山の上も、揺れたのかな。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』NEW YORK地図やっぱ、映画館で観たい♪映画パラパラ・・・BOOK共犯音楽祭★Music〜音という抽象芸術♪Rock 読め。Literary Criticism
moto_kubo@hotmail.com
夏目漱石 The rolling stone of summer eye !
summer
eye
★火星大接近の日に、眼球に乗り移った火星♪赤い惑星が眼球に焼き付いた!?
rolling
stone

(くちすす)ぎ 流れに枕(まくら)す』

意味;負け惜しみが強く、
自分の誤りにヘリクツ付けて、言い逃れる。

類;岩に漱ぐ

故事;中国、晋の孫楚(そんそ)が
「石に枕し流れに漱ぐ」を
「石に漱ぎ流れに枕す」と言い誤ったのを、
「石に漱ぐ」は、歯を磨くため、
「流れに枕す」は、耳を洗うためだと、コジツケて弁解した。

★小説家・夏目金之助のペンネーム「漱石」は、ここからきている。
また、「流石(さすが)」の語源もここから。
が終わり、アレも、コレも終わり・・・
そうそう、目が覚めてから見る夢。Hey you! 文豪?ぶぶぶぶー。

ボブもまた、文学者。
Words and Music by Bob Dylanも、うぇ〜ん!Bob Dylan
(発表;1965年 アルバム『追憶のハイウェイ61』
久保もまた、文学者。・・・かよ?
共犯意訳;うぇ〜ん!久保AB-ST元宏
(2007年9月17日 敬老の日 6:13Pm 『共犯新聞』)

Once upon a time you dressed so fine
You threw the bums a dime in your prime, didn't you?
People'd call, say, "Beware doll, you're bound to fall"
You thought they were all kiddin' you
You used to laugh about
Everybody that was hangin' out
Now you don't talk so loud
Now you don't seem so proud
About having to be scrounging for your next meal.
エリート、っーか、天才♪文豪っ!
1892年12月、大学生時代の漱石。
時はちょーど、1900年
文部省派遣の英語留学生第一号で、ロンドン行き!
さぞかし、ロンドン乞食に金を恵んでやってたことだろー♪
なにしろ、本名が「金之助」ってーんだから、
カネに不自由はしないハズ。
がくっ。
んが、ロンドン・パンクスたちは、
「成金人形野郎、いまに痛い目に会うぜ」って、
それを聞いて君は思った、「マジィ〜?」
日本じゃぁ、
オカミにぶら下がって生きてるヤツラを笑いとばしてたケド、
ロンドンじゃぁー、てーんで、コトバも通じなきゃ、
帝大出のインテリっーたって、だぁーれも知ったこっちゃナイ。
もー、こーなりゃ、メシ代を切り詰めて、
それで400冊の洋書を買い込んで
屋根裏部屋に閉じこもって、読書&思索しかないっしょ!?

How does it feel
How does it feel
To be without a home
Like a complete unknown
Like a rolling stone?
最後の下宿♪文豪っ!
ロンドン最後の下宿。発狂したと日本に伝えられた。
「夏目狂セリ」と、
留学生仲間の誰かが文部省にタレ込みやがった!
たぶん、土井晩翠(どい・ばんすい、1871年〜1952年)の仕業だろー。
文部省はすぐに、
「夏目精神ニ異常アリ。保護、帰朝セヨ。と、夏目に命令!
ロンドンから大日本帝国は遠くにありて、
だぁーれもかまっちゃくれないのよ。とほほほ。
なぐさめ合った
夏目と同じ歳で
ペンパル(?)の
正岡子規クンすらも、
1902年9月19日に
長い闘病の末、
死んじゃったしぃー。

時は、明治35年。
ロンドンで狂った男も
東京で死んだ男も、
35歳じゃったぁー。
松山から、ロンドン・バーニン♪文豪っ!
子規から漱石へ最後の手紙。
「僕ハモーダメニナツテシマツタ・・・」

こーなりゃ、もー、ペンネームを「漱石」にすっか!?

You've gone to the finest school all right, Miss Lonely
But you know you only used to get juiced in it
And nobody has ever taught you how to live on the street
And now you find out you're gonna have to get used to it
You said you'd never compromise
With the mystery tramp, but now you realize
He's not selling any alibis
As you stare into the vacuum of his eyes
And ask him do you want to make a deal?
ロンドン・バーニン♪文豪っ!
ロンドン体験が漱石を文学に向わせた。
ほほー、東京帝国大学を出たんだってな、ミス・ロンリー、
でもそこを出て君がなったのは、たんなる搾りカスだ。
ロンドンの路傍の石として転がり続ける方法なんぞ、
ダァーレも教えてくれやしなかった。
さらに言えば、ロンドンでも、日本でも同じなのさ。
君は、「社会と言うワクの中で、
自我をまっとうするために知性を磨く。」と言ったね。
つまり、ロンドン乞食も、国費留学生も、同じだって、
とうとう君は気付いたわけだ。
日本では、「ヘリクツばっかり言うな!」、なーんちゃって
言われてばっかだったけど、
コトバも文化も通じないヨソモノになった今こそ、
君はヘリクツを言うべきかも、よ。
もはや君は、誰かとつるんで何かをしでかすよりは、
自分の脳味噌に降りてゆくべきなんだねぇー、これが。

How does it feel
How does it feel
To be on your own
With no direction home
Like a complete unknown
Like a rolling stone?
漱石はロンドン留学中に実際にジョン・エヴァレット・ミレイが描いた絵を観ていた♪文豪っ!
漱石はロンドン留学中にジョン・エヴァレット・ミレイが
描いた「オフィーリア」Ophelia(1851年)を観ていた。
この絵画は、1906年の小説パラパラ・・・『草枕』に出てくる。
「これは何だ?」ではなくて、
「これをどう感じるか?」、だ。
もはやそれは、君自身の問題だ。
そこがロンドンだろーが、トーキョーだろーが、カンケー無い。
インテリジェンスとは、はかないものだからこそ、懸命に支え抜かねばならない。
だからもー、そろそろ、ペンネームを「漱石」にすっか!?

You never turned around to see the frowns on the jugglers and the clowns
When they all come down and did tricks for you
You never understood that it ain't no good
You shouldn't let other people get your kicks for you
You used to ride on the chrome horse with your diplomat
Who carried on his shoulder a Siamese cat
Ain't it hard when you discover that
He really wasn't where it's at
After he took from you everything he could steal.
倫敦漱石記念館のメイン展示室♪文豪っ!
倫敦漱石記念館のメイン展示室。
君は振り返って見ようともしなかったけど
いたるところにいやがるピエロどもは
君をだまそーとやっきだったよ。
たしかに君にとっちゃぁー、カンケーないよな。
んが、世間の連中にも気がつかせてあげても、
いーんじゃーない?そりゃ、君の役割だぜ。
たとえば、君はモーパッサンを原書を読んで
「面白イ。然シ要スルニ愚作ナリ。
モーパッサンは馬鹿ニ違イナイ。」
その本に書き込んでたよね(笑)。すげーなぁ。
そろそろ君のパラパラ・・・『猫』の出番だぜ。
世界は君を待っている。

How does it feel
How does it feel
To be on your own
With no direction home
Like a complete unknown
Like a rolling stone?
草と言えば、草枕でも書きますか♪文豪っ!
1912年9月13日。
痔の再手術をした月。
どうよ?
どうよ?
君が小説を書き始めたのは、日露戦争の勝利に浮かれた直後だったよな。
立身出世、享楽主義、拝金主義。
それらから取り残された人々が人生の意義に悩む時、「漱石」を手にしたのさ。

Princess on the steeple and all the pretty people
They're drinkin', thinkin' that they got it made
Exchanging all kinds of precious gifts and things
But you'd better lift your diamond ring,
you'd better pawn it babe
You used to be so amused
At Napoleon in rags and the language that he used
Go to him now, he calls you, you can't refuse
When you got nothing, you got nothing to lose
You're invisible now, you got no secrets to conceal.
49歳♪文豪っ!
1916年12月9日、享年49歳。若っ!
睦仁大帝は明治宮殿で、
おめでたい取り巻き連中と、乾杯をしながら、
「うまくやったな。」と、考えている。
「満州とカラフト南部を手に入れたし、
朝鮮半島も取っといた方がいいなぁ、
んで、それら全部まとめて、質屋に入れろよ(笑)。
ぐふふ。チミたち、楽しめたんじゃあーなぁい?」と、
血だらけの軍服を着た乃木希典大将と、
柿を喰ってる最中の正岡子規の幽霊に言う。
もしも大帝が死んだのならば、
御大葬の当日には必ず自決いたします。
嫁も道連れです♪
断れないよ〜♪
もしも、乃木将軍が漱石を読んでいたら?
それとも、こっそり読んでいたのかな(笑)?

How does it feel
How does it feel
To be on your own
With no direction home
Like a complete unknown
Like a rolling stone?
草と言えば、草枕でも書きますか♪文豪っ!
金之助は、「漱石」になり、
また再び「金」に戻った。がくっ。
「迷える羊(ストレイ・シープ)、
迷える羊(ストレイ・シープ)」
美術館で会った人だろ?そうさ、あんた、間違いないさ。
『森の女』と題された美禰子の肖像画の前で、
パラパラ・・・三四郎は何度も同じ言葉を繰り返す。
迷える羊(ストレイ・シープ)、
それは「漱石」か?
それとも、お前か?

今日の一句

冬麗(ふゆうらら)
喇叭(ラッパ)はどぅわっぱ
らったった
(久保元宏 1999.12)

★差出人 : blue.tree
差出&撮影人 : blue.tree農業青年
送信日時 : 2007年9月20日 4:15Pm
宛先 : 久保AB-ST元宏
件名 : ホイルに挟まったはろー!ウィーン少年少女がくっ。しょーだん。カボチャ

物置として使っているバスに
のらばえのカボチャが
ホイルに挟まって成長してました。
取ろうとしてもがっちり挟まって取れません。
大きなかぶ状態です(^^)。
★うんとこしょー&どっこいしょー!

★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴史から飛び出せ!
★たとえば→9月19日の歴史★
Hey, そう、これもまた、死期。
Mr.Shiki Masaoka
has been
dead !

子規より漱石宛の最後の手紙。
1901年(明治34年)11月6日付。ロンドンで留学中の漱石へ。
僕ハモーダメニナツテシマツタ
毎日譯モナク號泣シテ居ルヤウナ次第ダ、
ソレダカラ新聞雜誌ヘモ少シモ書カヌ。手紙ハ一切廢止。
ソレダカラ御無沙汰シテスマヌ。
今夜ハフト思ヒツイテ特別ニ手帋ヲカク。
イツカヨコシテクレタ君ノ手紙ハ非常ニ面白カツタ。
近來僕ヲ喜バセタ者ノ隨一ダ。
僕ガ昔カラ西洋ヲ見タガツテ居タノハ君モ知ツテルダロー。
ソレガ病人ニナツテシマツタノダカラ殘念デタマラナイノダガ、
君ノ手紙ヲ見テ西洋ヘ往タヤウナ氣ニナツテ愉快デタマラヌ。
若シ書ケルナラ僕ノ目ノ明イテル内ニ
今一便ヨコシテクレヌカ(無理ナ注文ダガ)
畫ハガキモ慥ニ受取タ。倫敦ノ燒芋ノ味ハドンナカ聞キタイ。
不折ハ今巴理ニ居テコーランノ処ヘ通フテ居ルサウヂヤ。
君ニ逢フタラ鰹節一本贈ルナドヽイフテ居タガ
モーソンナ者ハ食フテシマツテアルマイ。
虚子ハ男子ヲ擧ゲタ。僕ガ年尾トツケテヤツタ。
錬卿死ニ非風死ニ皆僕ヨリ先ニ死ンデシマツタ。
僕ハ迚モ君ニ再會スルコトハ出來ヌト思フ。
萬一出來タトシテモ其時ハ話モ出來ナクナツテルデアロー。
實ハ僕ハ生キテヰルノガ苦シイノダ。
僕ノ日記ニハ「古白曰來」ノ四字ガ特書シテアル処ガアル。
書キタイコトハ多イガ苦シイカラ許シテクレ玉ヘ。
   明治卅四年十一月六日燈下ニ書ス
                    東京 子 規 拜
倫敦ニテ
   漱 石 兄

漱石より子規宛の手紙は、同年12月18日付けのものが最後となった。