Mr.Yoshio Kataoka's Book List 1960's

1963 | 1964 | 1965 | 1966 | 1967 | 1968 | 1969 ||  

『C調英語教室』

『C調英語教室 ミッドナイト・イングリッシュ・コーナー

テディ片岡 著

カバーのデザインと挿画 真鍋 博

三一書房(三一新書368)/1963年2月23日/219p.

  1. 英語とはこういうものだ
  2. 習うより慣れるために
  3. 男性に必要な言葉
  4. 老教授、人生を語る
  5. 軽音楽をたのしもう
  6. 隠居の博識
  7. 若い男女の英会話
  8. 海外旅行へのアドバイス
  9. 言葉のいろいろ
  10. しゃれた言葉で夜を楽しく
あとがき(一九六三年一月)

NOTE: 雑誌『マンハント』に1962年7月号から連載の「現代有用語辞典」に加筆したもの。

1963 | 1964 | 1965 | 1966 | 1967 | 1968 | 1969 ||  

『もだん・めりけん珍本市』

『もだん・めりけん珍本市』

テディ片岡 著

久保書店/1964年


NOTE: 雑誌『マンハント』に連載(「もだん・めりけん珍本市」1962年2月号〜1963年7月号)。

1963 | 1964 | 1965 | 1966 | 1967 | 1968 | 1969 ||  

『味のある英会話』

『味のある英会話』

テディ片岡 著

装丁 真鍋 博

三一書房/1965年/250p.

1963 | 1964 | 1965 | 1966 | 1967 | 1968 | 1969 ||  

『これがホントのパズルでござる』

『これがホントのパズルでござる 頭のワルくなる本

パロディー・ギャング 編

コダマプレス(Q collections)/1966年/215p.

1963 | 1964 | 1965 | 1966 | 1967 | 1968 | 1969 ||  

『現代男性堕落専科』

『現代男性堕落専科 ふるい立て男たち

沖田総治 著

あまとりあ社/1967年4月20日/274p.

1963 | 1964 | 1965 | 1966 | 1967 | 1968 | 1969 ||  

『誘惑の告白』

『誘惑の告白 女性を肉体的に説得する技術

深町新作 著

カバー構成 三条美穂

コダマプレス(Q collections)/1967年5月25日/250p.

まえがき
  1. 能婦子の場合
  2. 彩子の場合
  3. 三津子の場合
  4. 千沙子の場合
  5. 紅子の場合
  6. 彰子の場合
  7. 秋子の場合
  8. 弓子の場合
  9. 雪代の場合
  10. 香保子の場合
  11. 敬子の場合
  12. 衿子の場合
  13. 淑子の場合
  14. 梨江子の場合
  15. 恵美子と治子の場合
  16. 奈美子の場合 (『週刊F6セブン』1967年1月21日号
  17. 美穂子の場合
  18. 聖子の場合 (『週刊F6セブン』1967年2月4日号
  19. 千代子の場合
  20. 康子の場合
  21. 桐子の場合
  22. 樹哩子の場合
  23. 霧子の場合
  24. 紀梨子の場合
  25. 都子の場合
  26. 虹子の場合
  27. クリスティアナの場合
  28. 京子の場合

NOTE: 雑誌『週刊 F6セブン』に連載(「落花狼藉」1966年〜1967年)。

1963 | 1964 | 1965 | 1966 | 1967 | 1968 | 1969 ||  

『虐待の快楽術』

『虐待の快楽術 女と社会をいじめる本

沖田総治 著

コダマプレス(Q collections)/1967年/201p.

1963 | 1964 | 1965 | 1966 | 1967 | 1968 | 1969 ||  

『意地悪な本』

『意地悪な本 あなたもやってみませんか!

しとうきねお・テディ片岡 著

KKベストセラーズ(ワニの本:109)/1968年9月15日/208p.+付録「意地悪な扉」11p.

1963 | 1964 | 1965 | 1966 | 1967 | 1968 | 1969 ||  

『ハッスルする本』

『ハッスルする本 一読たちまち男性上位

テディ片岡 著

カバー装丁・本文イラスト しとうきねお

双葉社(双葉新書)/1969年5月1日/230p.

  1. 男根の咆哮
    即物的な淑女の追憶
    もういくつ寝たら二十一世紀?
    びっくり、これが地球の真実だ
    エロチックアートってなにさ?
  2. 女よ、炎の翼をもて!
    ハイミスの泣きどころとと攻め方
    バラの花が肌を脱ぐとき
    あゝ、私はいつまでもお前を愛する
    それはゼロからはじまった
    さあ、いじめるぞ女を
    色の褪せた夕暮れのなかで
    あゝ、見捨てられたぼくの青春を
  3. 全能の時間と永遠の運命
    これが正しい日本の歴史なのだ
  4. 意地に生きるが男だと腕にきかせて旅ぐらし
    淑女に関する事実と迷信
    マスッかきバンザイ、さあかこう
  5. 罵詈雑言・春夏秋冬
    女よ、君たちは春のなかで生捕りだ
    夏の草ムラを裸足でぶらつくべし
    若い妻がはじめてよろめいたとき

1963 | 1964 | 1965 | 1966 | 1967 | 1968 | 1969 ||  

『オッ! 笑わせる本』

『オッ! 笑わせる本 話の中味は珍品揃い

テディ片岡 著

Illustration by 桜井 一(カバー装幀も)

大和書房(ダイワブックス 26)/1969年9月15日/198p.

1963 | 1964 | 1965 | 1966 | 1967 | 1968 | 1969 ||  

『20世紀最後の珍本』

『20世紀最後の珍本 5分間ごとに脳ミソがしびれる

テディ片岡 著

KKベストセラーズ(ワニの本:134)/1969年11月15日/219p.

1963 | 1964 | 1965 | 1966 | 1967 | 1968 | 1969 ||  

『アッ! これは傑作』

『アッ! これは傑作 世界のグッド・アイデア

パロディ・ギャング(広瀬正・水野良太郎・しとうきねお・小鷹信光・テディ片岡)

明文社/1969年

top