガヴァナンス的アプローチ/企業内制度:コンプライアンス型とヴァリュー・シェアリング型/企業倫理プログラムの実践

      第13章 民間支援制度
      ビジネス倫理の制度化としての民間支援制度/自治的アプローチ/教育的アプローチ/広報的アプローチ/市民運動的アプローチ

      第14章 公的支援制度
      公的規制とビジネス倫理/立法を通じたアプローチ/行政による支援制度/司法的アプローチ/制度としてのビジネス倫理:今後の課題
        
      あとがき
      参考文献
      和文索引
      欧文索引


      第T部 はじめに

      Business Ethicsの意味の多義性
      "Business"の多義的な意味を日本語の一語としてに置きかえることが難しい。
      1. 仕事、職業
      2. 本務・本分
      3. 企業活動一般
      4. 企業経営
      5. 営利目的の企業活動など
      本書の目的
      利潤追求をビジネスの目的と考えるのであれば、倫理とビジネスとは矛盾するのではないか、という問いに答えること。


      本書の主張
      企業業績・利潤の高低と、行為の善悪というそれぞれの座標軸のなかで両方が高いレベルを保つことが必要であり、それは可能であることを示すこと。


      実践と理論の混同?
      ビジネス活動事体と、ビジネスを理論として記述・評価することをどのように関係付けるのか。

      1. 実践と記述を明確に分ける立場(学術対象としてのビジネス、実践としての倫理) ex.Academy of Management(アメリカ経営学会)
      2. 実践と記述の相互補完をねらう立場(産学交流) ex.Society for Business Ethics(アメリカ企業倫理学会)、BERC(日本経営倫理学会)
      著者は「ビジネスエシックスの研究者はビジネスの実践者ではなく、ビジネスの実践者がビジネスエシックスの研究をしているとは必ずしも言えない」として実践と理論との一定の距離を置く立場をとる。
      top

      第U部 理論としてのビジネス倫理

      規範倫理学(Normative Ethics)としてのビジネス倫理
      本書では狭義のビジネス倫理学を捉えている。(本書では広義の倫理学を規範倫理学のほかに記述的倫理学(Descriptive Ethics)、メタ倫理学(Metaethics)に分類している)

      1. 帰結主義 「幸福」の追求とその最大化
      2. 倫理的利己主義
        自分の幸福追求を認めること

        利己主義に基づく個人の行動を善いことと受け入れて、それを行動すべきこととして結論付ける。新古典派経済学での経済的合理性に基づいた「経済人」やフリードマンのビジネスの社会的責任とは利潤を最大化することであるという主張、レッセフェール政策を肯定するリバータリアニズム(Libertalianism)はこうした考えに基づいているといえる。

        自己実現と自分の幸福を率直に認めることや禁欲的、制約的な傾向にある倫理像から倫理を解放したことについて評価できる。しかし市場万能主義を善さと結びつけることにどのように反論するのか。事実と当為を混同しているという主張にどのように応えるのかが問題となる。


        功利主義
         最大多数の最大幸福
        社会全体の幸福が最大化ことを制度の価値基準とする(規則功利主義)。自社利益を最大化するための分析方法=費用・便益分析(Cost-Benefit Analysis)。
        少数派の便益をどのように反映させることができるのか。幸福を計算すること(快楽計算)をどのように実践するのか。


      3. 非帰結主義

      4. 義務論 そうある「べき」行動や判断の理論化
        当為命題 実証主義的に事実命題から検証・反証すること(事実命題の記述的性格 descriptive nature)ができない命題のこと。だが事実を認識しながら、ある「べき」志向を表明すること(当為命題の指令的な性格 prescriptive nature)。その志向は善・悪、正・不正、べき・べからず、適・不適などの倫理的価値に基づいて判断されることである。

        カントの道徳形而上学

        倫理的に正しい行為(をする企業)が幸福になる(業績を伸ばす)ことと必ずしも一致しない。しかし、@形而上の世界(この世ではない完全な世界)では正義と幸福との一致がなされる「べき」である。倫理的に正しい行為をする人は必ず報われるということを最高善である根源的存在者(神)が保証しているという構図をカントは想定した。また、A幸福であるということが即座に善ではない。善悪の判断は帰結する以前の要素から判断される「べき」である。その要素とは、まともな大人の感覚(理性)から生じる義務感、責任感に動機付けられた善意志である。そして善意思はある条件や要求と引き換えとして生じる意志ではなく、先験的で無条件に発する「良心の声」に喩えることができる。

        個人的な「良心の声」に基づいた行動が他人のに迷惑となることはないのかという批判がある。そのひとつの応答として、道徳の普遍化可能性という思考実験のフィルターを通して行動を選り分けることで克服できるという主張がある。「君の行為の格律が君の意志によって、あたかも普遍的自然法則となるかのように行為せよ」(『道徳形而上学原論』第二章)ということばは、個人の行動指針がいつでもどこでも誰にでも当てはまる普遍化可能性を持っているのならば、その行動を実践してよいということである。

        個人的な行動の指針(格律)が他人の行動の指針となるのかという批判へのもうひとつの応答には、他人を単なる手段としてのみ利用するような行為をす「べき」ではないという「人間性の原則」である。


        カント理論への評価 

        1. 義務論の目指す倫理要求が厳格であるので現実に適応するときには自由な行動という選択の多様性を制限することになるのではないか。
        2. 人間は複雑な理由や動機から行動を決定するのではないか。その動機をどのように観察するのか。
        3. 理性から直接的に善意志を導き出すことはできるのか。
        4. 利己主義や功利主義という帰結を目的とするのではなく,人間性や権利の保護を中心に考える点では今日的課題への意義は十分にある。


        正義論
        リストテレスは『ニコマコス倫理学』のなかでの三つの正義を主張している。

        1. 応報的正義(Retributive Justice) 因果応報、勧善懲悪、信賞必罰という正義
        2. 補償的正義(Compensatory Justice) 弁償、復元するという正義
        3. 配分上の正義(Distributive Juctice) 報酬や富を配分する上での正義

        ロールズの分配上の正義
        ロールズは物資の財だけではなく、自由、権利、権力、名声、機会など価値単位に分配する財の内容の拡大して正義論を構築した。
        正義の二原則
        1. 第一原則 各人は、他人の持つ自由の体系と抵触しない限りにおいて、もっとも広範で包括的な基本的自由。平等の権利を有する(自由・平等の原理)。

        2. 第二原則 社会的、経済的不平等は次の二点から勘案された場合にのみ許容される。
          1. 公平な機会均等という条件のもとで、全員に解放されている職務や地位に結びつくような平等であること(公正機会均等の原理)。
          2. もっとも不遇な立場の人々の権利が最大となるような不平等であること(格差原理)。

        ロールズは他者の権益を侵害しないかぎりの自由の最大化を擁護することで結果的な不平等を黙認しつつも(第一原則)、不平等をコントロールして歯止めをかける必要があることを主張する(第二原則)。

        無知のヴェールという仮定は、なぜこの二つの原則が正義の原則となりえるのかという疑問に応える。無知のヴェールとは自分の利害を考慮するうえで参考になる情報を持たない状態(原初状態 Original Position)を想定することである。そうした条件のもとで分配上の正義がどのようであるべきかについて議論するならば、自分に不利な配分とはならない配分方法を選択するだろう。そしてそれに適った配分上のルールが上記の正義の二原則であるという主張である。

        無知のヴェールの仮定を企業倫理の文脈で考えるならば、企業の意思決定はさまざまなステイクホルダーのうち、もっとも弱い立場の利害関係に配慮する必要があるという結論を導くことができる。

        ロールズの正義論は自由主義社会において自由と平等をどのように両立させるのかについての重要な提案である。そしてその原則には功利主義的な多数派中心の視点に正面から対立した、少数派の利害を考慮されていることが正義の原則には不可欠であることを示している。

        行為・判断の根拠の相違は対照的であるが、結果的な行為や判断が必ずしも対立するとは限らない。しかし意思決定のプロセスを分析的に深化させるためには重要な視点である。
      top

      第V部 実践としてのビジネス倫理


      理論から実践へ
      個別的な行為や倫理の実践が倫理学説とどのような接点を持つのか。

      アリストテレスの徳倫理(Virtue Ethics)

      徳、卓越性、優秀さという「古臭い」概念を今日的なビジネス倫理の論点となる技術の優秀さ、卓越したティームワーク、品質やサービスなどの「質」という共通の概念で捉えなおす。

      徳は行為の習慣(エトス)、躾を積み重ねることで身につくことである。第二の本性として習い性である徳は善い生き方を実践するためには不可欠である。このよに徳は先験的に身につくことでも、自然と獲得されることでもない。また徳は論じる対象ではなく、善い生き方を実践することに意味がある。

      実践としての倫理の方法

      事例研究ということばにはケース・スタディーとケース・メソッドのふたつの概念が含まれている。ケース・スタディの目的は情報の提供にあり、情報の提供者である筆者が問題としている事柄や分析を明示的に織り込んで記述している。しかしケース・メソッドの目的は問題の発見や分析、意思決定を教育することにある。資料は第三者的視点から記述されており、議論の問題点や結論は明示されていない。それは読者が集団討議を通じて発見したり、論点を深化させる訓練をするためである。本書ではケースメソッド型のビジネス倫理の教育法を提示する。

      ケースメソッドの進め方は個人学習(事前の資料講読)、グループ・ディスカッション、クラス・ディスカッションの3段階に分けることができる。

      1. 個人学習 事前に資料を講読して事実確認、問題の分析をする。
      2. グループ・ディスカッション 小集団で討議して自身の意思決定案や分析を再検討する。
      3. クラス・ディスカッション 教師や専門家の司会のもとで討議を続け、理論的側面からの再検討を行い最終的な意思決定や意見を形成する。

      ケース・メソッド型授業法の目的は、個々の参加者が意思決定や意見を内面化させ、独自の方針と自信をもった決断にまで導くことにある。また多元的で開放的なコミュニケーションという手法を採用しているのは、司会者が正解を明示する結論付けではなく、相手の意見を自分の考えに反映させることにある。本書ではここから4つの具体的事例についての討議を紹介している。生徒が対話形式で論点を提起し、それに対する支持、批判を表明する。司会者である教師は途中で論点を変更するための質問をしたり、討議の最後に論点をまとめることがある。読者はケースメソッド型授業を模擬体験できるように構成されている。

      top
      従業員関連の倫理(第8章)

      事例 会社の会社主催の旅行で男子従業員が女子従業員の風呂場を覗き見するという事件が起きた。双方が認めるこの事実について、後日女子従業員全員によって男子従業員全員の配置転換を会社は求められた。この事例をどのように評価するか。

      この事例をセクシャルハラスメントの一例と認めるかどうかは地域や社会的立場によってかなりの幅がある。

      日本の男女雇用機会均等法の中でのセクハラの構成用件

      1. 性的な言動があること。
      2. それが職場および職務と関連する場で行われたこと。
      3. その言動が相手側の意に反して行われたこと、あるいは双方の同意がない状態で行われたこと。
      4. 職業上の権限を持つ個人が、その立場を利用して権限行使の対価として性的な行為を求めること。(対価型セクハラ)
      5. 性的言動の結果として著しく不快な職場環境を作ることまたはそれを放置すること(環境型セクハラ 1997年改正)

      この問題について倫理的責任を明確にすることと、こうした事件を未然に防止すると再発防止の対策をとるために会社はなんらかの意思決定をする必要がある。しかしもうひとつの論点は法律があるということと、その法令を遵守することは別の問題であるということである。セクハラの問題はその典型である。

      セクハラを未然に防止するには、職場の従業員がセクハラへの意識や性的な言動への感じ方をお互いに確認することで、事前に一定のルールを設けるべきである。人事や労務問題の大半はビジネス倫理的な論点となりうる。


      顧客関連の倫理(第9章)
      事例 カリフォルニア州消費者保護局がシアーズ自動車センターを相手に顧客サービスとその調査の評価について提訴した事例
      1. 企業が目指す顧客サービスとはどのようなことであるのか。パターナリスティックな視点から顧客の安全のために顧客の要求以上のサービスをすることは許されるのか。
      2. また成果主義による賃金体系と顧客へのサービスの質のあいだにどのような調整ができるのか。
      3. ひとつの事実についての対立するふたつの見解をどのように調整していくことができるのか。サービスの程度が適切であるか、過度であるのかかという評価をめぐって共通認識を導く前提条件とはどのようなことなのか。
      4. 企業と顧客との情報の非対称性、顧客からの信用を勝ち取るまでの道のりの長さや難しさと、信用が失墜するときの早さや容易さという非対称性。企業が顧客との信頼関係築くためにふたつの非対称性を企業の倫理的意思決定にどのように反映させていくのか

      地域社会の倫理(第10章)
      事例 地域に密着した店が並ぶケーダイ商店街に値段の安さを長所としてスーパーマーケットを新規出店することの是非について。
      1. 市場原理を重視する市場合理性と、最終的な結果を重視する目的合理性にどのような根拠で優先順位をつけるのか。
      2. 共生、互酬という経営理念を実践に移すことと、自社の利益効率を優先するときに考慮すべき問題について。
      3. 大企業と中小企業とを同じ企業と扱われるべきか否かについてのそれぞれの根拠。
      4. 市場原理と共同体の密着とが対立するさいに優先すべき論理.

      国際ビジネスの倫理(第11章) バングラディシュにおけるリーヴァイス社の「価値による経営」

      習慣、宗教、言語の違う地域で経営をする際に母国での企業理念をどのように取り扱うべきか。

      1. その地域の習慣に合わせる(順応性はあるが、ダブルスタンダード、御都合主義となりかねない)。
      2. 共通の企業理念を貫く(一貫性、整合性のある価値、理念である一方で価値観の押し付け、相手の習慣への無理解と批判されかねない)
    ビジネス倫理で重要であるのは具体的で多元的な事実を抽象的な議論に精緻化することではない。具体的な利害を伴ったビジネスのなかで対話を続けることである。また「価値による経営」というビジネスモデルが支持される理由には、単なる利益以上の価値を求め、支持する人々がいることの現われといえるのではないだろうか。
    top

    第W部 制度としてのビジネス倫理

    企業内制度(第12章)
    ビジネス倫理学は1980年ごろのアメリカでビジネス活動を既存の倫理学説の対象として捉えなおしたことを端緒としている。その後具体的な個別の事例研究を通じて、ビジネス倫理の論点の多様性が明らかになった。そして1990年ごろから、多元化したビジネス倫理の論点を統合するシステムとして、倫理要綱の制定や倫理担当役員の任命などの「制度化」がすすめられた。アメリカではこうした学術研究の成果を引き継いでビジネス倫理が制度化してきた経緯がある。一方日本では倫理学と経営学との交流に先立って、企業が主体的にビジネス倫理を実践する制度化がすすめられている。
    企業、組織を管理するためにビジネス倫理の制度化(企業内制度)する考え方を大きく二つに分けることができる。ひとつは企業の所有者である株主の権益を擁護する経営手法(コーポレート・ガヴァナンス型アプローチ)と、もうひとつは現行の法や企業の慣習事体を再検討して、さまざまな利害関係者(ステイクホルダー)の権益を企業経営システムに組み込む経営方法(コンプライアンス型アプローチ、ヴァリューシェアリング型アプローチ)がある。これらを外的介入を回避する自主規制や自主管理(民間支援制度)、公的機関による法的強制力を伴った管理(公的支援制度)の観点からさらに考察を深化させる。


    1. コーポレート・ガヴァナンス型アプローチ 株式会社制度の責任は説明責任を行うことによって果され、会社の存在は正当化されるという考え方。その際の説明責任とは経営者が企業の意思決定について株主に対して行うことを指している。近年は説明責任の対象を株主に限定することから様々な利害関係者に拡大する傾向にある。利害関係者に説明責任を広げることによって企業の説明責任だけではなく、法的責任や倫理的責任を考慮する余地が生じる。


    2. コンプライアンス型アプローチ/ヴァリュー・シェアリング型アプローチ ふたつのアプローチはともに従来の株主の権益を擁護するための経営手法ではなく、企業の様々な利害関係者(ステイクホルダー)への責任を念頭に置いている。そのうちコンプライアンス型の企業経営は法令遵守を企業倫理の中心に置いている。そして法令遵守以上の倫理的責任を果そうとする企業はヴァリュー・シェアリング型アプローチを採用する傾向にある。これは企業内部の価値観を共有することで、経営者や従業員が企業の社会的責任を明確に意識して、それを実践するために制度を経営に組み込むことである。具体的には独自の倫理行動規定を明文化すること、共有すべき価値観を組織に浸透させるための小集団活動や研修を実施すること、企業の素早い意思決定を期待して積極的に分権化や権限委譲をすることなどを経営に組み込む手法である。
    ふたつの経営手法で共通することは、企業が責任を負う範囲を株主から利害関係者へと拡大することで、企業が果すべき社会的責任の幅を経済的、法的、慈善事業的責任へと自発的に広げていくことである。責任を果す手段を組織の意思決定に反映させるために企業独自のビジネス倫理を制度化している。具体的な制度化とは倫理要綱(Code of Conduct)を明文化、企業倫理の専任スタッフを選出すること、企業内で企業倫理を浸透させる活動をすることが最も基礎的な制度化である。
    コンプライアンス型、ヴァリュー・シェアリング型ともに法的根拠に基づかないという点で自発的な倫理実践であり、個別の企業が主体的に実践することができ、即効性簡便性を備えた制度である。


    民間支援制度(第13章)
    ビジネス倫理を実践に導く環境を築くことの困難さにどのように応えていくことができるのだろうか。
    • 「一社だけで取り組んでも効果はない」
    • 「談合体質が根強い日本の企業社会では出る杭は打たれる」
    • 「倫理的な企業は生き残れない、正直者はバカをみる」
    • 「他社もみんなやっている」という横並び主義
    • 「利益が上がれば多少の悪事は見逃される」
    著者は「非倫理的な企業でも見逃してもらえると思うほど、社会や市場は甘くない」、甘えた根性の会社は、早晩市場からの退場を迫られると切り返す。ビジネス倫理を実践に導く環境のひとつとして民間支援制度を紹介する。


    1. 自治的アプローチ 個別の企業単位ではなく、業界団体が自主規制することで情報と倫理的意識を共有した意思決定をすることである。このアプローチの長所は業界内で自主的に作成されたルールで組織を相互に律することや、業界の外部に指針を提示することができることにある。また異業種間の倫理基準を比較したり、参照することでより広範囲で適用することのできる倫理基準やこれらの活動を支援する団体設立の可能性につながる。


    2. 評価的アプローチ 企業をどのように評価するかという問題について、収益という数値化できる観点からの研究や実践には数多くの蓄積がある。しかし倫理や社会的責任、社会貢献という数値化では評価できない観点から企業を評価することはあまり研究の対象とはされてこなかった。環境や品質管理の認証規格であるISO(International Organization for Standardization)が企画され、その普及を受けて倫理的な観点からの規格作りが1990年ごろから盛んに行われた。


      • 国際労働規格SA8000/経済優先順位研究所(Council on Economic Priorities)作成
      •   
      • 企業説明責任についての規格AA1000/社会倫理説明責任研究所(Institiute of Social and Ethical Accountability)所轄
      • 倫理法令遵守マネジメントシステムECS2000/麗澤大学経済研究センター作成
      数値化、指標化による評価軸の一元化を意識的に回避して、倫理や社会的責任や貢献を多元的に評価する方法をどのように構築するかが大きな論点である。また倫理という明示しにくい基準を規格化することや、それを遵守することには一定の意義がある。しかしそうした規格を遵守することは、必ずしもビジネス倫理を確立するための十分条件ではない。


    3. 市場的アプローチ 企業の倫理的意思決定によって経済に寄与する効果を市場原理によって評価すること。企業の倫理的活動を支援する制度を市場の競争原理の中に組み入れること。
      • エコファンド/エシックスファンドなどの投資信託
      • Domini400/KLD-Nasdaq social index 社会的責任投資(Socially Responsible Investment)の指標(social index)
      • 非倫理的企業から投資を引き上げる投資家(倫理的投資家 Ethical Investors)の行動
      • 倫理的教育プログラムを持っている企業への保険利率の優遇措置


    4. 教育的アプローチ 高等教育でのビジネス倫理教育環境が過度に不足している現状を通じて、学生がビジネスと倫理とが無関係であることを暗に学び取ってしまうことに何らかの対策を講じる必要がある。そのためにビジネス倫理を初等、中等、高等教育のカリキュラムに組み入れる試みのこと。学生がビジネス活動に携わる以前から労働と個人の生き方との将来像や社会的責任を教育しようとする考え方である。高等教育における具体的な対策として、文系理系にのすべての専攻で職業倫理、技術者倫理などの倫理教育科目を設置することや、専門研究者を育成することなどが考えられる。


    5. 広報的アプローチ 広報(Public Relations)には個別の企業や業界団体による自主的な情報開示と、マスコミの取材などの第三者からの報道、情報開示要求という二面性がある。狭義の広報的アプローチとはステイクホルダーに対する説明責任を果たすことであるが、企業倫理を促進する民間支援制度としてマスコミの活動にも注目する必要がある。ただしマスコミには企業への批判的な姿勢が期待されているが、同時にマスコミの倫理も反省的に問われる必要がある。


    6. 市民運動的アプローチ 企業の倫理的行動を企業外の団体が監視したり、支援するシステムを作り出すこと。企業は倫理的行動を監視する非政府組織、非営利組織に説明責任を負うことによって社会貢献や社会責任に対する企業の意識を具体的なかたちで高めることができる。
    これらのアプローチは企業の倫理的な意思決定を導くうえで相互に影響し合い、相乗的な効果をもたらす役割を果たす。


    公的支援制度(第14章)


     倫理は自発的な自主規制を目指す規範であるので、法規制や政府の市場介入、行政指導など公的で外的な強制力は最後の手段とみなされるべきである。企業は公的規制によって導き出された社会秩序に依存するのではなく、ビジネス倫理の促進を目指す企業を支援する手段として公的支援を位置付ける必要がある。

    1. 立法によるアプローチ ビジネス倫理と法律との関係を法律遵守に限定して捉えるべきではない。むしろ利害関係者の理論(ステイクホルダー理論)からビジネス倫理を考えていくために、消費者保護や環境保護などそれぞれの利害関係者に関係する法規制の矛盾を横断的に考え直す必要がある。いまある法規制を遵守することに主眼を置くと同時に、ステイクホルダー理論と法との整合性を維持するために双方を手直しする姿勢が必要である。また、ビジネスが立法という政治過程にどのように参与すべきなのかということもビジネス倫理の対象とする課題である。ビジネスと政治との関係に公正さと正義を確保するためには説明責任を企業と政治家の双方が負う必要がある。


    2. 行政によるアプローチ 行政府の機能には事前予備的に秩序を維持することが期待されている。あるべき行政府像には企業経営の監視を強化する方向と、企業の自主的な取り組みを民間支援制度を補完することなどで間接的に支援する方向とが考えられる。近年、日本では省庁が一部の業界ごとに検査マニュアルを発表している。これは検査結果だけではなく、リスク管理や法令遵守プロセスを評価し、自己責任を原則を企業に課す検査体制である。また消費者からの信頼をえる事業者像を政府が示したものとして「自主行動基準の指針」(平成14年)が発表されている。このように企業の自主的取り組みを促進することを意図した行政サービスが企画されつつある。


    3. 司法的アプローチ

      司法の判決は企業の意思決定を事後に評価し、処分する強力な力があるので、ビジネス倫理を方向付ける重要な判断となる。司法の判断は勧善懲悪、自己責任の追及を前提として、対象となる企業以外の企業の意思決定にも大きな影響を与える可能性がある。しかし司法的アプローチをビジネス倫理を促進する手段と見なすならば、日本の司法的アプローチにはいくつかの障害がある。ひとつは日本の企業犯罪に対する刑罰が軽いために企業犯罪の抑止力とならないこと、ふたつ目には企業が従業員個人に責任転嫁をして、組織が責任を逃れる可能性があるということである。アメリカでは連邦量刑ガイドライン(1991年)によって企業倫理の制度化を促進する契機となった。アメリカの司法判断には、容疑をかけられた企業が倫理的プログラムを制度化していたか否かによって罰金に大きな差をつけるという制度である。また、司法取引によって談合や企業犯罪の複雑な構造を一挙に明らかに共謀した企業を見逃すことなく、すべて裁くことができるという実績を作った。また内部告発(Whistleblowing)を法的にどのように評価するかについても議論の別れる点である。欧米では内部告発者を法的に保護し褒賞を与えるということが制度化されている。しかし、こうした制度をそのまま日本に導入することは商習慣や法体系に合致することは疑問が残る。

    国連、ILO、OECD、WTO、世界銀行などで世界規模でビジネス倫理を制度化する議論がなされつつある。国や地域の特殊性に注目すると共に不変性を追及するということが求められている。そのなかで再び理論としての倫理へ回帰することが予想される。
    top

    top


    ◆田中朋弘 (2004) 『職業の倫理 現代社会の倫理を考える』, 丸善

    目次

    第1章 仕事と遊び/余暇
    仕事と遊び/遊びとはなにか/自由な行為としての遊び/遊びの堕落/定義不可能なものとしての遊び/仕事と余暇/仕事的な時間感覚/働くことの意味

    第2章 仕事と家事
    家父長制と家事/家事労働に賃金を/日本のフェミニズム/家事から家事労働へ/家事は<労働>か

    第3章 仕事とボランティア
    ボランティアと労働/有償ボランティア/わたしと他者/自分を差し出すこと/ボランティアと有償サービス/相互扶助としての有償ボランティア

    第4章 「勤勉」という思想−「勤勉」は死語になったか
    二宮金次郎と勤勉の思想/勤勉思想の源泉/バブルと勤勉/資本主義の精神/伝統主義的な生活態度/恩恵による遊びの教説/天職

    第5章 理想的な労働−労働主義と社会
    疎外された労働/承認と労働/自分の代理不可能性/貨幣と媒介形式/生産的労働とサービス労働

    第6章 ものを作る人と労働する動物−仕事と労働
    労働/生産的労働と非生産的労働/仕事/転倒する世界観/世界の自然化

    第7章 すり切れるわたしたち−消費という新しいモラル
    大量消費社会とサービスの消費/記号と差異の交換システム/労働としての消費/近代啓蒙と消費社会/普遍的均質国家

    第8章 <労働>からの撤退−働かないこと/働けないこと
    労働主義の彼岸/労働の選択/時間の開放/エコロジー的合理性/労働概念の転換点/労働の解放というユートピア/社会的きずな/<政治的きずな>の復権

    第9章 職業の倫理性−売春する自由
    売春と社会/<ドグマ>と選択の自由/道徳の理由/自由のアポリア/<価値自由>な言説

    第10章 仕事の条件−誰のために不正を行うのか
    雪崩/薬害エイズ事件/三菱自動車工業欠陥・リコール隠し事件/雪印食品食肉偽装事件/信頼の条件

    第11章 社会/組織/個人−内部告発は反倫理的行為か
    内部告発の倫理性/忠誠心/守秘義務/誰を裏切るのか/どう徳的な咎め/道徳的感情の葛藤/内部告発の条件

    第12章 職業の倫理学−いい加減の倫理学
    何のために働くのか/労働社会と倫理/仕事だから/どれだけ消費するか/いい加減の倫理学

    あとがき

    参考文献

    索引


    第1章 仕事と遊び/余暇

     仕事と遊びの違いを不確実性で表現することができる。仕事は不確実性を排除する。不確実性な遊びは労働が要求する勤勉さや努力を根底から否定する可能性があるのだ。働くことについて仕事はなすべきこととして、職業は生計のための日常的仕事として、労働は骨折り働くこととして一応の意味を与えることにする。それに対して遊びは不確実性を楽しんでいるといえる。 
     遊びは仕事との違いを次のように線引きすることができる。遊びは仕事とは対照的に生産や利益などの達成目標とその手段が度外視されている。遊びは遊ぶことが目的であるために始まりも終わりもあまり意味を持たない。しかし遊ぶこととまじめであることは必ずしも対立する概念ではない。つまりまじめに遊ばなければ、遊びは成立しないのである。 
     遊びは本質的に効用や利益と無関係なのだろうか。遊びの多義性を遊びと遊び以外のものとで分けることは難しいのではないだろうか。
       
     遊ぶことは聖なるもの、俗なるものと独立して存在することが遊びの本質だとカイヨワは主張する。しかしミラーやホイジンガによれば遊びはビア単体で独立しているものではなく、「遊戯的」に行為することを遊びと呼ぶのだと主張しているつまりミラーやホイジンガの指摘をとり入れるならば、遊びは様々な行為と結びつく可能性(遊戯的な精神、遊びごころを備えた行為)を持っている。
      
     仕事と余暇は対立する概念だろうか。仕事と遊びという構図と比べるならば、仕事は余暇に対して大いに寛容である。仕事の疲れを余暇で回復することという関係の中において仕事は余暇を奨励している。
      
     時間を切り売りできるという感覚、時間を節約すること、効率的に時間をつかうことによって単線的で合理的な時間感覚は育てられてきた。こうすることで余暇の時間はいっそう多く生み出されることになったかもしれない。しかしこの仕事的な時間感覚によって余暇の時間まで仕事的な時間感覚を過ごすこととなった。仕事的な時間感覚とは余暇の時間に仕事をするということではなく、余暇の時間にすべきことがすでに決まっている。余暇を効率的に過ごすために他人のサービスを買うことが仕事的に余暇の時間を過ごすことである。
     仕事のための余暇、仕事にのみ込まれる余暇という世界観がわたしたちの倫理にどのような影響を与えているのだろうか。
    top

    第2章 仕事と家事

     家事は賃金を支払うべき仕事なのかについて考察する。家事は仕事ではないとする主張には、賃金を支払うべき仕事を公私という基準で区別するものがある。つまり公的な仕事には賃金を支払うべきであり、家事や育児などの家内の(私的な)仕事は賃金を支払う仕事ではないということである。  
     1980年代イヴァン・イリノチは家事を「影の労働(シャドー・ワーク)」であり賃金支払いの対象とならない労働であると指摘した(玉野井芳郎・栗原彬訳『シャドウ・ワーク』岩波書店,1982)。またマリアローザ・ダラ・コスタは家事を賃金支払いの労働とする運動をイタリアで展開した(伊田久美子・伊藤公雄訳『家事労働に賃金を』インパクト出版会,1986)。ダラ・コスタは女性は二重の搾取を被っていると主張する。ひとつめの搾取は無償労働としての家事、配偶者の性的充足であり、もうひとつは将来の労働者となる子供を出産、養育させられるという搾取である。そしてダラコ・スタはこの二重の搾取を拒否し、家事労働の有償化を主張した。そして先進国での少子化、晩婚化、非婚化はこうした無償家事労働の放棄が端緒となっていると説明する。 
      
     日本のフェミニズムには三つの過渡期があり、ひとつめは「形式的平等論」(与謝野晶子)と「特性的平等論」(平塚雷鳥)とのあいだの論争であった。これらの違いは男女間の性差をどのように受け入れるかということの線引きであり、形式的平等論は男女をまったく平等に扱うべきとし、特性的平等論は性差を認め、男女の機能的特性を重視した平等観を主張する。  
     第二のフェミニズムは制度的平等が確立されてもなお、実質的には男女が平等に取り扱われないことが問題となった。その根拠を生物学的な性差であるという主張が「生物学的還元論」であった。男女の生物学的性差は歴然として存在することは確かである。しかし人間の取り扱い方には男女の性を社会的役割としての性差、ジェンダーに還元しているのではないだろうか。家父長制はこうした社会的性差を生物学的還元によって説明し,その結論を男性に有利になるように運用してきたことを第二のフェミニズムは明らかにした。 第三のフェミニズムは男女の性には生得的な本質があるという主張と、性差とはは社会によって構築されたジェンダーとして意味を持つのだというセクシュアリティの主張がある。(金井淑子「男性と女性の差異は差別か」佐藤康邦、溝口宏平編『モラル・アポリア』所収、ナカニシヤ出版,1997)
      
     家事労働、無償労働の拒否と家事労働の有償化という主張は戦略としてすでに政策に影響を与えている。世界女性会議の行動要領策定(1995,北京)、男女共同参画会議答申(1996,日本)がその一例であり、経済企画庁経済研究所が無償労働の賃金換算した統計結果を発表した(1997、1999)。家事一般は個人的な営みであり,境的価値のないものという見方を覆した。  
     このように家事を割に合わない無償労働とみなし、家事を拒否する考え方が浸透することによって女性は家事を拒否する。介護も同じ仕組みを持っており、この仕事は女性の手から行政福祉サービスとして有償のものとして定着した。家事労働は介護サービスと同様に有償化の道をたどるのだろうか。  
     家事を労働と見なすべきなのだろうか。ダラ・コスタがいう主張の前提には家父長的な資本主義制度が洗練化された社会ということが想定されている。労働力を人間の本質的な価値の中心概念においているのである。こうした考え方からは公私共にすべての仕事を労働としてみなし有償化することが導き出されるだろう。しかしこうした考え方は生命や人間自体を労働のための生産力という一元的な価値に置き換えてしまうのではないだろうか。ダラ・コスタの主張は家事や育児の献身を正当に評価すべきだと指摘した点は見逃すべきではないが,有償化、賃金支払いは価値を評価するうえでの方法のひとつに過ぎないのではないだろうか。
    top

    第3章 仕事とボランティア

     ボランティアを無償の活動であるとすると、有償である「仕事」は対置される。ボランティアは活動への参加が他人から強制されていない、自発的であるという意味で自由である。そしてしこで仕事をするかどうかも自由である。しかし社会活動のなかでのボランティアには道徳的な価値と結び付けられている。仕事は必要に応じた活動であり、簿欄r非安波道徳的な活動であると理解されている。 
     ボランティアの自発性(自由)とは選択の自由ではなく、道徳的な自由である。カントの不完全義務のように、それをしないからといって非難されることはないが、「功績になる義務」として自発している。 
     ボランティアへの奉仕と仕事への奉仕について。日本語の奉仕(サービス)という言葉は仕事としての奉仕として使われることが多い。奉仕ということばは自己利益だけではなく自分以外の利益を考えるという意味で使われている。しかしボランティアが無償の活動として遣われることが多いのにたいし、仕事としての奉仕は常に有償である。そして有償である仕事が労働であり、ボランティア労働とは呼ばれない。 
     介護や家事援助への奉仕要経費や謝礼を受ける有償ボランティアは経済的意味だけではなく、相手に奉仕してあげたという「負い目」を感じずに住むことを含めて合理的といえる。こうした活動が目に見える形で評価され、意味を与えられる。 
     しかし無償の奉仕活動は特定の個人「わたし」が特定の相手「あなた」のためにすることに意味があるのではないだろうか。そしてその「見返り」は償いや購いという性質ではなく、特定の相手「あなた」を成り立たせている、存在せしめていることだけに求められるのではないだろうか。こうしてかんがえると、ボランティアとは人間関係を浮き彫りにする活動であり、わたしをあなたに差し出すことということができるのではないだろうか。金銭を媒介するのとでわたしとあなたの関係を問わないままに、むしろ金銭とわたしを交換することを目的としてしまうのである。これはデカルトの自分像が精神と身体、わたしとあなたという二重の分裂を持つという発想ではなく、ヘーゲルの相互承認の姿である。つまり「わたし」の確信は自分の意識だけでは成り立たず、「あなた」の自己意識を「わたし」自己意識と同じようにみなし、「あなた」の自己意識で「わたし」の自己意識を確認すべきなのだという。 
     ボランティアは一方的で優劣関係のもとの活動ではなく、わたしをあなたに差し出すだけではなく、あなたも同様にわたしに差し出す関係のなかで行われるという相互承認を純化させた活動である。わたしの輪郭は<わたしでないもの>によって「縁取られて」いるのである。 
     有償ボランティアと無償ボランティアの違いは単に金銭の授受にのみ表面的な違いがある。ボランティアの「負い目」は対価を目に見えた形で交換できないことにある。だが道徳的価値を金銭の価値に還元してしまうことはできるのだろうか。金銭に換算し、等価を同じこととして交換することはは恐ろしいほどに徹底した「平等主義」である。むしろこうした均質的な価値の統一基準は極端に例外的な事例ではないだろうか。 
     中世の「結」は相互の利益を目指しているが、同時に相互扶助として人間関係を維持している。貨幣という均質な価値の交換によって、具体的な対象を目指したボランティアの間の人間関係を均質化させ、極小化させててしまうのではないだろうか。
    top

    第4章 「勤勉」という思想−「勤勉」は死語になったか

     「勤勉」であることを道徳的な善さとみなす価値判断がある。「勤勉」の思想は現代でどのような働きをしているのだろうか。 
     二宮金次郎は初等の学校教育のなかで「勤勉」の象徴とされてきた。彼は至誠(公益性)、勤労(勤勉性)、分度(収支上の分別)、推譲(利益の社会還元)からなる報徳思想を説いた。近代のある時期に勤勉思想が国民全体に教育され、その多くが労働者として高度経済成長の一翼を担った。 
     バブル経済期には「二十四時間闘えますか」というキャッチフレーズや「過労死110番」の開設に象徴されるように、勤勉さを限界にまで加速させ、人間を死にまで追い詰めていった。 
     このように勤勉は理想的な善さではなくなりつつある。しかし勤勉の対極にある怠けを肯定できない気持ちも確かにある。過労死という現象は美徳としてではなく、強迫観念を伴った義務感としてわたしたちが共有していることを示唆しているのではないか。 
     マックス・ウェバーは資本主義の精神を解明することにあった。そしてその出発点を信仰と職業の関連性に求めた。当時、近代資本主義の発展した地域ではプロテスタントが大勢を占めていたことから近代資本主義の原動力をプロテスタント信仰の本質にある仮説を立てるにいたる。近代資本主義の精神を分析するという動機において、プロテスタント信仰はひとつの具体的な例示であると位置付けることができる。 
     ウェバーがそこから抽出した近代資本主義の精神とは、貨幣の獲得を自己目的すること、つまり天職として義務化する倫理観であった。こうした倫理観によって信用と貨幣と幸福を結びつけられた。 
     利潤の追求を否定的に捉えるカトリックの教義からは必要以上に働かないことが美徳となる。ルターが職業という語を神から与えられた使命としての天職ということばに翻訳することによって、カトリックの職業観を揺さぶる最初の契機となった。 
     カトリックの職業観を決定的に転覆させたのはカルヴァンの予定説だとウェーバーは考える。自分が救済の対象となるか否かを職業実践で確かめなければならないからである。修道士だけが禁欲主義の実践によって救いを確かめるという教義から、あらゆるキリスト教徒の生涯のすべてが審判の対象となった。つまり常に蓄財に励み、休息すること、時間を浪費することは神の名のもとに道徳的な悪とされたのである。 
     近代資本主義のもうひとつの原動力は世俗内の禁欲である。これによって蓄財を浪費ではなく、資本の再投下が奨励された。天職とは企業家にとっては営利の追求であり、資本を持たないものには労働が天職となった。 
     しかしこの教義の矛盾は蓄財によって現世への執着が生まれることである。この執着によって宗教的な救済のための禁欲は否定されることとなる。つまり天職としての労働が、宗教的な説明を必要としない独自の市民的な禁欲主義へと変形していく。こうした禁欲主義が資本主義精神の本質であるとウェーバーは考えた。
     top

    第5章 理想的な労働−労働主義と社会

     わたしたちはなにのために働いているのか。マルクスは「疎外された労働」として賃金労働を本格的に批判した初めての人物である。疎外とは労働者がどんなに労働をいても労働者のままであり、むしろ労働者の生活状況は悪化する方向性のなかで生じる。食う、飲む、産む、住む、着る程度のことにのみ自由な選択が与えられているのは動物的な諸機能であり、労働者はこうした意味で労働動物に変貌していく。こうした状況において生産者は自分の生産物に込める思いや意味を持った関係から、賃金と引き換えに資本家の支配下で均質な労働者と等価の諸生産物とに引き裂かれる。生産行為が自分のためではなく、資本化のためであるために労働者は自分を見失う。また労働者の生活が人間としての生活から単なる生存のための動物的な生活へと変容していく。人間として生活するための生産活動がその人から引き離されることによって労働者は人間性を失ってしまうのである。マルクスはこのように売り渡しているのは労働力ではなく、労働者自身であるということを「疎外された労働」と呼んだ。 
     マルクスの労働疎外論はヘーゲルの『精神現象学』に影響を受けている。主人と奴隷との関係において主人は奴隷の生命を握る絶対的な支配権を持っている。主人は奴隷を働かせているかのように見える。しかし同時に主人は奴隷の労働に全面的に依存しているのである。このことから労働者は労働によって代理不可能な自分への確信を強める。しかし主人は奴隷の労働によって快楽を得るものの、労働の機会からも遠ざかっている。つまり主人は自分の確信から遠ざかっていく。 
     自分の労働を伴わない生産物は、消費することだけが意図的な目的となって消費することで心地よさをえることはできるが、それは自分を確信することにはつながらない。 
     「仮想された奴隷制」である資本主義によって資本家はもとより、労働者すらも労働から疎外されることで労働が自分にとってよそよそしいこととなった。 
     マルクスの労働疎外論は労働者の生産からの疎外が問題であった。しかし現在の先進諸国ではサービス業が全産業の半数以上を占めている。サービス業は物質的生産物と労働との関係にあるのではなく、消費者への奉仕が売買の対象となる。この意味においてサービス業の労働は労働者の資本家への奉仕と、消費者への奉仕という二重の売買対象となっている。つまり生産物を売買するのではなく、労働が売買の対象となっていることを社会的に承認しているのである。
     top

    第6章 ものを作る人と労働する動物−仕事と労働

     ハンナ・アレントは古代ギリシャの思想をもとに労働と仕事との概念を明確に区別する。労働と仕事とはもともと無関係だった。ギリシャの都市国家では家族の私的な領域と、政治都市国家の公的な領域との区別が意識されていた。そして公的な領域は私的な領域に優先した。また生命の必要から生じる肉体的労働は奴隷のなすべき労働として蔑まれ、職人の仕事とは一線を画していた。仕事と労働の区別が曖昧になったのは、ギリシャ人哲学者たちが公的領域のことを何でも自由に考えること(観照的生活)によって、人間的な必要を必ずしも蔑むことがなくなったためである。観照的生活の対極にある、活動的生活とは自然的な必然性にとらわれた生活でありそれは軽蔑されるものとして考えられていた。活動的生活の中の労働と仕事の区別は人間の必要性という共通点からその公的私的対立は重要視されなくなっていった。 
     アレントは最高の仕事のを芸術に求めた。芸術のための創作物そのものは作品であり、生存のための目的を持たない。本人の使用物ですらない。しかしそれゆえにその作品は時間を超えた耐久性(普遍性)を持つ可能性を秘めているのである。 
     近代では、かつて尊重されていた観照的生活とかつて蔑まれていた活動的生と活の立場が逆転した状況にあるといえる。 
     労働と仕事の区分が明瞭でなくなり、仕事が労働の一部となるにつれこうした活動は生産的活動と非生産的活動で区別されるようになった。アレントはこの意味ではスミスもマルクスも同じであるとのべる。つまり両者とも労働の基本は生産することに置かれていたのである。生産とは生存の必要に従属する活動であり、そのことのみに終始する活動である。 
     マルクスは生産性の根拠を労働力の「剰余」にもとめた。労働力は生存のための生産物を消費してもまだ剰余が残っていることに注目した。労働力が生存のための生産を前提とするかぎり,人間のあらゆる仕事や活動が労働と見なされる。そして労働が剰余を生むか否か問題であり、そのための労働の時間が価値基準として認められるに至った。 
     労働が仕事との違いは生産物に耐久性があるか否かである。労働が生産直後に消費されるのにたいし、仕事によって生み出されるものは耐久性のある使用物である。現代のわたしたちは生産物をそのものの価値ではなく、自分の必要と交換価値でのみ対象の価値をはかっている。 
     労働の目的が生命の維持であるならば人類の滅亡まで半永久的に続くだろう。仕事から耐久性が奪われた結果,仕事が労働化したという問題をアレンともマルクスも指摘している。
     
     アレントはギリシャ以来西洋人の世界観はふたつの転倒を経験してきたと考えた。ひとつめは第三者的な視点から自分を見つめること、疑う自分を疑うことができないことという観点の移動ふたつの「アルキメデスの点」を発見したこと。そしてもうひとつは活動的生活の内部で仕事と労働の関係が逆転したことである。仕事には目的が課せられ、ある一人の仕事が全体の仕事のあるひとつの過程となった。つまり仕事の始まりや終わりが消失したということである。仕事をするわたしが仕事の過程での主導権を失うことでもある。 
     労働の目的を失うことによって過程は永遠化する。労働には明確な始まりも終わりもなく,生存のための要求に強制される反復運動である。仕事が労働化することは人間的な世界に動物的生存の目的が加わり,人間の世界が非人間化してしたということである。その世界は生命の生存過程を維持することが唯一の目的であり、客観性や心理,究極目的という概念が消滅した世界である。そしてキリスト教の生命至上主義は生命を維持することを補強する機能を持っている。 
     製作の過程を支配できなくなった仕事にとって最後の希望は人間の活動と言論にある。なぜならば活動と言論は過程の物語を作り出す手段となりえるからである。しかしこれらの活動は三つの欠陥を持つ。それは結果を予見できないこと(不可予言性)、活動家庭を元に戻せないこと(不可逆性)、活動過程を作る者の匿名性である。しかしこれらの欠陥は人間の持つ能力によって克服できるとアレントは述べる。結果を予見できない、不可予言性は結果を予言できない不確実性を克服し、確実性を期待できるのは「約束」の力にのみある。また、元に戻すことができない不可逆性を「許す」ことで、結果に対する罪に無限に復讐することを防ぎうるのである。こうしたふたつの人間の能力によって世界と人間の唯一性を取り戻すことができる。人間性の世界を動物の世界から取り戻すことが人間の条件であることをアレントは主張した。
     top

    第7章 すり切れるわたしたち−消費という新しいモラル

     資本主義社会の発展には大量生産と大量消費、大量廃棄が不可分である。消費と廃棄を持続させるためには必要でないものまで消費することと物質的生産物ではないサービスを消費することにあった。サービスを売買の対象とすることによって他人のあらゆる活動が購買と消費の対象となった。消費社会においては消費の対象となることが売買を正当化している。 
     ボードリヤールは消費を記号と差異のコードを絶えず交換しつづけるコミュニケーションの体系と考えた。わたしは他人と根本的に違うということを確認するために消費をする。わたしをその都度新しく個別化するために生産システムは生み出されたというのである。こうした差異化の果てに「幸福な消費時代」があるのではなく、生産システムの名かで労働力を組織化していったのと同様に消費システムを組織化していくことが消費社会の正体であった。 
     消費社会において、消費は促進すべき善であり、義務となる。反対に消費を抑制されること把握であり忌避されるべきことである。消費が義務となることとは消費の制限自体がよくないことだという社会の価値観である。そしてわたしが他人と違うことを確かめるために消費することを常に迫られる。消費者はひとりひとりが消費活動をする労働者である。 
     消費システムは物質としての生産物だけではなく、出来事や流行も消費の対象である。そして最後には日常の様々な価値の序列が消費の観点から消化されて均質なカスになるとボードリヤールは述べる。消費システムのなかで「お金で買えないものがある」ということばは逆説的に「ほぼすべてのものはお金で買える」ことを示唆し、確信させる。 
     
     知を消費システムに組み込むこと。抑圧的な権威主義や専制主義、宗教から解き放たれる啓蒙主義は、合理的な知によって、人間を「野蛮」から解放することでもあった。しかし、そうした合理的な知がもたらしたものは戦争と大量殺戮であった。啓蒙主義は理由さえあれば人間はどんなことでもできることを図らずも立証してきたのである。 
     ローゼンは普遍的な均質国家は人間の社会ではなく、獣の社会となると述べる。獣は価値を持たず、快と不快に基づいて「今」だけに生きる。啓蒙の完遂は、合理性を単一の普遍的基準として受け入れる状態である。その基準を受け入れるかぎりで自由と平等を享受でき、そこから逸脱することには猛烈な抑圧を加える。消費システムの完遂は啓蒙の完遂と同じ構造と帰結を持つ。
     top

    第8章 <労働>からの撤退−働かないこと/働けないこと

     アントレ・ゴルツは『資本主義・社会主義・エコロジー』(杉村祐史訳、新評社、1993)のなかで、マルクスが想定した生産的労働者がサービス業の従業員に替わってしまったために労働と生産とが直結する労働主義者が減少した。そのため労働から解放されるべき対象が少数派となってしまったことを指摘した。そして新しくできた階級差を「社会の二重化」と呼ぶ。それはわたしが余暇を楽しむことは他人である使用者の時間と労働を買い取ることである。そしてわたしがいやな仕事を他人が引き受けること、他人がわたしに仕えることを肯定し、下層階級があることを肯定しているのだと言う。 
     はたして他人が嫌がる仕事をわたしは引き受けるだろうか。その応答はフリーターの姿に表れていると著者は考える。それをわたしの都合に合うときにのみ引き受けるのである。必要なのはそのときに消費するためにのみ働くのである。 
     雇用者はだれの労働力であっても均質にみなし、被雇用者は働きたいとき、場所、仕事を選んで働くのである。 
     ゴルツが考える理想の労働とは、労働力を効率的に運用することを手段として生産やサービス労働の向上を求めないということである。それに加えて労働と収入の安定を確保することで生活時間を取り戻すこと経済合理性以外の価値の領域を取り戻すことにある。 
     雇用機会、労働時間、賃金をより多くの労働者で分かち合うことをワークシェアリングと呼ぶならば、ゴルツの理想もそのひとつである。だが彼の理想の目的は労働観の変革を迫り、生のための時間を取り戻すことにある。 
     ゴルツは労働観を変えることで経済的合理性からエコロジー的合理性を目指す。エコロジー合理性とは労働、資本、資源をより少なく投下し、高い使用価値と耐久性のある財をより多く作ることである。ゴルツの主張からすると「家事労働に賃金を」支払うことは従来の労働力中心主義的な主張の問題点を助長する提案であることになる。家事や育児などの私的領域は公的領域の生産活動に役立っているから評価されるのではなく、私的領域としての価値として評価されるべきだと考えられるからである。 
     ドミニク・メーダは『労働社会の終焉−経済学に挑む政治学』(若森章孝・若森文子訳、法政大学出版局、2000)で、マルクスの理想とした労働者自身が労働を自主管理する労働社会は実現不可能であることを述べた。そのひとつめの根拠は資本主義制度の論理では労働はそのものが目的なのではなく、効率性のためのひとつの手段に過ぎないこと。ふたつめの根拠は、賃金とは雇用や被雇用者の従属関係の中で成立すること。みっつめの根拠は、労働が豊かさや充足感を向上する手段としてあることをあげている。資本主義の中での労働は手段としての地位しか与えられておらず、目的との関係で価値を見出しうることである。つまり労働は「必然化」された目的に無批判に従うしかなく、自発的であるはずがないというのである。 
     メーダは社会的きずなを取り戻すことを主張する。経済的きずなに還元されない権利や義務の共同体に個人を統合して、個人を承認すべきだと述べる。つまり抑圧的な従来の国家主義や共同体主義を反省の対象としてもなお、共同体における共通の道徳的価値を見出すべきだというのである。労働や仕事のあり方はこうした共同体の善に照らして価値を見出すこと。労働を経済的きずなという一元的な魔術から解放することを意味している。
     top

    第9章 職業の倫理性−売春する自由

     職業に誇りを持つこととはどのようなことか。特定の職業そのものが倫理的議論の対象と見なされるのはなぜだろうか。この章では売春の是非についての論じ方を通して道徳的価値について述べる。 
     売春は賞賛される職業とは見なされてこなかったが、無くなりはしなかった。日本での売春防止法(1956)は管理売春の取締りであり、その理由は本人の自発的同意を欠いていることが人権侵害であるという根拠にあった。フェミニズムからの主張は売春を女性への抑圧の典型例とされて論じられた。それとは対照的に女性の選択の自由を抑圧する家族制度的な規範への批判として、労働としての売春を肯定的に見なす「戦略」を模索するフェミニストも現われた。 
     橋爪大三郎は売春が否定されるのは売春そのものの是非ではなく、売春に付随する自体に問題があることを根拠としていると述べる。そして売春の是非には合理的根拠が無いゆえに、その判断は各自の倫理に任せられることになると続ける。 
     合理的な根拠が無いために判断wお各人の倫理に委ねることの根拠はどのようなことだろうか。ここには正当な理由が無い限り、わたしたちの自由は制限されるべきでは無いという大前提が含まれている。 
     では自由そのものの善さはどのように証明されるのか。自由という一つの世界観をあらわした倫理から導き出されるものは新しい倫理ではなく、脱倫理化された世界観ではなかろうか。 
     わたしたちは理由に基づいて道徳的規範にしたがって行動しているのではない。道徳的規範と根拠とは無関係である。道徳的価値判断はこどもにどのような道徳教育を施すかということに密接に関係している。「公共の福祉」に反しない限り自由であるという原則について「公共の福祉」を親は何らかの価値観を持って判断し、子供にそれを教えている。 
     近代主義的な自由は自己決定能力を持つ人間像を前提としている。自由主義化された社会では価値の判断を「公共の福祉」に反しない限り個人に委ねるられている。しかしそこで想定されている社会とは自己決定能力を持つ人間像「大人」だけがいる世界である。そのなかにあって自己決定能力をもたない「こども」はどのように価値を見出して「大人」となっていくのか。 
     自己決定能力を最高の価値と見なす「大人」は、自分が背負ってきたこれまでの価値を否定することで新たな価値に挿げ替える。それに対し、自己決定という決定的な価値の根拠が無い価値観の中で育つ「こども」は価値の不在という価値にしか寄る辺がなくなる。価値判断を迫られたときには動揺と渾沌状態を導くのみである。こうした「こども」が「おとな」になるときには自分を制御不可能な自分が生みだされる。他人からは新しい支配の対象となる危険性を秘めているのである。 
     売春や援助交際の是非について自己決定権を根拠とする議論にはこうした点を見逃しているか、意図的に無視している。
     
     価値選択の自由を主張することもまたひとつの価値である。なぜならば価値は客観的であるべきだ、価値は解体すべきだという価値の表明だからである。 
     啓蒙的自由によってある倫理が解体されるのであれば、その結末には「歴史を持たない社会」がある。判断は個人に委ねられ、家族という集団は存在しない個室社会となる。そしてそれはすでに啓蒙の自己展開として、わたしたちの消費社会でそれは半ば達成されつつあるといえないだろうか。 
     世界は自由で平等である。全員がそのための権利を持つ。この理念に沿った社会では、わたしたちは自由で平等でなければならない、すべての抑圧から解放されなければならないという新しい抑圧を生み出す。そして差異の数だけ生じる抑圧にたいし、なぜこのわたしだけが常に抑圧されているのだという不満で満たされた社会となる。
     top

    第10章 仕事の条件−誰のために不正を行うのか

     労働主義的な社会では「経済的きずな」が優先されるべき規範となり、それ以外の価値が極端に下落する。そしてそれ以外の価値が下落すると、それまで道徳や法にそって築かれてきた「経済的きずな」は独自の合理性を追求するのでその中身が変容する。利潤を上げつづけることの社会的文脈や目的を失った「経済的きずな」は無限に反復する。その中で労働する人たちもまた社会的文脈や目的を失った労働の中で自分の意図に反した行動へと向かう。 
     法律で禁止されていなくとも、道徳的責任や刑事的責任が問われ、社会的制裁を受けることがある。専門職には専門分野内での自己裁量権(自由)が認められるかわりに、高い倫理的自律(責任)が要求されている。裁量権と責任について薬害エイズ事件とミドリ十字をめぐる問題はその典型といえるだろう。 
     自分の労働を生産の手段を一度切り離して考えるべきである。他人を単なる手段として扱っていないか。自分が単なる手段となってはいないか。誰のための何の労働なのかについてもう一度確認するべきである。 
     のれんやブランドは「信用」という道徳的価値であり、経済的価値のための手段とすべきではない。 
     日本の会社組織では組織のあり方が個人の行動に大きな影響力を持ってきた。責任を特定の個人が追うことで会社組織は免責されてきたのである。しかし、個人の違法行為が会社の信用を失墜させ、その影響で組織全体の存続に関わる可能性もあるのだ。つまり組織が個人を管理するあり方ではなく、会社のためだけではなく、社員自身のために個々の社員が組織をのあり方を管理すべきなのである。
     
     信頼や誠実さとは言説や行為において嘘をつかないことである。カントとハーバーマスはともに嘘をつかないこと、誠実さを基本的な価値として認めている。カントは人間の理性的判断において常に誠実である格率を根源的な義務と考えているようである。ハーバーマスは異なった文化、習慣、政治的背景を承知したうえで議論によって問題解決をしなければならないという相互コミュニケーションをするときには真理性、正当性、誠実性の三つの条件を満たす必要があることを述べる。そしてこの条件下でのぎろんから導かれた合意を「真理」とみなそうとハーバーマスは考える。 
     
     約束を守ること、だまさないことである信頼の価値は自然発生する価値ではない。社会関係において、信頼を維持する努力を必要とする価値である。自分を信頼する人の顔や視線を具体的にイメージしてはじめて経済的合理性から逃れる契機を得ることができるのである。
     top

    第11章 社会/組織/個人−内部告発は反倫理的行為か

     内部告発が「倫理的」であるかについて、「反倫理的」との判断には内部告発の手段が相互の信頼を損なうものであるという意見がある。内部告発の是非について意見が分かれるのは、法と道徳の遵守という社会正義に基づく行為と組織の一員でありながら組織に背く行為をすることのジレンマによる。組織が個人の内部告発を抑制するのは、組織が個人に解雇を含んだ報復措置をするためである。 
     ノーマン・ボウイは内部告発が雇用主への忠誠義務に反する行為だと考える。そのうえで公共的な善を目的とした内部告発をその例外として認める。 
     ダスカは企業が忠誠の対象としてふさわしい存在ではないと主張する。忠誠とは見返りを期待しない献身に基づくからである。そして内部告発によって組織が個人に報復をするならば、その告発者は内部告発の義務は負わないと述べる。 
     約束を守り、務めとして果たすべき義務を侵して第三者に味方することを裏切りとするならば、どのようなときに裏切りがおきるのか。 
     守秘義務違反の争点になるのは、違法行為や反道徳的な行為についての情報も守秘義務の範囲内であるか否かの判断である。 
     専門的な知識を持つ専門家は、それ以外の一般に属する人々と比べると判断の裁量できる範囲が広い。弁護士に課された守秘義務は過去の犯罪行為夜半倫理的行為を含む広い内容であるが、それは常にすべての秘密についての守秘義務なのであろうか。
     
     組織には遵法義務があり組織独自の定款や倫理綱領がある。これはその組織が社会と契約を結ぶことで存在を認められているのである。つまり社会との契約義務は組織の利益に優先すべきである。個人が組織を裏切らないという義務とは、組織が社会を裏切らない限りにおいて、個人は組織を裏切るべきではないということになる。内部告発が反倫理的であると意見は、反組織的だということの正当化であり、社会の利益よりも組織の利益を優先すべきであるという意思決定の表明である。
     
     メタ倫理学の立場からヘアは嘘をつかない、誠実や親切であるべきだなど一見自明におもえ、類似する事例に幅広く該当する一般性があるような義務を道徳の直感的レベルの原則だと主張する。そしてこの原則が実用的であるためには、学習や教育によって獲得できるのに適当な長さであり、複雑さ条件を課さない一般的な内容でなければならないとする。 
     道徳的な直感や感情を伴った一般的な原則によって判断をすれば、自分に都合の悪いときに条件や判断をごまかすことを防ぐことができるとヘアは考える。また差し迫った判断を求められたり、判断のための情報が不足しているときに一般的な原則を採用することは、思いつきで判断することよりもよい結果を導き出す可能性が高いという意味で合理的であると述べる。 
     しかし直感に基づく一般的な原則には限界がある。ひとつには、ふたつ以上の直感レベルの判断や義務に矛盾が生まれるとき。自分と他人の直感レベルの判断に矛盾が生じたとき。三つには新しい事例に対し過去の直感的な原則を適用できないとき。さいごには事例に対する一般的原則が成り立たないときをヘアは挙げる。 
     こうした問題に対処するためには直観レベルでは解決できないため批判的レベルを導入する。そこでは限定的な原則を導き出すうえで、道徳的な直観に頼ることはしない。類似するあらゆる条件下で適用可能な普遍性を持つ原則で、かつ事実によって課せられる原則であることに適った条件を最善として原則に採用するとヘアは説明する。 
     直観的レベルの道徳判断が批判的レベルの判断と齟齬をきたす場合、より善い普遍性を持った批判的レベルの判断を優先させる。しかし、直観的レベルの判断が誤りや悪い判断なのではなく、適切な道徳的直観が備わっていることの証左であるとヘアは考えている。 
     ヘアのこの議論と内部告発の裏切り間や後ろめたさについて合わせて考えるなれば、そうした感情は直観的レベルの道徳判断であり一般的原則として守られる義務であると述べることができる。ここから結論付けられることは内部告発が一定の条件下である種の慎重さを伴なうべき行為として内部告発であるということである。
     
     ディジョージは内部告発者の意思決定にあたって、告発する対象者と段階に条件をつけることで内部告発を正当化する。まず組織内の適切な人に不適切な行動を告発する。組織内部で十分な解決がはかられないときに組織外に向けた告発へと移る。また組織内に向けて告発が道徳的に許されるのは、社会の成員への深刻な被害があり、告発者の道徳的懸念を直属の上司に報告し、その上司が有効な手立てを講じない場合に行われるべきであるといている。ディジョージはこの段階までの内部告発は不完全義務であるとする。だが告発内容の状況判断とその危険性を宏平で合理的な第三者に確信させるだけの証拠があり、外部に告発することで状況が改善すると期待できる根拠がある場合に外部に向けた告発をすることは完全義務だと述べる。
     top

    第12章 職業の倫理学−いい加減の倫理学

     労働社会では労働者である大人が重用される。子供は労働者となることを、大人はできる限り長いあいだ労働者でいることを期待される。労働社会では子供と老人の居場所がない。 
     労働することが自己目的化すると、生活のための時間は労働時間に侵食される。膨大なサービス残業や過労死には労働の対価としての賃金という概念すらも侵されつつある。労働が完全な自己目的化したときには根本的な意味でわたしたちには自由が消失する。組織は労働者の忠誠心に支えられているのだろうか。もしそうならフリーターは組織からよりどころを受けることを放棄する代わりに組織への忠誠心も引き受けない労働観だといえるだろう。 
     目的が消失した労働には自分の労働を評価するための軸足がわからず、よいさじ加減、ることや塩梅がわからなくなり、いい加減を見極めることができなくなる。生命維持の手段であった労働が生命の目的となった。その結果として物質には事欠かない社会が生まれた。労働という目的を剥奪されるという解雇の恐怖によって労働は加速度的に駆り立てられる。 
     ビジネス倫理学の対象は組織内部の倫理的問題に限定されてきた。企業が内部の不正行為によって反倫理的に社会を侵すことが論点となっていた。だが、資本主義システムそのものが社会に果す役割をマルクス以降もう一度検討する必要があるだろう。働くことの倫理の問題の根本は働く環境である社会そのものの変容にあるのではないだろうか。その変容とは社会で共有する価値基盤が希薄になるにつれて、経済的なシステムが内部で合理化することによってわれわれの価値基盤に大きな影響を与えることを指す。 
     
     労働に従属するわたしは、なんのための労働、だれのための労働と問う機会を失った。ただ生きるためだけに働き、ただ生きるためだけに食べることが善い生なのだろうか。労働することがわたしの存在意義そのものになったときには私自身の生きかたのさじ加減、いい加減さを失っている。私の生活空間は労働空間でうめつくされるのではない公共的な空間として再構築されるべきである。
     
     労働と消費の活動は表裏一体である。子供は生産物としての物質に囲まれて育つ中で、熟達した消費者へと仕上げられていく。どれだけ便利で快適であればよいのか。そこによりよくという言葉で極限にまでその限界を拡張することでその限界を問う不安から自分を解放しようとしている。 
     判断基準のいいさじ加減、いい加減さは人間の関係のなかで検討され更新されつづける。いい加減さの検討は自分が働くことの目的を求め、生活空間のないようと時間配分を決めなおすことにある。そして自分がどれだけ消費しているのか子供を含めた未来世代がどれだけ消費するのかを考慮に入れることである。労働と消費以外の価値を生活空間に見出すことが、労働と消費のあり方に変化をもたらすのである。 
     それが実現する社会においては即時的な消費のために時間と生産量で計量された労働から耐久性のある経験や仕事に敬意が表され、歴史の価値が生まれるだろう。

    top


    ◆岡本大輔・梅津光弘 (2006) 『企業評価+企業倫理――CSRへのアプローチ』, 慶應義塾大学出版会 ISBN4-7664-1266-4


    第1部 企業評価
     第1章 企業評価と企業の社会性
     第2章 社会性を考慮した企業評価
     第3章 実証研究による社会性評価モデル

    第2部 企業倫理
     第4章 企業倫理と企業社会責任論 企業経営をめぐるValue Shiftの流れ
     第5章 アメリカにおける企業倫理の生成と展開
     第6章 企業倫理の理論的統合の可能性
     第7章 グローバル化と企業倫理
     第8章 情報化社会における企業倫理
     第9章 企業倫理の制度化と社会支援制度
     第10章 企業倫理と企業評価

    top


    ◆竹内 靖一・宮本 又次 監修 (1979)『経営理念の系譜』,東洋文化社

    はしがき――竹中靖一

    福徳思想の発生と吉祥への願望――宮本又次

    江戸時代商家の経営理念――竹中靖一

    京都における老舗の経営理念――老舗の家訓を通して見た――足立政男

    江戸時代における家訓の特質――その現代的意義を求めて――作道洋太郎

    安田善次郎の人物と思想――明治期の企業者活動との関連において――由井常彦

    19世紀イギリス産業資本家の経営理念――角山栄

     イギリスの地域社会志向の企業家マインドを支えていたものは、現実には確かに限界があったにしても、ピューリタン的ジェントルマン的博愛主義であった。これに対して日本の産業資本家は国家目的志向の経営理念によって強く支えられていた。また家父長的温情主義による経営家族主義をとっていたにしても、そのなかからイギリスのような地域社会のほうクフとか年コミュニティ作りに向かう企業家マイドン[ママ]は生まれてこなかった。(p.199)

    ドイツ経営理念とキリスト教――北村次一

    アメリカ南部の経営理念――天野潤次郎

    1914年に幹部に頒布された少冊子「わが社の新年の事業方針」歯第一に「労働者の道徳的、精神的福祉の向上」を歌い、その冒頭に「禁酒」(sopiety)を掲げている。工場創立以来ロバーツ工場長の方針は禁酒の人しか採用しないことであるが、これは工場村の風紀にとって好結果を齋した。1899年、1909年の規制でも工場内、工場村内での避けるいの使用・販売、トランプ、ダンスを禁じている。酒飲みは不断の能率的作業をおこなえない理由にもよる。したがって会社は当然キリスト教会の「禁酒・節酒運動」に協力した。「喫煙」はそれほど守られていないことは1924年にYMCAの少年事業部長が「喫煙はもっとも困った敵で、如何ながらスクールフィールド工場の子どもの約半分が煙草を吸っている」と述べたことで明らかである。煙草生産地域に位置しているから禁煙励行は難しかったのだろう。
     「禁酒」と並んで「信仰」(piety)は特に重視せられた。キリスト教会に出席することは工場労働者にとっては半ば義務であって、信者の過半数が行員でもって構成せられる協会は「牧師の生活費」等の名目をつけて援助せられ、またぼく仕官はすべて会社が所有し、これを無償で牧師に貸与した。(p.261)

     青年に対しキリスト教主義に基づく、人格形成、集団訓練を図り、さらに教養向上からレクリエーションを提供する施設としてはYMCAとYWCAが大切であるが、会社はこのふたつを大幅に援助した。すなわち、1905年会員1200人の中四分の三が会社の女子工員であるダンヴィルYWCAに年額600ドルの寄付をし、それ以後も続けている。(P.265)

     この経営パターナリズムは一方においては従業員との親密な個人的接触を重んずる温情主義と、他方においては労組反対の頑固な態度、ちょうど戦後において解放された黒人小作人に定住を強制する「浮浪者取締法」を志向したと同じく、工場においても退職者に「品行カード」を発行し、新規採用社の品行を取り締まった封建的態度、いわゆる「パス・システム」となって現れている。(p.275)


    あとがき――宮本又次

    top


    ◆水谷雅一 編 (2003) 『経営倫理』, 同文舘出版


    第1章 経営倫理とは何か 水谷雅一
    第2章 経営倫理学の歴史的背景と展開 梅津光弘
    第3章 経営倫理と企業の理念・哲学 福留民夫
    第4章 経営倫理と法 松枝迪夫
    第5章 経営倫理とコーポレート・ガバナンス 高橋浩夫
    第6章 経営倫理とステークホルダー・マネジメント 宮坂純一
    第7章 経営倫理と倫理要領の遵守 田中宏司
    第8章 経営倫理と組織体制の確立 潜道文子
    第9章 経営倫理と経営倫理教育 松本邦明
    第10章 経営倫理とマーケティング 水尾順一
    第11章 経営倫理と監査 貫井陵雄
    第12章 日本企業における経営倫理体制の現状と課題 中野千秋
    第13章 企業のグローバル化と経営倫理 小山博之

    top


    ◆Bowie, Norman. (1999). Business Ethics : A Kantian Perspective, Blackwell. (= 2009 中谷常二・勝西良典 監訳 『利益につながるビジネス倫理――カントと経営学の架け橋』, 晃洋書房)


    序章
    第1章 非道徳的な商慣行がもつ自己破綻的性格
    第2章 ステイクホルダーの人格を単に手段としてよりもむしろ目的として扱うこと
    第3章 道徳的共同体としての企業
    第4章 義務に基づく行為――動機はどれほど純粋か?
    第5章 コスモポリタニズムの観点

     「どうしてカントなのか」と問う人々に対してわたしがいいたいのは、カントの道徳的枠組みによって、現在「啓発された」と呼ばれている一連の経営慣行を規範的な観点からおおむね正当化できる、ということである。続いて、利潤分配、従業員の増加、意義のある仕事、階層構造(ヒエラルキー)の撤廃、品質を求める運動といった慣行について、カンティアンの視点から正当化が行われる。これらの刊行を一つに結び付けているのは、組織論ではなくてむしろ倫理理論である。>19>

     こうしてわたしたちは、カントのいう定言命法の第一方式を使って次のことを示すことができる。すなわち、だれかが、ビジエンスパーソンも含めて、共同的な駆動の規則に従うことに同意したうえで自分が得をするためにそうした規則を破るなら、このような違反はつねに道徳的に間違っているのだ。そうした規則をつねに破ることを認めるような格>23>率は自己破綻する。つねに破られてしまう規則はもはや規則ではない。>24>

     競争に参加していながらそれを規則する規則を破るなら、その行為は非道徳的なものとなる。なぜだろうか。理由はこうだ。競争を規則する規則がつねに破られることになれば、そうした「規則」はもはや規則ではなくなってしまう。規則のための規則がつねに破られるとすれば、規則は不可能である。そのような活動は二通りの意味で自己破綻することになるだろう。規則をつねに破ってしまうとすれば、規則は無用の長物になってしまう。もう一つ、規則はそもそも、競争が混乱や<万人の万人に対する争い>陥るのを防ぐために必要となるものだから、規則はつねに破ってしまえば、福利を増大させる競争そのものが自己破綻してしまうことになるのである。>25>

     わたしは、倫理的に健全な商慣行は最終的な純益を得るための助けになりうると主張しているが、かならずそうなるのだといっているわけではない。倫理的に正しいことはコストがかかるだけであり割に合わないこともある。そのような場合にカンティアンの道徳は、企業が割に合わなくても倫理的に要求されることを行うように求める。しかしながらわたしは、道徳的に要求されることを行うのが必ずしも利益に反するわけではないことを示せたと信じたい。道徳的であることは、最終的な損益に対してマイナスに働くというよりはむしろプラスに働くこともあるのである。
     要約しよう。ビジネスで見られる意図的な行為が道徳的に正当化されるかどうかをテストするために、カントのいう定言命法の普遍化可能性の方式がどのように使えるのか、わたしは示そうとした。そのようなテストを用いて私たちは、契約を破棄したり、盗んだり、不公平ない競争をしたりといった行為がどうして道徳的に間違っているのか、その根拠を示すことができる。わたしたちはまた、引き合いに出されたような非道徳的な行為が危険の始まる限界値を超えると、嘘をつかないとか公平にするといった規範を前提としている商慣例自体が不安定になり、極端な状況では存続できなくなってしまうこともたしかめた。さらにわたしは多数の例を用いて、カントの主張の利点は理論的な面に尽きるものではないことを示そうとした。カントの主張は予見可能な現実世界に適用できるものなのである。>31>

     くり返しになるが、わたしはこれらの主張が単に帰結主義的なものではないことを強調したい。私が示そうとしているのは、企業が生き残るためには、ある一定の経営慣行がなくてはならないということである。企業が生き残るために不可欠な慣行に矛盾するような慣行が採用されていしまうと、実際の矛盾が起こってしまう。そして経営者には企業を反映させる道徳的な義務があるのだから、企業の存続をゆるがすような実際の矛盾を含む慣行は道徳的ではない。>48>

    top


    ◆日本取締役協会 編 (2006) 『江戸に学ぶ企業倫理――日本におけるCSRの源流』 生産性出版


    第1章 江戸時代の社会とビジネス
    第2章 江戸期商人の商業道徳――往来物・家訓・商人心得書を中心に
    第3章 『日本永代蔵』に見る企業倫理――江戸時代における商家の蔵と西鶴の致富観
    第4章 石田梅岩の企業倫理
    第5章 近江商人の企業倫理
    第6章 『日暮硯』と企業倫理――恩田杢に見るリーダーシップの本質
    第7章 職人の倫理
    第8章 豪商の企業倫理
    第9章 江戸時代のビジネスにおける女性の役割
    第10章 「三方よし」から「六方よし」の企業倫理へ――座談会(弦間明・小林俊治・藤居寛・矢内裕幸)

    (4章)梅岩自身にとって、商売を実直にやることは目的であると同時に手段であった。梅岩の究極の目的はものごとの本質を理解することであり、その集団が道徳的な商業活動だったのである。(・・・)性は、ものごとの本質であるから、外的な影響、特に自分の願望や欲求によって目が曇っているうちは、理解することができない。梅岩の師了運が「性は目なしにてこそあれ」といったように、自我が残っているうちは、性に到達することはできないのである。(…)多くの東洋思想に共通するが、心学も心身一如の立場に立つ。つまり性を知るという精神作用は、生身の身体を通じてなされるという立場である。(pp.102-103)

     心学の場合、座禅や山岳修行に相当するのが、日常生活である。前節の引用を繰り返せば「行状を持って教ふ」である。つまり商人層に置いては日常の商業生活を通じて、ということになる。つまり自己を磨き、自己を超越し「性」を知るための修行の場を章にたちの日常生活に求めたのである。その具体的な修行が、倹約出会ったり、地道に商売を行うことであったり、自己犠牲で会ったり、親孝行であったりしたわけである。梅岩自身のストイックな日常生活も、この点から理解することができよう。(…)それゆえ、梅岩は商業活動の正統性を主張し得たわけであるし、あるべき商業活動の姿についても述べることになったのである。性は当然商業活動そのものにも見いだすことが可能である。(p.104)

    top


    ◆日本取締役協会 編 (2008) 『明治に学ぶ企業倫理――資本主義の原点にCSRを探る』 生産性出版


    第1部 荒々しく、野心的な時代の倫理
     1章 明治時代の企業と社会――企業倫理の視点から
     2章 明治時代の三菱
     3章 明治の実業家像――福澤諭吉が説く気品と智徳
     4章 明治の会計制度と住友の会計
     5章 明治の食文化と食の倫理
     6章 野村徳七商店――武士道、大阪商人道と企業家精神
     7章 資生堂の理念――事業の倫理と美の社会貢献
     8章 春は曙、異邦の神々とダイアローグ
    第2部
     9章 企業倫理の変遷―江戸から明治、平成へ(明治の個人と企業の倫理(座談会)
     10章 六方よし文書――江戸の「三方よし」から平成の「六方よし」へ)

    top


    ◆鈴木辰治・角野信夫 編 (2000) 『企業倫理の経営学――叢書現代経営学16』, ミネルヴァ書房


    序 章 経営学と企業倫理――その背景を考える
    第1部 企業倫理の理論
    第1章 アメリカにおける企業倫理論――その背景、方法、展開
    第2章 ドイツにおける企業倫理論――経済性と倫理性の統合
    第3章 日本における企業倫理研究――社会的責任と企業倫理
    第2部 企業倫理と企業行動
    第4章 現代日本企業と企業倫理――行動特質、行動倫理、倫理的問題状況
    第5章 企業と従業員・労働組合―― 人に優しい倫理的企業
    第6章 企業と消費者――豊かな生活の実現と企業経営
    第7章 企業と地域社会――わが国における企業の社会的貢献活動
    第8章 企業の国際化と企業倫理――国境なき企業倫理の課題
    終 章  21世紀における企業倫理の課題――社会のなかの企業

    top


    ◆UP:060528,REV:061207,070217,0613,1009:080316,090214