第14回  炒麺 (長崎皿うどん 細麺) H17.9.20.
第14回の焚き火料理は、炒麺(皿うどん、細麺)をご紹介いたします。
長崎皿うどんとは、ちゃんぽん麺を強火で炒め、具材を炒め、
少な目のスープを加え、残らずに麺にしみこませた料理です。
一般的に、太麺と細麺と区別してありますが、正確には、細麺の場合、
炒麺(ちゃーめん)と言います。
ちゃんぽんや焼きそば用と同様の具材を、使用します。
長崎では、麺、スープ、具剤とどこのお店でも準備することが可能です。


(材料)
豚肉、エビなどの魚介類、キャベツ、たまねぎ、もやし、しいたけ、かまぼこ、はんぺん、
炒麺、スープ、味塩コショウ、油、


(調理方法)
1.鍋に油を敷き、豚肉、エビなどの魚介類を炒めます。
2.次に野菜を入れ、炒めます。ここで、下味として、味塩コショウを少々振り掛けます。
3.かまぼこ、ちくわなどを入れます。
4.分量にといた、スープを入れます。
5.しばらくしたら、とろみが出てきます。
6.炒麺を皿に盛ります。
7.麺に、先ほどの具材をかけたら、出来上がりです。


(参考までに)
@長崎では、どこのお店においても、炒麺、スープを手に入れることができます。
A今回は、すでに揚げてある麺を使用しました。
Bお好みにより、ソースをかけるとおいしくいただけます。
@使用した皿うどんです。
A油であげた麺とスープがセット
  されています。
B豚肉、野菜、かまぼこなどの具剤です。
C簡易コンロとフライパンを使用しました。
D作る量が多い場合は、こちらを
  使用しています。
E豚肉を炒めています。
F野菜、かまぼこ類を入れて炒めています。
G分量に溶いたスープです。
H FにGを入れた状態です。
I熱が通ると、とろみが出てきます。
J麺をお皿に盛り付けます。
K JにIをかけて出来上がり。
長崎には、皿うどん専用
ソースがあります。
ある専門店の皿うどん 太麺
ある専門店の皿うどん 細麺