ま〜ごり号のトラブル事例

ま〜ごり号も2005年5月で2年生になりました。
大きなトラブルは幸いなことにありませんでしたが、今までのものとこれからのものをまとめて行きたいと思います。
項目が多くなり次第、細分化してまいりますので、今のところはメモ程度です。
よろしくお願いいたします。

エンジン不調

ガビ〜ン・・・(古)
通勤途中にそれは起こりました。


今まで調子よく走っていたのに、信号待ちでストールしました。
それから何度キックをしてもエンジンが掛からず(--;
何とかエンジンが掛かり仕事場に行くことはできましたが、仕事に身が入らないのは言うまでもありません(爆)

現場での確認事項
工具かばんから工具を取り出し、プラグの確認・・・問題なし
キャブにガソリンが行っているか・・・問題なし
プラグから火が飛んでいるか・・・問題なし

症状
1.焼きつき?抱きつき?なんて思いましたがそんな急激温度変化もなく症状も現れていませんでした。
2.キック連発でどうにかエンジンは掛かるようになりましたが、吹かしていないとストールします。
3.アイドルスクリューで回転数を上げましたが低回転が不安定で2500回転〜3500回転くらいを行ったり来たりします。ある意味かっこよかったります(爆)
4.なんとなくですが、高回転が今までより力があって良い感じがしました。(おそらく気のせいです)

乏しい知識から考えられること(爆)
1.バルブタイミングが狂った?
2.軽く抱きついた?
3.プラグが壊れた?
4.ジェット類の設定がおかしい?
5.キャブ?

仕事により早々に検証できず、悶々とした日々をすごし、週末に見ることができました。

フラホを外し、ウッドラフキーの点検・・・問題なし
フラホのTマークとカムスプロケのOマークの一致・・・問題なし
タペットクリアランスの確認・・・吸排気共に0.02mmほど広くなっていたので修正しました。

さて、エンジン始動です!
変わりません(^^;
タペットクリアランスの原因ではなさそうです。

やはりキャブか・・・
というか、キャブでないと困ります(笑)

ガソリンはしっかりと注ぎ込まれているので、ジェット類やその先の穴などを観察してみました。

冬眠に入る前にOHはしましたので問題はないだろうと・・・

が、なんじゃこりゃ〜!
何かこびりついています。しかも、ニードルジェットの穴のひとつが半分埋まっています(−−;
早速キャブクリーナーで洗浄しました。

その結果、普通にアイドリングしてくれました(^^;
こいつが原因だったのですね
長い間放置しておくとこのようなことになるのですね・・・
冬眠させる前にOHするのではなく、目が覚めたときにOHするべきでした(笑)
まぁ、冬眠前にしていなかったらもっと頑固な汚れになっていたかもしれませんでしたので良かったということで!

いずれにしても大事に至らなくて良かったです。
毎日お供の工具に感謝しながらまた通勤快速してくれております(笑)

ブラウザのBack又は           HOME