ブライアンの闇と、プールの光。I'll follow you wherever you may go!
『共犯新聞』NEW YORK地図映画◎歴史】
■ニューヨークは映画の街⇒Cinema of New York !★ニューヨークの映画Cinema of NEWYORK
↑ミア・ファローというリゾーム女優(更新日;2002年6月27日)
★kino♪OH♪シアター・キノ札幌にあるアート系単館。
シネコンには駐車場がある。★死ね死ね団♪ユナイテッド・シネマ札幌シネプレックス旭川金曜日は1000円。
映画という、ゲーム理論。ディノスシネマズ旭川札幌劇場月曜日は会員、旭川のみ木曜日は男は1000円。
★ラーメンとユニクロのコンプレックス♪イオンシネマ旭川駅前月曜日は1,100円。
★奥の右のベンチ・シートで♪Sapporo Cinema Frontier水曜日は男は1,100円。
2002年9月8日 映画★ジョン・ウー監督『ウィンド・トーカーズ』
★ギロ少年で、ございます。原子力で動きます♪guillo (1964 -)
暗闇に迷い込ませてやる。
閉館
★さそって蠍座、その前で転がっていて♪蠍座札幌に2014年12月30日まで
あった二番館、お安い名画座、
イスがふわ&ふわ。
映画は闇からのプロパガンダ。Movie Criticis
公開年
Release
タイトル
Title
スタッフ
Staff
ポイント
Each of these the movies has many good points.





★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴史から飛び出せ!
たとえば→10月14日の歴史
花と鯨♪
Happy Birthday to
From a "tribute to Gram Parsons" concert !Lillian Gish !
1934年 コンチネンタル(34)
トップ・ハット(35)
踊らん哉(37)
スイング・ホテル(42)
ブルー・スカイ(46)
イースター・パレード(48)
バンド・ワゴン(53)
パリの恋人(57)
渚にて(59)
フレッド・アステア Fred Astaire
1899年5月10日〜1987年6月22日

1945年
天井桟敷の人々
Les enfants du Paradis
監督 マルセル・カルネ
製作 フレッド・オラン
脚本 ジャック・プレヴェール
出演者 アルレッティ
ジャン=ルイ・バロー
音楽 モーリス・ティリエ
ジョセフ・コズマ
撮影 ロジェ・ユベール
マルク・フォサール


★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴史から飛び出せ!
★たとえば→8月18日の歴史★
海難事故なの・・・
Happy Birthday to Mr.Marcel Carne !

うぇ〜ん!共犯者の皆さま、悪いことは言いません。・・・観ろ。

NHK BS2 イングマール・ベルイマン監督(1918年7月14日〜2007年7月30日) 追悼
動く絵画。沈黙する神?!
2007年12月4日(火) 午前0:50〜2:36(3日深夜)『夏の夜は三たび微笑む』 1955年
2007年12月5日(水) 午前0:45〜2:13(4日深夜)『野いちご』 1957年
2007年12月6日(木) 午前0:40〜2:07(5日深夜)『処女の泉』 1960年
2007年12月7日(金) 午前0:40〜2:09(6日深夜)『叫びとささやき』 1972年
2007年12月11日(火) 午前0:50〜3:34(10日深夜)『ある結婚の風景』 1974年
2007年12月12日(水) ੈ前0:40〜2:10(11日深夜)『秋のソナタ』 1978年
1959年 勝手にしやがれ
A bout de souffle
監督&脚本;ジャン=リュック・ゴダール
(更新日;2010年3月26日)

お熱いのがお好き
Some Like It Hot
監督;ビリー・ワイルダー
出演;マリリン・モンロー
    トニー・カーティス
    ジャック・レモン
    ジョー・E・ブラウン
ビートルズ映画へのワイルダー映画の影響。
ほんとの真実って?
1964年

日本は
2001年
リバイバル
ビートルズがやってくる
ヤァ!ヤァ!ヤァ!
A Hard Day's Night
監督;リチャード・レスター
出演;ザ・ビートルズ

1時間27分 白黒スタンダード
ユナイト映画




1962年 アラビアのロレンス
LAWRENCE OF
ARABIA 
監 督;デビッド・リーン
製 作;サム・スピ−ゲル
脚 本;ロバート・ボルト
撮 影;フレデリック・A・ヤング、
B,S,C,
音 楽;モーリス・ジャール

出演
ロレンス;ピーター・オトゥール
アリ首長;オマー・シャリフ
ファイサル王子;アレック・ギネス
アウダ・アブ・タイ;アンソニー・クイン
ベイ司令官;ホセ・フェラー
ドライデン;クロード・レインズ
記者ベントリー;アーサー・ケネディ
1914年、第1次世界大戦が勃発。
アラビアはドイツと同盟を結んだトルコ帝国の圧政下にあった。
英国はドイツ連合軍の勢力を分散させるため、
稀代の天才戦略家ロレンスをアラビアに派遣した。
アラブ王族の軍事顧問となったロレンスは、
独自のゲリラ戦法を駆使して反乱軍を指揮し、
アラブ国民から砂漠の英雄とうたわれるようになる。
だが、次第に自分が軍上層部に利用されていることを知り、
アラブ民族もまた、部族間の対立からロレンスを裏切っていく…。

美しい砂漠の映像と、壮大な音楽。

★ 第35回アカデミー賞7部門受賞
・作品賞・監督賞
・撮影賞・美術監督賞
・音響賞・編集賞
・作曲賞
1963年 シャレード
Charade
製作:監督:
    スタンリー・ドーネン
原作:脚本:
    ピーター・ストーン
脚本:マーク・ビーハン
撮影:チャールズ・ラング
音楽:ヘンリー・マンシーニ

主演:
オードリー・ヘプバーン、
ケイリー・グラント

助演:
ウォルター・マッソー、
ジェームズ・コバーン、
ジョージ・ケネディ、
ネッド・グラス、
ドミニク・ミノット、
トマス・チェリムスキー
ジョージ・ケネディがバスタブで溺死させられたり、
ジェームズ・コバーンが頭に袋を被せられて窒息死させられたり等の
考えてみればかなり残虐なシーンが
あるのに、おっしゃれーなミステリー映画に仕上がっています。
★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴史から飛び出せ!
★たとえば→8月31日の歴史★

★コバーン2002年11月没〜!ジェームズ・コバーン
★2002年11月18日に亡くなった彼のファン・サイト。デザインのセンス良し!
上記HPマスターからメッセージをいただきました。下記に紹介いたします。

差出人 : Benjamin Montmorency
宛先 : うぇ〜ん!久保AB-ST元宏
件名 : ながい
日付 : Thu, 21 Nov 2002 8:03Am
追悼文ありがとうございました。
正直、なんだこりゃ?(失礼な)と思ったんですが
やはり多彩なコバ先生のサイドを見ることのできる内容で嬉しかったです。
私もキース・リチャードの方が好きでした。
リズムギタリストに徹したところがとてもカッコイイと思いました。
そして私も次元大介のファンです。フイギュア2体持っております(関係ない)。
コバ先生は、端役なら端役として頑張った俳優さんだったと思います。
端役のくせに主人公を食ってしまうような俳優ではなく、
あくまでも
端役として主人公を立ててくれるような、俳優さんだったと思います。
ワイルダー監督系列は全く知ないのですが、
そうですか、ジャック・レモンもワイルダー監督も去年逝きましたか。
(オスカーの放送を見ていない年なのでわかりませんでした)。
ひとつの時代が終わろうとしているような気がしますね。
私もシャレードのコバ先生大好きです。
マッチ擦り落としイビリがすごく黒くておかしくて
ゲラゲラ笑った覚えがございます。
その後、コバ先生がヘップバーンのファンだったという話にも笑いました。
マッカートニーのバンド・オン・ザ・ランのことは、
英語で投稿してくれた人が教えてくれました。
でも「ジョージ・ハリスンも参加してるのか!」には
大爆笑させて頂きました。
そうかあ、コバ先生そんな目立つところにいたんだ(笑)。
私はビートルズではアイコンとしてはリンゴが大好きですが
ミュージシャンとしてはジョージ・ハリスンが好きでした。
だから彼がボブ・ディランや私の大好きなトム・ペティらと組んで
トラベリング・ウィルベリーズなんぞを
作ったときはそれはそれは笑ったものでございます。
しかも「ビリー・ザ・キッド」のサントラにボブを使うことを
ペキンパーに薦めたのはコバ先生だったようです
(クリス・クリストファソンは「俺が推薦した」って言ってましたが)。
色んなところで人は繋がっているものですね。
28年に生まれてから59年銀幕デビュー、
それまでアメリカで色んなことが起こったと思いますし、
そんな中を俳優を続けてきたコバ先生には
どんなことがあったのだろう、とよく思います。
映画スターになってからはある程度、
アメリカ史と照らし合わせながら勉強していくことはできると思うんですが(笑)、
オフブロードウェイにいたときや、
あのヴィンセント・プライスと共演したときのこととか、
知りたかったことは沢山ひございます。
でも、今回、久保さんが色々なことと照らし合わせながら
コバ先生の生きた時代のことを書いてくださったので、
私も「ああそうかー」とコバ先生の経歴に深みを感じることができました。
ありがとうございます。

サイトデザインは…ええ加減変えたいところとかあるんですが(笑)
あれを作った時の自分としては最高の技術を使ったつもりでした。
これから私の病気がマシになり、時間ができましたら、
増えまくったパンフやチラシのアップデートをしたいと思っています。
これからもコバ先生の魂のために頑張っていきますので、
またよろしかったら遊びにいらしてください。

そして最後にスピーク・ラーク…
私が長年吸ってるタバコです。
コバ先生のSpeak Lark! という台詞、未だに耳に残っています。

Benjamin Montmorency
benmont@gaia.eonet.ne.jp
benmont@lib.net

Shake Off the Ghost http://benmont.lib.net/
The Unofficial James Coburn Fan Club http://benmont.lib.net/james_coburn/
No Control http://benmont.lib.net/yufune/
1970年『狼の挽歌 』チャールズ・ブロンソン!
1973年 ビリー・ザ・キッド
21才の生涯
Pat Garrett
&
Billy The Kid
監 督 :サム・ペキンパー
音 楽 :ボブ・ディラン(出演も)

出演
パット:ジェームズ・コバーン
ビリー:クリス・クリストファスン
ディランの名曲「天国への扉」や、
彼の手によるアーシーなインストルメンタルが流れる西部劇。
映画のテーマは、”世代交代”。
「ビリー、みんなあんたが自由なのがいやなのだ」とディランが歌う。







音楽界も「う〜んマンダム」アルバム注文殺到
2003年9月4日(木)

 2003年8月30日に死去した米俳優、
チャールズ・ブロンソンさん(享年81)が
昭和40年代にCMキャラクターを務めていた
男性化粧品「マンダム」のCMソング「男の世界」
への注目が急上昇。この曲を収録したアルバムが
品切れ状態になっている。それはカネボウや
マンダムなどのCMソングを22曲を集め、
8月27日発売のコンピレーションアルバム
『beautiful-彩美曲(さび)』
(コロムビア、2415円)。
今日の英単語
(読み方のかなは参考。)

corpse(コープス)
 名)死体、死骸、
   捨てられたもの




1973年 スリーパー
SLEEPER
監督&脚本&主演;ウディ・アレン

出演;ミア・ファーロー
21世紀の人為的に思想統制の行なわれている未来都市が舞台のSFコメディ。
低予算、アイディア一発のB級レトロフューチャーで、
元祖『オースティン・パワーズ』といった臭う映画。
ついでに、ウディ自身クラリネットを演奏している
ディキシーランド・ジャズ・バンドの軽快なBGMもグー!
1975年
狼たちの午後
Dog Day
Afternoon
監督;シドニー・ルメット
出演;アル・パチーノ
ジョン・カザル
チャールズ・ダーニング
クリス・サランドン

1980年
女の都
La Citta delle donne
監督&脚本;フェデリコ・フェリーニ
(更新日;2010年3月31日)

1995年
ムトゥ 踊るマハラジャ
Muthu
監督&脚本;ラヴィクマール
出演;ラジニカーント
音楽;A・R・ラフマーン
超フェロモン女優のミーナ演じる女優ランガナーヤキを
見るだけで、この映画は価値がある。

『ムトゥ』は舞台化され、2001年には北海道でも上演された。




1998年
永遠と一日
Mia eoniotita ke mia mera

ギリシャ・仏・伊合作
2時間14分
ポール・マッカートニーと午後。
監督・脚本:
テオ・アンゲロプロス

製作:
テオ・アンゲロプロス
エリック・ユーマン
ジョルジオ・シルヴァーニ

音楽:
エレニ・カラインドルー

出演:
ブルーノ・ガンツ
イザベル・ルノー
ギリシャの港町テサロニキを舞台に、死を強く意識した
老作家と難民の子供との1日間の交流を詩情豊かに描く。
アンゲロプロス監督はこの11本目の長編で1998年、カンヌ
国際映画祭の最優秀賞にあたるパルムドールを獲得した。

1999年、NATO軍がユーゴ空爆を開始し、バルカン半島
情勢が世界の注目を集めた。旧ユーゴ解体が始まった90年
以降、ギリシャには30万人もの難民が押し寄せているが、
今回の空爆でさらに増えるのは確実だ。
全編に物悲しさ漂う「永遠と一日」はその悲劇の実態を織
り込んいぶる。

主演は「ベルリン天使の詩」のブルーノ・ガンツ。
オーディションで選ばれた少年役のアキレアス・スケヴィ
スは、役柄と同じアルバニア難民だという。
ピアノが奏でるテーマ音楽も美しい。
『バッファロー'66』
Buffalo '66
(更新日;2010年4月11日)
監督・脚本・音楽・主演;
ヴィンセント・ギャロ
オフビートな人間ドラマ。
1999年
アイズ・ワイド・シャット
Eyes Wide Shut
監督;スタンリー・キューブリック
原作;シュニッツラー
出演;トム・クルーズ
ニコール・キッドマン
【ストーリー】
  • ニューヨークの内科医と妻の、性の告白が発端。
  • 妻が目が合っただけの未知の男に抱かれたい衝動にかられると告白。
  • 夫は、性を巡る幻想と現実の迷路に迷い込む。
アナライズ・ミー
Analyze This
監督;ハロルド・ライミス

出演;ロバート・デ・ニーロ
ビリー・クリスタル
【ストーリー】
  • ノイローゼーになったマフィアのボス。
  • 強引に彼の主治医にさせられた精神科医。
  • その2人のおかしな関係を描くコメディー。
  • 精神科医が会議でマフィアを、精神分析の手法で追い詰め抱腹絶倒。
  • NY州シントン刑務所に、デ・ニーロが服役。
【お楽しみは、こんなセリフからだ】
  • 「トニー・ベネットが好きか?」「イタリアの歌手がお気に入りでね」
  • 「ゴッドファーザーのマーロン・ブランドのように」
  • 精神科医が撃たれて、警察に「今日、結婚したんだ」と自慢。
  • ラスト・シーンは本物のトニー・ベネットが出てきて歌う!その理由は…。
ニンゲン合格 監督&脚本;黒澤清
出演;西島秀俊、菅田 俊
リリィ、麻生久美子、哀川 翔
洞口依子、大杉 漣
鈴木ヒロミツ、豊原功補
役所広司
火のシーンなんか、
タルコフスキー「サクリファイス」のエンディングに
しちまえる方法もあったのだが、
オーディエンスの映画的知識を笑うのかのように、
映画は、日常の様に進み、日常の様に終る。
これって、小津?
でも、何か、変。
そう、クロサワだから。




2000年 あの頃ペニーレインと
ALMOST FAMOUS
(2000、米)

提供;
コロンビア・ピクチャーズ、
ドリームワークス・ピクチャーズ

配給;
ソニー・ピクチャーズ
エンタテイメント
監督・脚本・製作;
キャメロン・クロウ

Almost famous〜♪
★ニューヨーク研究家=Tommyさんへの手紙。★

★やっぱ7日からだった。くやちいぃ!
投稿者:久保AB-ST元宏 投稿日:2001/04/07(Sat) 11:50

> さて、「ハンニバル」は7日。

■と、いうわけで『おーるもすと・ふえいます』を鑑賞させていただきました。
邦題『ペニー〜』と、あのポスターはちょっと苦手だったけど、
アレン『ギター弾き』と比べて、「えいやっ」と選びました。
■最近、ビリー・ワイルダーとのインタビュー本でも
話題のキャメロンちゃんですが、中途半端な印象です。
ワイルダー的ホーム・コメディ・ハッピー・エンド・
ソープ・オペラ・21世紀バージョンと、
いう感じ?
でもバンドのライブのドラムスの重たい音は、
ジョン・ボーナム的で、よかったなぁ。
・・・え?そこだけが良かったの?
まぁ、直接、ツェッペリンに取材していたキャメロン君だから、
本物のゼップも、あ〜だったんでしょう。
んじゃ、真剣にジミー・ペイジのインタビューを読んでいた
紅顔の美少年の私は厚顔無恥?
でも、今朝もAM6:30のお目覚めにアナログ・レコードを取り出して、
ゼップ「河口堰が崩壊して、どじょうが出てきてこんにちは」
(邦題命名=筆者)を爆音で聴いて、
「かっこいいー」と、つぶやいた39歳。
んじゃ、こんなにスゴイならもっといい映画も作れるハズだぞ。
確かに、このロードムービーの最終地点は、NYだったが。
(話をなんとしてもNY関連にしなくては、気がすまない私)笑
ハンニバル
HANNIBAL
(2000、米)
Hannibal 2001年6月8日・記す

今ごろ『ハンニバル』の話しをするなんて、
モード界では、現在考えられる「最悪」のタイミング!

まぁな。
『ハンニバル』をミヨーと思って札幌に行ったら、公開前日。
ようやく見た日が、最終日のレイト・ショーPM9:30。

つくづく、いかした人生だぜ!
「オン・ザ・(レイル)ロード」で
私の
NY『旅行記』を読んでくれた世界中の4人(現在確認数)、
いかがでしょう。

そう、やっぱ、自由の女神やエンパイヤー・ステイト・ビルに会ったのよりも、
チャイナ・タウンのニール・ヤングや、チェルシーのアフリカ移民黒人や、
アポロ・シアターで臨席したコロンビアで内戦と戦っているドイツ人医師、
セント・レジスのマストロヤンニ的マネージャーなど、
人との出会いが、ニューヨークだったねぇ。

んで、ヴィレッジ・バンガードの横のイタ飯屋で、
トイレを一緒に待ったレクター博士!
映画で確認したが、やっぱり、似ているぞ!
アンソニーちゃんは、ベジタリアンだそーだけど、
会った場所がイタ飯屋のトイレの前なんて、ちょっと出来すぎてないか!?

ワインで真っ赤な顔をしていた
ヴィレッジのレクター博士は高校教師と名乗ったが。

映画は、思ったより「マンガ的」。
1970年代のパゾリーニを知っているオジサンには、
スプラッター・シーンよりも、
タイトル・バックの
アンダーワールド(←UKロック・バンド)的デジタル処理に、
ホイットニー美術館の現在やっている特集を感じたり、
アンソニーちゃんのピアノにグールドを思い出したり、
柔らかい鳩の死体に「暗示」を与えるのは
『エイリアン』文体のスタイリッシュされた手法であると思ったり、
手ぶれカメラに安易な意図を探ろうとしたり、
テーマは「ダンディズム」という意外と古典的な印象。

この続編があるとしたら、
レクターは切断した自分の手を自分でつないで出てくると思う。
ブラック・ジャックか!?
で、タイトルが『カンニバル』だったりして。

映画館で、「ハンニバルの足跡を追うフイレンツェの旅」という
旅行のチラシが大量に配られていた。
おいおい、と思うと、
これから上映されるトルナトーレ『マレーナ』もすでに、
「シチリア・シネマ紀行」のチラシあり。
ふ〜ん。


上映が終わると、回りはナウいヤング・カップルばかり。
おお、今日は金曜日。仕事帰りのオヤジはオレだけか。
これから、彼らももうひとつのスプタッターな夜を展開するのか?
聞き耳を立てたワケじゃあないが、
ほとんどが女が『ハンニバル』を観たくて、男が付き合ったパターンみたい。

愛車に乗ると、ちょうど0時。
NHKニュースで、37歳のオヤジが
小学生を大量に切り刻んだというニュース原稿を、
「やれやれ、30分おきに同じ原稿を読みっぱなしだぜぇ」という
トーンで読むアナウンサー。
なんて『ハンニバル』な夜なんだ!




2001観る地獄。『マレーナ』(米2001) 監督;ジュゼッペ・トルナトーレ
出演;モニカ・ベルッチ
音楽;エンニオ・モリコーネ
『海の上のピアニスト』などで、発表した瞬
間に古典にしてしまう監督の、やっぱり傑作。

美しく悲しい女性にあこがれる少年と、残酷な歴史。
パール・ハーバー

愛の世紀
監督;J=L.ゴダール
写しえる者たち。
■入り組んだストーリー、超ブッキッシュな構造、
わざとカメラを止めてみたり、フィルムのスピー
ドを狂わせたり、登場人物のキャラを掴みにくく
したり、・・・・・・。つまりは、観客にスゴク
不親切
な構成になっている。が、ストーリーは意
外と単純だ。アメリカ的なものと、元レジスタン
スの闘志だった老夫婦との対比から、真の「歴史」
を浮き上がらせる。映像の美しさは、やはり奇跡
的。白黒のパリは、アジェの白黒写真を連想させ
ずにはいられないし、後半のブルターニュのカラ
ーになった時の芝生の緑や、海の青、ペンキの赤
は、ルノワール監督の映画『黄金の馬車』の原色
の美しさを連想させつつも、ゴダールの強烈な個
性と才能に観客は至福の時間を約束される。
2002


2003

くすのき☆かえで嬢!かえで嬢からのメール 
映画『オー・ド・ヴィ』 監督=篠原哲雄   音楽=あがた森魚
2003年2月 銀座シネ・ラ・セットにて公開。サントラ盤のリリースもあるよ!

映画「オードヴィー」観ました。
とても素敵な映画です。
友達が観終わってこう言ってました。
「お酒のみでよかったと思いました。
一杯のお酒を飲み終わって、もう一杯ほしくなるのと同じように
もう一度観たくなる映画ですね。」(2003年3月5日 水曜日)

「鉄人28号」映画版製作発表! (NTT出版)
2003年8月19日(火)

 映画版『鉄人28号』は、原作漫画のテイストを
守りつつ、舞台を現代に設定。
サイバーテロに襲われた東京に、突如現われる
巨大ロボット・ブラックオックス。
亡き父が残したという鉄人28号と
そのコントローラを手渡され、
正太郎はとまどいながらも
ブラックオックスへ立ち向かっていく。
今日の英単語
(読み方のかなは参考。)

moviegoer(ム!ーヴィゴウアー)
 名)よく映画に行く人、
   映画好き

東芝、映画ビジネス参入
2003年11月15日(土)

 大手電機メーカー・東芝の映画ビジネス本格参入が
注目されている。ヒット作『戦場のピアニスト』などを
配給したアミューズピクチャーズを買収し、10月に
完全子会社の「東芝エンタテインメント」を設立した。

 アミューズピクチャーズは15年前、
サザンオールスターズらの所属事務所が設立
ビデオ制作販売で『ツイン・ピークス』をヒットさせた後、
邦洋画の製作・配給と業務を拡大し、
最近は興行収入35億円の『戦場…』、
同24億円の『バイオハザード』、
共同配給の『シュリ』『JSA』で成功した。
失われたヒヤシンスを踏みにじるのは、誰だ?
 東芝は3年前からアミューズ配給作に出資しながら
ソフトコンテンツとどうかかわるかを模索した末、買収。
新会社に加藤鉄也社長以下6人を
東芝本社から送り込み、社員65人体制での船出に。
エンターテインメントを重視した良質の単館系作品と、
ハリウッド大作の2本柱の配給となる。

 その第1弾で今年のベルリン国際映画祭金熊賞の
『イン・ディス・ワールド』が15日に公開される。
アフガン難民の少年2人が
パキスタンからロンドンまで旅する感動物語。
来夏にはユニバーサル映画のSF超大作
『クロニクルズ・オブ・リディット』で興収50億円を狙う。
来年は配給作品20本(今年12本)を予定、
年間興収100億円を目指す。

 電機メーカーでは、ライバルのソニーがバブル期に
米コロンビア映画を買収(現ソニーピクチャーズ)した
が、このほど2万人リストラを発表。
松下電器も米MGM映画を傘下に入れたが、
バブル崩壊後に手放し、映像ビジネスから撤退した。
 映画界に新風は吹くか?
今日の英単語
(読み方のかなは参考。)
やっぱ、映画館で観たい♪
trend(トレンド)
 名)方向、傾向、
   時代の風潮、
   流行の様式
 自)傾く

★訃報 デビッド・ヘミングス(イギリスの俳優)2003年12月4日(?)、没。62歳。
1966年
ミケランジェロ・アントニオーニ監督『欲望』で、
主役のカメラマンを演じた。
この映画には、ヤードバーズの演奏シーンがある。
ジェフ・ベックとジミー・ペイジが在籍していた当時で、
ベックが日本製のギターを壊す場面もある。

1978年
映画監督として『ジャスト・ア・ジゴロ』を手がけた。
デビッド・ボウイとマレーネ・ディートリッヒが共演。
♪Bowie、その可能性の中心。ジギー!

独占報告! やっぱ、映画館で観たい♪第1回共犯映画賞

うまうま、くまくま♪この賞は2003年に久保AB−ST元宏が映画館で観た全作品、24本がノミネートの対象となる。
したがって、審査員は久保AB−ST元宏、一人だけ。

もし、映画制作関係者で「なぜ私の作品がノミネートされていないのだ!」と不満に思ったら、共犯新聞社まで映画の招待券を贈ってくださいませ♪
ランク
観た日&映画館
作品
賞&講評
1位
11/16札幌
シアターキノ
映画『sur mes levres
リード・マイ・リップス』(2001年、仏)
監督;ジャック・オディアール
出演;ヴァンサン・カッセル
エマニュエル・ドゥヴォス
●最優秀 作品賞
映画というメディアが他のジャンルに対して持っている特権とは、
圧倒的な娯楽性だ。しかし娯楽性と作品の真摯の両立は難しい。
その点、この作品は意外性を伴った骨太の物語を混沌が包み込み、
面白いくせに質の高い芸術性を構築できた。補聴器の音の効果も良い。
2位
08/08札幌
シアターキノ
映画『talk to her / トーク・トゥ・ハー』
('02 スペイン)アカデミ-賞最優秀脚本賞
監督&脚本;ペドロ・アルモドバル(’51生)
出演;レオノール・ワトリング、
ハビエル・カマラ、ロサリオ・フローレス、
ダリオ・グランディネッティ, ピナ・バウシェ
ジェラルディン・チャップリン,
カエターノ・ヴェローゾ
(ブラジルのトップ・ミュージシャン)
●最優秀 脚本賞
『共犯新聞』の愛読者投票をするのであれば、この作品が1位になるだろう。
スペイン、クラッシック・バレエ、ブラジル音楽、白黒無声映画など、
いわゆるハリウッド的世界から遠く離れた世界観で作られた奇蹟の映画。
その成功の源泉をあえて指摘するのであれば、「脚本」の素晴らしさだ。
ヒットした多くのヨーロッパ映画がハリウッドでリメイクされたかのように、
この映画も同じ末路をたどるのかもしれない。しかし、この映画で準備された
優れた脚本に登場する魅力的な素材はハリウッドには無いものばかりだ。
つまり、ハリウッドに対するある種の悪意が準備されていたという意味でも奇蹟。
3位
09/05札幌
パラマウント・
ユニバ-サル
シネマ11
映画『コンフェッション』(2002米)
[監][製][出]ジョージ・クルーニー
[原][出]チャック・バリス(角川文庫)
[総]スティーブン・ソダーバーグ
脚本;チャーリー・カウフマン
出演;サム・ロックウェル,
ドリュー・バリモア, ジュリア・ロバーツ
[上映時間] 113分・PG-12
●最優秀 監督賞
ジョージ・クルーニーの才能に気が付かせられた作品。俳優が監督や製作を
したがるのは昨今のハリウッドの流行なのかもしれない。もちろん、その背景には
スター俳優に巨額のマネーが集中するハリウッドのシステムの産物だろう。
しかし最近のクリントン・イーストウッドなどの仕事を観ても分かるように、
結果的に優れた作品が作られている。つまり、これはヨーロッパ映画の偏狭な
作家性を否定したハリウッド映画がヒニクにも辿り着いた作家性の再獲得だ。
もちろん、作家性を周囲でヘルプしているのは巨大資本のハリウッド技術だが。
4位
02/16札幌
パラマウント・
ユニバ-サル
シネマ11
映画『The Pianist/戦場のピアニスト』'03
ポーランド・フランス合作、2時間28分
監督;ロマン・ポランスキー
出演;エイドリアン・ブロディ(シュピルマン)
●最優秀 撮影賞
全体を貫徹する美しい画像。すぐれたカメラ・ワークを観ると映画の本質とは、
撮影なのだと思い出させてくれる。まだまだ日本映画には辿り着けない部分だ。
しかも、その静謐な美しさが映画のテーマ「反戦」に真っ直ぐ繋がっているのだ。
5位
03/08札幌
パラマウント・
ユニバ-サル
シネマ11
映画『ボウリング・フォー・コロンバイン
Bowling for Columbine』
監督・脚本・主演;マイケル・ムーア
出演;ジョージ・W・ブッシュ
●最優秀 主演男優賞
ハリウッド版『ゆきゆきて神軍』か?こんな映画もシネコンで上映されるんだから、
ハリウッドの懐の深さには時々、驚かされる。ただし、こんなハードなテーマを
最高の良質なエンターティメントにしたのは主役(?)のムーアだからこそだ。
6位
04/05札幌
パラマウント・
ユニバ-サル
シネマ11
映画『SPIDER/スパイダー/
少年は蜘蛛にキスをする』(2002)
フランス+カナダ+イギリス映画
監督・製作:デイヴィッド・クロ-ネンバ-グ
●最優秀 映像賞
灰色が全編を覆っている。俳優選びから、セット造りまでその色彩感覚が基準と
なっている。ビックリ映画の巨匠監督が、実はビックリやホラーとは心理学の別名
なのだと、この一本で知らしめてしまった。映画制作者にこそ観てもらいたい作品。
7位
06/07札幌
パラマウント・
ユニバ-サル
シネマ11
映画『The Hours/めぐりあう時間たち』
製作年 : 2002年
製作国 : アメリカ
監督 : スティーブン・ダルドリー
出演 : ニコール・キッドマン、
ジュリアン・ムーア、メリル・ストリープ
エド・ハリス、トニ・コレット
クレア・デインズ、ジェフ・ダニエルズ
●最優秀 原作賞
邦題を付ける時に「めぐりあう」を足してしまった配給会社のセンスが微妙だ。
確かに、「時間たち」では納まりが悪いのだが。タイトルが種明かしになっちゃった。
世間ではニコール・キッドマンの大女優化が騒がれたが、ただの不機嫌な演技。
それよりも、1冊の小説をめぐる3つの時間の描き分けこそがこの映画の白眉だ。
どんな時代にも「狂気」はあった。そして狂気は時代に敏感なシステムでもある。
普通の主婦であったジュリアン・ムーアの内包する狂気の演技こそが素晴らしい。
アメリカで映画が大人の文化となっている背景には、優れた原作の存在がある。
8位
01/03札幌
パラマウント・
ユニバ-サル
シネマ11
★NY戦争を語る。
映画『ギャング・オブ・ニューヨーク』
(2002年アメリカ映画)配給:松竹
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ、
キャメロン・ディアス、
ダニエル・デイ=ルイス
主題歌:U2
"ザ・ハンズ・ザット・ビルト・アメリカ"
音楽総指揮:ロビー・ロバートソン
●最優秀 破綻賞
スコセッシが描くニューヨーク史、う〜む、こりゃー観るっきゃナイでしょー!と、
正月早々行列に並んで観た私だが、「がくっ」。詰め込みすぎたか、スコセッシ?
よく考えてみればスコセッシは大作作家ではない。日常を巧みに描く職人だ。
こーゆーテーマはコッポラやデビッド・リーンにでもまかせれば良かった。んでも、
どーしても造りたかったんでしょうねぇ、スコセッシくん。その気持ちだけで充分。
U2やロビー・ロバートソンなども総動員したのも、まるでやっぱ、映画館で観たい♪『スパイ・ゾルゲ』
惨劇。テーマは悪くない。脚本と編集がダメ。偉大なる失敗作。それもまた魅力的
だが。俳優の魅力も無い。ディアスはミス・キャスト。ルイスはマンガ的すぎる。
つらい。
9位
08/26札幌
JRタワー
シネマ
フロンティア
映画『ファム・ファタール』(2002年,米)
監督 : ブライアン・デ・パルマ
出演 : レベッカ・ローミン=ステイモス
アントニオ・バンデラス
ピーター・コヨーテ,エリック・エブアニー
リエ・ラスムッセン,エドュアルド・モントート
●最優秀 助演男優賞
ラストの「夢オチ」は、何だかなぁ〜だが、全体を通したウソっぽさがカッコイイ。
大正モダン期のエロ・グロ・ナンセンス小説を連想させる。吉行エイスケに観せたい。
美人女優が乱発される中で、観終って印象に残るのが意外にも助演のバンデラス。
パッパラパ〜のパパラッチ役で、人畜無害の役どころなのだが、彼の存在が、
物語をあえて複雑にしようとする監督の意図を超えてニュートラルな効果を放つ。
10位
08/19札幌
パラマウント・
ユニバ-サル
シネマ11
映画『英雄 HERO』(2003,中国)
監督;チャン・イーモウ(51)
音楽;譚盾(タン・ドゥン)
出演;ジェット・リー(40)
トニー・レオン(41)、マギー・チャン(38)
チャン・ツィイー(23)
●最優秀 音楽賞
「中国映画史最大のアクション活劇」とのフレコミだったが、なんのこたぁーない、
『マトリックス』の亜流のワイアー・アクションじゃんか!でもまぁ、それだけ中
国映画も国際基準(?)になったってコトか?独特のポキポキした編集は中国映画
の個性であるにしても、さらに際立っていたのは譚盾の音楽であった。すでに多く
の交響曲やオペラで自然界の音を取り入れた作風が印象的だったが、映画こそ相応
しかった。
11位
12/06札幌
シアターキノ
映画『ミレニアム・マンボ』('02、台湾/仏)
監督;侯孝賢(ホウ・シャオシェン)
出演;スー・チー、ガオ・ジュ、ジュンハオ
●最優秀 主演女優賞
侯孝賢の際立った作家性については今後も多く語られてゆくであろうが、彼の作品の
魅力を決定付けているものの一つがキャスティングだ。どうやって捜してくるのだろう。
12位
12/09札幌
蠍座
映画『たそがれ清兵衛』(2002年、日本)
監督;山田洋次
原作;藤澤周平
出演;真田広之、宮沢りえ、大杉漣、
田中泯
●最優秀 可能性賞
この作品が『ラスト・サムライ』と一緒に2004年の第76回アカデミー賞
ノミネートされたのは、とても良いことだった。この二作を同時に観ることによって、
欧米人の中でようやくニッポンの時代劇が相対化されるのだと思う。それにしても、
渥美清が死んで一番喜んだのは山田洋次だろう。トラさんからの生産的な解放。
13位
08/09札幌
狸小路2丁目
ニコー劇場
天野興業
映画『スパイ・ゾルゲ』(2003 日本 東宝)
製作プロダクション;表現社
監督;篠田正浩(1931.3.9生,'60初監督)
字幕翻訳;武満真樹(武満徹の娘)
使用音楽;ジョン・レノン「イマジン」、
池辺晋一郎「交響曲第5,6番」、
武満徹「弦楽のためのレクイエム」他
出演;イアン・グレン(リヒャルト・ゾルゲ)
本木雅弘(尾崎秀実;近衛内閣嘱託)、
椎名桔平(吉河光貞;ゾルゲ逮捕検事)
Armin Marewski(ヴェケリッチ;網走獄死)
小雪(山崎淑子;ヴェケリッチと結婚)、
榎木孝明(近衛文麿)、岩下志麻、ほか
●最優秀 レクイエム賞
1931年に岐阜県で生れ、1960年『恋の片道切符』で松竹から監督デビューした
篠田が、これが最後の作品だと公言して製作を開始し、ついに仕上げた作品。
日本の映画界で、エンターティメントと前衛の間にそびえる高い塀の上で43年間、
それなりの質の映画を作り続けてきた功績は意味のあるものだった。が、残念ながら
「それなり」とゆー形容詞が必要な監督にしかすぎない証明となったのがこの映画。
篠田の過剰なる情熱と意味性への希求は痛いほど感じる。
しかし、これは映画なのだ。まず、優れた映画が持つ魅力的な映像カットが無い。
篠田の勘違いの例がジョン・レノン「イマジン」の使用方法だ。歌詞を画面に翻訳し、
意味を解説しようとする。そんな愚かな作業は書物の世界でやってもらいたい。
ちなみに、私がこの映画を観た狸小路にある「ニコー劇場」は、この年に閉館。
映画が篠田の友人であった故武満徹に捧げられているのも含め終焉の匂いがする。
また、端役とはいえ小雪の出演は、彼女がこの年に活躍したことを印象付けさせる。
14位
04/29札幌
パラマウント・
ユニバ-サル
シネマ11
映画『Chicago/シカゴ』(2002)
監督 : ロブ・マーシャル原案
出演 : キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、
レニー・ゼルウィガー、リチャード・ギア
●最優秀 民俗賞
こーゆー映画がアカデミー作品賞をとったんだから、
「アメリカ趣味」とは、どーゆーモンか分かるっちゅーもんだ。
パリのキャバレー文化の歪んだ末裔が世界の中心で愛を叫ぶ?
15位
09/19札幌
パラマウント・
ユニバ-サル
シネマ11
映画『アダプテーション』(2002年、米)
監督、脚本 : スパイク・ジョーンズ
出演 : ニコラス・ケイジ、メリル・ストリープ
クリス・クーパー
●最優秀 編集賞
前作が怪作『マルコビッチの穴』であったし、この映画もそれの楽屋ネタなので期待。
しかし、見事にガッカリ。監督は二匹目のドジョウを狙ったつもりだっただろーにね。
それでも、ジョーンズらしさは編集のセンスに生きており、ざらついた個性を発揮。
16位
09/10札幌
パラマウント・
ユニバ-サル
シネマ11
映画『座頭市』(2003、日本)
監督、主演;北野武
音楽;鈴木慶一
出演;浅野忠信、ガダルカナルタカ
●最優秀 エンターテイメント賞
テレビのビートたけししか知らない消費者には、これが彼の初めての「娯楽映画」と
聞くと驚くだろう。つまり、それだけ映画は監督に作家性を求めるジャンルなのだ。
たけしには芸術よりも娯楽作品が似合うのだ。続編もできるらしい。私は興味ないが。
17位
12/09札幌
パラマウント・
ユニバ-サル
シネマ11
映画『ラスト・サムライ』(2003年、米)
出演;トム・クルーズ、渡辺謙、真田広之
小雪
●最優秀 ハラキリ・ショー
やっぱり、この映画は「フジヤマ、ゲイシャ、ハラキリ」映画だ。欧米と違う価値観を、
啓蒙しようとするだけで喜ぶほどアメリカのリベラリズムは能天気なのか?渡辺謙の
各賞ノミネートに浮かれるニッポンは、やはりハリウッドの植民地。次回作に期待。
18位
01/26札幌
パラマウント・
ユニバ-サル
シネマ11
映画『マイノリティ・リポート』
監督;スティーブン・スピルバーク
原作;フィリップ・K・ディック
出演;トム・クルーズ
●最優秀 CG賞
観終わって皆が思うのは「あんな車、欲しい〜」。そんな印象しか残らないのは、
天才スピルバーグがあまりにもディテールにこだわりすぎるからか(笑)?まぁ私には、
アイズ・ワイド・シャット』以来のクルーズの眼球譚つながりとして楽しめたけどね。
19位
06/21札幌
パラマウント・
ユニバ-サル
シネマ11
映画『マトリックス リローデッド』
監督 : ラリー&アンディ・ウォシャウスキー
出演 : キアヌ・リーブス
ローレンス・フィッシュバーン
●最優秀 アクション賞
全三部作を観終わったから言えるのだが、今世紀最初の大花火映画であったなぁ。
どんどん尻つぼみになってゆくのに、この2作目ではまだ「哲学」へのそぶりがあり、
観ていてシラケる。カッコ付けずに「傑作お子ちゃま映画」と正直に言えばいいのに。
20位
05/25札幌
JRタワー
シネマ
フロンティア
映画『X−MEN2』(20世紀フォックス)
監督:ブライアン・シンガー
出演:ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリー
●最優秀 助演女優賞
正直に「傑作お子ちゃま映画」と言っている正直な(?)作品。が、出てくる女優は
なかなか大人の鑑賞にたえますぞ。マンガが原作だから主人公はマンガチックに
ならざるをえないのだが、女優陣にはまだ映画作家の自由が許されているようだ。
21位
09/15札幌
パラマウント・
ユニバ-サル
シネマ11
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』
監督;ゴア・バービンスキー  
[出]ジョニー・デップ   
[制作データ] 2003米/ブエナ・ビスタ
[上映時間] 143分
出演;ジョニー・ディップ
ジェフリー・ラッシュ
オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ
★The Rolling Stones!2002!●最優秀 衣装賞
ディップの蛇みたいな演技が注目された。
本人も言っているし、観客も感じたように、
このキャラの元ネタはザ・ローリング・ストーンズの
キース・リチャード。なんだよ、つまりはコスプレ?
ああ、そー考えるとディップの演技を盛り上げて
いるのはその衣装じゃん。
22位
03/08札幌
パラマウント・
ユニバ-サル
シネマ11
映画『リロ・アンド・スティッチLilo&Stich』
(’03米)監督&脚本;クリス・サンダース,
ディーン・デュボア ディズニー・アニメ
●最優秀 音響賞
実は優れたエルヴィス・プレスリー映画。しかし、残念ながらプレスリー賞など映画の
業界には無い。ハワイを舞台に登場人物を西洋人顔ではなくてネィティブにしたのも
魅力的な選択。色彩のセンスの向上も目を見張らせる。そして快楽の底に音がある。
23位
11/09札幌
JRタワー
シネマ
フロンティア
映画『スパイ・キッズ3−D』
出演;シルベスター・スタローン、
アントニオ・バンデラス
●最優秀 視覚効果賞
わざわざオトナが観に行く映画ではない。んが、なぜかスタローンやバンデラスなど
大物俳優がクダラナイ役で出演。これもまたハリウッドなり。映画の特徴は、3D眼鏡
をかけて観る「飛び出す画像」。眼鏡をかける場面を登場人物が客席に教える(笑)。
24位
11/23札幌
パラマウント・
ユニバ-サル
シネマ11
映画『マトリックス・レボリューション』('03)
監督 : ラリー&アンディ・ウォシャウスキー
出演 : キアヌ・リーブス
ローレンス・フィッシュバーン
●最優秀 がっかり賞
一作目は”一流のSF映画”、
二作目は”二流のアクション映画”、
三作目は”三流の怪獣映画”?
2004
独占報告! やっぱ、映画館で観たい♪第2回共犯映画賞

うまうま、くまくま♪この賞は2004年に久保AB−ST元宏が映画館で観た全作品、42本がノミネートの対象となる。
したがって、審査員は久保AB−ST元宏、一人だけ。

もし、映画制作関係者で「なぜ私の作品がノミネートされていないのだ!」と不満に思ったら、共犯新聞社まで映画の招待券を贈ってくださいませ♪
それにしても、映画館も無いイナカ町に住む42歳の中年男が一年間に42本の映画を映画館で観るのって、多いんだろ〜か、少ないんだろ〜か?
ランク
観た日&
映画館
作品
賞&講評
1位
07/18札幌
蠍座
映画『花とアリス』(2004年/ビスタサイズ)
監督・脚本・音楽;岩井俊二
出演;鈴木杏、蒼井優、郭智博、相田翔子
●最優秀 作品賞
▲脚本が上手い。おとぎ話のような神話?
2位
12/11札幌
札幌劇場
映画『オールド・ボーイ』(2004/韓国)
監督;パク・チャヌク
原作;土屋ガロン、嶺岸信明
出演;チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン
トンカチおじさん?
●最優秀 監督賞
▲映画的快楽の大傑作。かつて手塚治虫は
欧米の映画にインスパイアされてマンガの
可能性を広げたが、ついにマンガが映画に
「恩返し(?)」する時代が来たというこ
とか?
3位
05/09札幌
シアターキノ
映画『幸せになるためのイタリア語講座』
割引き\1200(2000年/デンマーク/112分)
監督・脚本;ロネ・シェルフィグ
出演;アンダース・W・ベアルテルセン
●最優秀 脚本賞
▲初歩的な技術しかないカメラなのに新鮮。まるでゴダール。
レベルが高いのは演技と、脚本。中年なのに、役者陣の魅力はスゴイ。
4位
08/15札幌
スガイ
シネプレックス
映画『茶の味』 モーニング料金\1200
原作・監督・脚本・編集;石井克人
出演;坂野真弥、佐藤貴広、浅野忠信
●最優秀 編集賞
▲「お涙頂戴」までも含めたゴッタ煮の真実。
5位
05/15札幌
Sapporo
Cinema
Frontier
映画『キャシャーン』 レイトショー割引\1200
監督・脚本;紀里谷和明
出演;伊勢谷友介、麻生久美子、寺尾聡
●最優秀 可能性賞
▲最後までテンションを保ったのは、スゴイ。この手の映画は
(とくに日本映画は)後半、ダレルものが多いから。戦いのカ
タルシスを期待した観客を裏切る、強烈なメッセージ。
6位
12/11札幌
シアターキノ
映画『Depuis Qu'otar est Parti/優しい嘘』
(上映時間:102分/2003年/フランス映画)
監督;ジュリー・ベルトゥチェリ
出演;エステール・ゴランタン、
ニノ・ホマスリゼ、デイナーラ・ ドルカーロワ
●最優秀 民俗賞
▲グルジアが舞台の映画では『ピロスマニ』(1969年)を思い出すが、
それから34年過ぎソ連が消滅しても、テーマは暗い。
しかし、そのテーマを表現する手法にはユーモアと
複雑なシニカルさが、自然に使われている。
7位
03/31札幌
Sapporo
Cinema
Frontier
映画『ドッグヴィル』
監督・脚本;ラース・フォン・トリアー
終曲;デヴィッド・ボウイ「ヤング・アメリカン」
出演;ニコール・キッドマン、
ポール・ベタニー
●最優秀 撮影賞
▲監督の準備したテーマはアメリカだろう。劇中で唯一の意味を持つ
「独立記念日」と、観客に解放感を与えるエンディングで分る。しか
し、準備されたテーマと受ける意味は、違う。
いつまでも語られるであろうカルト映画の誕生に立ち会えたコトを幸
運と思うべきか?キャサリン・ゼタ=ジョーンズが、
「ニコールにだけ良い仕事を回す」と怒って移籍したぐらい。
8位
05/09札幌
Sapporo
Cinema
Frontier
映画『スパニッシュ・アパートメント』 \1800
(2003年/フランス)
監督・脚本;セドリック・クラピッシュ
出演;ロマン・デュリス、オドレイ・トトゥ
●最優秀 図式賞
▲ちょいとやり過ぎの映像お遊びも『地下鉄のザジ』からの伝統かな?
図式が見えるし、
結論は楽天過ぎるがそれであっても面白い。
9位
05/09札幌
蠍座
映画『ジョゼと虎と魚たち』 \800
(2003年/日本/116分)
監督;犬童一心
出演;妻夫木聡、池脇千鶴、新井浩文
●最優秀 乳首賞
▲「帰れと言われて帰るようなやつは帰れ!」とか言うメンド
クサイ女との恋愛なのだが、男は一生の間に一度はこーゆー女
に惚れるのか?ある意味、類型的な女にしか過ぎないのだが
『イン・ザ・カット』のメグ・ライアン同様に乳首露出映画と
しては池脇の方が遊んでいそーだが、映画偏差値としては勝っ
たか。
10位
03/14札幌
シアターキノ
映画『美しい夏キリシマ』 ポイントカード\0
(2002/日本)監督;黒木和雄
出演;柄本佑/原田芳雄/小田エリカ
●最優秀 功労賞
▲戦闘や原爆のシーンを挿入せず観客の想像力をかきたてる。
逆の『スパイ・ゾルゲ』。
11位
05/02札幌
シネマ11
映画『The School of rock /
スクール・オブ・ロック』 \1500
監督;リチャード・リンクレイター
出演;ジャック・ブラック
ジョーン・キューザック、マイク・ホワイト
●最優秀 主演男優賞
▲後半、目頭が熱くなってしまった(笑)。
解説しよう。
12位
03/01札幌
シアターキノ
映画『ヴァイブレータ』 映画の日割引\1000
監督;廣木隆一 原作;赤坂真理
●最優秀 ハラキリ・ショー
▲主演の寺島の良さを長回しで引き出した。
13位
11/06札幌
シネマ11
映画『モーターサイクル・ダイアリーズ』
監督; ウォルター・サレス
原作;エルネスト・チェ・ゲバラ
出演;ガエル・ガルシア・ベルナル
●最優秀 音楽賞
▲ハリウッド映画的な前半、岩波映画的(?)後半。
それぞれの既知感が、私をシラケさせる。しかし、原住民の顔が素晴らしい。
彼らの魅力を伝えたことと、主人公の成長談が無理
なく必然的に重なったことが映画成功理由。
14位
01/25札幌
Sapporo
Cinema
Frontier
映画『ミスティック・リバー』\1800
監督,音楽; クリント・イーストウッド
●最優秀 緊張感賞
▲多くの脇役の個性が素晴らしかった。なにより、監督がクリント・イー
ストウッド!しかも、映画音楽の作曲も担当している!ちょいデビッド・
リンチのセンスを連想させる雰囲気はあるが。真犯人の動機の叙述が、
おざなりな点には不満がある。ただし傑作。
15位
01/04旭川
旭川国劇
映画『Prozac nation /
私は「うつ依存症」の女』(2001,米) \1800
監督;エーリク・ショルビャルグ
原作;エリザベス・ワーツェル
出演;クリスティーナ・リッチ、
ジェイソン・ビックス、アン・ヘッシュ、
ジェシカ・ラング、ルー・リード
●最優秀 主演女優賞
▲買い物のついでに時間が余ったので、たまたま観た映画。それにしても、
邦題がダサイ。これじゃあ観たくなくなるよね。主人公のエッチな体のせい
か、ポルノ映画と同じフロアで上映されていた。…おいおい。映画自体は、
アート系の知的な作品。♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Dieルー・リードが本人役で出てくるのもかなり、ブッ
飛び。「スィート・ジェーン」を崩して歌うシーンなどは良いときのボブ・
ディラン級。会話中に精神病の主人公の本音が、モノローグで平行して聞え
るアイディアが良い。ちなみに観客は私だけだった(笑)。
16位
07/03札幌
Sapporo
Cinema
Frontier
映画『THE HUMAN STAIN/白いカラス』
(2003年、米国)
監督:ロバート・ベントン
出演:ニコール・キッドマン、エド・ハリス、
アンソニー・ホプキンス、ゲイリー・シニーズ
原作;フィリップ・ロス『ヒューマン・ステイン』
打つんだ、イノセント・ガーデン !
●最優秀 破綻賞
▲またしてもニコール・キッドマン!美味しい役をとり過ぎ!
キャサリン・ゼタ=ジョーンズも怒るわなぁ。
でも、この役すらキャサリンには無理。しかしせっかくのロスの原作が薄味に
なってしまったのはもしかしたらキッドマンの過密なるスケジュールと貪欲な
脚本消化欲が原因であるかもしれない。もしそうであったとしたら手遅れにな
る前にキッドマンは仕事をセーブするべきではないのか?密度の濃い仕事を
連続してきた彼女であるからこその苦言(?)ですが。又、この映画が期待以
下になってしまった他の理由は、映画の宣伝と告知の段階からユダヤ人教授
が実は黒人であるという物語最大のドンデンガエシを公言してしまっているか
ら。最初から物語が分っているのであれば古典落語のように俳優「芸」を味わ
う方向に興味は行くのであるが確かに主な4人の「芸」は素晴らしい。しかし
それを生かしきった脚本と演出であったかと言うと、疑問だ。例えば後半の
作家の役割の部分のボリュームをもっと多くとって、謎解きの興味を引っ張
るという方法もあったかもしれない。もしそれが、キッドマンの出演場面が減
るという理由でカットされたのなら映画の神も嘆く。
17位
07/11札幌
シネマ11
映画『69 sixty nine』
監督;李相日(リ・サンイル、1974年生れ)
脚本;宮藤官九郎(1970年生れ)
原作;村上龍(1952年生れ)
出演;妻夫木聡、安藤政信、太田莉菜、
嶋田久作、柴田恭兵、岸部一徳
●最優秀 エンターテイメント賞
▲『ウォーターボーイズ』のように、テレビでの連続モノになった
らいいなぁ〜。日本映画も旬の動きができる環境になってきた予感。
18位
08/14札幌
シネマ11
映画『誰も知らない』 深夜料金\1200 ●最優秀 実験賞
▲羽仁進などの古い手法を新しいセンスで。
19位
03/13札幌
シネマ11
映画『ホテルビーナス 』 深夜割引\1200
監督:タカハタ秀太 脚本:麻生哲朗
出演:
0号室チョナン:草g剛
1号室ワイフ:中谷美紀
2号室ガイ:パク・ジョンウ
2号室サイ:コ・ドヒ
3号室ソーダ:チョ・ウンジ
4号室ボウイ:イ・ジュンギ
1号室ドクター:香川照之
オーナー・ビーナス:市村正親
●最優秀 映像賞
▲丁寧な編集が凡庸な物語を高揚させた。
20位
01/02札幌
シアター
キノ
映画『我的兄弟姐妹/Roots and branches/
再見 ツァイツェン また逢う日まで』 \1800
(2001,中国,カラー,1:1.85,ドルビー,95分)
監督・脚本;ユイ・チョン
出演;ジジ・リョン、ツイ・ジェン、シア・ユイ
●最優秀 助演男優賞
▲クライマックスが違えば名作になったかも。
21位
02/14札幌
シネマ11
映画『ニューオーリンズ・トライアル』割\1500
監督;ゲイリー・フレダー
原作;ジョン・グリシャム(『陪審評決』)
出演;ジョン・キューザック、
ジーン・ハックマン、ダスティン・ホフマン
●最優秀 原作賞
▲複雑な知的ゲームを見事に面白く構築。
22位
12/11札幌
Sapporo
Cinema
Frontier
映画『僕の彼女を紹介します』(2004/韓国)
監督; クァク・ジェヨン
出演 : チョン・ジヒョン、チャン・ヒョク
●最優秀 アイドル賞
▲途中で必要以上にセンチメンタルになる点以外は、
極上のエンターテイメント作品。
23位
05/28札幌
シネマ11
映画『The Passion of the Christパッション』
製作・監督・主演;メル・ギブソン
●最優秀 視覚効果賞
▲まずこの映画を語る時はキリスト教を語るのか、この映画そのものを
語るのかを意識的に区別する必要がある。ストーリーは万人が知ってい
るキリスト受難の物語なのだが、聖書や絵本では物理的に目に映らない
リアルな映像(=つまり、とっても残酷)を繰り返し見せ付けられる。
この映画を観た後では聖なる磔刑像もSMプレイのイメージと重なってし
まうのではないだろうか?この映像化の作業に何の意味があると言うの
だろうか?既に映画界はパゾリーニという優れた天才が、この面での仕
事を終えているのに。しかも、この映画がアメリカでは記録的な大ヒッ
トであるというのだから、日本人とは違う感性がこの映画を取り巻いて
いるとしか思えない。私は「キリスト教は結局、憎しみの元凶ではない
のか?」という再発見をさせられただけ。
24位
03/13札幌
シネマ11
映画『レジェンドオブ・メキシコ デスペラード
ONCE UPON A TIME IN MEXICO』 \0
監督:ロバート・ロドリゲス
出演:エヴァ・メンデス、サルマ・ハエック、
アントニオ・バンデラス、ジョニー・デップ
●最優秀 ユーモア賞
▲笑える。マルクス兄弟の21世紀版かよ?フリークス役者デップも、
過剰に本領発揮。
タランティーノの匂いがすると思うと、やはり、
スペシャル・サンクスの筆頭に彼の名(笑)。
25位
04/10札幌
シネマ11
映画『イン・ザ・カット』
監督&脚本;ジェーン・カンピオン
出演;メグ・ライアン、マーク・ラファロ
●最優秀 がっかり賞
▲私は期待していたんだよ〜。でも、がくっ。清純派ラブ・コメの女王が
ハードなセックス・シーンと乳頭を見せたダケの映画だよコレ。
挿入されるスケートのシーンも見掛け倒し。
26位
04/16札幌
シネマ11
映画『out of time / タイムリミット』
監督;カール・フランクリン『青いドレスの女』
出演;デンゼル・ワシントン、
エヴァ・メンデス、サナ・レイサン
●最優秀 助演女優賞
▲地味な映画だが、大人の優れた娯楽作になっている。
原題はローリング・ストーンズの曲をカリプソ風にアレンジしたカバーから。
よく考えれば大空想映画だが、騙されたフリをして楽しめば豪華B級映画。
エヴァもいい。
27位
05/09札幌
シアターキノ
映画『ぼくは怖くない』 早朝割引き\1200
(2003年/イタリア/109分)
監督;ガブリエーレ・サルヴァトーレス
出演;ジュゼッペ・クリスティアーノ
●最優秀 勘違い賞
▲21世紀版イタリア・ネオリアリズムのつもりだろーか?
物語の必然性が希薄な失敗作。
28位
05/15札幌
シアターキノ
映画『Goodbye Lenin!/
グッバイ、レーニン!』
\1200 (2003年/ドイツ/121分/ビスタ)
監督;ヴォルフガング・ベッカー
出演;ダニエル・ブリュール、
カトリーン・サ-ス
●最優秀 文部省推薦賞
▲アイディアはいいのだが、予告編を観たら全てを観たことになる内容。
母への愛も過度!
29位
05/15札幌
Sapporo
Cinema
Frontier
映画『真珠の耳飾りの少女』\1800
監督;ピーター・ウェーバー
出演;スカーレット・ヨハンセン
●最優秀 くちびる賞
▲映像の美しさはフェルメールの絵の再生を成し遂げている。
ヨハンセンの魅力も充分。しかし物語性ゼロ。肉屋との情事も無意味。
30位
07/19札幌
シネマ11
映画『Spider-man 2 / スパイダーマン2』
監督;サム・ライミ
出演;トビー・マグワイア、
キルステン・ダンスト、アルフレッド・モリーナ
●最優秀 フェミニスト賞
▲観客との「痛み」の共有が娯楽の方法論。
31位
03/25沼田
沼田町民会館
映画『半落ち』 沼田町芸術文化鑑賞\500
監督;佐々部清 原作;横山秀夫
撮影;長沼六男
(『たそがれ清近衛』『学校』)
出演;寺尾聡、柴田恭兵、伊原剛志
●最優秀 テレビ向け賞
▲群集劇をスムーズに見せた、監督の芸。
32位
12/18札幌
シアターキノ
映画『世界でいちばん不幸で幸せな私』
(2003年 フランス作品、94分)
監督,脚本;ヤン・サミュエル
出演;ギヨーム・カネ、マリオン・コテヤール
チボー・ヴェルアーゲ、
ジョゼフィーヌ・ルバ=ジョリー
●最優秀 映画青年賞
▲かつての明石屋さんま、大竹しのぶ共演の『男女7人夏物語』(1986年 TBS)
みたいなラブストーリーをジョン・アーヴィング語法で演出したよーな映画。
つまり、監督が思うほどには新しい手法ではない。むしろこの作品の魅力は、
情報の多い映画的語法であろう。圧巻は後半の素晴らしいものを例えるナレ
ーション。「アビーロードのB面」まである。ここで羅列された多くの事項が
すでにある世代以降には世界共通の文化データ・ベースであることがこの映
画に特権的個性を獲得させている。父親との確執はそんな映画自体が持って
いる世代意識からのものである。つまり構造が物語を準備したのだ。
33位
12/10札幌
シネマ11
映画『ポーラー・エクスプレス』
深夜割\1200
監督;ロバート・ゼメキス
原作;クリス・ヴァン・オールズバーグ
出演;トム・ハンクス、エディ・ディーゼン
アンドリュー・エイブルソン、
デビー・リー・キャリングトン
●最優秀 冒険賞
▲こーゆーのをアトラクション映画というのだろうか?
ジェット・コースターに乗る楽しみ近い感覚。
映画のテーマは「信じる」だが、重要なのは「何を信じ
るか」であると思うが?
34位
02/11旭川
ディノスシネマズ
旭川
映画『シービスケット』モーニング
割引\1200
監督&脚色;ゲイリー・ロス
主演&製作総指揮;トビー・マグワイア
●最優秀 音響賞
▲競馬映画。レースのシーンの映像と音が、素晴らしい。
カーチェイスに慣れた観客も、まるで自分も一緒に馬に
乗っているかの様な臨場感。しかし、それ以外は凡庸な物語。
35位
08/07札幌
シネマ11
映画『キング・アーサー』
製作;ジェリー・ブラッカイマー
監督;アントワン・フークア
出演;クライヴ・オーエン、キーラ・ナイトレイ
●最優秀 CG賞
▲『ロード・オブ・リング』+『ラストサムライ』?
36位
06/13札幌
シネマ11
映画『ディ・アフター・トゥモロー』
監督;ローランド・エメリッヒ
出演;デニス・クエイド、エミー・ロッサム
現場は、いつもパニック。
●最優秀 予報賞
▲進化したパニック映画。
ただし、ストーリーは『日本沈没』と『走れメロス』を足しただけ。
自由の女神の手にした火は燃えていないのか?
37位
06/27札幌
Sapporo
Cinema
Frontier
映画『ハリーポッター アズカバンの囚人』
監督;アルフォンソ・キュアロン
出演;ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント
●最優秀 職人賞
▲だいたい、映画自体が「魔法」なのよね。
38位
04/10札幌
シネマ11
映画『Intolerable cruelty/ディボースショウ』
監督;ジョエル・コーエン『ファーゴ』
出演;ジョージ・クルーニー
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
●最優秀 予行練習賞
▲1年に映画を1本しか観ない人には楽しめるだろーが、
こちとら映画観客のプロ(?)。
この程度のドンデン返しじゃあ眠くもなるわ。
39位
01/25札幌
Sapporo
Cinema
Frontier
映画『タイム・ライン』\1800 ●最優秀 レクイエム賞
▲最初の数分を観ただけで後の全てのストーリーが読めちゃう
”お子ちゃま”映画。かなり予算を使った映画なんだろーけど、
私的にはB級映画ですねぇ。
40位
12/18札幌
Sapporo
Cinema
Frontier
映画『The Incredibles /
Mr.インクレディブル』(2004,米,115分)
監督;Brad Bird / ブラッド・バード
製作;John Walker / ジョン・ウォーカー
製作総指揮;ジョン・ラセター
脚本;Brad Bird / ブラッド・バード
音楽;マイケル・ジアッキノ
声の出演(日本語吹替版);三浦友和、
黒木瞳、海鋒拓也、渡辺美佐、後藤哲夫
綾瀬はるか、斉藤志郎、宮迫博之
●最優秀 アクション賞
▲日本マーケットを無視した発音しにくいタイトルに、ディズニーの
自信が透けて見える。オリジナルを初見で楽しませるのだから。単純
なストーリーと、表現力の工夫を見せ場にするのがジェット・コース
ター。
びよ〜ん。
41位
12/18札幌
Sapporo
Cinema
Frontier
映画『ゴジラ -ファイナルウォーズ- /
GODZILLA: FINAL WARS』
監督;北村龍平
製作;富山省吾
音楽;キース・エマーソン
出演;松岡昌宏、菊川怜、宝田明、
ケイン・コスギ、水野真紀、北村一輝、
ドン・フライ、佐原健二、泉谷しげる、
中尾彬、佐野史郎、篠原ともえ、
伊武雅刀、國村隼、船木誠勝、長澤まさみ
●最優秀 パロディ賞
▲これを豪華なトリビュート映画とみるか、安易なパロディ映画と
失笑するかは映画を見る側の踏み絵となるだろう。北村監督のはし
ゃぎぶりは分らないでもない。彼のような楽天家を日本映画界は大
切にする必要もあるだろう。しかし私には必要の無い映画であった。
例えばこーゆー映画はリアリティの距離感を一定に保つ必要がある
のだが監督のはしゃぎぶりがたびたびそれをブチ壊しにしている。
最も映像的に魅力があったのは、東南アジアの都市をアンギラスが
破壊するシーンだ。他はアメリカ版ゴジラもヘドラも、まるで歌舞
伎座のお正月顔見世興行以下。おまけに、宝田明から中尾彬に渡る
出演者の豪華ながらも無駄な再登場。誇張してマンガ化する演技が
良しとされてきた日本映画の演出歴史のマヌケな暴露でもある。轟
天号やX星人のご登場にいたっては、この映画がキーワードの組み合
わせに熱中していることが証明される。しかし北村監督はタランテ
ィーノになれなかったのであり、その分析が唯一の日本映画への貢
献となるであろう。もはや予算がイイワケにはならないラインまで
来てしまったのだ。艦長のドン・フライのバカバカしい吹き替えと、
映画『マトリックス』のパロディのバイク・バトルを延々と見せる
くだりで見ていながらどんどんシラケてゆく自分に気が付いた私
であった。同じ子供向けでも、『Mr.インクレディブル』には負
けてしまっているのだ。音楽がキース・エマーソンであるというの
も、ここまできたら何だか悪趣味なパロディにしか思えない。オマ
ケを貰ったのは嬉しいが。
42位
12/12札幌
シネマ11
映画『レディ・ジョーカー』
監督;平山秀幸
(ひらやま・ひでゆき、1950年9月18日生まれ)
原作;高村薫
脚本;鄭義信
出演;渡哲也、徳重聡、吉川晃司、國村隼
長塚京三、大杉漣、吹越満、加藤晴彦
菅野美穂、岸部一徳、斉藤千晃(レディ)
●最優秀 反面教師賞
▲驚いた。何がって、未だに1980年代以前の日本映画のダメな部分が
生きていたことにだ。私よりも若い映画監督がガン&ガン出てきて彼
らもそれなりの仕事をクリアしたりしてもはや日本映画は「再生」し
たと思っていたのだ。そーじゃなかった。原作が素晴らしいのだから、
これはもう監督の読解力の不足が失敗の最大の原因。加えて渡哲也の、
複雑さのまったくない演技。長塚京三はあの程度の役者だろーが、テ
レビのドラマですら魅力を発揮している國村隼や大杉漣のような素晴
らしい俳優ですら、この映画では陳腐で薄っぺらな存在感しか演じ切
れていない。きっと監督のバカさ加減が現場で分ったので役作りに工
夫する意欲を失い、紋切り型演技に終始したのだろうな。その点、岸
部一徳はサスガだ。彼がこの映画で最も素晴らしい。さらに嬉しい発
見は吉川晃司の成長である。筋肉バカにしか思えなかったコイツが、
これほど良い演技をしたのだから、この映画で徳をしたのは彼が一番
だろう。きっと、これから良い仕事がいくつか来ると思う。又、社長
室のセットに代表される大道具の予算のケチり方も脱力しちゃうぜ。
CGのビルが、あんなに大きいのに、なんで社長室や応接間があんな
セコイの(笑)。まず言えるのはこの映画に、映画的魔法がかかって
いる場面はまったく無い。映画館で観てもテレビで観ても同じだ。も
うこんな映画を作るのはやめて欲しい。だって韓国の成長がスゴイの
は、サッカーだけでないんだから。映画観客の目は映画会社が思って
いる以上にハイレベルで肥えている。また気になるのは原作者の高村
薫が日本経済新聞に連載していた小説「新リア王」が日経とトラブル
を起こし連載中断を余儀なくされていたこと。これとこの映画の中途
半端さに関係があればコトは政治問題になる。つまり「新リア王」は
現役の自民党政治家が実名で多数登場するなど骨太社会派作家らしい
高村の実験的な作品であった。しかも連載現場が日本経済界のトップ
が読む新聞であった、というリアルタイムさもある筋には不快感を与
えたであろう。この小説が打ち切りになった後には「失楽園」の大ヒ
ットの二番煎じを狙う渡辺淳一のエロ小説が始まった。映画も、小説
もこうして日本では殺されてゆくのか。

『地獄の黙示録』
Apocalypse Just Now
やっぱ、映画館で観たい♪マーロン・ブランド死去 享年80歳

1924年4月3日 ネブラスカ州オハマ生まれ。

1951年 映画『欲望という名の電車』 「若さとは才能である」ことを証明できる特権。

1954年 映画『波止場』 監督のエセ左翼ぶりを、凌駕する存在自体の左翼性。

1971年 映画『ゴッドファーザー』 俳優の創造性とは、こうゆうことだ。
      ▲2度目のアカデミー主演男優賞に選ばれたが、
       映画界の北米先住民の扱いが不当であるとして受賞を拒否。

1979年 映画『地獄の黙示録』 顔を見せるだけで演技をしてしまった。

2004年7月1日 ロサンゼルスの病院で死去。死因はプライバシー保護のため秘密。
2005
独占報告! やっぱ、映画館で観たい♪第3回共犯映画賞

うまうま、くまくま♪この賞は2005年に久保AB−ST元宏が映画館で観た全作品、38本がノミネートの対象となる。
したがって、審査員は久保AB−ST元宏、一人だけ。

もし、映画制作関係者で「なぜ私の作品がノミネートされていないのだ!」と不満に思ったら、共犯新聞社まで映画の招待券を贈ってくださいませ♪
それにしても、映画館も無いイナカ町に住む43歳の中年男が一年間に38本の映画を映画館で観るのって、多いんだろ〜か、少ないんだろ〜か?
ランク
観た日&
映画館
作品
賞&講評
1位
03/19札幌
ユナイテッド
シネマ・札幌
映画『ロング・エンゲージメント』
深夜割\1200
監督;ジャン=ピエール・ジュネ(アメリ)
出演;オドゥレイ・トトゥ、
ギャスパー・ウリエル
●最優秀 作品賞
必然性のある映像実験の連続。
これぞ映画。
塔に登る♪そして、2階の部屋で、お布団ひいたんだけど。
2位
04/24札幌
シアター
キノ
映画
『ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム』
\1400
監督;サン・マー・メン
出演;ザ・ゴールデン・カップス
インタビュー出演者;内田裕也、萩原健一
ムッシュかまやつ、忌野清志郎、矢野顕子
Hey あの店で落ち合おう♪
●最優秀 編集賞
すごい映画。いまだに、私は興奮している。1960年代後半の横浜というか
本牧の不良どもの
記録なのだが、昔は美人だった風のオバサンが出てきて
「品川ナンバーなんて、ダサイし嫌い
じゃん?カップスの店の前に泊まって
いたら、みんなで盗んで乗り回してガソリンが無くなったら
海に捨てていた
わ(笑)」てな証言ばっか(笑)。ゴールデン・カップスは、米兵2世や華
僑2世で
作られたバンドで、クリームのコピーなんか今さら私が言うまでも
ないがカックイー。当時、ボー
カル以外はみんな10代だったと言うから、
こりゃかなわん。がくっ。ミッキー吉野なんて、16歳で
ドアーズからR&
Bまでちゃんとグルーブを再現できていたんだからねぇ。映画はA面、B面
に分
かれていて(笑)、A面つまり前半はメンバーや当時の横浜の不良グル
ープ(=ナポレオン党
←知ってる?)や周辺のバンド・マンへのインタビュ
ー。ザ・スパイダースの井上尭之(1941年
生れ)が、こっそり本牧までスパ
イダースのメンバーを連れてデビュー前のゴールデン・カップ
スを観に行っ
たら若いネェーチャンに「ここはアンタたちの来るとこじゃあないよ。帰り
な。」と、ク
ールに言われたとか。当時のテレビ番組『ヤング720』出演時
のブルースのコピー曲なんかミニ
スカートのゴーゴー・ガールをしたがえて
テレビカメラもぐにゃ&ぐにゃで、サイケ〜。そして彼ら
の解散の原因が、
ベトナム行きの米軍兵相手の沖縄のディスコでライブの最後の曲「長い髪の

少女」を演奏中に時に起きた火事!ビル全焼。楽器が燃えてリーダーのデイ
ブ平尾が「飲みに
行こう!」と言ったのが解散宣言だったとか。その時の火
事の映像も映画で見ることができるん
だけど。こりゃザ・バンドの「ラスト
・ワルツ」よりもドラマチック!B面は、昨年の再結成ライブ。
特にエディ
藩(本名・藩広源。1947年6月22日生れ)がクライマックスに歌う「グローリ
ア」には思
わず私もうかつに目に涙が・・・。くくくー。エディ藩のギター
すごいっす。ルイズルイス加部(本名
;加部正義。1948年11月5日生まれ、b)
は私にとっては「ジョニー・ルイス&チャー」なんだけど
現在はギターをラ
イブハウスで弾いているようでその映像は、まるで裸のラリーズ(笑)。ラ
イブの
映像はカメラはステージと平等に客席も撮影していたんだけれどそこ
には映画のA面に出てき
た元不良の中年&老人が踊っている姿が発見できて
フィルム編集センスは素晴らしい。ちゃ
んと分かっていて構成しているのだ
ねぇ〜。主役はステージと客席の両方であって、脇役は
本牧のライブ・ハウ
スに来ないバカどもだけってことか?不満は映画館の音が小さいこと。私は

あれの2倍の音で彼らの音楽を受け止めたかったよ〜。それとB面のライブ
は素晴らしいのだが
結局はコピー・バンドであったということ。私たちが乗
り越えるべき点は、そこか?そんなワケで、
還暦ロッカーが死ぬ直前に同窓
会以上の仕事をしているので、次は、40歳代か(笑)?
3位
05/07札幌
スガイ
札幌劇場
映画『エレニの旅』 早朝割引\1200
監督・脚本;テオ・アンゲロプロス
出演;アレクサンドラ・アイディニ(エレニ)、
ニコス・プルサニディス(アレクシス)、
ヨルゴス・アルメニス(ニコス)、
ヴァシリス・コロヴォス
(スピロス=アレクシスの父)
日本語字幕;池澤夏樹 2時間50分
●最優秀 監督賞
公開初日の一回目に行ったら、満席。ただし50席しかないのだが。それで
も、50歳以上の客
がほとんどをしめる席には静かな熱気があった。それだけ、
贅沢な時間を約束されている監督の
新作なのだ。そもそもギリシャは、19世
紀初めに独立するまでは、オスマントルコ領。ということで
もともとギリシ
ャ民族自体が「難民」の宿命を背負わされていた。普段、旅行ポスターなど
で見る、
青い空と白いロマンチックな建築とは別の記憶があるのだ。それは
混乱した記憶でもあるのだが
監督は意外と図式的な人間関係をあえて構築し、
それをパズルのようにギリシア史にはめた。
4位
04/09札幌
ユナイテッド
シネマ・札幌
映画『エターナル・サンシャイン』
深夜割\1200
監督;ミシェル・ゴンドリ
(ヒューマンネイチュア)
脚本;チャリー・カウフマン
(マルコヴィッチの穴)
出演;ジム・キャリー、
ケイト・ウィンスレット
●最優秀 脚本賞
低予算でも、
極上アイディアが
あれば、勝利。
冬だけの、お茶の間ベッド。
5位
09/09札幌
ユナイ
テッド
シネマ・
札幌
映画 『ヒトラー 〜最期の12日間〜』
原題:The Down Fall
監督:オリバー・ヒルシュビーゲル
出演:ブルーノ・ガンツ、
コリンナ・ハルフォーフ
アレクサンドラ・マリア・ララ、
ウルリッヒ・マテス
●最優秀 職人賞
テーマは「名誉」と「誇り」の差だな。「名誉」=勲章のためにがんばる。
または、 個人の人間
としての「誇り」を守る。 この両方、プライドと訳する
んだろうか? 自動翻訳機だと saying that
"Honor""Boast" らしーが。 プラ
イドなら、"Pride"だよな。"Boast"なら「自慢」じゃんか(笑)。
・・・でも冷
静に考えると、その二つって裏表かも。 それでも、「名誉」が「誇り」を育
てる場合もある
しなぁ。 この混乱がナチズムを育てたんだろうな。そして今も。
6位
06/10札幌
ユナイテッド
シネマ札幌
映画『ミリオンダラー・ベイビー』
監督&主演;クリント・イーストウッド
出演;ヒラリー・スワンク、
モーガン・フリーマン
●最優秀 民俗賞
勝利のカタルシスを味わえるボクシング映画であると思ってきている週末
の恋人たちには残念
なストーリー展開ではあるが、イーストウッドの業はこ
う描かざるを得ないところにまで来ている。観
終わった後にはレモン・パイ
が食べたくなるが、その酸っぱくて甘い味が、この映画の味なのだ。
7位
06/26札幌
シアター・
キノ
映画『タカダワタル的』 早朝\1200
監督;タナダユキ
出演;高田渡、柄本明、松田幸一、高田漣
ロケット・マツ、佐久間順平、松永孝義、
中川イサト、坂庭省悟、坂田明、シバ
●最優秀 主演男優賞
意外にも満席!終始、笑いっぱなしで観たが高田渡が死んだのだと思いな
がら笑うのも、なん
だか彼らしい。この映画が作られて、良かった。
8位
06/25札幌
シアター・
キノ
映画『コーヒー&シガレッツ』
レイト割引\1200
監督;ジム・ジャームッシュ
出演;ロベルト・ベニーニ、
スティーヴン・ライト、
ジョイ・リー、サンキ・リー、
スティーヴ・ブシェミ、
イギー・ポップ、トム・ウェイツ、
ビル・マーレイ
●最優秀 ユーモア賞
小津安二郎や落語に通じる、
「間」の感覚が心地よい。
短編なんだけど、全てを見終わると、
全体の関連性が見えてくる。
それって、世界?
♪午後8時20分 シアター・キノで映画『コーヒー&シガレッツ』(監督;ジム・ジャームッシュ)。さすが、お見事!小津安二郎や落語に通じる、「間」の感覚が心地よい。
9位
08/06札幌
シアター・
キノ
映画『PEEP "TV" SHOW』 \1400
監督;土屋 豊(つちや ゆたか)
出演;ゲッチョフ・詩、長谷川貴之、梨紗子
●最優秀 可能性賞
家族では観れない(笑)。そもそも映画って暗がりで観る”擬似個室”だっ
たよなぁ〜と、思い出
させてくれる。映画再興は個人主義の到来か?
10位
07/16札幌
スガイ
札幌劇場
映画『さよなら、さよならハリウッド』(2002)
\1800
監督・脚本・主演;ウディ・アレン
出演;ティア・レオーニ
トリート・ウィリアムズ
●最優秀 エンターテイメント賞
2002年の映画が今頃、公開。しかも札幌では50席の超ミニ単館上映。
あ〜ウディ・アレンって
日本ではこの程度の人気なの?まぁ、ある意
味大衆的ではなく芸術作品っー扱いか?しかし、
その内容はベタでド
タバタなギャク。内幕物なので、今年公開の『奥様は魔女』とダブる
印象。今
作で、ウディはついに70歳らしい。それでも女好きの情けな
いユダヤ人「中年」を演じている。もう
画面でも老人にしか見えない
のにねぇ。だから、言うわけじゃぁーないんだけれど、やっぱウディ・

アレンに私は間に合って良かった。彼の新作を、待つ楽しみを経験で
きた世代で嬉しい。ティア
が知的で美しい。彼は女優選びセンスもいい。
11位
04/30札幌
蠍座
映画『ピエロの赤い鼻』
監督;ジャン・ベッケル
原作;ミシェル・カン
出演 : ジャック・ヴィユレ、
アンドレ・デュソリエ
ティエリー・レルミット、ブノワ・マジメル
シュザンヌ・フロン
●最優秀 図式賞
これぞ、フランス映画の
生き(残?)る道。
低予算
でも脚本と主張があれば、

スピルバーグも嫉妬する。
フェリーニのオマージュは
図式的?
変わる・・・何のために♪
12位
05/07札幌
シアター・
キノ
映画『END OF THE CENTURY』
監督;ジム・フィールズ
出演;ラモーンズ、ジョー・ストラマー、ほか
●最優秀 緊張感賞
映画の冒頭では、私はベースのディーディーが一番嫌いだったのだ
が、観終えると彼が一番
好きになっていた。一番、彼がパンクっぽい
からだ。それにしても、ステレオ・タイプすぎるような
彼らがこんな
に不器用であったことに驚く。イギリスのパンクスたちが彼らの方法
論の上を踏み
つけてグレイトになったのと雲泥の差だ。痛いが観たい
映画だ。伝説を砕くことで魅力は増す。
13位
07/08札幌
ユナイテッド
シネマ札幌
映画『ダニー・ザ・ドッグ/ Danny the dog』
レイト・ショー\1200
監督:ルイ・レテリエ
脚本;リュック・ベッソン
出演;ジェット・リー、モーガンフリーマン、
ボブ・ホスキンス、ケリー・コンドン
●最優秀 視覚効果賞
おとぎ話。比べてみると『宇宙戦争』、ダサイ。
Danny the dog★ダニー!深夜映画を、2本。
14位
12/10札幌
シアター・
キノ
映画『クレールの刺繍』
監督;エレオノール・フォーシェ
出演;ローラ・ネマルク、
アリアンヌ・アスカリッド
2004年カンヌ映画祭で
国際批評家週間グランプリ
●最優秀 撮影賞
『ランド・オブ・プレンティ』よりも
こっちの方が
さらにアンチ・クライマックスであり、
こっちの方が
さらに『パリ・テキサス』を思い出す
美しい青、緑、茶色の
バリエーションを魅せてくれた。
色♪
15位
12/10札幌
シアター・
キノ
映画『ランド・オブ・プレンティ』
朝割り\1200
監督;ヴィム・ヴェンダース
出演;ミシェル・ウイリアムズ、
ジョン・ディール
●最優秀 功労賞
「アンチ・クライマックス」が、この映画のキーワードである
と思う。「映画とは、クライマックスを
準備する装置である。」
←この主語を「政治」と置き換えたら? もしくは「戦争」と置
き換えたら?
さらには、「アメリカ」と置き換えたら? 私たち
は、NY911の「映像」に興奮した&させられた。
そしてそれ
は、「映像」で「興奮=クライマックス」を人工的に捏造するこ
とに夢中な人々を悦ば
せてきた映画という巨大産業の「戦略」に
つながる。また、この大きな前提のような事実にに不快
感を覚え
る(&思い出す)映画作家がいてもいいのだろう。
もちろんヴェ
ンダースは、そーゆー作家だ。
16位
09/11札幌
シアター・
キノ
映画『埋もれ木』 早割り\1200
監督・脚本:小栗康平
出演:夏蓮、登坂紘光、浅野忠信、
坂本スミ子、坂田明、大久保鷹、平田満、
左時江、岸部一徳
祭りの夜だから♪
●最優秀 破綻賞
ここ3日間、連続で映画を3本観た。 『ヒトラー』→『奥さま
は魔女』→『埋もれ木』。 映画の
豊かさってゆーコトかな?色ん
な”スタイル”の映画を観たことになる。 この3本の中では、

『埋もれ木』は圧倒的に「分かりにくい」分野に入るだろう。 か
つて、「分かりにくい」映画とは、
芸術性が高い映画とされてきた。
しかしそれは「かつて」の話である。 たとえば、『奥さまは
魔女』
の女性監督のノーラ・エフロンは、ニューヨークでの典型的なラブ
・コメ『ユー・ガット・
メール』が大出世作ではあるが、同時に感
動作『めぐり逢えたら』の監督でもある。『ヒトラー』
主演のブル
ーノ・ガンツに、ヴィム・ベンダース監督映画『ベルリン・天使の
詩』の主役の天使を
思い浮かべない映画ファンはいないだろう。ゴ
ダールしかり。 私はゴダールが大好きなのだが
彼の場合は、「分
かりにくい」以前に、そもそも「分かる」ということとは何か?と
いうところから始
まっている。 しかし「分かりにくい」映画が、
「分かりにくい」ということだけで評価されるのは間違
っている。
そんなことを思いながら、小栗康平の9年ぶりの新作を観るのは不
幸なことなのかもし
れない。しかし、一方でそんなことを考えさせ
ながら観る映画の存在も、かなり貴重だ。映像は
美しい。俳優も、
名優ぞろいだ。問題は編集であり、同時に監督の意図も、編集な
のだ。同じ
フィルムを、もっと「分かりやすく」編集することも
可能である。しかし、監督はそうしなかった。それ
は、ある意味評
価すべき点でもある。映画にはもちろん「物語」があるのだが、そ
れを作家として
の監督がどこまで自由に「編集」できるか(&する
か)が映画本来が持っている特権的な自由な
のだ。そのことに気が
付いてすら居ない、「筋書き」映画が多すぎるのも現実である。

画は、
編集される芸術なのであるから、最初から身の上は「脱構築」
なのである。気になる点は、まだある。 俳優が、大根である。素晴
らしいのは、大久保鷹(1943年生れ、状況劇場出身)だ。ある
意味、
この映画の魅力のピークは彼の再生にある。次に素晴らしいのは坂
田明(1945年生れ、
ジャズ・ミュージシャン)。坂田の自然体を引
き出したのは、明らかに監督の手腕である。ギリギリ
手堅いのは岸
部一徳。しかしさすがの彼も、類型的な人物の範囲を超える創造的
な演技ができ
ていない。残念だ。あとの俳優は全部ダメだ。特に老
婆連中は、どれも&これも、大根。坂本
スミ子を監督が使いたくな
る理由はよくわかるが、セリフ回しが最悪。言葉に魅力が無い。結
果、
説得力はもとより。そう。ほとんどの俳優のセリフに魅力が無
いのだ。それは同時に、それぞれ
の俳優のキャラクターの、悪い意
味でのゆらぎにもなる。浅野忠信(1973年生れ。)などは私が
観て
きた彼の作品の中では最悪である。小栗康平は、もっと「言葉」を
大切にする監督であった
はずだと私は思うのだが。彼自身は、「画
像は感覚に訴える。言葉と比べれば、もともと論理性
を優先してい
ない。その分だけ、見る人の印象といったところへまぎれて、なに
がいいのか悪い
のかを、私たちは確かめ合えないでいる。」と、こ
の映画を説明している。確かに祭りの時に飛ば
す、風船気球のくじ
らや、赤いハリボテの馬の画像は美しい。今年の映画の名シーン第
一位と
なるかもしれない。冒頭の魚喃キリ子のマンガからの涙のシ
ーンなんぞは、私をかなりこの映画
に期待させた。トレーラーのボ
ディに描かれたクジラの絵が水溜りに映るシーンや、無人の高速

路建設現場と言う設定などもニクイ。しかしそれでも先の監督の言
葉は私には、言い訳に聞こ
えてしまうのだ。ミニ・ストップの右上
に満月が見える時、なぜか、あざとく感じてしまうのだ。それ
だけ、
映画自体に力が感じられない。今日は、映画の後、北海道近代美術
館へ行って『スター
ウォーズ展』を観てきた。 この単純な物語の
映画を、リアリティと共に、映画らしく育てたのが、こ
の展覧会で
直接観ることができた、多くの美術群である。ここに『埋もれ木』
の本質的な問題との
交差がある。『埋もれ木』の素材や、当初の
アイディアは良いものであると思う。セリフの造型造り
編集の違う
アプローチ。その二つをしてほしい。次回作は、もう9年も待てな
い。待ちたい映画
監督であることは、この映画を観ても変わらない
のだから。
17位
08/06札幌
シアター・
キノ
映画『リンダ リンダ リンダ』 \1800
監督;山下敦弘
出演;ぺ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇、
関根史織(Base Ball Bear)、ピェール瀧、
りりィ
●最優秀 助演女優賞
家族で楽しめるロケンロー森田健作もの(?)。
髪が濡れる♪
18位
01/30札幌
ユナイテッド
シネマ・札幌
博士、受賞、おめでとーございます♪
映画『北の零年』 早朝\1200
監督;行定勲
脚本;那須真知子 時間;168分
出演;若林伸篤吉永小百合、渡辺謙、
豊川悦司、石橋蓮司、石原さとみ、
大口広司、大後寿々花、柳葉敏郎、
香川照之、安部サダヲ、石田ゆり子
●最優秀 助演男優賞
吉永小百合もあの年齢で強姦の対象になるなど映画ならではの魔法を堪能
した。監督の
行定勲は岩井俊二の助監督をしていたがなんだか日本映画のま
ったく新しい系譜が見えてき
たような気がした。つまりこの映画には香川照
之が強姦する黒木和雄監督『美しい夏キリシマ』
農民のクワの音という北野
武監督『座頭市』などの過去の映画へのオマージュを私は連想した。
それら
は「引用」ではなく伝統への「すりより」でもなく新しい系譜を築こうとい
う潔い「決意表明」
だ。つまり、私はこの映画を世間が評価しているように
「大傑作」とは見ていない。むしろ、欠点も
含めて日本映画の未来を見せて
くれた偉大なる通過点であると思うのだ。次回作こそ楽しみ。
19位
12/17札幌
ユナイ
テッド
シネマ・
札幌
映画『ロード・オブ・ウォー』 深夜\1200
監督;アンドリュー・ニコル
出演;ニコラス・ケイジ、イーサン・ホーク、
ジャレッド・レト、ブリジット・モイナハン
●最優秀 踏み込み賞
同種の戦争後遺症映画が続くのは健全な証?
20位
07/17札幌
ユナイ
テッド
シネマ・
札幌
映画『スター・ウォーズ エピソード3
シスの復讐
Star Wars Episode III:
Revenge of the Sith』
脚本・監督・製作総指揮;
ジョージ・ルーカス
製作;リック・マッカラム
撮影監督;デイヴィッド・タッターソル
編集;ロジャー・バートン
SFX;ILM
音楽;ジョン・ウィリアムズ
出演;ユアン・マクレガー
(オビ=ワン・ケノービ)
ナタリー・ポートマン(パドメ・アミダラ)
ヘイデン・クリステンセン(アナキン)
●最優秀 アイドル賞
第一作は1977年で、私は高校1年生だった
から私は「スター・ウォーズ世代」なのかもしれな
い。だが、違う(笑)。実は今作がビデオも含めて
私が初めて観たスター・ウォーズなのだ。そんな
私でもこの映画のストーリーはいつの間にか知っ
ていた。つまりすでにこの映画=物語は現代の
「おとぎ話」となっているのだ。その全6部作の前
と後ろをつなぎ合わせるパズルの一番重要な作
が本作なのだが、なんだか観る前からストーリー
が分かっている不思議な気持ちを持ちながら観
た。みんなが知っている物語を確認する儀式?
火傷とは、肉体のトラウマ。
21位
05/07札幌
ユナイテッド
シネマ札幌
映画『レモニー・スニケットの
世にも不幸せな物語』
監督;ブラッド・シルバーリング
出演;エミリー・ブラウニング、
リーアム・エイケン
カラ&シェルビー・ホフマン(双子)、
ジム・キャリー、メリル・ストリープ、
ビリー・コノリ
ティモシー・スポール、ジュード・ロウ
(ナレータ)
●最優秀 映像賞
なんせ『マスク』のジム・キャリーだから、私の選択肢には
入らない映画なのだが『エターナル
サンシャイン』が素晴らし
かったのと、他の映画がホラーばかりだったので、コレにした。
ところが
楽しめた。映像が知的。すでに古典的風格も。
ジム・キャリーを見直した2005年でした!
22位
02/06札幌
札幌
東宝プラザ1
映画『ハウルの動く城』(2004,日本)
早朝\1200
原作;ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
『魔法使いハウルと火の悪魔』
監督,脚本;宮崎駿
声優;倍賞千恵子、木村拓哉、美輪明宏
●最優秀 文部省推薦賞
なぜだか、宮崎駿があれほど嫌っていた手塚治虫の絵に似てきた。
個性的なキャラクターの
動きの集積にも手塚の好みっぽい。デジタ
ル化された絵の情報の多いアニメが氾濫しているの
で、なんだか間
延びした絵のような気がしたのが私にそう思わせたのかもしれない。
ただしそれも
「動く城」が出てくるまでの印象だった。間延びした
ように情報量の少ない絵の中に、極端に情報
量の多い「動く城」が
登場すると効果はバツグンである。これは宮崎監督の狙いか?もち
ろん、
手塚には「動く城」のような絵は描けない。物語の重層性や
象徴性は相変わらずであり、過去の
作品より増している。そのこと
は「難解」であると思わせたり、ビデオ販売に結びついたり(笑)
するだろう。特に主人公が老婆と少女の顔を、説明も無く変えだ
す後半はビデオ化されてから
改めて語られるだろう。戦争の意味も
同時にだ。
23位
11/06旭川
シネ
プレックス7
映画『コープス・ブライド』 朝割り\1200
監督;ティム・バートン、マイク・ジョンソン
●最優秀 ダーク賞
ティム・バートンのオタク度発揮。
ダークな魅力。
あの娘も大好き♪
24位
12/17札幌
ユナイ
テッド
シネマ・
札幌
映画『Mr. & Mrs. スミス』 深夜\1200
監督;ダグ・リーマン
出演;ブラッド・ピット、
アンジェリーナ・ジョリー
アダム・ブロンディ、ケリー・ワシントン
●最優秀 デート用映画賞
DINKS(←死語?)の
クリスマス・デート用映画。
Hey, まぁ、まぁ、ちょいと!
25位
09/10札幌
ユナイ
テッド
シネマ・
札幌
映画『奥さまは魔女』
監督:ノーラ・エフロン
出演:二コール・キッドマン、
ウィル・フェレル、
シャーリー・マクレーン、マイケル・ケイン
●最優秀 パロディ賞
監督は『めぐりあう時間たち』の人だと思って、
期待して観に行くと、がくっ。
『めぐり逢えたら』の監督だった!
良く言えば、ビリー・ワイルダー的監督かな。
恋は魔法?ぐふふ♪
26位
03/06札幌
ユナイ
テッド
シネマ・
札幌
映画『香港国際警察 New Police Story』
\1200
監督;ベニー・チャン
出演;ジャッキー・チェン、ニコラス・ツェー、
ダニエル・ウー、シャーリーン・チョイ
●最優秀 映画青年賞
最近の映画はヒット作ほど、テレビなどでの前宣伝で映像が沢山
流通するので実際に見終わ
ると既視感の部分のみが脳味噌で拡大再
生産されるよーな気がしてたが、さすがチェン!久々
の重量級作品
で、いつも以上にアイディアの宝庫。ストーリーはちょい『踊る大
捜査線@ライブ
ドアを封鎖せよ!(←だっけ?)』路線のアイディアな
ども加味されていたが、でもまぁちゃんと香港
映画として消化され
ていたから、まっいーか!きっと日本1950年代の映画全盛期のよう
な現場
の熱が今のアジア中にはあるんでしょーねぇ!
27位
01/03札幌
ユナイテッド
シネマ・札幌
映画『カンフーハッスル』 早朝割引\1200
監督,脚本,主演;チャウ・シンチー
共演;ユン・チウ、ユン・ワー、
ドン・ジーホウ、
シン・ユー、チウ・チーリン、ブルース・リャン
●最優秀 アクション賞
落語で言えば「長屋もの」。
人物の描き分けがうまい。
これも日本のマンガの影響ありか?
ありえねー!
28位
11/11札幌
ユナイ
テッド
シネマ・
札幌
映画『Into The Blue/イントゥ・ザ・ブルー
レイト・ショー\1200
監督;ジョン・ストックウェル
脚本;マット・ジョンソン
出演;ポール・ウォーカー、
ジェシカ・アルバ
スコット・カーン、アシュレイ・スコット
●最優秀 主演女優賞
「ジェシカ・アルバのファン限定の映画」と言われるとツライが
(がくっ)、確かに
彼女のボディ・ラインを楽しむのには優れてい
る。物語は単純だし、ジェシカのキャラは古典的正義感の枠内。

それでも、なんとなくゴージャスな印象が見終わった後に残るのは、
やっぱ、ジェシカのボディと
海の美しさか。客の入りが多いのは驚
いた。同じジェシカ映画の『ファンタスティック4』は、同じ
時間
帯で2人しかいなかったのに(笑)!まぁ、どーせ目的がジェシカ
であれば、こっちを観るよ
なぁ(笑)。でもそれだけじゃぁ、ジェ
シカも
ただの、おっぱい女優で終わっちゃうよ。
Oh ! ジェシカたん式脳低温療法?
29位
05/15札幌
Sapporo
Cinema
Frontier
映画『ファンタスティック・フォー』
深夜\1200
監督;ティム・ストーリー
出演;ヨアン・グリフィズ、ジェシカ・アルバ
クリス・エヴァンス、マイケル・チクリス
●最優秀 くちびる賞
『宇宙戦争』もそうだったがアメリカ人の幼稚化が進んでいる。
っーか、ヤツラは元々、幼稚
だったか。かつてはそれでも良かった
んだろーが、ここまでCGや美術技術が進化した現代の
幼稚さって、
相対的に、よりバカに観える(笑)。まぁ私の場合、ジェシカを観
に来ただけだから
いいんだが。がくっ。
Oh ! ジェシカたん式チャック?
30位
02/20札幌
ユナイ
テッド
シネマ・
札幌
映画『Ocean's12 /オーシャンズ12』
深夜\1200
監督;スティーヴン・ソダーバーグ
出演;ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット
ジュリア・ロバーツ、
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
●最優秀 テレビ向け賞
モンタージュ技法だけがトリックなのは、安易。
頭もいいのよん♪
31位
03/19札幌
ユナイテッド
シネマ・札幌
映画『オペラ座の怪人』 深夜割\1200
監督;ジョエル・シュマッカー
製作・作曲;アンドリュー・ロイド・ウェバー
キャスト;ジェラルド・バトラー、
エミー・ロッサム
●最優秀 アナクロ賞
テーマは中年ブ男の純情。ストーカー・ラブ。
32位
12/17札幌
シアター
KINO
映画『東京ゾンビ』 早割り\1200
監督・脚本;佐藤佐吉
原作;花くまゆうさく「東京ゾンビ 」
プロデューサー;豊嶋勇作
美術;稲垣尚夫
主題歌;The Homesicks「ココロかよわせて」
音響効果;柴崎憲冶
出演;浅野忠信、哀川翔、奥田恵梨華、
松岡日菜、橋本さとし、古田新太
中村靖日、高城マリア、谷村美月
●最優秀 カスCG賞lt;/font>
低予算・高テンション映画だが、そろそろ飽きた。
10年前ならば新鮮だった、かも♪
33位
03/19札幌
ユナイテッド
シネマ・札幌
映画『シャーク・テイル』
監督;ビボ・バージェロン、
ヴィッキー・ジェンソン、ロブ・レターマン
声優;オスカー(ウィル・スミス:香取慎吾)
ドン・リノ(ロバート・デ・ニーロ:松方弘樹)
ローラ(アンジェリーナ・ジョリー:小池栄子)
サイクス
(マーティン・スコセッシ:西村雅彦)
レゲエ・クラゲのアーニー
(ジギー・マーリィ)
●最優秀 音楽賞
私の隣に座っていた客(=ハーフの高校生?)が、
観ながら踊ったヒップ・ホップ映画。

踊ろうぜ♪
34位
05/01札幌
ユナイテッド
シネマ・札幌
映画『コンスタンティン』
監督;フランシス・ローレンス
出演;キアヌ・リーヴス、レイチェル・ワイズ
●最優秀 予行練習賞
映像は、とても美しかったですよね〜。さすがブリちゃん&
エアロなどのMVで儲けた、33歳の
監督だけはある。かつてCF
界から多くの才能が映画に流れてきたように、これからはMVか
らの
流入が期待できますなぁ。ただし課題は「脚本」(笑)。
どーしても日本映画やヨーロッパ映画の
リメイクに頼らなけれ
ばならない時期がまだまだ続くとゆー予感をさせていただいた
本作だった。
35位
07/08札幌
ユナイテッド
シネマ札幌
映画『宇宙戦争 / War of the worlds』
深夜割\1200
監督; スティーヴン・スピルバーグ
原作;H・G・ウェルズ
ナレーション;モーガン・フリーマン
出演;トム・クルーズ、ダコタ・ファニング
●最優秀 レクイエム賞
レトロSF。『スター・ウォーズE3』便乗商売?
36位
04/09札幌
ユナイテッド
シネマ・札幌
映画『ナショナル・トレジャー』
深夜割\1200
製作;ジェリ・ブラッカイマ
(パイレツ・カリビアン)
監督; ジョン・タートルトーブ
出演;ニコラス・ケイジ、ハーヴェイ・カイテル
ジョン・ボイト、ダイアン・クルーガー
ショーン・ビーン、ジャスティン・バーサ
●最優秀 お子ちゃま賞
ディズニー・ランド遊戯的。
血の代わりに知?
エキセントリックじゃないニコラス・ケイジ。
37位
08/08札幌
ユナイ
テッド
シネマ・
札幌
映画『亡国のイージス』
男性割引\1000
監督;阪本順治
原作;福井晴敏
(『亡国のイージス』講談社刊)
出演;真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、
中井貴一
●最優秀 がっかり賞
ウワサほど「深い」映画じゃない。 これもまた、ロール・
プレイング・ゲームのコップの中の嵐。
コトの発端が「論文」
なもんだからえらい哲学的っぽい骨格を匂わせるが論理的には、
ぜんぜん
おこちゃま(笑)。 だからカッコつけずに素直にエン
ターティメントとして、宣伝するべき。単純に
楽しむ範囲では
怪獣映画で育った世代以下にもマーケティングばっちし。やっ
ぱ、子供向け?
悔やまれるのは、監督が阪本順治であるという
事実。彼はもっと知能指数の高い監督のハズだ。
彼だからこそ、
この映画は駄作であると言い切り、根っこからリセットしなお
して次回作に臨んで
欲しい。今回で反省すべき点も分かったハ
ズだろうし。
38位
04/04旭川
ディノス
シネマズ
旭川
映画『アビエイター / The Aviator』
深夜割\1200
監督;マーティン・スコセッシ
出演;レオナルド・ディカプリオ、
ジュード・ロウ
ケイト・ブランシェット、
ケイト・ベッキンセール
●最優秀 反面教師賞
スコセッシ監督は
「大作病」に
かかっている。
あの方は、何も盗らなかったわ。

『北の零年』
2006
★アカ、ではなくて、白黒の冒険♪
2006年5月〜

1954年、
マッカーシー上院議員による
アカ狩りの真っ只中。
彼は少しでもリベラルな人間を
見つけると「ソ連のスパイ」「アカ」と
決め付けて喚問した。
その時、メディアのすることとは?

★時代劇への冒険♪ ★火星大接近の日に、眼球に乗り移った火星♪赤い惑星が眼球に焼き付いた!?久保の眼
■2006年6月10日(土)8:45Pmサッポロファクトリーで観た。
是枝監督は、テレビマンユニオンの出身。そのせいか、
「テレビマンユニオン的リベラリズム」(?)とゆーのを感じる。
そのリベラリズムとは、ヒューマニズムにも近いものだが、
そーゆー世界観を知っている私のよーなモノには、ちょいと
製作意図が見えてしまい、やや残念。見えちゃうテーマは、
「憎しみの連鎖からの逸脱」であろう。それはパレスチナ
問題や、NY911以後の世界を射程する大きな提案だ。

★ナチスへの冒険♪ ★火星大接近の日に、眼球に乗り移った火星♪赤い惑星が眼球に焼き付いた!?久保の眼
■2006年6月11日(日)0:15Amサッポロファクトリーで観た。
監督がスパイク・リーだから、観にいった。そーゆー客は多い。
しかし、楽しめるのは会話のヒネクレたユーモアぐらい。豪華な
俳優も無駄遣い。ジョディ・フォスターは珍しくキレイだったけど。

やっぱ、映画館で観たい♪映画は、やっぱし、活動写真だ、と思う。
text by 久保AB-ST元宏(2006年12月12日 2:58Am)

■2006年12月9日(土曜日)に、札幌で映画を3本、観てきた。
『共犯新聞』無料購読者のミナサマの、年末の映画鑑賞の参考になれば幸いである(←なんだ、それ?笑。)。

11:55Am〜2:10Pm シアター・キノ 早朝料金\1200
やっぱ、映画館で観たい♪『暗いところで待ち合わせ』
監督;天願大介
原作;乙一(28歳)
出演;田中麗奈(26歳)、井川遥(30歳)、
チェン・ボーリン(23歳)、宮地真緒(22歳)

目で見る♪
アブノーマル小説家=乙一の代表作、らしい。
アブノーマルと言っても、「ヘンタイ」ではなく、
常に新しい視線を表現している。
本作は、その視
線そのもの、盲目の女の家に忍び込んで住み着い
た男の物語。
俳優の演技は、やや直線的過ぎるが、
シチュエーション・プレイを無難にこなしている。

しかし、その努力を無駄にしてしまっているのが、
ダメな映像だ。
清潔な室内を描いているからプレ
ハブみたいになる、とゆーイイワケは成り立たな
い。
映像が、安っぽいコントの舞台にしか見えな
いのだ。
映像の深みの無さは絶望的だ。最近は日
本映画も優れた映像を構築した作品が増えてきて
いるだけに残念だ。
今年の日本映画で魅力的な映
像は、『ハチミツとクローバー』、『ゆれる』な
ど。
クダラナイ映像は、『博士の愛した数式』
そして本作。
『博士の愛した数式』の監督は、黒
澤明の下で働いていたベテラン、小泉堯史。
そし
て本作の監督は巨匠・今村昌平監督を父親にもつ
サラブレット(?)。
少々、「逆差別」っぽくな
るが、どーも古き良き日本映画の経験がある監督
ほど映像がダメだ。
ただし、主人公が首を絞めら
れる前後のフィルムのコラージュは優れている。

天願監督には是非、撮影&美術スタッフを総入れ
替えして、次回作を撮影して欲しい。
11:30Pm〜2:00Am ユナイテッド・シネマ 深夜料金\1200
やっぱ、映画館で観たい♪『硫黄島からの手紙』
監督;クリント・イーストウッド
原作;アイリス・ヤマシタ
出演;渡辺謙、二宮和也、伊原剛志
江戸前のパン屋でぇいっ♪
おそらく、今、最も尊敬されている映画監督が、
イーストウッドだろう。
その影響を受けたかのよ
うな最近のジョージ・クルーニーの
活躍も素晴ら
しい。
優れた表現者は、優れた後輩を無言のうち
に育てているのだ。
そんな映画界の「精神のバト
ン・リレー」が、
この軍隊映画でも、渡辺謙と二
宮和也の上下関係の中に描かれている。
そして、
ユーモアが上下関係をフラットで可能性を産む関
係にする。
それは、戦前に渡辺謙や伊原剛志がア
メリカで友情を築いていたという
パラレルで語ら
れる、日本とアメリカの関係にまで普遍化される。

ユーモアはたとえ軍国主義のような硬直化した存
在をも溶解させちまう。
それがイーストウッドが
長い映画人生の締めくくりに選んだテーマだろう。

つまり、この映画のポイントは、ユーモアだ。
惨な帝国陸軍の思想と、悲惨な肉片の飛び交う戦
場。
それらを脱構築し、希望を維持するのがユー
モアだ。
実際、この映画の中でユーモアを使うも
のは知的で魅力的に見える。
つまり、陰惨&悲惨
の緊張感&集中力と、
ユーモアの弛緩がこの映画
の陰影を深くしているのだ。
二宮和也がアメリカ
で高い評価を得ているのも、そんな理由からだろ
う。
しかしそのことで日本人は得意になってばか
りはいられない。
なぜならば、このほぼ全編が日
本語で覆われている映画は、
日本映画ではなくて、
アメリカ映画なのだから。
なぜ、この映画が日本
人によって造られなかったのか?
なぜ、日本人は
このテーマと映像を今まで選ばなかったのか?

ここで私たちは若き日のイーストウッドの映画歴
を思い出したい。
1959年から7年間、CBSで放映さ
れたテレビ西部劇『ローハイド』で
美男子のカウ
ボーイを演じた若き日のイーストウッドは人気者
になった。
1964年にはイタリアのセルジオ・レオ
ーネ監督に招かれ、
マカロニ・ウェスタンの先駆
『荒野の用心棒』に出演し、映画史に記憶。
彼は
マカロニ・ウェスタン俳優としてアメリカに逆輸
入されたことになる。
だから、イーストウッドに
とっては日本語でアメリカ映画を造ることなど

タリアで西部劇を撮影するほどに自由に立ち向か
えたのだ。
これは手ごわい相手ではなく、優れた
先輩として学ぶ映画でもあるのだ。
8:45Pm〜10:25Pm スガイ札幌劇場 深夜料金\1200
やっぱ、映画館で観たい♪『パプリカ』
監督;今敏
原作;筒井康隆
製作;マッドハウス
音楽;平沢進
声優;林原めぐみ、江守徹、大塚明夫、古谷徹、山寺宏一
ぶんちゃか、ぶんちゃか、ぶんぶん♪
すげーホメれば、『カリガリ博士』(1919年)の
系譜に属する映画。
しかし、開きなおった「夢オチ」
とも言える。がくっ。
最初から「これは夢」だよ、
と、情況を納得させられるのも、ちょいとズルくは、
ある。
メタ映画であることにより、「モンタージュ
手法」オチもメタ化しちゃうのも、ちょいズルだな。

それに、あのパレードのシーンも、『千と千尋の神
隠し』などで我々は既視済みである。
それでも、こ
の映画の魅力が維持されるのは、使い古されている
とは言え、
多くの引用も含めての、過剰なるイメー
ジの放出パワーである。
どーせなら、映画の全編に
平沢進の音楽を流しっぱなしにしたほうがトランス
感覚アップかも。

■3本の映画を観た私は、国道275号線を北上して、午前4時に沼田町の自宅に着いた。
2時間ほどのドライブで思っていたのは、映像の美しさをめぐる問題だ。
かつて、映画が日本に初めて紹介された約100年前、映画は「活動写真」と呼ばれた。
その当時は、単純にパラ&パラマンガのように、写真が連続して動くという程度の意味からの言葉の発想であったと思う。
しかし&やはり、映画は写真なのだ。どの場面を切り取っても、写真として美しくなければならないのだ。
今回の『暗いところで待ち合わせ』のように、その重要性に無自覚な映画監督がまだいることに驚きもする。
確かに、今までは高価なフィルムなどによって、どーしても予算の多くあるアメリカが、日本映画以上に魅力的な画面を多く作り出してきた。
フィルムの時代が終わり、映画撮影の現場もコストがかからなくなり、気軽な撮りなおしと、データ管理がしやすくなった。
いよいよ、写真としての映画の時代がニッポンにも来るのである。

2007
2007年2月3日(土)映画を2本、観た♪

8:40Pm〜11:10Pm  JR札幌駅 シネマ・フロンティア
深夜料金\1200
やっぱ、映画館で観たい♪『それでもボクはやってない』
・・・マニュアル映画だけど、大ヒット作した自作の
『Shall we ダンス?』の二番煎じに
お手軽に頼らない周防正行監督の勇気は偉いですねー。
監督は「今までの映画といちばん違うのは使命感。」と
まで語っているし。
役者の表情を押さえるセンスが素晴らしい〜。
★権力だけが自慢だぜ。
『ベルばら』を読んでから観たかった(笑)。
11:45Pm〜2:00Am  JR札幌駅 シネマ・フロンティア
深夜料金\1200
やっぱ、映画館で観たい♪『マリー・アントワネット』・・・っーか、ソフィア・コッポラが
現代のマリー・アントワネットか?
金がかかっていて、雑。色がキレイ
に出ているシーンが多いので、もったいないなぁー、
かなりフィルム
(?)を使ったんだろーなぁ、とゆーゼータクが気になる貧乏性な私?

後半、「自由」の象徴となりそーだった主人公が「歴史」と交わる部分
が、
まったく監督の中で消化されていない。なんだか、短大生が新書本
1冊だけを読んで
書いた卒論を読まされているよーな気分にさえなっち
ゃった私は、オジン?
パンクやギャング・オブ・フォーをからませよう
とゆーアイディアすら、なんだか幼稚な
学生がはしゃいでいる以上の必
然性まで掘り下げていないよーに感じる私は、ジジイ?

2007年3月11日(日)
8:30Pm〜10:51Pm映画を観た♪
サッポロ・ファクトリー 深夜料金 \1200
★旬な役?
やっぱ、映画館で観たい♪『蟲師』
監督;大友克洋
出演;オダギリジョー 、江角マキコ 、
大森南朋 、蒼井優 、りりィ 、李麗仙

★火星大接近の日に、眼球に乗り移った火星♪赤い惑星が眼球に焼き付いた!?久保の眼
大友監督のキモチはよく分るんだけど、
残念ながら、完成度はイマイチ、か。
もちろん、「失敗作」と言い切るのは簡単
だけど、日本が世界に誇る天才、
マンガ家&アニメ作家が実写に取り組んだ、
とゆー意味&功績は重たい。
文字が動き出すシーンなどは、これを
アニメでやっちゃうと簡単すぎて安易な映像に
なっちゃうんだろーけど、実写だからこその
「苦労」が迫力に転じる場面も多い。
衣装や舞台装置に気を使っているのも分る。
が、役者の演技を演出する術を監督はまだ
身に着けていない。上手な役者が多いので
助けられているが、実写とは役者なのだ。

訃報 ドキュメンタリーの佐藤真(さとう・まこと)監督が自殺

 2007年9月4日、ドキュメンタリー映画『阿賀に生きる』などの監督の佐藤真が、
東京都板橋区の団地の4、5階の間の踊り場から飛び降り自殺をした。
 佐藤は、2006年11月ごろから、そううつ状態になり、入退院を繰り返していた。
享年49歳。青森県弘前市出身。葬儀は近親者のみで行う。後日、しのぶ会を開く。
 新潟県の阿賀野川流域で水俣病に苦しみながら暮らす人々を、
スタッフと共同生活をしながら3年がかりで撮影した『阿賀に生きる』(1992年)や、
知的障害者のアート活動を独自のまなざしでとらえた『まひるのほし』(1999年)、
写真家の故・牛腸茂雄と映画の接点に迫った『SELF AND OTHERS』(2001年)、
パレスチナ出身の思想家エドワード・サイードを題材にした
遺作やっぱ、映画館で観たい♪『エドワード・サイード OUT OF PLACE』(2005年)などを手掛けた。

何物かを映画の中で
使わないふんぎりを
するために何かを撮る、というふうに
映画を撮ってきた部分も
ずいぶんあるんじゃないかと
思うわけです。

パラパラ・・・『小川紳介を語る』(1992年)より
ドキュメント!★そこに行って。
2008
2009
2010