パチュリーとある化物

少女は体が弱かった。

 

少女は病弱だった。

生まれつき体が弱く、部屋の外に出ることはできなかった。

窓の外の風景だけが少女の世界の全てだった。

やがて少女は本と出会った。

本は窓から見える風景以外の世界を教えてくれた。

本は少女を部屋の外の世界へと連れ出してくれた。

本は少女に、少女も世界の一員であることを感じさせてくれた。

少女は本があっという間に好きになった。

 

少女は天才と呼ばれていた。

 

少女は誰よりもたくさんの本を読んだ。

少女は誰よりも本が好きだった。

誰よりもたくさんの本を読んで、

誰よりもたくさんの知識を身につけた。

どんな大人にも負けないくらいの知識を身につけた。

少女は学ぶことが好きだった。

生まれついての才能もあったし、

何より少女は本を読むのが好きだった。

自分の世界が広がるような気がして、

少女は全ての本を読み尽くそうと思った。

特に、魔術の本が好きだった。

不思議な力。

それを生み出し、自在に操る術。

どんどん、どんどん身につけていく。

人は少女を褒めた。

たくさん、たくさん褒めた。

すごい、と。

優秀な子だ、と。

稀代の天才だ、と。

少女は何より褒められるのがうれしくて、

満足に外も出ることが出来ない、弱い自分を認めてもらえるのがうれしくて、

少女はもっともっとたくさんのことを学んだ。

 

やがて少女は、化物と呼ばれるようになった。

 

人智を超える存在。

生まれついての膨大な魔力と、

それを十二分に発揮できる知識。

なんでもすぐに覚えてしまう才能。

博識な大人ですらはるかに凌ぐ知識の量と質。

少女は優秀すぎた。

天才という枠を大きく上回っていた。

だから、いつしか人々はそう呼ぶようになっていた。

化物、と。

人智を超えた、人外の化物と。

優秀すぎた少女でも、わからなかった。

自分の何がいけなかったのか。

どうして人々は畏れるような目で自分を見るのか。

少女は優秀すぎた。

だから、その答えがわからなかった。

最初から、少女は間違ってなどいなかったのだから。

 

やがて少女は絶望した。

 

くだらない。

くだらないくだらないくだらない。

世界なんてくだらない。

人間なんてくだらない。

なにもかも、くだらない。

自分を化物と人が呼ぶのなら。

それを人が望むのなら。

そのくだらない望みを叶えてやる。

 

少女は魔女になることにした。

 

簡単だった。

本を読んだことはある。

大掛かりな準備と数人の魔術師が必要な、転生の儀式。

少女には、それにかかる時間などどうでもよかった。

少女には、生まれついての膨大な魔力があった。

だからそれは、簡単だった。

頭の中に声が響く。

捧げよ。

汝の最も大切なモノを捧げよ。

さすれば汝の望みを叶えん。

大切なもの?

生憎と、少女にはなにも心当たりがない。

少女は悪魔と契約を交わした。

代償は、結局わからないまま。

特になにか無くなったようなモノは思い当たらない。

なんだ、と少女はがっかりしたように。

くだらない。

 

そして少女は魔女になった。

 

さらなる魔力と、伸びた寿命。

そして、ようやく外を歩ける程度の体力。

夢にまで見た外の世界。

こんなものか。

くだらない。

こんなくだらないものに、あこがれていた自分が。

少女はただ魔女になったに過ぎない。

誰も少女が魔女になったことを知らない。

ならば知らしめなければ。

認めさせなければ。

証が必要だ。

魔女になったと人々を畏れさせるための証が。

少女は手当たりしだいに魔の眷属を狩ることにした。

少女にかなう者はいなかった。

少女に傷一つつけることすらできなかった。

ただ、ただ、無感動に狩る。

くだらない。

くだらないくだらないくだらない。

なんてちっぽけな命。

なんて脆くて儚い命。

こんなのじゃあ、全然足りない。

もっと、もっと、強力な奴を狩らなければ。

 

少女は化物に会った。

 

噂を聞いた。

湖に浮かぶ小島。

真紅の館に住まう化物の噂。

人々に畏れられる本物の化物。

魔女はそれを狩ることにした。

湖は泳いで渡るには広すぎたが、

魔女は空を飛ぶ魔術も使えたので問題はなかった。

あっという間に館の門に到着する。

門番のようなものが居たが、

視界に映る前に吹き飛ばしてしまったのでよくわからない。

館の中に入ると、翼の生えた少女が浮いていた。

「あなたが化物?」

魔女は問う。

「・・・いかにも、そうだが?」

化物は答える。

そう、なら・・・

「死んで。」

魔女の手から熱線が放たれた。

化物に反応する暇すら与えず、

そのか細い左腕を切り落とす。

「次は右足よ。」

再び魔女は手を化物に向けて、

「・・・で?」

凍りついた。

凍りついたように動けなくなった。

あろうことか、

その化物は笑みすら浮かべていて、

「どうした? 次は右足なんだろう?」

見せ付けるように右足を指差した。

あっという間に再生した左腕で。

「なんだ、来ないのか。ならこちらから行くぞ?」

ぶわっと、まるで血液で出来ているかのような紅い霧が噴出す。

殺される!?

魔女は直感した。

いや、直感させられた。

その圧倒的な殺気と、

物理レベルまで圧縮された魔力の塊。

その真紅の槍が、魔女の足元に突き立てられて。

わざと、外した。

蒸発した紅い絨毯と石造りの床。

かなわない。

この生物にはかなわない。

だって、こいつは本物の、

「ば、化物・・・。」

魔女は、その場にへたり込んで、

その化物を見上げる。

畏れの濃く浮かんだ瞳で。

化物は、三日月のように口を歪めて、

「ありがとう。そいつは褒め言葉だな。」

笑って、そう言った。

ふわりと、魔女の目の前に着地する。

殺される。

私が今まで、無感動に殺してきた者たちのように。

当然だ。

この生物のほうが、生命としての格が上なのだから。

だが、その化物は興味深そうに魔女の顔を覗き込んで、

「なんだ、キミも化物じゃないか。」

そう言った。

化物。

その言葉に魔女は顔を歪めた。

「私と同じ、化物だ。」

「黙れ!!」

魔女が急に大声を上げて、

化物はそれに目を丸くする。

心底、意外そうに。

「なんだ、キミは化物と呼ばれるのが嫌なのか?」

理解できない、といった口調で問う。

当たり前だ!!

そう、魔女は反論しようとして、

ふと、気付く。

どうして、嫌なんだろう。

どうして、化物と呼ばれるのが嫌なんだろう。

だって私は、化物じゃないか。

人間達から見れば私は化物だ。

私も自分を化物だと思う。

そのために魔女になったのだから。

それはただの、事実。

なら、どうして嫌なんだろう。

「そうか、キミは人間から転生した魔女なんだな。」

化物が、納得したように声を上げた。

「たしかにキミほどの才能があれば、人間達はそれを恐れるだろうね。

 だからキミは魔女になったのか? 人間達がキミを恐れるから?

 だからキミは、人間に復讐したいのかい?」

どうでもいい。

ちっぽけな人間のことなどどうでもいい。

人間なんて、くだらない生き物など・・・。

「よし、わかった。同じ化物のよしみだ。

 その人間達を皆殺しにしてきてあげよう。

 その人間達の村はどこだい?」

「えっ?」

魔女は間の抜けた声を上げる。

「ああ、いや。言わなくてもいいや。」

化物は魔女の目を覗き込む。

吸い込まれそうなほど澄んだルビーの瞳に、

魔女は縛られたように動けなくなる。

なにもかも見透かされたような瞳。

「よし、わかった。ちょっと行ってくるから留守番頼むよ。

 2・3個くらい首を持って帰ってくればいいかい?」

聞いておいて、返事も待たずに扉を出て行く。

心を、読まれた!?

魔女の心から読み取った人間の村はおそらく、

魔女が少女だった頃に過ごしていた村だろう。

今でも鮮明に思い出せる。

少女だった頃、

少女を天才と持てはやし、

少女を化物と罵った村。

そんな村、どうなったって構うものか。

なのに、

そう思うのに、

体は全力で走り出していて。

勢いよく扉を開け放った。

「遅いぞ。本当に行こうかと思った。」

その化物は、扉の横にもたれかかっていて。

「ちなみに、私は読心の魔眼などは持ち合わせていない。」

最初から、人間を殺しに行くつもりなんかなくて。

おまけに、

「つまるところ、アレだな。キミは人間が好きなんだ。」

こんなことを言ってくる。

魔女は、言葉に詰まる。

それを否定できる要素が見つからなくて。

それを見て、化物は笑う。

「奇遇だな。私も人間が好きなんだ。キミとは気が合いそうだ。」

そんなことを言って、笑う。

最後に誰かに笑いかけられたのは、いつだったか・・・。

本当に、思い出せないくらい。

酷く、懐かしい感覚。

「ここに、本はある?」

「あるさ。それこそいくらでも。」

本は、好きだ。

この食えない化物は嫌いだが、

そのうち、気が変わるかもしれない。

「ここの本を読み終えるまで、やっかいになってもいいかしら?」

「ああ。私の話相手にでもなってくれれば、いつまでも居てくれていい。」

少し、疲れたな。

ここらで一休みするのもいいだろう。

幸い、本はいくらでもあるそうだから。

 

そして魔女は...

 

「・・・ん?」

ふと、魔女は目を覚ます。

本を読みながら、寝てしまっていたらしい。

半端に寝たせいで頭が痛かった。

それに、頭痛の種が視界を掠めて、

「・・・また来たのね。」

「おお、悪いな。起こすつもりはなかったんだが。」

黒白はまったく悪びれた様子も見せずに答える。

「あやまるなら、背中の風呂敷について謝って欲しいわ。」

「借りるだけだぜ。」

「開き直れとは言ってないわよ。」

魔女の呆れた顔に、

その黒白はニッと笑って返して。

―笑いかけられたのは...

「魔理沙。」

「なんだ?」

「私のこと、なんだと思う?」

「・・・はぃ?」

「なんだと思う?」

「パチュリーだぜ。」

「それは私の名前でしょう? あなたは人間。私は?」

「意味がわからん。パチュリーはパチュリーだろ。」

「・・・・・・そう。」

「どういう答えを求めてるんだ? ヒントをくれ。」

「ヒントがなきゃ出てこないくらいなら、いいわ。」

「変な奴だぜ。」

「あなたにはかなわないわ。」

魔女は、ようやく理解した。

契約の代償。

自分が、何を失ったのかを。

そのときの自分には、とても大切なもので。

今の私には、どうでもいいモノ。

昔の私は、そんなくだらない事に悩んでいて。

いまでは、それがとてもちっぽけな、くだらないことに感じられて。

「・・・ここに居る間に、私も随分変わったわね。」

黒白が去って、静けさを取り戻した図書館を一望する。

本は、まだまだ読み終わりそうにない。

 

戻る