第24回 魚の開きの燻製  H18.7.20.
第24回の焚き火料理は、魚の開きの燻製を、ご紹介します。
開いた魚を、スキレットを使用して、燻製にしてみました。


(材料)
開いた魚(今回は、さばの開きを使用)


(調理方法)
1.スキレットに、アルミホイルを敷き、その上に、チップを載せます。
2.網を使用します。
3.その上に、魚の開きを載せ、蓋をします。
4.スキレットが、暖まるまでは、強火で、あとは、弱火で、熱します。
5.あとは、30分程度、そのままにしておけば、出来上がりです。


(参考までに)
@今回の開きは、薄塩加工がされていましたので、そのまま、使用しました。
A好みにより、塩加減を調整して下さい。
B手に入る魚を利用してみて下さい。
@使用したスキレット
Aアルミホイルを敷き、上にチップを
敷きます。
Bチップの上に、網を敷きます。
C魚のひらきです。
D網の上に、魚を載せます。 ちょっと、大きかったので、頭をカット。
E蓋をして、火にかけます。
Fチップが焼けて、少し色がついてきました。
G出来上がりです。いい色合いです。