ベガスベイビーラスベガス ゴーストタウン




GHOST TOWN IN NEVADA (ゴーストタウン イン ネバダ)

19世紀後半バージニアシティでの金鉱発掘以降、
西部には一攫千金を求めて人々が押しかけました。
そのゴールドラッシュ時代に栄えた町が、100年前の面影を残したまま
ゴーストタウン化し、今も なお西部の各州には点在しています。
こうして1つの街が、取り壊される事なくそのままゴーストタウンとして
存在できるのは、広大な土地を持つアメリカだからこそですね!!
ここでは、作者が実際に訪ねたネバダ州のゴーストタウンを紹介します
まるで、今も人が住んでいるかのような西部劇映画から抜け出たごとく可愛らしい お家。
ビックサンダーマウンテンを、髣髴させますな。
ホーンテッドマンション張りの空家・・・でも本物なだけにメッチャ リアリティ〜
てか、例えが常にディズニーランドなんですけど・・・(^0^;)
STOPの標識の先にある建物に ご注目!!
その建物の中、誰が置いたか知らないけれど ナゼか窓からマネキンがーーー!!
こんな廃墟に コレ置きに行った人も凄いけど、本物のゴーストに見えるからさぁ
アメリカンブラックジョークもホントいい加減にしてちょ。。。(涙)
てか、これホントに マネキンよね?? ズーム→
消防車まで、フツーに残ってます。。
TONOPAH
ここの街は、人も住んでいるし お店もあります。
嬉しそうにトナパ!と叫んでいる。
何がそんなに嬉しいのか?
What a pritty town!おもちゃみたいな街。。
この街の可愛さに、テンションが上がってたわけね・・・納得。
街の賑わいとは裏腹に、1本奥の道に入れば やはり無人の廃墟が・・・
番外編 GOLD MINE TOWN
ラスベガスから約80マイルほど先、I-40の交差点を 東へ向かい アリゾナ州に入りコロラド川を越えてすぐの出口(Exit 1)で降り ルート66に突入しその後、ワインディングロードをひたすら行くと、 見えて来る街、それがオートマンです。
MAP <img src=http://gaczhias.fc2web.com/FREEMONT/oatmap.jpg>
1906年に設立された、モハーベ砂漠のブラックマウンテンズ (アリゾナ州)にある鉱山都市Oatman。 この街の名は、少女時代モハベ・インディアンに誘拐された Olive Oatman(オリーブ・オートマン)に 敬意を表して指定されました。
 悲劇の少女 OLIVE OATMAN 

1851年2月18日、Yavapaiインディアン(モハベインディアン)に、家族の元から誘拐された、

オリーブと姉妹(妹)のメアリーアンは 連れ去られた後、食物調達など

彼らの奴隷としての重労働を、余儀なくされました。

しかしその後、姉妹は2,3頭の馬と豆袋でトレードされモハーベ種族の

チーフの元へ引き取られます。彼の家族は、姉妹を愛で迎え、

彼らに食物を与え家庭生活を提供してくれました。 

しかし、干ばつの後の年 妹のメアリーは、彼女が奴隷として苦しんでいた頃の

飢えと病気の影響により、亡くなってしまいます。


1855-56の冬、軍隊が オリーブを発見、彼らに彼女を解放する為の交渉を始めました。

そして、1856年2月28日年の終わり ようやく解放されたのです。

写真の様に、オリーブとメアリーのあごには、払拭不可能な彼らのステータスの

青いサボテン型タトゥーが彫られています。そのタトゥーは彼女が開放された後も、

そして亡くなる年まで消える事は、ありませんでした。

(Oatmanホテル内には、OLIVE OATMANの肖像画と詳細など 飾られています)


現在は、閉鎖されて観光地となっているこの街は、かの有名な ルート66上に位置し、ゴールドラッシュ時期に そのエリアに 現われた多数のコミュニティーの一つです。 この古い西鉱山都市にある、お土産屋さんが並ぶストリートは、 クラーク・ゲーブルが愛した事で有名な(妻のキャロル・ロンバルドと、 結婚初夜を過ごし没年まで足繁く通った)「Oatmanホテル」と共に、 もう一つ忘れてはならない客寄せがあります。それは・・・ 人馴れしたロバちゃん達です!メインストリートを 何頭ものロバが 徘徊するのも、この街の見所の一つです。数あるお土産やさんでは、 店主が自製品の販売を、しています。 (その他、手製の皮革製品、手製のインドの宝石やナイフ等・・・)
OATMAN、昔
OATMAN、現在
今は、観光所となっている 閉鎖した金塊集積所
メインストリート
スーベニアショップス(お土産屋さん)


クラークゲーブルが愛したOATMAN HOTEL
ホテルロビーには、やはり彼が新婚旅行を ここで過ごした事や、
その後も度々カードを楽しみに彼がこのホテルを訪れた事などが書かれています。
ちなみに現在、ホテルは営業していません。
oatmanを訪れた際、歓迎してくれる人馴れしたロバ君。
餌を売っているので、餌付けもできます。