[広告上側]

のし袋の書き方

のし袋の書き方.思い起こせば結婚時の引き出物から始まり、出産・お宮参り・七五三の御祝い返しです。
こちらが返す立場の場合は、大体表書きは『内祝い』でいいのでまだ簡単なんです。
逆にこちらが祝う立場の時は得にチェックが厳しいのです。のし袋の書き方に関していろいろと書いています。
のし袋の書き方で、その人の常識力や人間性がでるものだと思います。
例えば、私が結婚する際にもらったもので例を挙げると…。冠婚葬祭、それぞれの場合でのしや袋の種類・書き方って違うらしい。
社会人になるまで冠婚葬祭等は無縁で、のしなんて書いた事なかったので・・・。
結婚の場合の水引きは結び切りか結び留め、というもの。。
何回も起こったら困る出来事の時は、蝶結びみたいなループしている形のは避けるらしい。
知らなかった〜、派手な蝶結びの方が喜ばれると思ったのに。
お祝い事だから失礼の無いようにしないといけません。
という事は、退職の餞別の場合は??
結婚による退職だから、同じようにループしてないものでいいのかな。
のし袋の書き方は結婚祝は『御祝』、餞別の表書きは『御餞別』何です。

結婚 のし袋 書き方

結婚 のし袋の書き方「寿」の下って自分の名前を書くんですよね?
バイト先で貰ったのしの資料(本のコピー)によると、表書きに「寿」と書くのは「結婚祝い(金品ではない)」「引き出物」「媒酌人へのお礼」「仏式で僧侶へのお礼」だそうです。地域によって異なりますが、一般的にはご祝儀に「寿」とは書かないようです(一般的には書かない表書きも「書いて!」と言われたら、その旨を伝えた上で書いていましたが・・・「分からないからプロに頼んだのに、間違いをどうして指摘してくれないの!?恥かいたじゃない!」と言われないようにするため・・・)
そしてご祝儀は、「御祝儀」と書けばいいみたいですよ。
・相手の名前は書きません。結婚以外でも「のしに相手の名前を書く」ことは無いです。
結婚 のし袋の書き方でもう1点、のし袋の選び方にも注意しましょう。
水引が問題になります。
結婚祝いは「金銀」の水引きで、「しっかり結んであるもの(結びきり)」を使います。
よくある「蝶結び」はほどけるので、何度あってもいいお祝いに、例えば出産祝いなどに使います。

[広告下側]

Copyright © 2008 のし袋の書き方