エンジン腰下オーバーホール

オイル交換時にアルミのかけらがオイルと一緒に出てきました。
気になって運転どころではなくなってしまったためオーバーホールをしてみようと思います(^^;

写真が多く、くどいですが(笑)

※素人が一人で楽しみにやってます(^^;
はじめてご自身で実際にやられるときにはプロや精通した方に相談された方がいいですよ!

分解

初めての腰下分解です。
楽しみの反面、不安も・・・(^^;

 
さて、エンジン降ろして始めます・・・


腰上をばらしました。
↓腰上のバラシの詳細は↓
エンジン腰上OH

 
フライホイールと内部のステーターを取り外します。
↓フライホイールなどの詳細は↓

カムチェーン交換

 
ん〜、これがオイル交換時にカスが出てきた原因の1つのようですね
カムチェーンが暴れてクランクケースを削っています(−−;;


クランクケース分解のため、ピンクの矢印のところのボルトを外します。

 
こちらはクラッチ側です。
プライマリードリブンギアとクラッチを外しました。
↓クラッチに関する詳細は↓

強化クラッチ


これからドラムストッパーやシフトスピンドルなどの取外し作業になります。

 
左のピボットボルトを外し、ドラムストッパーを取り外します。
また、ネジロックで固定されている6mmビスをショックドライバーで外し、ドラムストッパープレートを取り外します。

 
左写真はギアシフトスピンドルを抜き出したところです。
右写真はギアーシフトドラムピン4本を抜きます。小さいのでなくさないようにしないと・・・

 
キックスタータースピンドルの根元にあるサークリップ(ピンクの矢印)を外します。
サークリップが取れると右写真のようにキックスプリング(
)とスプリングリテーナー(→)が外れます。


すっきりしてきました(^^)
これから割ります!

 
ガスケット部を予めカッターで少し切れ目を入れておきました。
後は出っ張っているところひたすらガンガン叩きまくりです(^^;
それにしても固着しててなかなか外れませんでした・・・
金づちの木の柄がぼろぼろになりました(笑)

ケースを開けた時に、ギアーやキックスタータースピンドルのワッシャーがケース側にくっついてくることがあります。
なくさないように注意が必要です。
ケースを割った時にポロ〜ンとケース側から落ちてきたのでビビリました(笑)

 
キックスタータースピンドルとクランクシャフトを抜き取ります。


カムチェーンガイドスプロケットスピンドルも外しておきます。

 
残るはギアですね。ギアの一番下まで手を入れて両手でギアとシフトドラムを固定してゴニュゴニュしながら引き抜きます。
中途半端なところで引き抜くとギアだけ抜けてしまいますので注意してください。


全バラ完了です。
クランクケースの中は黒い付着物がありますね
製造過程のバリもそのままになっています。
これからケース内の汚れやバリ取り、ギアの清掃を行います。

清掃

各部をパーツクリーナーなどで綺麗に細かな汚れを除去します。
合わせて点検できるところは済ませておきます。

クランクケースの清掃

 
左写真は分解後そのままの状態です。内部は非常にざらざらしています。
ベアリング部はマスキングをしてカスが入らないように保護しました。
右写真はケースの左半分磨いたところです。ざらざらは少なくなり滑らかにしました。
小さなヤスリとワイヤーブラシ、耐水ペーパーで仕上げています。
結構重労働ですね(^^;


クランクケースの外側も磨きました。

ミッションの清掃

 
左がカウンターシャフト&ギア
右がメインシャフト&ギア
間にあるのがシフトドラム&シフトフォークです。

 
ギアを全バラにしました。
点検しましたが欠けやキズなどは見当たりませんでした。

取外しの際にはスプラインワッシャーやカラーなどギアにくっついてくるのでよく確認した方がいいですね
ギアの下面からシャフトに順番に入れていけば元通り(私の確認用コメント(笑))


一応、バラシてすぐに確認のため、その通りやって見ました。
元通りになりました(笑)

クランクシャフトの清掃


ベアリング部やシャフトの付け根などパーツクリーナーで洗浄しました。
オイルを差して回転時に引っかかりなど無いか確認をしました。
また、シックネスゲージでクランクシャフトの隙間も規定値に入っているかを確認します。

キックスタータースピンドルの清掃


キックスタータースピンドルも分解してパーツクリーナーにて清掃しました。

オイルポンプの清掃

 
オイルポンプも念のためばらして清掃しました。

調整

今回の調整はクランクシャフトとクランクケースのクリアランス(遊び)を少なくすると良いとの情報をいただき、
ダイヤルゲージとアキシャルシムを利用してここぞとばかりに実践してみました。

クランクシャフトの軸方向移動量調整


ギアなどを本組する前に軸方向移動量を計測しました。
本組の際にはこのデータを利用してアキシャルシムを挿入し調整します。
↓詳細についてはこちら↓

アキシャルシム

その他、クランクケースに取り付けたままクランクの軸のブレがないかもダイヤルゲージにて実測しました。
ブレはクラッチ側とフライホイール側共に0.04mmのブレはありますが規定値内のため、そのまま取り付けいたします。
大きなブレがあった場合、私の手では直せませんが(^^;

組み立て

ばらした逆の手順で行います。

ミッションの組み込み


ギアを両手でクランクケース内に組み込みます。
こちらは3,4速をモンキーRのギアに入れ替えクロス化しています。
↓詳細についてはこちらから↓

ミッション入れ替え企画

クランクシャフトの組み込み

 
先にご紹介いたしました、アキシャルシムをクランクシャフトと左クランクケースの間に入れて取り付けます。
クランクシャフトはクランクケースに結構入りづらいですね(^^;
無理に入れず、オイルを良くつけて入れました。

アキシャルシム

キックスタータースピンドルの取り付け


ギアが噛み合うようにキックスタータースピンドルを挿入します。
ケースの溝にフリクションスプリング()を挟み込み固定します。

クランクケース合わせ

 
クランクケース内のパーツを全てセットしたらガスケットを置いて、
クランクケースを閉じ、裏返してボルトを規定トルクで締め付けます。
これでどうにか閉じることができました・・・(^。^)ホッ

キックスプリングとスプリングリテーナーの取り付け


クランクケースを閉じた後、キックスピンドルのキックスプリング、スプリングリテーナー、サークリップを取り付けます。
スプリングはクランクケースに引っ掛ける場所があります。キズを付けないようにゆっくり入れ込みます。
ちゃんとキックした後に戻ってくるか確認する為、キックアームをつけて確認しました。

ギアシフトスピンドルの取り付け

 
ギアシフトスピンドルを挿入し、その後、右写真のようにシフトドラムピンをセットします。

ドラムストッパーとプレート

 
シフトドラムのストッパープレート固定ビスにネジロックを塗布してショックドライバーにて締め付けます。
締め付け後、右写真のようにドラムストッパーを規定トルクで締め、プレートの溝にドライバーなどで移動させます。

シフトドラムの固定とギア入り確認

 
シフトドラムプレートの反対側の6mmボルト()を締め付けてシフトドラムを固定し、キャップをつけます。
また、この時にチェンジペダルを取り付けてギアの入り具合を確認しました。
若干入りづらいところはありますが、とりあえず1〜4速まで入りました。

オイルポンプスピンドル

カムチェーンガイドスピンドルの取り付け

 
カムチェーンガイドスピンドルを取り付けます。
差込みねじ込むだけですね

カムチェーンテンショナーの取り付け

 
カムチェーンテンショナーアームをピボット()で取り付けし、ローラー(↑)を取り付けます。


続いてカムチェーンテンショナーロッド()を挿入します。
最後にカムチェーン(↑)を取り付ければ完了です。

ステーターの取り付け

 
ステーターを取り付ける前に固定ビス穴に取り付けるOリングの確認を行います。
Oリングを確認後、ステーターを取り付けます。

フライホイールの取り付け


フライホイールを規定トルクで締め付け、固定します。

クラッチの取り付け

 
オイルポンプをつけてクラッチ本体を取り付けます。
残りはクランクケースカバーを取り付けるだけ!!
強化クラッチ
やっと見慣れた姿になってきました(笑)

腰下オーバーホール完了


完成です!見た目は全く変わっていませんが(^^;
クランクケースカバーもリペイントしました。

部品待ちの時間を利用してあらゆるところの清掃とチェックをすることができました。
今後の変更箇所も考えながらできたので、大変勉強になりました(^^)v

ブラウザのBack又は           HOME