Radamés Gnattaliについて

 Radamés Gnattali(ハダメス・ニャタリ、ニャターリと表記することも多い)は1906年1月27日、ブラジル南部のポルト・アレグレに生まれた。父親のAlessandro Gnattaliは1896年にイタリアから移住しており、ピアノやファゴットが演奏でき、音楽教師や指揮者をしていた。Alessandroは大のオペラファンで、特にヴェルディが好きだった為に自分の息子の名を、ヴェルディのオペラ「アイーダ」の登場人物 "Radamés" にしたそうな。ちなみに、Alessandroは続いて生まれた息子や娘の名を "Ernani"、"Aida" としている。両親から音楽を習ったハダメス・ニャタリは3歳にして玩具のヴァイオリンを弾き、6歳からピアノを習い、9歳の時には子供オーケストラの編曲・指揮をしてイタリア領事からメダルを貰っている。

 14歳の時に地元ポルト・アレグレの音楽院に入学し、ピアノなどを勉強した。その一方で街のカーニバルのパレードに参加するのも好きで、Luiz Cosmeらの友人達と"Os Exagerados(大げさ者)"という名の楽団を作り、さすがにパレードにはピアノは持っていけないので彼はカバキーニョを弾いていた。16歳の頃には映画館で演奏して生計を立てていた。

 1924年、ニャタリはリオデジャネイロに出て、国立音楽学校で学んだ。リオデジャネイロは新しい音楽に満ち溢れており、ニャタリにとって刺激的であったであろう。彼はシネ・オデオンのロビーでピアノを弾いていたナザレにも会った。ナザレは"Galeria Cruzeiro"という文具・楽器店でもピアノ弾きをしていて、ニャタリがある日"Galeria Cruzeiro"でピアノを弾いてみせたらナザレは興味を示したとのことである。ニャタリは1924年7月、リオで始めてのピアノリサイタルを開き成功、翌年にはサンパウロでも演奏会を開いた。

 その後ポルト・アレグレに戻りピアノ教師として生計を立てつつ、エンリキ・オスワルド弦楽四重奏団との共演をしばしば行い、モーツァルト、ベートーベン、メンデルスゾーンなどを弾いていた。この弦楽四重奏団との付き合いは彼にとって、管弦楽法などを知る良い機会となったらしい。

 1930年、バルガスが大統領に就任し、愛国的「ブラジル化」政策が執られ、芸術の分野では民族主義が流行した。この頃に再びリオデジャネイロに出ていたニャタリも"Rapsodia Brasileira"などの民族主義的影響を受けた作品を作っている。ニャタリの望みはコンサート・ピアニストになることであり、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番のソリストとして演奏したことなどもあったようだが、演奏会のチャンスは少なく、生計を立てるためにダンスホールやラジオ局での編曲の仕事で収入を得た。またVeroというペンネームで"Espritado"、"Urbano"などのショーロを作曲した。

 1932年、ニャタリはピアニストのVera Maria Bieri結婚して、後に2人の子供をもうけた。

 1936年、リオデジャネイロでSociedade Rádio Nacional(国立ラジオ協会)が開局した。ニャタリはこのラジオ局でのピアニストやアレンジャーを長く務めた。更に1943年にはRádio Nacional制作の新しい音楽番組 "Um Milhão de Melodias(百万のメロディー)"の音楽担当を任された。この番組では国内外の多数の曲が紹介されたが、彼は"Orquestra Brasileira de Radamés Gnattali"というオーケストラを結成し、質の高い、かつブラジル的な編曲を施して指揮した。番組は13年間続き、ニャタリは多い時には週に9曲の編曲を作ったとのこと。また1954年に始まった "Quando os Maestros se encontram(いつ作曲家に出会えるかな)" という番組の中で、ニャタリはあの若きトム・ジョビンをピアノに座らせ、励ましている。

 ニャタリの仕事のメインはラジオ局でのアレンジャーだったが、彼は自分で「ポピュラー音楽は好きだけど、もし選べるんだったなら私はクラシック音楽の仕事をしていたさ」と言っていたらしく、1935年にはピアノ協奏曲第1番を作曲・初演、1939年には弦楽四重奏曲第1番を作曲、1945年には管弦楽のための"Brasiliana no. 1"がBBCオーケストラによって録音された。1953年にはニャタリのギター協奏曲がリオデジャネイロの市立劇場で演奏、今までポピュラー音楽としてのみ親しまれてきたギターがこのような劇場で演奏されるのはブラジルでは殆ど初めてのことであった。1954年にはエレキギターとピアノのための"Suite da danca popular brasileira"を作曲、その後も、ハーモニカ協奏曲(1958)、アコーディオン協奏曲(1958)といったジャンルを越えた斬新な作品を作り続けた。

 ピアニストとしても、1960年にはQuarteto Continentalのメンバーやピアニストである彼の妹Aidaらと共にヨーロッパ演奏旅行を行った。

 1965年に妻Vera Maria Bieriが死去。1967年に歌手・ピアニスト・俳優であるNelly Martinsと再婚した。

 1976年にはニャタリの70歳を記念して、演奏時間24分の大作である~合唱と管弦楽とナレーターによるカンタータ"Maria Jesus dos Anjos"が録音された。

 1983年にはを「シェル賞」を受賞。記念コンサートはリオデジャネイロ市民劇場で行われ、ニャタリ自身がリオデジャネイロ交響楽団を指揮した。

 1988年2月13日、脳卒中のためリオデジャネイロで死去した。

 ニャタリは生前は編曲家やMPBの作曲家として有名で、彼のことを「ブラジル音楽界の黒幕」と呼ぶ人もいる位です。百数十曲あるポピュラー曲は(私も一部しか知らないのですが)リオデジャネイロの浜辺やナイトクラブの豪華な夜を想像させるイイ雰囲気の曲に満ちています。
 クラシック系(と言っても彼の作品をジャンル分けするのは相応しくないのだが)の代表作は、まず13曲から成る連作 "Brasiliana" で、第1番ー管弦楽 (1944)、第2番ーピアノ・パーカッションと弦楽、第3番ー管弦楽 (1948)、第4番ーピアノ(1949)、第5番ーピアノ(1949)、第6番ーピアノと管弦楽 (1954)、第7番ーテナーサックスとピアノ(1956)、第8番ー2台ピアノ(1956)、2台ギター編曲および管弦楽編曲もあり、第9番ーチェロ・太鼓と小管弦楽 (1960)、第10番ー管弦楽 (1962)、第11番ー8台のチェロとピアノ(1968)、管弦楽編曲もあり、第12番ー2台ピアノと弦楽 (1968)、第13番ーギター (1983) から成る。各曲ごとに楽器編成が異なるのはヴィラ=ロボスの連作「ショーロス」や「ブラジル風バッハ」と同じで、おそらく影響を受けているんだろうな。
 その他の彼の作品の一部を列挙すると、管弦楽曲では "Sinfonia popular no.1, no. 2, no. 3, no.4, no. 5 (1955-1983)" など。ニャタリはジャンルを越えた協奏曲を多く作曲していて、前記の作品以外にもピアノ協奏曲は4曲 (1934, 1936, 1961, 1966)、ピアノと管弦楽のための "Concerto Romantico (1949)"、ギター協奏曲は3曲、2台ギター協奏曲は2曲、ヴァイオリン協奏曲は3曲 (1946, 1961, 1969)、チェロ協奏曲 (1944?)、ピアノ・エレキギターと管弦楽のための "Concerto carioca no. 1 (1950)"、ピアノ・コントラバス・ドラムと管弦楽のための "Concerto carioca no. 2 (1964)"、ハープ協奏曲 (1958)、ギターと弦楽オーケストラのための "Concerto de Copacabana"、Jacob do Bandolimの為に作られたバンドリンと弦楽オーケストラのための "Suite Retratos (1956-58)" などなど。室内楽曲ではピアノ五重奏曲 (1931)、木管五重奏曲 (1971)、弦楽四重奏曲は4曲 (1939-1968)、ピアノトリオは2曲 (1933, 1984)、フルートとピアノのためのソナタ2曲、フルートとギターのためのソナタ (1959)とソナチネ、チェロとギターのためのソナタ、チェロとピアノのためのソナタ (1934)など。これほど様々な楽器編成の作品を作った作曲家は他には殆どいないでしょう。

 ニャタリは自身がピアニストで、演奏家としても活躍しただけあって様々なピアノ曲を作っている。大雑把に分類すると、ポピュラー風の小品とがっちりとしたクラシック系(?)作品から成る。前者のピアノ曲は約10曲が知られていて、ショーロやヴァルサを元にしつつ9度の多用などジャズの影響も加わり、ともかくリズムも和声も粋でお洒落で、大人の音楽といった雰囲気。アムランなどクラシックのピアニストにも弾かれつつあり、今や静かなブームになっているかな。後者のピアノ曲には組曲が多く、Rapsodia brasileiraやブラジリアーナ第4番、5番、8番といった民族色濃い作品から、10 Valsas、Tocata、Sonatina coreográficaのような高度で難解な作曲技法を駆使した作品まである。ピアノ曲に限ったことではないが、ニャタリの作風はかようにも多彩であり捉え所がない。が、その根底に流れるのはやはり「ブラジルの心」に思えます。

 

Radamés Gnattaliのページへ戻る