フライホイール軽量化

予備エンジン用のフライホイールを探していたところ軽量化されたフライホイールが某オークションで出ていたので早速入手。
コメントでの重さは819gです。
ちゃんとした計量機がないので正確な差が分からないのですが比較すると約120g軽量フライホイールとなります。
軽量化によるレスポンスのアップを期待して取り付けてみました。


左がノーマル、右が軽量バージョン
見た目があまり変わらないですね(^^;

早速取り付けて試乗してみました。
大幅な改善ではありませんが、吹け上がりが良くなっていることを体感することが出来ました。
振動も軽減されています。
ノーマルではスロットルの開度スピードに対して実際の速度が遅れてついてくる状態でしたが、軽量フライホイールにしてその症状が少し改善されています。低速側のトルクへの影響はほとんど出ていないようです。
もう少し軽くすればより体感できるかと思いますが、低速トルクへの影響も考慮しなければならないですね。
更なる軽量化はいずれ行いたいと思います。
アルミの強化クラッチとの組み合わせも試してみようと思います。クラッチだけでも200gは軽くなるので楽しみです。
追って報告いたします。

ブラウザのBack又は           HOME