第15回の焚き火料理は、ベイクドポテトをご紹介いたします。
ダッチオーブン料理としては、簡単な鉄鍋料理です。
子供たちにも大人気。焚き火にかざすだけですので、、時間が自由に使えます。
DOの中でも、スキレットと呼ばれる、オーブンで作ってみました。


(材料)
じゃがいも、バター、塩、


(調理方法)
1.じゃがいもを水洗いします。
2.DOに、じゃがいもを並べます。
3.底から、1センチくらいのところまで水を注ぎます。
4.ふたをして、焚き火にかざします。
5.蒸気が噴出すまで、強火で熱し、その後は、弱火で熱します。
6.時間的に30~40分で完成です。
7じゃがいもが、蒸しあがると出来上がりです。


(参考までに)
@今回は、ドラム缶グリルを使用してみました。
A火力調整のため、場所を移動させながら料理しました。
B調理時間は40分ほどでした。
C蒸しあがり後にバターを使用しましたが、お好みで塩を使用して下さい。
第15回  ベイクドポテト  H17.10.20.
@今回、使用したスキレットです。
Aじゃがいもを並べ、水を注ぎます。
Bグリルにおいている状態です。火力調整のため、場所の移動をしました。
Cふっくらと芯まで蒸しあがりました。
D皿に移すとこんな感じです。
Eじゃがいもに切れ目をいれ、
  バターをおいてみました。
お味の方は、

  テーブルにおいていたところ、
  5分後には、無くなっていました。
  子供たちの口には、
  おいしかったのでしょう。