次は、いつなの?遠いね。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』NEW YORK地図やっぱ、映画館で観たい♪映 画パラパラ・・・BOOK共犯音楽祭★Music〜音という抽象芸術♪Rock 読め。Literary Criticism
moto_kubo@hotmail.com

★シロウト山岳家が、巨大な先っちょを、ぺろり♪羊蹄山も、スゴかったっ!2006年7月8日(土) (更新日;2006年9月22日)

Mt.Rishiri 利尻岳コマっちゃうわ♪登山にさそわれて!ひっ くり返された独楽ライク・ア・すってんころりん♪スト〜ン。
text by うぇ〜ん!久 保AB-ST元宏 (2008年1月16日 3:29Am)
さぁ、回るぞ、回るぞ!観光だぁ! 利尻岳はよく、「海抜0mからの登山」と言われる。
深 田久弥パラパラ・・・『日本百名山』は、 利尻岳から始まっており、
この山が知れわたった大きなきっかけと なった。
島全体が一つの山を形成している唯一の島として利尻岳の紹介することが、
この本の書き出しだ。
そして、孤島だから船から降りて、海岸に一歩踏み込んだところから登山は始まる。
海岸から頂上までの標高は、そのまま登らなくてはならない標高差となり、
すべてを自分の足で制覇した満足感を得ることができる。
そして、全てが山である孤島だからこそ、到達した頂上からは360度すべてが見わたせる。
そのまるで、独楽をひっくり返したよーなストイックな山しかない、陸地
それが、厳しい北の風土にさらされている利尻、だ。
ひっくり返された独楽!

稚 内、礼文島利尻島うぇ〜ん!死 の(?)3 泊3日、修行の旅!
2007年7 月31日(火)9Pm 〜 8月3日(金)11:30Pm

すべての始まりは、ジェフから届い た、こんな短いEメールからだった。

差出人 : Jeffrey Meyer
送信日時 : 2007年2月20日 2:20Pm
宛先 : Motohiro AB-ST Kubo
件 名 : Rishiri ho!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

Kubo San:

We should climb a famous Hokkaido mountain together each year Emily and I are here.
One down, two to go!
Think about planning a Kubo/Meyer Rishiri-dake expedition this coming summer!!!!!!!!!!!!!!!!
It is never to early to plant the seeds of expedition and exploration!

Peace and serenity in the looming face of chaos

Jeff
ウニの宝島!

ジェフはアメリカから3年の契約で、 北海道に英語を教えに来ている。
その短い期間のうちに、ジェフは北海道の山をできるだけ登りつくしたいよーだ。
んなワケで、去年は私と一緒に羊蹄山を登ったのだか ら、今年もまた「北海道の有名な山に登りましょう!」ってなカンジ。
しかし、去年の超ハードな羊蹄山の登山の経験から、私は最初は断ったんだケド・・・・・・。
2007年7月31日(火)9Pm
結局、登山をすることに なった(笑)。
行くぜ★みなさん♪
ジェフは東京への出張か らまっすぐ、
私の住む沼 田町へ。
運転は、「登山はしないけど、一緒にウニを食べましょ♪」
とゆー、はる先生一家。
暗い〜★博士っ♪
9:10Pm 若林博士を迎えに行く。
登 山組=私、私の娘(小学校4年生)、ジェフ、エミリーは、ミーのカーXで、稚内へ。
ウ ニだけ組=はる先生(妊娠中!)、はるダーリン、はる娘(4歳)は、
幌新温泉ほたる館で一泊したのち、翌朝、稚内→利尻島へ向う。

なぜウニだけ組が 一緒に、この夜に稚内に向わなかったかと言うと・・・野宿をしたから(笑)。
妊娠中&4歳には、野宿はムリ、だわね(笑)。
深夜 0Am
稚内に、 到着♪
さっそく、博士は
いー感じの(?)
草むらに
寝袋を引く。
すると・・・。
ポツン!
だっ!

今年は記録的なぐらい
雨が少なく、
5月から7月まで
たったの4日間しか
降らなかったのに、
野宿する日にかぎって
降りやがるなんてっ!

とにかく、
雨じゃ、
草むらには
寝れないなぁ。
まずは、寝よう♪
そこで、ライダーたちが テントを貼っている海岸沿いの風よけに寝るコトにする。
写真の手前から、ジェフの足、若林博士の全身、久保。
それ以外のノーマルな旅人たちは、久保の奥のよーに、小型のテントを広げていた。
行くぜ★みなさん♪
ジェフ「コンナノ初メテ デス。」
久保「あはは。・・・オレも。」
がくっ。

雨は、だん&だん激しくなり、ま で吹いてきた。
ここ、海岸なもんだから風もハンパじゃない。寒っ。そして、風、うるさスギ。ぶふゅううー、ぐごおおおうぐうぅうー!
私、去年の羊蹄山の避難所での嵐の夜の夢を見てしまったよ。とほほ。
8月1日(水)5Am
な んせ、寝袋の下のコンクリートが、めっちゃ冷たかった。
こんなんだったら、寝る前にダンボールか新聞紙を探しときゃよかった。
・・・と、気分はもー、ホームレスである。
おはよ〜★博士っ♪
バイク族はまだ寝てい る。フェリー族(?)の我らが一番、早起き。
行くぜ★みなさん♪
ここに寝ていたのよね。
正式の名前は、「稚内港北 防波堤ドーム」
強風と荒波を防ぐ目的で造られた。
実際、台風や真冬の吹雪時には
津波なみの高波が襲ってくるそーだ。
全長427m、円柱70本の
柱廊風のゴシック建築っぽい風貌。
ヨーロッパの回廊を思い出すよね♪

フェリーが出るぞー!ブライアン!行くぜ★みなさん♪
でもやっぱ、は 降り止まず、6:20Amのフェリーに乗り込む。
Wow〜★博士っ♪
も、 だん&だん強くなってきた〜。

8:15Am 利尻島に到着。
フェリー・ターミナルのある海辺の町の名は、香深(かふか)
村上春樹は小説『海辺のカフカ』を執筆する前に、ここを知っていたのかな?
礼文島ですよ、ほ〜ら★みなさん♪

8:20Am すぐに近くのレンタ・カー屋に飛び込む。
レンタ・カー屋のオヤジは、
駐車する時は、となりの車と間隔を広く開けてください。」と、言う。
「なんで?」
で自動車が飛んで、となりの車を傷つけるこ とがあるんです。」
「・・・・・・?まさか(笑)。」と、私はジョークだと思っていた。んが・・・・・・。
ほ〜ら★みなさん♪
ジョークじゃ無かった!
行くぜ★みなさん♪
こりゃ、景色を楽しむ余 裕、無し〜?
★ぶぶふうううううぐうううああがぁああぐぎゃづううううーーーーー♪
礼 文島の山頂にて、暴風雨に襲われる。
ちなみに、沼田消防団から配給されたジャンバーを着ています。
もー、てってーして、登山に金をかけないオジサン。がくっ。

Hoooo〜★おおおー若林博士っ♪
天気が良ければ、絶景だ そーで。

Wow! ここが北限!★スコトン岬だぁー♪
よーやく風&雨も少しお さまり、ちょいと観光キブン♪
よくある観光写真でございます♪
私は2015年8月11日@鵜野範之生誕記念日にも、ここに沼田町議会の視察で再訪。

行くぜ★みなさん♪
レブンアツモリ草を観る余 裕、無し!
Blue〜★博士っ♪
礼文島と、利尻島、それぞれお互いの島が観えれば、美しかったのに。
がくっ。
すげー天気♪
ジェフは、なんだか、はしゃいでおりました。
不思議〜。

★I sent analog mail to some friends from Rishiritou. ほらね♪
うぇ〜ん!2003 年8月1日、暴風雨の礼文島の食堂で、 アナログ・メ〜ル♪

行くぜ★みなさん♪
1:45〜2:25Pm  フェリーで利尻島へ♪
ここで、野宿(笑)と登山はしない
「ウニだけ組」と、合流♪

おおお!うまい〜★博士っ♪
さて、明日の登山にそな えて、
今夜は早く寝るのだぞぉ〜!

飯!★博士っ♪
初日は、利尻島で最高級 のホテル♪

来て良かったぁ〜♪
地酒で、カンパァ〜イ♪
うにぃ〜♪色んな食べ方!
料理長の自慢の逸品!

行くぜ★みなさん♪
料理は、食べきれないほ ど出た。
もちろん、新鮮な魚介類が素材だけど、それを料理する技術も高度で、びっくり♪
一番、美味しかったのは、
「昆布の刺身」!
それだけ新鮮なのよ〜♪

2007年8月2日 (木)4Am

登山をするために、いつも寝るよーな 時間に(笑)、起きた。
んが、何やら、ホテルの外からスピーカーで叫ぶ声が聞こえるぞ・・・。
なっ、なんと、全島に防災無線で「強 風波浪注意報」「大 雨洪水注意報」がヒステリック に叫ばれているではないか!
テレビで天気予報を確認すると、利尻島の上空には、超厚い雨雲が居座っている!
雨が上がるのをまっていたら、
なんと、近くのサハリンでマグネ チュード6.4の大地震!
島中が津 波警戒で、ウニ漁が禁止になり、夕食に生ウニは出ず(がくっ)。
生ウニを食べることができない利尻の旅って、何?
今日がダメなら、明日の最終日こそ、利尻岳に登山するぞ!
・・・と、思っていたら台風5号が 利尻島めがけて進行中!
おいおい、明日も登山ヤバ、かよっ。
がくっ。
行くぜ★みなさん♪
利尻富士にも雲が、すっぽり。

行くぜ★みなさん♪
利尻富士の登山は、今日はダメでぇーーす。
山?★ダメっ♪
しゃーない、レンタカー でドライブすっか。
行くぜ★熊よ♪
指の先が、名所(?)「人面岩」っ・・・。
あ、あれね♪
海岸に突き出た赤い鳥居 が見えてきた。
「北のいつくしま弁天宮」、だ。
昔、嵐で岩に打ち砕かれそうになった弁財船を
弁天様が救ったことに感謝して建てられた、らしい。
Wow〜★博士っ♪
博士、ポーズがきまって ます(笑)。
行くぜ★みなさん♪
暴風雨の合間をのがさ ず、
シャッター、ぱちり♪
メランコリックマ。
「とうとう、ここまで来 てしまったのね・・・。」
Hey♪
なぁ〜んちゃって。

ドライブの途中で、ちょ いと沼田町の農業青年に電話してみた。
「どう、沼田は?」
「雨、降ってないよ。」
「がくっ。」
この年の沼田町は、田植え後、雨が降ったのはたったの3日!利尻がこんなに大雨でも、沼田町は降らないのかよっ。
「と ころで、利尻に着いたんだべ?せっかくだから、オレの嫁の実家によりなよ〜♪」
実は、その一言を待っていた(笑)。利尻島から沼田町に嫁に来た若妻の実家が、利尻で漁師をしているのだぁ〜♪
昆布の山だ♪
で、ずー& ずーしく、「こんにちは〜♪」

おもしろーい♪
「すごい よ。こんなの初めて見た〜。」
昆布っ♪
こうして昆 布のサイズを合わせて、出荷するのですねぇ。

昆布の山♪
なにやら、 昆布をたばねて、
「はい、おみやげ。」
げっ!
どーやって持って帰るの、これ!?
大家族?ほほー、昆布旅行団★みなさん♪
最終的に は、ビールをご馳走になりました♪
私たち、まったくの他人なんですが(がくっ)。

昆布漁師の方が、「せっかく来たのに 雨なら、博物館でも観るしかねーべ。」と、おっしゃったので、利尻博物館へ♪
ウニだ♪Wow!こーやるのか!
「ウ ニ漁」の模型。
ほとんどカヌーのような細い船に
一人で乗り、
右足1本で、船をコントロールし、
左手で持ったガラスが貼られた箱を
のぞき見しながら、
右手に持つ長いモリで、
ウニを採る!
すごい。
カンペキに、「曲芸」の極致。
いや、曲芸ではなく、芸術だ。
さっき訪問した昆布漁師のお父さんは、
この手法のウニ漁の名人だそうだ。
短時間でかなりの数を採るらしい。
こりゃ、マネできん。
何〜?★博士っ♪
ジェ フと博士は、博物館が大好き♪
写真で分る、歴史ですなぁ。★みなさん♪
味 のある写真の数々♪

この名は?おお、田原さん♪
んん ん?「Tahara」・・・。田原さんかっ!

ってなコトで、博物館からさらに島を 時計と反対周りに進めば、
江別市で音楽や本の制作をしているコンテンツ王
☆本と音楽の湯気。「BooxBox」 代表の田原ヒロアキさんの実 家へ、GO!
ブックスボックス利尻スタジオ★田原さん♪
昆布 漁師だった田原さんの父親はすでに亡くなり、母親が一人暮らし。
ブックスボックス利尻スタジオ♪
ここ は、かつて田原さんのお父さんの昆布化工場だった。
そう、さっきの漁師の作業場のように。
ブックスボックス利尻スタジオっ♪
おっ。
小屋のかたすみに、
こんなモノが。
田原さんの母親が、
「きたない字ですね、まったく。」
と(笑)。
もちろん私もヒトの事は言えない(笑)。
ここの空いた小屋を利用して、
夏などに長期滞在する
アーティストが個展を開くそうだ。
さらに、田原さんはここで
CDの録音も考えているようだ。
ただのキタナイ字ではないのだ。
夢のあるキタナイ字なのだ!
(?)

田原さんの自宅を出ると、少しづつ雨 が小降りになり、オタトマリ沼に着いた時、ついに、ふたりで世界をまわる。‏‏‏晴れたっ!
よーやく、Wow!! あっ、利尻山だ!★キレイですね〜、みなさん♪
おいおい、利尻山、チラ リズムだぜぇ〜♪
昼飯ですよー★晴れてきました♪
本当は山頂で食べる予定 のオニギリ♪

温泉です〜★博士っ♪
この日に泊まる旅館には 温泉が無いので〜♪
晩飯っす★みなさん、おビール♪
昨夜の超高級ホテルとは また違った、ステキなおもてなし♪

ごちそーさん♪
やっぱり、悪天候だか ら、生ウニは無し!しょーがナイね。
美味い〜★明太っ♪
タラコじゃないのよ。
久保だよーん♪もぐもぐ。
オヤジの晩飯(がくっ)。

旅館のオカミさんが、「登山するなら午 前4時から登ったほうがイイですよ。」 と、アドバイス。
「えっ?昨日のホテルでは午前6時って言われたんですけどぉ。」
「だめよ。ちゃんと、旅館の自動車で登山口まで送ってあげますから。」
「あ、なら、いーですね♪」
「では、他のお客さんと一緒に出発時間に、旅館の玄関に集合してください。」
「はい。・・・えーと、何時、集合ですか?」
午前3時です。」
「は、はぁ?」
そんなワケで、準備もあるから、私たち登山組は、午前2時に 起きることにした。
なら、早寝だわな。
うー。ついに、利尻のナイト・スポットは知らないで終わってしまった(泣)。

2007年8月3日(金)2Am

朝起きて、リュックサックの中身を確 認。顔を洗い、歯をみがき、旅館に作ってもらったオニギリを持って、
午前3時に旅館の玄関へ。寝むっ。私にとっては、いつも寝る時間だよ、これ。
行くぜMt. Rishiri★みなさん暗い〜♪
まだ&まだ、真っ暗!
登山口にはトイレがあって、ここで最後の「文明」を利用する。
上り始めてすぐ、「甘露泉水」と呼ばれる、わき水が小川になっているところを渡る。
この水は冷たく甘く、
またふたたびこの水を飲むために下山してくるよーなもの、かな。
Mt. Rishiri★博士っ♪We began climbing through the humid woods and soon shed a layer. The sky was completely light by the time I reached the 4th gome. Kubo San and Soran Chan started off slowly but soon found their rythm.
霧が晴れたら、日の出は 終わっていた。がくっ。
やっぱ、早起き登山の楽しみは「ご来光」なのにねぇ。
再び山が!行くぜ★みなさん♪
あ、利尻の町が見える ね。
んが、海の向こうにはまだ厚い雲が。
あの雲の下には、おとつい嵐で迎えられた礼文島が。
あの雲じゃ、今日も雨っぽいな。

6! 久保はオニギリ♪ちょいと休憩してから、行くぜ★みなさん♪
6合目♪
礼文だ!おとついを思い出す〜♪
あれ?海の向こうの雲の 下、礼文島?

クツ底抜け脱線登山!★博士っ♪
博士、ピンチ!登山靴の 靴底がとれた!
空夢の後から博士、てくてく♪
博 士のクツのウラ、さらに、ヤバイ!
山だ!行くぜ★みなさん♪
頂上だっ!
んが、博士の登山靴、
だん&だん、ラバーが一枚づつはがれていき、
下山することを考えれば、もー限界か?

花と、イタズラ少女♪
8合目を超えたけれど、 山が高いから、まだ&まだ!
山の中腹に見える赤い屋根が、非難小屋
クツ底がボロボロの博士は残念ながら、非難小屋で待つことにした。
ここまできて、超ザンネン!
その代わり、博士が私たちのリュックサックをあずかってくれて、
らくちん♪
蟲♪
甘い花なのか、無数の虫 がたかっていた。

オレンジの花〜♪
だんだん、見たことのな い花が何種類も♪

おお、礼文が見えた♪
おお、礼文島が見えてき たぞ!
おお、礼文が見えた♪行くぜ★みなさん♪
おとついは、あそこで泣 きましたよ。とほほ。
そーそー♪おお、礼文が見えた♪
ついに、礼文島の全貌 がっ!

花っ♪
利尻の市街地も、ここ じゃ真下に見える!

だんだん、キツイ♪
だんだん、ジャリが激し くなってきた!
遠くの礼文島よりも、このジャリ♪
めっちゃ急なのに、足元 は崩れるジャリ。礼文島など見るよゆう無し!
うわわわわー♪
こーなりゃ、ロープで!

そう言えば、
最初に泊まったホテルで、
利尻生れのオジサンが、

「私が子供の頃は、
利尻富士なんて
スリッパで登ったんですよ。」

と、ビックリ発言をしていた。
なんでも、
山は子供の遊び場だったとか。

「それが今では
山の地面が荒れて、ひどい。
とくに9合目より上は、
ドロと、ジャリだけですよ。
歩けない。
もう登山は禁止にすべきです。」

と、言ってたのを思い出した!


とーちゃん、転びそうー♪
スキーのストック(←本 当。)を持ってきて良かった♪
すべるー♪どろどろだぁ!
ここ、最悪のドロ&ドロ 地獄。昨日の雨が悪い!
花の好きなお嬢さん♪
花を撮影しながら
ゆっくり登山する方も多い。
これは、頂上の直前で
ついにさがしていた花を
発見して大コーフンしているところ♪
良かったねぇ〜♪
思わず、私も撮影しちゃった。

やった!頂上♪
正午、よーやく頂上♪午前4時から 12時だから、8時間もかかった。
一緒に登った静岡県から来ていた中年2人組は、午前4時に登りだして、午前11時に旅館に戻っていたという。それ、スゴくねぇ?
実は、ジェフも、エミリーも、とっくの間に頂上に到着していて、遅い久保親子を待っていてくれたのさ。すまん。
んが、この後、もっと、時間に追われることになろーとは、この笑顔の4人組はまだ気がついてはいなかった・・・!
頂上だぁ!すげー♪
なんだか、この服装、登 山じゃなくて、近所のお散歩?
下を見りゃ、恐っ♪
下を見りゃ、恐っ!で も、ここから見えるお花畑は天国のようだった♪

降りなきゃ♪
でも、いつかは降りな きゃならんのね。
ゆっくり行くぜ★エミリーさん♪
エミリーも、慎重に♪
おいおい、ゆっくり♪
ほんと、足元ずる&ず る、なのよ。
急こうばいだし、
小石や火山灰ばかり。
まるでアリ地獄を歩いているよう。

博士、ただいま〜。ケツ見せるな♪
博士が待つ、非難小屋 に、到着。
ここに置いたリュックサックを、再びかつぐ。重っ。

行くぜ★みなさん♪
博士にお湯を沸かしても らい、カップヌードル♪
さぁ、これが茶道〜★博士っ♪
博士のリュックサックに は、茶道具が♪
茶道〜★博士っ♪
う〜ん。けっこーな、お 手前で♪

優雅にお茶をいただいた後、若林博士 が冷静に言った、
「久保さん、今日の帰りのフェリー、午後5時30分で したよね?」
「はい。」
「そして今、午後2時30分で すよね。」
「あ!」
「登山するのに8時間かかりましたよね。少なくとも、5時には一度、旅館に戻らなければなりませんから・・・。」
「やべぇ!あと、2時間30分しかない!
ここは8合目。これから全体の80%を降りなきゃならないのだ!!
急げー♪
いそげー、いそげー!
エミリーっ♪
あと1時間しかないぞ 〜。船が出るぞー!
つめた〜い♪
午後 4時50分、よーやく甘露泉水にもどった。

博士が旅館にケータイ電話で連絡をしてくれていて、
登山口に旅館のクルマが待っていてくれた。
旅館にもどり、午後5時5分。

旅館では、登山をしな かったウニだけ組が待っていてくれた。さぞかし、心配しただろう。
この日、利尻はお祭りで、彼らはその偶然を家族で楽しんだようだ♪
ここで旅館の方から一緒に登った静岡中年2人組は、旅館に午前11時に戻ったことを聞いた。
彼らは、7時間で利尻富士を征服した。
我らは、13時間で利尻富士を楽しんだ。が くっ。

旅館の宿泊費を精算し、 現金で払う。
ドロだらけの登山靴を脱ぐと、さすがに、足のしびれがとれ、
なんだか足が倍の大きさになった感覚(笑)。
旅館からフェリー乗り場までは近いけれど、旅館の大オカミが自ら運転して送ってくれた。
クルマから降り、ていねいにお礼を言いながら、時間が気になる(汗)。

大きな汽笛を鳴らし、予 定時間通り、午後5時30分、フェリーは稚内に向って出発した。
昆布♪
昨 日の昆布漁師からもらった大量の昆布(笑)。
これを持って船に乗ると、だれもが注目した(笑)。

利尻、サラバっ♪
フェリーが出発すると、だんだん、利 尻岳の全体が見えてきた!
この3日間、雨や雲で、ほとんど見えなかった利尻岳が、まさしく利尻富士と呼ばれるにふさわしい全体像を初めて見せてくれたのだ。
そして、ついさっきまで、あの鋭利な頂上に自分が立っていた不 思議。
ひっくり返された独楽の芯の先に立っていた美しさ。
最後の最後で★ニクイぜっ、利尻富士、日本一♪
客席で休んでいたウ ニだけ組に言うと、
あわててカメラを持って甲板に出てきた。
「に くいぜ。利尻富士。
最 後の最後に、
ちゃ んと姿を全部、見せてくれやがって。」
と、ウニだけ組のパパ。
こ りゃ、是非、
私も娘に今、登ったばかりの美しい利尻富士を見せなきゃ、と、客室に言いに行くが、
「あっ、そ。わたし、見ない。」と、 そっけない。
なんじゃ、そりゃ?と、私は思ったが、
フェリー内の登山客たちが娘を見かけると、
「おねーちゃん、がんばったねー!」と、声をかけている。
それに薄い笑顔で応える娘で、今はいいんだよな。
フェリーが吐き出す白い波につながる、奇蹟のように美しい利尻富士を直に目に焼き付けるよりも、
もっと深い体験ができたから、か?
それとも、絵ハガキのような利尻富士をウソっぽく感じる体験をした直後だからか?
実際、帰宅してから、テレビなどで利尻島が出てくると、必ず、娘はじっと見ている。

午 後7時10分、フェリーは稚内に着いた。ここはもう、北海道だ。
すっかり暗くなった地味な港に、お土産屋が浮かんで見える。
「あ、やべぇ。礼文島でも、利尻島でもお土産を買わなかった!」
だって、荷物になるから最後に買おうと思っていたら、
下山してから25分しか時間が無かったんだもんなー。
と、あわてて家族やら留守番をしてくれた会社の社員にお土産を買う。
礼文島や利尻島にまで行ったのに、マヌケに稚内みやげを買う私。がくっ。
あ、昆布漁師の娘が嫁いでいる沼田町の農家にも、お礼の土産を。
おおおお。そーだ、そーだ。
お土産、あの大量の昆布があった♪
あの(?)チェッカーズのフミヤも来たらしい(笑)、稚内のラーメン屋♪ あの(?)チェッカーズのフミヤも来たらしい(笑)、稚内のラーメン屋♪
稚内で最後の晩餐ラーメ ン♪

久 しぶりの

写メ〜ル差出人: blue.tree@農家のおじさん
送信日時: 2007年11月2日(金) 9:52Am
宛先: 久保AB-ST元宏

今、土地改良区総代研修旅行で洞爺湖に来ています。
久しぶりに昭和新山を見てうーんとうなってきました(^^)v。
Wow! ★山よ、山よ♪

稚 内、礼文島利尻島うぇ〜ん!死の(?)3 泊3日、修行の旅!
2007年7月31日(火) 9Pm 〜 8月3日(金)11:30Pm

差出人 : はる先生
送信日時 : 2007年8月7日 11:34Pm
宛先 : 久保AB-ST元宏

件名 : Re: ボーン・トゥ・ビー・ワイ

こんばんは、はるです。
先週の利尻旅行は本当にありがとうございました。
沼田町にもどった翌朝、久保さんが
若林博士のログハウスに届けていただいた
利尻の速報も、みんな喜んでいましたよ。
彼の英語はGreatだと言ってました!
帰ってから作ったんですか?
天才は眠らないのですね!!!
恐るべし。

昨日、利尻にベーコンやソーセージなど、送りました。
今日、御礼の電話いただきました。
手紙も入れなかったので、
結構怪しい贈り物だったと思いますが、
何とかなったようです。
若林さんの好きなアルルのお菓子を送ったので、
昆布のお礼に久保家にも
話題(らしい)お菓子送りましたので、ご賞味下さい(^_^)

昆 布、めちゃめちゃ美味しいですね。
昆 布巻きとかみそ汁とか
簡 単なものを作ってみましたが、
今まで食べてたのは
ゴム長だったんじゃない か
と 思うくらい、違いますね。
久保さんのおかげです。
ありがとうございました〜。
★利尻こんぶ作業場♪Here is seaweed fisherman's workshop.
うぇ〜ん!2007 年8月2日も、めちゃくちゃ暴風雨の礼文島。
予定していた登山をアキラメて、レンタカーを借りて、 島めぐり♪
沼田町に娘が嫁いでいる昆布漁師の家に訪問♪
初めて会ったのに、昆布をたくさん、いただきました♪

利尻の翌日に行った、ギャラリー『うなかがめーゆ美術館』は予想以上に素敵でした。
二人の教え子のお母さんにも偶然会えたし、
奥様はチャーミングな方だったし、ラッキーでした。
疲れていたのに案内してくれた若林さんにも感謝です\^o^/
北海道深川市9条17番44号
電話;0164-22-3597
10:30Am〜5:30Pm
休廊;月・金


『桔 梗 智恵美 展』
2007年8月1日(水)〜15日(水)
母の目。女の手。★2007年『全道展』にも参加♪ 桔梗さんにも会えた?★2007年『全道展』にも参加♪
教師であ り、妻であり、母であるのは、はる先生と同じ。世代も同じ。
表現が絵画か、ロックン・ロール・バンドかの違い・だ けか♪

今週、エミリーを茶廊『法邑(ほうむら)』に連れて行こうかと思ってます。
北 海道 札幌市東区本町1条1丁目8-27 電話;011-785-3607
営業時間 9:30Am〜6Pm(最終日、4Pm) 休廊;火
『谷口 一芳 展』 2007年8月1日(水)〜12日(日)
ここ、どらーる。★『全道展』のフクロウ。
左 から、Ryo翁、久保、若林博士、谷口画伯♪
茶とフクロウ★『全道展』のフクロウ。
行っ てみる価値がある、素晴らしい空間。食事、ケーキ、コーヒーも美味い。

ではまた〓はる

差出人 : はる先生
送信日時 : 2007年8月11日 11:56Am
宛先 : 久保AB-ST元宏
件 名 : Re: 法邑にはもう行きましたか?

おはようございます!
クレームブリュレ、気に入っていただけ て、良かったです♪
昨日、エミリーと茶廊『法邑』行って来ま したよ。
本当に素敵なギャラリー、レストランでし た。
一芳さんとエミ リーは意気投合していて、
一緒に行けて良かったです。
それにしても、88才とは思えない作品の 力強さと
御本人のエネルギーに驚き!でした。
しかし、通訳もどきに必死になっていて、
コーヒー代金払い忘れて帰って来てしまい ました。
公務員の無銭飲食…新聞沙汰です。
今度ランチをしに行く時に払います(-. -;)
その後に行った
北12条にあるトルコ料理店もかなりレベ ル高かったです。
今度、是非行きましょう!
はる先生も行った茶とフクロウ★『全道展』のフクロウ。
茶 廊『法邑』のカウンターから右に入ると、広いギャラリー♪

1961〜1962年生まれ★オヤジども、働く?
ディープな オヤジども。
差出人 : はる先生
送信日時 : 2007年8月11日 11:56Am
宛先 : うぇ〜ん!久保AB-ST元宏
件名 : 充実の夏?

>北12条にあるトルコ料理店も、
>かなりレベル高かったです。

>
今度、是非行きましょう!

■北大のそばのかな?
数年前に、当時は小学生の息子と2人で行った店かも?

■私は昨夜は、自宅に沼田中学校の同級生を集めて、
来週の月曜日に一泊で行なう
←同窓会の
The alumni bulletin was made from 7:00PM, August 10th, 2007 to 1:30AM in my house.「しおり」作り
しました。
ついでに、半分に切ったドラム缶で、焼肉&生ビール♪
午後7時から始めて、「しおり」ができあがったのは、午前1時30分。
オヤジどもも、できあがっていました(がくっ)。
普段、沼田町に住んでいる10人のオヤジどもなんですが、
このメンバーが集まることも珍しい(笑)。
息子も30年後(!)に、こんなことをやるのかなぁ〜?

■法邑体験、いいですね〜♪
Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!Ryo翁さんは、絵もそうですが、
人物評の方がかなりの辛口(笑) で、
そんな彼のお気に入りの画家たちは人間も魅力的なんですよ。
法邑にあった谷口画伯の10年ぐらい前の画集、観ました?
なんと、前書きを山口昌男が書いているんですよ!
次は、香聡庵ですね♪

稚 内、礼文島、利尻島、うぇ〜ん!死の3泊3 日、修行の旅!
2007年7月31日(火) 9Pm 〜 8月3日(金)11:30Pm
件名 : 島葉書
差出人 : ローラに花束を!ミカキチ@ろーら嬢

日 付 : 2007年8月7日 0:32Am
久保さん、無事の御帰還おめでとうございます。

お葉書ありがとうございました!
お返事もアナログメールにしようかな〜と思いましたが
手ごろなネタも見つからないので(?!)
とりあえずこっちで返信してしまいます。

悪天候のど真ん中にむかっていくのを天気予報で見て
内心すごく可笑しかったので
『共犯新聞』の一面には大受けです。
ホントに何をやってもカッコイイですね。
きっと、スキーに行ったら雪崩が起こり
飛行機に乗ったらハイジャックに遭うんですね。
すごいな〜
さすがはアナキスト。

では報告の記事が読める日を楽しみにしています。
夜高あんどんもあるし、
お米屋さんは忙しくなる時期だしなので、
くれぐれも御自愛ください。
・・・って、「御自愛」が「破天荒」なのがアナキストなんだっけか
・・・がくっ(←使ってみた)
差出人 : 田中光代
送信日時 : 2007年8月3日(金) 11:17Pm
宛先 : 久保AB-ST元宏
件名 : 絵葉書

★I sent analog mail to some friends from Rishiritou. ほらね♪
うぇ〜ん!2003年8月1日、暴風雨の礼文島の食堂で、 アナログ・メ〜ル♪

礼文島の絵葉書ありがとうございます。
行かれたのですか?そのその昔に行ったこ とがあります。
桃岩、覚えていました。ウミネコで有名な 島は天売島ですね。
★西側♪
うぇ〜ん!2003年8 月1日、暴風雨の礼文島の西側へ、 レンタカーで行ってみた♪

こちらは、梅雨明けと同時に、猛暑です。
日々三十度以上です。夜も気温が下がらな いのが一番困ります。
2年ぶりの真夏の暑さを感じているこの頃 です。

田中は今年、新盆でした。
病室で朝から普段着って、ちょっとスゴイ。
2005年11月 20日(日)午前9時  久保が 最後に会った姿。
末期癌の病棟で、パジャマも 着ずダンディを保つ田中千博さん。

こちらは、7月がお盆なので供養もしてい ただきました。

暑さ凌ぎに白馬の友人宅に出かけます。
9月2日の無器っちょな俺は まるでリュリ♪斉藤記念フェスティバルの『スペードの女王』を観てから帰省します。
小沢征爾が指揮棒を振るのも最後かな?

白馬は、湿度が無いので、北海道とほぼ同 じ気候です。
いい空気を吸って、おいしいおそばを食べ てきます。

稚内、礼 文島、利尻島、うぇ〜ん!死の3泊3 日、修行の旅!
2007年7月31日(火) 9Pm 〜 8月3日(金)11:30Pm

★ぶぶふうううううぐうううああがぁああぐぎゃづううううーーーーー♪
2003年8月1日、礼文島の 山頂にて、暴風雨に襲われる。

うぇ〜ん!深 夜に到着した稚内での野 宿からスタートした死の旅(?)。
礼文島では、レンタカーもぶっ飛びそうな暴風雨。
翌日の利尻島ではさらに、全島に防災無線で「強風波浪注 意報」「大雨洪水注 意報」がヒステリックに叫ばれ、
雨が上がるのをまっていたら、なんと、近くのサハリンでマグネチュー ド6.4の大地震!
島中が津波警戒で、ウニ漁が禁止になり、夕食に生ウニは出ず (がくっ)。
生ウニを食べることができない利尻の旅って、何?
最終日こそ、利尻岳に登山するぞ!
・・・と、思っていたら台風5号が利尻島めがけて進行中!
あやうし、うぇ〜ん!久保AB-ST元宏!
はたして、彼は利尻岳(標高は1721m!)への登山に成功したの か!?

そして、いつものよーに、旅先で巡り会ったヘンテコリンな人々は、 どうよ?

さらに、その報告は『共犯新聞』で読むことができるのか!?
その答えは、大嵐の中?
The answer, my friend, is blowin' in the hard wind,
The answer is blowin' in the hard wind.
And it's a hard rain's a-gonna fall.

2007年7月30日 月曜日 午前11時51分←■明日、もー利尻島へ登山に行くっちゅーのに、なんの準備もしてねーや。あはは。
2007年7月30日 月曜日 午前4時8分←■明日、もー利尻島に向うっちゅーのに、選挙特番テレビを観ていたら、もー・こんな時間!寝なきゃっ。
I am too old to climb mountain and too young to crime Rock'n' Roll !


差出人 : サカタ@バンクーバー
送 信日時 : 2006年7月11日 4:42Am
宛先 : 久保AB-ST元宏

件 名 : Re: 「魔の山」の歌詞、教えてちょうだい。

  ■□ サカタともです

// "Kubo Motohiro"-san wrote (on 2006年7月10日) //
> 久保です。
> 土曜日〜日曜日、夜の暗闇を岩山とジャングルの登山、
> 嵐の中の避難所での一夜、
> 朝の嵐と濃霧の山頂到達、
> とゆー羊蹄山の登山をしました♪うふっ。
> それを『共犯新聞』にUPするにあたり、
> 著作権の問題が無ければ(笑)、
> 君が作った「魔の山」の歌詞も
> 参考にさせていただきたいので、
> 歌詞を教えてちょーだいね。
> お願い。

 昔テラさんやハチスカや弟のOKOと、
マウンテンバイクに乗るつもりが
途中から自転車に乗るどころじゃない急坂になり
やがて自転車を捨て登山となって、
丹沢や奥多摩の山に登ったことが私もあります。
脚が吊ってキツかった。
今となっては絶対できんが、
今頃そういうことをやってるとは、
さすが米屋は強いの ねえ。

----------------------
 『魔の山』の歌詞はこうです。
こういうノートが即座に見つかるから、
まったくコンピュータはありがたい。

『魔 の山』
作 詞&作曲;サカタ

荒れ狂う風が手を滑らせる 細いロープにつながれて
凍てついた壁をよじ登る ひき返すこともできぬ程
登り来てしまった魔の山に
魅惑の氷壁に ロック・クライミング

怒れる山のその前で 消え去った友情は幻
正確な作業だけが俺たちに 残された合い言葉
信じる気持ちは尽き果てても ロープを手渡して

お前の目を見てた 行き場のない俺たちは
ハンマーを打ち鳴らして まだ見ぬ頂きを目指した
マウンテンが夜の支配者 氷の指で 俺を振り払うよ
マウンテンが夜姿変え 俺を殺しに 夢に現れるよ
俺を見つめるな 俺を信じるな
俺を感じてくれなくてもいいから そのまま登れ

昨夜の貧しいテントの中で 話すこと全てが終わった
最後のジョークでこの山に 絶望と名づけ眠る
いつの日かこの旅終えたなら 二度と会うこともない

お前の目を見てた 行き場のない俺たちは
ハンマーを打ち鳴らして まだ見ぬ頂きを目指した
マウンテンが夜の支配者 氷の指で 俺を振り払うよ
マウンテンが夜姿変え 俺を殺しに 夢に現れるよ
俺を見つめるな 俺を信じるな
俺を感じてくれなくてもいいから そのまま登れ
★いやん♪
午後 6時30分、まだ7合目なのに、あたりは真っ暗!こりゃ、死ぬぞー!
2006年7月8日(土)、雨で迷って登り始めた午後 3時が遅すぎたっ!


★ぺろり♪
7月 だというのに山頂は猛吹雪!
中腹の山小屋に一泊し、翌朝、午前11時15分、つい に山頂!

あ の、魔の山 羊蹄山登山から、1年。
ま た、山が俺を呼んでいる(笑)!

ってゆーか、北海道の外人教師の取りまとめをしている教育研究所 の、ジェフリーが、羊蹄山の登山から数ヵ月後、こう言った。
「ワタシ、北 海道ニイル間、毎年、一ツヅツ、大キイ山ヲ登リタインデス。」
・・・あ、そ。
「久保サン ト、イッショニ。」
・・・あ、そ。
・・・・・・ん?
なにっ!?

私は元々、登山の趣味なんぞ無いのよね〜。だから、去年の羊蹄山登 山は、いい「思い出」(にしては、かなりヘビーだったが)だったのさ。
それが・・・。

差出人 : Jeffrey Meyer
送信日時 : 2007年2月20日 2:20Pm
宛先 : Kubo AB-ST Motohiro
件 名 : Rishiri ho!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

Kubo San:

We should climb a famous Hokkaido mountain together each year Emily and I are here.
One down, two to go!
Think about planning a Kubo/Meyer Rishiri-dake expedition this coming summer!!!!!!!!!!!!!!!!
It is never to early to plant the seeds of expedition and exploration!

Peace and serenity in the looming face of chaos

Jeff
ウニの宝島!

り、り、利尻岳、かぁ・・・・・・(汗)。
これもまた、魔の山かっ。
登れるか!
で、 7月は、もーすぐ。
ジェフリーから決断を迫るEメールが来た〜!

差出人 : Jeffrey Meyer
送信日時 : 2007年6月4日 7:15Pm
宛先 : Kubo AB-ST Motohiro
件 名 : Old Man Mountain!

Kubo San:

うぇ〜ん!"My mountain monkey Soran wants to go,
but I am too old to climb mountain
and too young to crime rock'n' roll."

I refuse to believe!
If you can rock'n' roll you can climb!
If not Rishiri Dake,
then how about an Old Man Mountain like Asahi Dake.
You can ride part of the way up!
We must enjoy climbing together this summer!

Sorry and see you!
(On top of some Hokkaido mountain!)

Jeff


う〜む。
やっぱ、どーせ登るなら、
旭岳じゃぁー ナクて、利尻岳だよな。
45歳の私にとっては、
利尻岳に登る人 生最後のチャンスか!?
しかし、利尻岳って、島だから、

1日目=自宅から北上し、船で利尻島に渡る。
2日目=午前6時前から、利尻岳に登り、夜に降りてく る。
3日目=船で北海道に戻り、帰宅。

と、都合3日間、かかるんだよなー。

おいおい、ケータイ電話を持っていない
零細企業の社長が3 連休もできるかっ!?

でも、ウ ニ喰いたい・・・。

だれか、道連れを(とりあえず)募集中・・・・・・。
がくっ。
今度こそ、死ぬぞ!