LgAmazon

Looking Glass 3Dを使ってAmazon WebServiceを使ってみよう!!
English page here. 以前のバージョン

■ はじめに
みなさんご存知のAmazon WebServiceをLG3Dの世界で表現してみました。 コンセプトは 「本屋で本を選んでいる感覚」 です。使いやすいかどうかとかはとりあえずおいて置きます(^^;
■ インストール
0.8.1 および 0.9.0(dev) 対応版です。 0.8.0 では動作しません。 ※ 動作確認はWindowsのみ行っています。 ★LG3Dの推奨解像度:1024 x 768以上 LG3Dの解像度は、LG3D_HOME/displayconfig/j3d1x1 で設定できます。 1. LgAmazon.jar をダウンロードしてください。 2. LG3D_HOME/ext/app にコピーしてください。 3. プロキシに対応しています。 設定を行う場合は、JARファイルを一旦解凍してください。 amazon.properties というファイルを探し出して、以下の内容を追加してください。 --- http.proxyHost=プロキシホスト http.proxyPort=プロキシポート http.proxyUser=プロキシユーザ名 http.proxyPassword=プロキシユーザパスワード subscriptionId=SubscriptionID --- SubscriptionIDをお持ちの方は自分のIDに書き換えてください。 編集が終われば再びJARにパッケージしてください。 これで準備は完了です。LG3Dを起動してください。 左下のメニューの [Internet]-[LgAmazon] をクリックすると起動します。
■ スクリーンショット
メインパネルです。 検索キーワードを入力して検索を行います。 一応簡易エディタを実装しています。BSしか利きませんが・・ Amazonのロゴの右にある画像をクリックすると、検索カテゴリを変更することができます。 現在、Books, Music, DVDに対応しています。 アクセスが始まると、Amazonのロゴがくるくる回ります。 回っている間にこのログをクリックすると検索を中断します。 検索が完了すると、書籍に見立てたオブジェクトが表示されます。 一応本の厚みも考慮しています。 本をクリックすると、本の表紙といくつかの情報が表示されます。 左クリックで元の位置に戻ります。 右クリックで裏面が表示されます。 裏面には、Editorial ReviewsとCustomer Reviewsが表示されます。 それぞれのパネルはスクロール機能とHTML簡易描画機能を実装しています。 HTMLの描画はSAXParserを使用しているので、invalidなデータが来ると完全には描画できませんが・・・ Customer Reviewsでクリックするとレビューを切り替えることができます。 右クリックで次のレビュー、左クリックで前のレビューに移動します。 Reviewer の詳細情報はまだ表示できていません。 本を開いている状態でマウスカーソルが外れると小さくなります。 マウスカーソルを当てることでズームインします。 Musicを選んだ場合、CDのトラックリストが表示されます。 DVDを選んだ場合、再生時間などが表示されます。 ビデオを見てもらうと動きが良くわかると思います。 Video
■ 既存の問題
  • メモリを大量に消費する。 このアプリケーションは非常に多くのメモリを必要とします。 メモリが足りない場合、LG3Dが落ちることがあります。
  • 文字が透ける。 図のように文字が透けて表示されることがあります。 原因は不明です。
  • 背表紙の文字が見えない。 真ん中の2冊のように、文字色と背景色が重なってしまうことがあります。 原因は不明です。
  • Customer Reviewが無効になる。 図のように、Customer Reviewが白くなることがあります。 この状態ではマウス操作はできません。 原因は不明です。
  • 文字列が途中で途切れる。 表示サイズの問題で文字が途切れることがあります。 今のところ具体的な対応策はありません。