ピンクのクマのプールで、さっちゃんと。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪ジューシーな豚肉ソティ!好物★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art
moto_kubo@hotmail.com

宮沢 賢治
Kenji Miyazawa(1896.8.27-1933.9.21)

2005年4月29日 ★クリックすると、♪フードシステム研究所♪フードシステム研究所  所長 田中千博から『共犯新聞』へのEメール

小樽で育った私は海への憧れがつよく、港を見下ろす水天宮の丘や公園から、出船や入り船を眺めるのが好きでした。
堺小学校に通っている頃、宮澤賢治の<銀河鉄道の夜>と出会い、学区制の変更で緑小学校に移っても、あれこれ探しては読んでいました。
ホームルーム制の東山中学では、国語の大原先生の部屋に行くと、壁に原稿用紙のような枠のなかに<眼にて云う>の詩が掲げてあり、
学芸会では<グスコーブドリの日記>が上演されたりしました。
それから幾つもの作品に触れて来ましたが、宮澤賢治の若い頃の<日記>から、次のような記録を見つけました。

ほんたうのさひわひとは?
1925年5月20日
                                             宮 澤 賢 治
< 或 る 農 学 生 の 日 記 >

いま窓の右手にえぞ富士が見える。火山だ。頭が平たい。
焼いた枕木でこさえた小さな家がある。熊笹が茂っている。植民地だ。



         いま小樽公園に居る。高等商業の標本室も見てきた。
       馬鈴薯からできるもの百五六十種の標本が面白かった。
       この公園も丘になっている。白樺もたくさんある。小樽湾が一目だ。
       軍艦が入ってゐるので、海軍には旗も立ってゐる。

        時間があれば見せるのだがと武田先生が云った。

        ベンチへやすんでいると赤い蟹をゆでたのを売りにくる。
       何だか怖いやうだ。よくあんなもの食べるものだ。


 この日記は農学校時代の研修旅行の記録らしく、前日に青森から函館へ連絡船で渡り、夜行列車で小樽へ向かう途中の様子も書かれています。
上記は<小樽>で記されたようで、ここに興味ある一節があります。最近の仕事にも関連しているのですが、この日記から教えて戴きたいことがあります。
 高等商業は現在の小樽商科大学で、小林多喜二や伊藤整を輩出した名門です。
その一節4行目の「馬鈴薯からできるもの百五六十種の標本」の一節に興味を惹かれました。
経済専門学校と呼ばれた時期もあるのに、農産物の標本室に「馬鈴薯からできるもの」を展示しています。
 農学生の宮澤賢治が見たのは、どんな標本だったのでしょう。戦後の北海道は<飢餓の時代>を体験しました。それを救ったのが「馬鈴薯と鰊」です。
いまも北海道名産の馬鈴薯ですが、ここで80年も前に試作された「馬鈴薯からできるもの」とは、どんなものだったのでしょう。
小樽商大にゆかりのある方や、農業史や馬鈴薯を研究をされている方を探し、お尋ねしているのですが、まだ何の手がかりもありません。
探索のいとぐちになる情報があれば、ぜひ下記あてお知らせ下さい。北海道の知的資産として、受け継いでほしい<食の遺産>と考えております。
橋向利勝 (小樽商科大学出身の農業青年)からのEメール
(2005年5月15日 日曜日 2:02Am)
はしむかいでっす。

On Fri, 13 May 2005 16:14
久保です。農業青年、田植えは明日からかい?
ここ数年、原因が特定できないまま、田植え前の苗が傷んでいく、という
状態でヘロヘロでっす。がくっ。


ググってみたらこんなのが。
http://www.swan2001.jp/oa002.html (宮沢賢治「修学旅行復命書」)

ここに

「商品標本室にては粗なる農産製造品と精製商品との連絡に就て参考となるべきもの多く
殊に独乙の馬鈴薯を原料とせる三十余種の商品見本、
米国の各種穀物を炙?膨脹せしめたる食品等に就て注意せしむ。」

てなコトが書いてあるので、ドイツのジャガイモを原料とした商品(ポテトチップとかなんとか
なのかなあ)やアメリカのポップコーンみたいな加工産品が置いてあったんではないですかね。
それなら高商に置いてある理由もなんとなくわかるのですが。

ホントならスゴい加工食品を期待してたのに。がくっ。
若林さん、手造りログハウスを建設中!
▲2003年7月11日
若林博士のログハウス建設現場で、おどける橋向利勝

俳句は、パンク。今日の一句
キース・ムーンの農民芸術概論
帽子追う
吊り鐘マント
秋の風

(久保元宏 2002年9月)

★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴史から飛び出せ!
たとえば→1月18の歴史
アコーディオンのような書物。
Happy Birthday
to
Mr.
パラパラ・・・Alan Alexander Milne !