ポート加工

気になっていたポート加工・・・
ネット上ではありますがいつもお世話になっているmatsuさんがポート加工をされたと伺い、私もマネっ子させていただきました(爆)
アドバイスもいただき、ありがとうございますm(^^)m

 
今回はバルブコンプレッサーがあるので自分で分解することができました。
ヘッドとバルブ関連です。

 
こちらがターゲットです!
PC20の口径に合わせてポートを拡張していきます。
マニホールドも同じように加工します。

 
まずはPC20のマニホールドから。
現場で使用しているつくし型のドリル(タンガローと呼んでいます)です。
ガスケットでマーキングをしてゴリゴリと30分かかりました。


仕上げで滑らかにしてマニホールドの加工は完了です。

いよいよヘッドです。

 
吸気側のポートを拡張しました。(荒削り状態です)
バルブに向かって一応、滑らかにしていきたいと思います。

 
排気側側のポートの拡張です。(荒削り状態です)
吸気側よりも小さいサイズに拡張しました。


燃焼室側はピンク色の部分を削る予定です。

ポート加工結果

 
無加工の時よりはザラついてません。
鏡面仕上げはできません(^^;


燃焼室側もこのくらい削りましたが・・・
とりあえず今日のとこはこのくらいで許したる!(爆)


ついでにヘッド磨きました(笑)

インプレッション

これくらいか!もう少しか!とブツブツ言いながら行ったポート加工(爆)
結果としては回転上昇がスムースになり、中回転からのトルクが増しました。
ポート加工とクロスギアの相乗効果で今まで3速で失速していた坂道も余裕で加速しながら登っていきます!
驚きました!!
適当ながらもこんなに違いを体感できるとは・・・
恐るべしポート加工・・・
手間がかかった分、乗る楽しみも倍増しました(^^)v

ポート加工についてアドバイスいただきましたmatsuさん、誠にありがとうございましたm(_ _)m

ブラウザのBack又は           HOME