◎絶滅(EX)  14種類
 
ハシブトゴイ  カンムリツクシガモ  ダイトウノスリ
(新規絶滅認定)  マミジロクイナ  
 リュウキュウカラスバト  オガサワラカラスバト  ミヤコショウビン  キタタキ  ダイトウミソサザイ
 オガサワラガビチョウ  ダイトウウグイス  ダイトウヤマガラ  ムコジマメグロ  オガサワラマシコ

◎野生絶滅(EW)  1種類
 トキ


◎絶滅危惧 IA類(CR) 
  ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種

 ○
オガサワラヒメミズナギドリ(新規掲載種) 
 
クロコシジロウミツバメ   チシマウガラス  オオヨシゴイ(TB類からランクアップ)   コウノトリ 
 シジュウカラガン
  
ハクガン(DD種から変更)   カンムリワシ   ヤンバルクイナ   ヘラシギ
 カラフトアオアシシギ  ウミガラス  ウミスズメ  エトピリカ  アカガシラカラスバト  ワシミミズク
 シマフクロウ   
キンメフクロウ
(TB類からランクアップ)  ノグチゲラ   ミユビゲラ   チゴモズ 
 
オガサワラカワラヒワ
(TB類からランクアップ) 
 
                以上23種類  平成18年12月の21種類より5種類増  3種類減
 ◎3種類減の内訳は
   ダイトウノスリ   絶滅
   シマハヤブサ   情報不足(DD)に変更   
   オオトラツグミ   絶滅危惧U類に2ランクダウン


◎絶滅危惧 IB類(EN)    
IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種
 コアホウドリ  セグロミズナギドリ(DDからランクアップ)  アカオネッタイチョウ  アカシカツオドリ
 ヒメウ  サンカノゴイ   
クロツラヘラサギ(TA類よりダウン)   カリガネ(準絶滅危惧種NTより
 2ランクアップ)
   リュウキュウツミ   オガサワラノスリ   クマタカ   イヌワシ   チュウヒ 
 ↑
ライチョウ(絶滅危惧U類よりランクアップ)   オオクイナ   シマクイナ   コシャクシギ 
 ヨナクニカラスバト  
シラコバト(絶滅危惧U類よりランクアップ)   キンバト   ブッポウソウ 
 ヤイロチョウ   アカモズ   モスケミソサザイ   ホントウアカヒゲ  アカコッコ   オオセッカ
 ウチヤマセンニュウ   ナミエヤマガラ  
オーストンヤマガラ
(絶滅危惧U類よりランクアップ) 
 ハハジマメグロ  


     
以上31種類   平成18年12月の32種類より6種類増、 7種類減 

 ◎7種類減の内訳 
   オオヨシゴイ  キンメフクロウ  オガサワラカワラヒワの3種  絶滅危惧T
Aにランクアップ  
   ミゾゴイ  ツクシガモ  オジロワシの3種類   絶滅危惧U類へランクダウン 
   クロウミツバメ   準絶滅危惧種に2ランクダウン
   

◎絶滅危惧 U類(VU)   
絶滅の危機が増大している種
 
 
 
アホウドリ   ヒメクロウミツバメ   ミゾゴイ(絶滅危惧TB類よりランクダウン)  ズグロミゾゴイ 
 コクガン   ヒシクイ   
ツクシガモ
(絶滅危惧TB類よりランクダウン)   トモエガモ 
 
オジロワシ
(絶滅危惧TB類よりランクダウン)   オオワシ   サシバ   ハヤブサ 
 
ウズラ
(準絶滅危惧種よりランクアップ)  タンチョウ  ナベヅル マナヅル  タマシギ(新規掲載)
 
シロチドリ
(新規掲載)   ツルシギ(新規掲載)   アカアシシギ   タカブシギ(新規掲載)
 
オオソリハシシギ
(新規掲載)   ホウロクシギ   アマミヤマシギ  セイタカシギ  ツバメチドリ
 ズグロカモメ   オオアジサシ   ベニアジサシ  
エリグロアジサシ(準絶滅危惧よりランクアップ)
 コアジサシ   ケイマフリ   カンムリウミスズメ   
ダイトウコノハズク
(新規掲載) 
 リュウキュウオオコノハズク    クマゲラ    オーストンオオアカゲラ    サンショウクイ  
 タネコマドリ    アカヒゲ  オオトラツグミ  イイジマムシクイ    コジュリン 

      以上43種類  平成18年の39種類から11種類増、 7種類減。     

 
◎7種類減の内訳
   カリガネ  シラコバト  オーストンヤマガラ   3種類は絶滅危惧TBへランクアップ
   オーストンウミツバメ  クロウミツバメ  ヒクイナ  ヨタカ  4種類は準絶滅危惧へランクダウン


◎準絶滅危惧(NT)

  
現時点では絶滅危険度は小さいが生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種
 オーストンウミツバメ(絶滅危惧U類よりランクダウン)  クロウミツバメ(絶滅危惧U類よりランクダウン) 
 ヨシゴイ   チュウサギ   カラシラサギ   マガン   オオヒシクイ   ミサゴ  ハチクマ 
 オオタカ  ハイタカ  アカヤマドリ  コシジロヤマドリ  
ヒクイナ
(絶滅危惧U類よりランクダウン)
 
ハマシギ
(新規掲載)  オオジシギ  カラスバト  ヨタカ(絶滅危惧U類よりランクダウン)
 マキノセンニュウ   オリイヤマガラ   ノジコ 
 
      以上21種類  
 平成18年の18種類から5種類増  2種類減     

 ◎2種類減の内訳
   ウズラ  エリグロアジサシ  2種類は絶滅危惧U類へランクアップ
                    


◎情報不足(DD)   
評価するだけの情報が不足している種
 シロハラミズナギドリ   ヘラサギ   クロトキ   サカツラガン   アカツクシガモ 
 オシドリ   アカハジロ  
シマハヤブサ
(絶滅危惧TAより変更)  エゾライチョウ   クロヅル
 
ケリ
(新規掲載)   チシマシギ  シベリアオオハシシギ   マダラウミスズメ  ウスアカヒゲ
 コトラツグミ   
ウグイスの1亜種
(新規掲載)
   以上
17種類   平成18年の17種類から3種類増 3種類減

 
◎3種類減の内訳
   ハクガン        絶滅危惧TA類に掲載
   セグロミズナギドリ  絶滅危惧TB類に掲載
   コウライアイサ    去就不明


◎絶滅の恐れのある地域個体群(LP)
  
地域的に孤立している個体群で絶滅の恐れの高いもの

 
青森県のカンムリカイツブリ繁殖個体群 
 東北地方以北のシノリガモ繁殖個体群





  
  
戻る
環境省による鳥類絶滅危惧種  平成24年8月発表
日本の絶滅の恐れのある野生生物のうち野鳥についてのリスト(レッドリスト)。
レッドデータブックはこのリストに基づいて生息状況などを取りまとめたもので、このほかに都道府県単位での
レッドリストもある。