Emilia de Benedictisのページ

Emilia de Benedictisについて

 Emilia de Benedictis(エミリア・ジ・ベネジクティス)は1919年10月12日にサンパウロで生まれた。彼女の父Savino de Benedictis (1883-1971) は、イタリア南部バーリの出身で、1900年代初め頃にブラジルに移民し、作曲家や指揮者として活躍した音楽家である。エミリア・ジ・ベネジクティスは父から音楽を習い、また1928年から1938年までサンパウロ音楽アカデミーでピアノなどを学んだ。その後はマグダ・タリアフェロやソウザ・リマといったブラジルを代表するピアニストに師事した。1938年に催されたラジオ番組収録のための演奏会で彼女は、メンデスゾーンの「ピアノと管弦楽のための華麗な奇想曲、作品22」のソリストを務め好評を博したとのこと。

 エミリア・ジ・ベネジクティスはその後も、幅広いレパートリーのピアニストとして活躍し、ラジオやテレビ番組に多数出演したとのこと。1943年にSylvio J. O. de Nucciと結婚し、2人の子どもをもうけた。1949年にはワルシャワで行われる第4回ショパン国際ピアノコンクールへのブラジルからの出場者に選ばれたが、家庭の事情により参加できなかったとのこと。

 エミリア・ジ・ベネジクティスはピアニストとして活動する傍ら、折にふれてはピアノ曲を作っていたらしい。そうした作品をピアノ演奏会の中で自ら弾くことはあったが、1970年代まではそれを楽譜にして発表することは無かった。1980年より自作のピアノ曲を楽譜に書き始め、15曲の楽譜を残している。

 1996年3月12日にサンパウロで亡くなった。

 エミリア・ジ・ベネジクティスのピアノ曲は、楽譜が存在する曲が15曲、楽譜はないが演奏記録などが存在する曲が6曲ある。いずれも、構成云々を述べるまでもない2分前後の小品ばかりで、和声もロマン派止まりである。作曲技法としてはアマチュア+α程度かもしれないが、多くの作品で仄かに漂う哀愁が何ともいい感じです。

 

Emilia de Benedictisのピアノ曲リストとその解説

1980

1981

1982

1983

1984

1985

1989

1990

1992

1994

1995

Date of composition unknown

 

Emilia de Benedictisのピアノ曲楽譜

 

Emilia de Benedictisのピアノ曲LP・CD

星の数は、は是非お薦めのCD、は興味を持たれた人にはお薦めのCD、はどうしてもという人にお薦めのCDです。

Emilia De Benedictis - Obra Completa para Piano
SM0310

  • Nuvens
  • Romanza
  • Ave Maria
  • Noturno nº 1 - Recordação
  • Noturno nº 2
  • Berceuse
  • Imagens
  • Velha Cantiga - A Gangorra
  • Arabesque nº 1
  • Arabesque nº 2
  • Cançoneta
  • Mariana (choro)
  • Estudo
  • Souvenir
  • Improviso
  • Nostalgia
  • Inquietude
  • Devaneio
  • Viagem
  • Toccata

Sylvia Maltese (pf)

 

Música brasileira para piano - Savino de Benedictis e sua Escola de Composição

Sylvia Maltese (pf)

 

Mulheres Compositoras França - Brasil

Piano solo

  • Tambiquererê (Chiquinha Gonzaga)
  • Allegro de concerto (Branca Bilhar)
  • Noturno nº 1 Recordação (Souvenir) (Emilia de Benedcitis)
  • Mélisande (Mel Bonis)
  • D'un jardin clair (De um jardim claro) (Lili Boulanger)
  • Improviso (Louise Ferrenc)
  • Sertaneja (Dinorá de Carvalho)
  • Valsa choro nº 5 (Adelaide Preira da Silva)
  • Serelepe choro nº 2 (Silvânia Barros)
  • Adagio (Nilcélia C. S. Baroncelli)
  • Dança nobre (Sandra Abrão)
  • Multisarabanda (Kilza Setti)
  • Vales (Maria Helena Rosas Fernandes)
  • En mer (Augusta Holmès)

Piano a quatro mãos

  • Les Gitanos (Mel Bonis)
  • Six valses caprice (Mel Bonis)
  • Voix du printemps, Six morcecaux (Marie Trautmann Jaël)

Sylvia Maltese (pf), Paola Tarditi (pf)

 

VOYAGE / VIAGEM
VCCD 04

  • Homenagem (Ignacio Cervantes)
  • Picotazos (Ignacio Cervantes)
  • Adeus a Cuba (Ignacio Cervantes)
  • Mazurca das "Cenas Românticas" (Enrique Granados)
  • Caleseras (Joaquin Rodrigo)
  • Dança Valenciana (Joaquin Rodrigo)
  • Desiderium (Eduardo Avellar)
  • Viagem (Emília de Benedictis)
  • Alegria de Viver! (Barrozo Netto)
  • Prelúdio n. 4 (Luis de Freitas Branco)
  • Prelúdio n. 8 (Luis de Freitas Branco)
  • Prelúdio n. 15 (Luis de Freitas Branco)
  • Suite Portuguesa n. 1 (Ruy Coelho)
  • Paisagem opus 2 n. 1 (Emília Resende)
  • Bailadeiras (Cláudio Carneyro)
  • Canção (Luiz Peter Clode)
  • Valsa de Concerto opus 19 (Luiz Peter Clode)

Valdilice de Carvalho (pf)