あのブールで。その山の上で。I'll follow you wherever you may go!
top page⇒うぇ〜ん!『共犯新聞』♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieROCK★ロック パラパラ・・・偏愛書物★Book Oh ! うめぇ〜♪肉体の共犯としての食犯。好物★Gourmet やっぱ、映画館で観たい♪映画★Movie Artとは、ニューヨークのホイットニー美術館から、大阪の乙画廊まで、どこでもドアの奥で、今夜、パーティが2時から開かれる!美術★Art

moto_kubo@hotmail.com

Afghanistan
・・・それは、優しい交差点。


2010年2月11日 木曜日 紀元節 午前1時24分たどりつけるのかな。上がる権利はあるのかな。気温-5.2℃←■2月8日、ペシャワール会が建設していたアフガニスタンの農業用水路が完成した。しかし、ほとんどのマスコミは報道していない。
AfghanCalling !
text by うぇ〜ん!久保AB-ST元宏 (2008年8月28日 3:57Pm)
『afghanistan』アフガン〜アジアでも恵まれた農業国であった。
アフガニスタンは、愛と農業の国、ガンダーラだった。
Japanese
aid worker
in Afghanistan
'found dead'

2008年8月27日、
アフガニスタンで拉致された
非政府組織「ペシャワール会」の
伊藤和也(31歳)は、
遺体となって現地の渓谷で見つかった。
5年間、乾いたアフガンの大地に
水と緑を与えてきた若者の善意に対する
あまりにも非情な仕打ち。
アフガン人がアフガン人を逮捕する。
2008年8月27日、アフガニスタン警察は、
拉致にかかわったとされる男を連行。
男はタリバンを名乗ったが、謎は残る。

うぇ〜ん!8月27日の遺体発見直後、ペシャワール会のアフガニスタン現地代表、
中村哲医師(61歳)は、タイのバンコク国際空港で
アフガニスタンの現地へ向かう直前、記者会見でこう語った。
Help ! 中村哲医師も、うぇ〜ん! 以前は日本人ならダイジョウブだったが、
4月ごろから対日感情も急激に悪化していた。

うぇ〜ん!この発言は見逃せない。
その理由は何なのか?
インド洋での海上自衛隊の給油活動なのか?
オバマ勝利を阻止するための、グルジアをめぐる新「冷戦」同様の大きな意志なのか?
ここは、早いタイミングで中村医師から正確な考えを聞きだし、対処する必要がある。
うぇ〜ん!さらに、今回の悲劇をもってしても、ペシャワール会はこれらの意義深い事業から
今後も撤退せず、アフガニスタンに「留まり」活動を続けることも強調した。
治安の悪化は
武力では
解決しない。
空腹を
満たす環境を
つくることが
大切だ。
今後も撤退する意思は、あ〜りませぇ〜ん!!Help ! 中村哲医師も、うぇ〜ん!

うぇ〜ん!「最大の安全策は地元住民からの信頼」とのことから
ペシャワール会は丸腰でのボランティアを続けてきた。
そして、それが政治思想抜きの「金目当て」強盗から
狙われる危険性も準備してしまっていた。
このジレンマこそが、現代なのだ。
うぇ〜ん!私が、この春から夏にかけて観た映画の中に
アフガニスタンがモチーフの作品が2本あった。
表現者は、「現代」を見つめることが本能なのだ。
そして、その作品を体験した私は、
今回の悲劇を知らないときであっても、どう感じ&考えていたのか。
それが私の「留まり」方、だ。

2008年3月20日(木) 1:50Pm〜4:10Pm映画館へ行った♪
Hey You ! 君のためなら千回でも!★バラバラになっても、生きる意味。 監督;
マーク・フォースター

原作;
カーレド・ホッセイニ
『カイト・ランナー』

脚本;
ディビッド・ベニオフ

出演;
ハリド・アブダラ、
ショーン・トーブ

★火星大接近の日に、眼球に乗り移った火星♪赤い惑星が眼球に焼き付いた!?久保の眼
このタイトル、なにやら『セカチュー』みたいで、新人かわいこちゃん女優が主演の
泣けるラブ・ストーリーっー最近の日本映画の好興行トレンドみたいなので、私は
ノー・チェックだったんだけど、ここの映画館がイチオシだったので、突然の休日らしく
情報無しで観た。で、映画の序盤は山田洋次テイストな「心温まる友情映画」な印象で
まぁ、こんなモンか・と、たかをくくっていたのだが、中盤、時代は1979年になり、
ソ連軍が主人公の村に侵攻してくるところから緊張感と物語性が一気に高まる。
そう、舞台はアフガニスタンなのだ。ここから、NY911やタリバン政権へ話は進む。
観終わってみれば、普通の少年が歴史に翻弄された、とゆーよくある図式の
映画だ。しかも、予算が少ないのか、最近の映画にしては戦争シーンがまるで
日本映画のよう(笑)。それでも、観終わると見事にヤラれちまう。無骨ながら巧みに
つむがれた物語の力だ。そのリアルさを証明するかのように、実はこの映画は
アフガニスタンでは上映が禁止されている。映画の中で描かれている異民族同士の
差別が、アフガニスタン国内では観るに耐えられないのだという。「平和」な国から
すれば図式的な友情物語でも、「戦争」が日常の国にとっては危険な映画なのだ。
2008年7月11日(金) 2:10Pm〜4:10Pmこの週末、1本目の映画を観た♪
蠍座  \800
蠍座での生きる意味?ある愛の風景!
ほんとは『フローズン・タイム』も
観たかったけど、チコクした。がくっ。

原題;『Brødre』
監督&脚本;スサンネ・ビア

脚本;アナス・トーマス・イェンセン
音楽;ヨハン・セーデルクビスト
撮影;モーテン・ソーボー
出演;コニー・ニールセン、
ウルリッヒ・トムセン、
ニコライ・リー・コス

★火星大接近の日に、眼球に乗り移った火星♪赤い惑星が眼球に焼き付いた!?久保の眼
またしても、スサンネ・ビア(1960年4月15日生まれ、デンマークの女性)、である。
やっぱ、映画館で観たい♪『アフター・ウェディング』(2006年)でその存在を印象づけられ、
やっぱ、映画館で観たい♪『悲しみが乾くまで』(2007年)で価値が決定的になった、
もしや00年代最大の新人監督、である。
で、その新作ではナクって、さらにさかのぼる2004年の作品が、これ。だいたい、
彼女の作品って、さらにさかのぼる『しあわせな孤独』(2002年)をふくめて、
よーやくこれら4作が日本で観ることができる(=たぶん、これで充分?)ぐらい。
んが、これらのクオリティの高さは最初っから完成されているビートルズ級、だ。
とは言っても、やっぱ初期の作品。私が観た中では一番、荒っぽい(笑)。
主人公の妻の美しさと、夫の弟の微妙な(笑)フェロモンぶりが物語を引っ張って
くれるけれど、近作の完璧さを知る身には、これでさえも、習作の印象を持っちゃう。
まぁ、それも監督の才能ゆえのこと。しかし、えらそーに高見から見てられるのは
前半のみ。後半になると、監督があらかじめ仕組んでおいたいくつもの映画的
時限爆弾にヤラレる。同時にテーマが一気に浮上してくるんだけど、それは、
「近代の超克」「修復」。「近代の超克」は、まさに夏目漱石的近代ジレンマの
問題。「物語」としてはガンコに近代的センスで秩序を維持しようとする父親と、
おしゃまで現代的なユーモアと情報の誘惑を楽しめる長女とのよくあるすれ違い
として組み込まれているけれど、個人の問題を時代の問題へと一気に本質に
持ち込む力技は、やっぱ、ただもんじゃねぇービア(がくっ。)。
また、「修復」は、「関係性の修復」と「人生の修復」とゆー課題をみごとに
ミックスする。銀行強盗までしちゃったダメ男である弟が得た仕事が、
「室内リフォーム業」とゆー設定が、なにしろ、うまい。この「うまさ」に気がついた
瞬間、私、頭が下がりましたよ。夏は、ビール・パーティに来てね!ビア、おかわり!みたいな。
ダメ弟が「リフォーム」した(「整理」=「家庭」=「人生」の象徴としての「台所」)を
破壊する優等生の兄、とゆー図式、こりゃ、お見事だわ。あんた、すげえよ、ビア。
その場面にきて初めて、それ以前に映画に仕掛けられていた爆弾、戦争のトラ
ウマを持って帰還した夫=兄がまずしたことが、真夜中に弟がリフォームした台所
の棚の中の食器を正確に並び替えている静謐ながら謎を秘めたシーンの重要性
と意味が浮上してくる。こんな「知的」な構造を準備する映画作家は久しぶりだ。
そーこーして見終わると、当初、予告編で持っていたイメージ、「エロ美人の妻と
不良フェロモン弟の失われた夫=兄をはさんでのセックスによる超克」(?)が
みごとに(台所で整理されていたナイフとフォークのよーに)ひっくり返される。
その事前のイメージこそ、私(=観客)と日本の映画配給会社が持ちうる、
既成概念=共同幻想としての、想像の範囲内の「物語」、なんでした〜。
もちろん、それでも充分、映画として成立するんだろーけど、この才女は、
「ハッピー・エンドの、そのまた続き」を描きやがった。
そして&さらに&もっとスゲーのは、この映画で観られるいくつかの未消化
な部分(=たとえば、食卓での会話の有機性。)は、この後の作品群で見事に
克服され、さらなる高みに届いていることを我々はもうすでに知っている、ってコト。
ただ、彼女の全作品の中でこの作品が持つ特殊性も擁護しておきたいんだけど、
それはコミットメントに関わる積極性が最も出ている1本となっている、ってコト。
つまり、この映画の背景にはアフガニスタン戦争がある。この映画で観られる
「食卓の使い方」や「重層的な家族構造」などは今後も繰り返されているけれど、
現実の具体的な政治情況をモチーフにしている点は、この作品が一番突出して
いる。もちろん、アフガニスタン戦争のようにインパクトのある素材を持ち出さねば
映画全体の構造が脆弱になるんじゃねーのか、と、監督自身が弱みを感じた
上で必要性を感じたのかもしれないけど。で、今はもう自信があるから、そーゆー
コミットメントは不必要になっちゃった、と考えることもできちゃうよな。
ちなみに、もーすでに、さすがのハリウッドの喰いしん坊ぶりはスゲエもんで、
ジム・シェリダン監督でリメイクの予定がある。出演はナタリー・ポートマン、
トビー・マグワイア、ジェイク・ギレンホール、らしい。へぇー。また観に行く?

ジョー!ジョーンズ!ポール!うぇ〜ん!
作詞&作曲;The Clash
(1982年5月14日 アルバム『コンバット・ロック』収録。作られたのは、1981年。)
意訳;うぇ〜ん!久保AB-ST元宏 (2008年8月29日 11:41Am)

Darling you gotta let me know
ねぇ、いとしのアフガンちゃん♪どうすりゃいい?
Should I stay or should I go?
アフガニスタンから撤退すべきか、留まるべきか?
If you say that you are mine
ほとんどのアフガン人はペシャワール会の事業に感謝してくれているから、
Ill be here til the end of time
ぎりぎりまで、ここに留まっているよ。
So you got to let know
だからさぁ、今のうちに言っておくれよ。
Should I stay or should I go?
おれ、必要?おれ、やばい?

Always tease tease tease
これ、今に始まったことじゃないぜ。
Siempre - coqetiando y enganyando
よー考えてみれば、おれ、ガキん時からずーっと同じ悩みの繰り返し(がくっ。)。
Youre happy when Im on my knees
「あの娘は、恋人になりたいんじゃなくて、いばりたいだけなんだろ?」ってのは、
Me arrodilla y estas feliz
「タリバンは、イニシアチブをとりたいだけなんだろ?」・・・あ、やっぱ同じだ(がくっ。)。
One day is fine, next is black
「キスをしてくれたと思ったら、いきなり他の男のテントの中、だし。」ってのは、
Un dias bien el otro negro
「病院や水道を作って感謝されたと思ったら、いきなり拉致され殺されちゃうし。」・・・同じー。
So if you want me off your back
「正常位に飽きたのならば、うしろから愛してあげてもいいし。」ってのは、
Al rededar en tu espalda
「アフガンゲリラへの支援を隠すために、裏ルートを使ってもいいし。」・・・こりゃまた同じだぁ。
Well come on and let me know
もー自分じゃ、決められない〜。
Should I stay or should I go?
日本の民生支援のあり方はかくあるべきか。

Should I stay or should I go now?
アフガニスタンには、近代日本を相対化する異質な社会がある。
Should I stay or should I go now?
異質の視線がないと、世界は息苦しい。
If I go there will be trouble
かと言って、行けばトラブル、行かねばダブル。
An if I stay it will be double
そもそも、「ボランティア」なんて言葉を聞くと、おれの底に眠っている悪意が目を覚ます(笑)。
So come on and let me know
感動はいらない。おれにあるのは、ペシャワール会への嫉妬だ。

This indecisions bugging me
アルカイダのような国際イスラム主義運動と、民族主義的で土着的なタリバンは本質的に違う。
If you dont want me, set me free
タリバンからも日本の評判が悪くなった原因は、日本が軍事的な活動を始めたから。
Exactly whom Im supposed to be
頼みの国連軍やISAF(国際治安支援部隊)はモラルが低くて、アメリカ軍以上に凶暴だ。
Dont you know which clothes even fit me?
どの軍服を着ようが、アフガン人から見れば、軍人は軍人なのさ。
Come on and let me know
禁酒国であるアフガニスタンで、装甲車の上でワインをラッパ呑みして、ビンを投げつけてる。
Should I cool it or should I blow?
クールにキメよか、熱くなろうか。

Split!
股裂き状態!
Yo me enfrio o lo sufro
我レ、鎮座シ、マタ悩ミ多シ。

Should I stay or should I go now?
確かに言えることは、「我々は軍事プロセスには関与しない」と言うだけでインパクトがある。
yo me frio o lo sophlo?
「民主主義ハ、反イスラム的ダ!」
If I go there will be trouble
元々、アフガニスタンは自給自足の国で、食料自給率は94パーセントだった。
Si me voi - va ver peligro
「禁欲的ナたりばん政権ハ、けし栽培ヲ徹底的ニ取締リ、ホトンド無クシタ。」
And if I stay it will be double
アフガニスタンの食料自給率は、干ばつと戦争で、2007年には6割を切った。
Si me quedo es doble
「ダカラ、少シノ雨デモ作レテ、チョー儲カルあへんヲ作ルノサ♪」
So you gotta let me know
またしても、ほら。ニヒリズムの甘い誘惑。
Me tienes que decir
「恩ヲアダデ返スコトニナッテ、恥シイ。」
Should I stay or should I go?
アフガニスタンから撤退すべきか、留まるべきか?
yo me frio o lo sophlo?
「伊藤サンヲ殺シタ犯人バカリガ、あふがん人ダト思ワナイデ欲シイ。」

スペイン語でのコーラスは、ジョー・ストラマーの発案。

俺はギターを鏡に投げ込んだ♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Dieジョー・ストラマー、1991年
「スペイン語でコーラスやるぜ」って衝動的に言ったんだ…
で、歌詞をスペイン語に訳さなきゃならないから、
ブルックリンハイツに住んでる
エディ・ガルシア(テープ・オペレータ)のママに
電話で歌詞を読み上げて訳してもらったんだ。
ただ、エディもママもエクアドル人なもんだから、
俺とジョー・エリーが歌ったのは、
エクアドル訛りのスペイン語なのさ。

うぇ〜ん!Siempre - coqetiando y enganyando」って、どーゆー意味だ?

quiqu先生くらくらクラッシック♪無器っちょな俺は まるでリュリ♪恐らくスペイン語ですね。
だとしたら「いつも−媚を売り騙している」のような意味だと思います。

ふきたんぽぽ立て、立つんだ場〜!ステージ、に。Hola! Como esta usted?

Siempre-coqetiando y enganyando は
Always-sex and affair だと思いますよ。

はっきり知ってる言葉は Siempre と y だけで
辞典にも 他の2語は出ていないし
たぶん動詞の変化と考えると -doがついているので。
スペイン語とイタリア語に詳しい人なら分かるでしょう。

Hasta la vista.
さらば、アフガン。

匿名性というナイフ。

冬ざれの
ブルカの涙
カンダハール

(久保元宏 2001年12月)

★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴史から飛び出せ!
★たとえば→10月9日の歴史★
「この国に、クボモトヒロという小学生が住んでいるって、聞いたけど?」
Happy
birthday
to
Mr.
♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To DieJohn Lennon
!

ねぇ、おにいちゃん、バンドのリハーサルの音が山の向こうから聴こえてくるね。

「誤爆」とは
便利なコトバ
秋黴雨(あきついり)

(久保元宏 2001年11月)

★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴史から飛び出せ!
★たとえば→8月15日の歴史★

っていうか、別のことでは私もしてるし、みんなそういうことするべきだと思うよね。(よしもとばなな『大人の水ぼうそう』)

We had the 3days of peace & music !

普通ここからは引き返せないだろう、というところで引き返せるのもすごいと思った。(よしもとばなな『大人の水ぼうそう』)

秋陰(しゅういん)が
希望に染(し)みる
アフガン路

(久保元宏 2001年11月)

★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴史から飛び出せ!
★たとえば→8月9日の歴史★

モデルは、アメリカ人ジャーナリスト!

ノーモア・ヒロシマ

ワンモア・ナガサキ

ユーモア・チェルノブイリ



★日付をクリックすると、♪好きな時代に行けるわっ♪あん♪アン♪歴史から飛び出せ!
★たとえば→3月12日の歴史★
立って見るカルカドル。かつて見る庭には。 It is confirmed that
the giant Buddha in
Afghanistan Bamiyan
was destroyed
by Taliban
that rules
Afghanistan
in the effect !

Agriculture
in Afghanistan
is
going to
need
a lot of
help
!
Let me take you there.
▲北海道を代表するお米。
▼「同時多発的なものを、同時多発的に見よう」(坪内祐三、1999年の発言)
♪お米、お米、おこめぇえ〜田植え開始!★『二つの農業危機』
■Text by 久保元宏.(2002年5月15日)

5月11日、今年初めて田植えを見た。
北海道空知地方の北竜町でだ。
田植えのピークは5月20日前後からであろうが、
今年は雪の少ない冬の後だけに、天候に恵まれたスタートだ。
いずれにせよ、9月下旬の稲刈りに向けて農繁期が始まった。
田植え開始!
しかし、ご存知のように日本の農業は危機に瀕している。
皮肉にも、農繁期スタートと同時に、あまった大量のタマネギがゴミとして廃棄された。
狂牛病で、酪農家は身動きが取れない。ついに自殺者まで出た。
米も、大幅な減反。収穫直前の青田刈り。大量の米あまり。
つい100年前までは、この米が税金だったなんてウソみたいな話。
農業経営者のプライドはズタズタ。まさしく、農業危機だ。


えっ?農業危機?

かつてのアフガニスタンは♪愛の国ガンダーラのさらに西、豊かな国として、
小麦、とうもろこし ( コーン ) 、大麦、ヒヨコマメ、ヒラマメ、ニンジン、ジャガイモ、
メロン、リンゴ、及び、ピスタチオなどを栽培するアジアでも恵まれた農業国であった。
『afghanistan』アフガン〜アジアでも恵まれた農業国であった。
■しかし、アフガニスタンはあまりにも長期の戦時を経験してしまった。
1979年、ソ連による軍事侵攻が始まった。10年に及ぶ抵抗の末、
共産主義体制に反発するムジャヒディーン(イスラム聖戦士)は
アメリカ、パキスタンやサウジアラビアの支援を受け、ソ連を追放する。
しかし、異なる民族や宗派のムジャヒディーン同士で内戦が首都カブールで生じ、
多くの国民がイランやパキスタンに逃れた。
1994年、パキスタンで組織されたイスラム原理主義を掲げるタリバンが南部を制圧。
さらに、マスード将軍の北部同盟支配下地域を除く、国土の9割を支配した。
2000年末、タリバンが反タリバン連合の戦略的要衝である北部タカル州を制圧した。
それによって反タリバン連合は主な物資補給路を失った。
そして今、21世紀最大のホロコーストが、アフガニスタンで繰り広げられている。

これらの日常化された戦争に加え、 3 年もの最も悪い干ばつは、
重要な農産物ののストックを使い果たし、そして、土地、及び、水資源を損傷した。

神は復活しようと努力するアフガニスタン人民をもてあそぶかのように、
タリバン撤退後も、3月25日の大地震で3千人以上の死者を出したり、
この5月に入ってからも大量のバッタの発生による疫病の被害を農作物に与えている。

しかし、農産物の種、及び、他の植物遺伝子資源の多数のサンプルは、
アフガニスタンの科学者によって 1970 年代初頭集められていた。
これらのインド、メキシコ、及び、シリアにおいて保管されている全ての種子は、
アフガニスタン本国へ送還して利用することが可能であろう。
我々はここに科学者の知恵を見る。農業危機と同様、科学者にも2種類あるのだ。
♪Ryu Murakami★無器用という戦術。
Ryu Murakami
★クリックすると、♪龍に行けるわっ♪あん♪アン♪村上龍『JMM』
■『対談 :中村桂子(理学博士)×村上龍(小説家)』
村上 科学史をたどっても、重要な発見をしたのは、
    お金のためではなくて
    たいてい自分の興味でやった人ですよね。

中村 そうなんです。

村上 だからお金のためだけの研究というのは、
    逆に、合理的ではない気がするんですよ。


ある科学者は、
「アフガン政府は、現在の主な農産物となってしまった麻薬のケシと置き換えるために、
農場経営者の堅実な選択肢を提供するために、迅速に動く必要がある」と言う。

★クリックすると、♪afghan♪あん♪アン♪The Afghan News Network is an educational resource site
▲アフガニスタン全般の最新情報。英語。

映画は闇からのプロパガンダ。映画★『少年と砂漠のカフェ』
アフガニスタン難民の少年とイランの片田舎の人々の交流。
主人公を演じたキャイン・アリザデは、
本人もタリバーン政権下で育ったアフガン難民の羊飼い。
撮影は2年前。完成披露の1カ月後に、米国の同時多発テロ。
★NY911以来、チェック♪あん♪アン♪asahi.com★イランのアボルファズル・ジャリリ監督の話。

♪イン・マイ・ライス
In My Rice
By John Lennon , Paul McCartney and 久保元宏

■イントロはギターメロ。
(Intro) A / E / A / E

A     E   F#m  A7 D   Dm
There are places I remember all my rice,
米を喰った数だけ、想い出の場所も数々ある。
A
Though some have changed,
変わっちまったのもあれば、
A   E   F#m   A7 
Some forever, not for better,
変われなかったものすらある。
D   Dm          A
Some have gone and some remain.
ニューヨークの国際貿易センタービルは崩壊し、
ブッシュ大統領のホワイトハウスは残っちまった。
★NY戦争を語る。

F#    D   G     A
All these places had their moments
どんな場所にだって想い出があるのさ。
F#  B     Dm    A
With lovers and friends I still can recall.
別れちまったかわい子ちゃん達や、
裏切った友人たちを、
想い出すことすら俺には出来ちゃうもんね。
Some are dead and some are living.
死んじまったバカや、死ねなかったバカ(=俺?)。
In my rice I've loved them all.
メシ喰わせろ!
嫌ダッ!と言っても愛してやるさ!
★INU 『メシ喰うな!』

But of all these friends and lovers,
でもね。そんな我が良き友(by. ムッシュかまやつ)や、
かわい子ちゃん達なんかよりも、
There is no one compares with rice,
メシの種は比べ物にならないぜ。
And these mem'ries lost their meaning
まったくだ。現実は想い出を無意味にしちゃう。
When I think of rice as something new.
メシの種を考えると、過去の俺など俺じゃあねぇ(by. テラダヤ)。
Yeah! やぁ、レノン!やぁ、ヨーコ!やぁ、ブライアン!

Though I know I'll never lose affection
などと言ってはみたものの、想い出の場所の
For people and things that went before,
人民や唯物論への情熱の赤い薔薇を、
俺には忘れることなんかできないのよねぇ。これがまた。
I know I'll often stop and think about them,
でも正直言って、時々は忘れてるんだ。
In my rice I'll love you more.
だって今は喰うことで精一杯じゃんか。
「ワークシェアリング」とか言っていたよくしゃべる国会議員だって
リストラされる世の中さ。
いよっ!宗男っ!佐藤ちゃんダイジョブ?ムネムネ〜
In Muneo house He'll loves Satou more.
あのムネオハウスで佐藤君と眠りたぁあ〜い。


★♪In My Life. あん♪アン♪ザ・ビートルズ『In My Life』をギターで弾いてみよう!

♪Hey,Mr.ロレンス、帰る家はどこなの?●TE.ロレンス(英国軍人/1888-1935
アイルランド・イングランド系ジェントリーの
庶子としてウェールズで生まれた。
第1次大戦勃発直後、イギリス陸軍情報部員
としてパレスチナに赴任。
アラブのベドウィンの服を着て、
アラブ軍指揮の中枢に加わりトルコ軍を破る。
英国軍人でありながらアラブの英雄となる。

●Jesus College (Turl Street)
1571年創立の、ロレンスの出身校。
著名なケルト学者 Sir John Rhys (1840-1915)。
★♪脳味噌に行けるわっ♪あん♪アン♪T. E. Lawrence Studies★写真が豊富。
★♪脳味噌に行けるわっ♪あん♪アン♪アラビアのロレンスを探して★日本語&英語。充実した内容。

2010年3月27日 土曜日 午後3時10分たどりつけるのかな。上がる権利はあるのかな。気温-2.9℃←■愛川欽也が監督&脚本&主演&音楽の映画『さよならモロッコ』(1974年)って、おもしろいのかな。テレビでやらんかなぁ。
■四方田犬彦『モロッコ流謫』(2000年 新潮社)四方田犬彦『モロッコ流謫』
(2000年 新潮社)
★おー! これが北海道の文学!第11回伊藤整文学賞を受賞した作者
モロッコでの旅を終えた著者は、
「ボウルズ的なるものによって開始された
私のモロッコへの関心は十数年を経る内に、
しだいにゆっくりとではあるが、
ジュネ的なものへと移行しつつある」と告白。
ボウルズからジュネへ。
旅の最後に著者が思いを馳せるのは、
ヨーロッパを捨ててパレスチナ政治闘争に参入し、死後、モロッコに眠る作家ジャン・ジュネなのである。
★♪脳味噌に行けるわっ♪あん♪アン♪ジャン・ジュネ 奇蹟の庭★ジュネの眠るモロッコの写真が美しい。

開高健★輝ける過剰

■ 『対談 :中村桂子 × 村上龍』 第1回目(全2回)

   「生命科学、バイオビジネス」



 ■ 中村桂子  :JT生命誌研究館 館長
中村桂子(なかむら けいこ):
東京都出身。理学博士。東京大学理学部化学科卒。三菱化成生命科学研究所人間・自
然研究部長、早稲田大学人間科学部教授を経て、大阪大学連携大学院教授。
村上 頂いたメールでも自分の身内を批判したくないとおっしゃっていましたが、僕

   もそれほどお金をモチベーションにして働く科学者が多いとは思えないんです。

   やはり、大きな研究所で働く人も、お金のためというより、自分の研究が非常

   にたくさんの予算の中でできるというモチベーションが大きいのかなという気

   がします。



中村 もちろんそうです。ただ、あまりにも大きくなりすぎると、自分の財布じゃな

   い感じになりすぎて、学者としての面白さだけでなく、変な言い方をすれば、

   力を持ちたい、だとかお金が欲しいという気持ちが大きくなっていく面があり

   ますね。



村上 科学史をたどっても、重要な発見をしたのは、お金のためではなくてたいてい

   自分の興味でやった人ですよね。



中村 そうなんです。



村上 だからお金のためだけの研究というのは、逆に、合理的ではない気がするんで

   すよ。



中村 それは別に仙人みたいに生きましょうということではなくて、役に立つことを

   やって、しかも研究者にとって面白ければ一番いいわけですよね。そこの順番

   が逆になってき始めていると感じるんです。政治が「これから先は科学技術立

   国で行くんだ」と決めると、予算がついて、それで動いてしまう。政治の人は

   こちらのモチベーションとかそういうことはわからないで、最後の成果だけを

   求める。そこで何が起きたのかなんてことは分からないですしね。



   本当はこのプロセスの中で思いがけないことがでてきたりして、学問としても

   豊かになっていくわけだけど、ここの豊かさというのは政治家には見えなくて、

   これのためにお金を出したんだから結果を出せというのだけで評価されてしま

   います。



   役に立つものを出すのはいいんだけれども、政府や省庁からのトップダウンと

   いう構造はやっぱりゆがんでいると思うんです。国のお金、つまり税金でやる

   んだからそれはやる側としてはある種の責任感もある。もちろん役に立つほう

   が気持ちもいいわけですし、そのこと自体はいいと思うんですが。出発点が違

   うんです。同じことでも出発点が生きものの本質に関わっているから「面白い」

   から来ていれば何も問題がない。



村上 そういうことをチェックする機関や方法論がないんでしょうね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
JMM [Japan Mail Media]                No.166 Wednesday Edition
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   独自配信: 68,237部
                   まぐまぐ: 21,493部
                   melma! : 18,595部
                   発行部数:108,325部(5月15日現在)

【WEB】    http://jmm.cogen.co.jp/
【MAIL】 jmm-info@cogen.co.jp
----------------------------------------------------------------------------
【発行】 有限会社 向現(FAX 03-3247-4208)
【編集】 村上龍


Agriculture in peril
危険における農業

Afghanistan's other mainstay is agriculture, but this has been badly hit by a drought in 2000 and the Taleban's decision to curb poppy production.
アフガニスタンの他の頼みの綱は、農業である。しかし、これは、 2000 年の干ばつ、及び、ケシ生産を抑制するというタリバンの決定によってひどく打撃を受けた。

Drought has devastated Afghanistan's agriculture
干ばつは、アフガニスタンの農業を荒廃させた

The Economist Intelligence Unit said in a recent country report that the crop "has traditionally been used as a source of credit and many farmers are finding themselves unable to repay their seasonal loans".
エコノミスト誌知能 Unit は、信用のソース、及び、多くの農場経営者が気がつくとそれらの季節的ローンを返すことができない状態にいるので、その作物が伝統的に使われた」と最近の国レポートで述べた。

While some farmers have resorted to selling land, livestock and even their young daughters to repay debts, others have joined the ever-growing tide of Afghan refugees.
いくらかの農場経営者が負債を返すために、土地、家畜、及び、それらの若い娘さえもを売ることに頼った、と同時に、他のものは、アフガニスタンの難民の絶えず‐増大する傾向に加わった。



- Article submitted at 11:20 AM (CST) on 5/6/2002
- 提出されたアーティクル

Plague of locusts hits Afghanistan
バッタの疫病は、アフガニスタンに打撃を与える

KABUL (Reuters) - A plague of locusts of "almost biblical proportions" is threatening Afghanistan, a country wrecked by years of fighting, drought and food shortages, a senior international aid official said on Monday.
KABUL ( ロイター通信 ) - 「ほとんど聖書の割合」のバッタの疫病がアフガニスタン、何年もの戦うで遭難した国、干ばつ、及び、食糧不足を脅している、と上級の国際的な補助職員は、月曜日に、言った。

By the hundreds of millions, the locusts are marching across areas of northern Afghanistan, threatening up to 70 percent of crop production and millions of livelihoods.
数百もの ( 百万 ) までに、それらのバッタは、北のアフガニスタンのエリアを横断して行進している ( 作物生産、及び、何百万もの生計の最高 70 パーセントを脅して ) 。

"It's a problem of almost biblical proportions," said Richard China, the United Nations' Food and Agriculture Organisation's programme manager in Afghanistan.
「それは、ほとんど聖書の割合の問題である」と、アフガニスタンのリチャード中国、国際連合の Food 、及び、 Agriculture Organisation のプログラムマネージャは、言った。

"We estimate that it's the worst infestation in the last 30 years," he told Reuters Television.
「我々は、それがここ 30 年間の最も悪い横行であると見積る」と、彼は、ロイター通信 Television に告げた。

Locusts are endemic to the plains that lie north of the Hindu Kush mountains, the traditional breadbasket of Afghanistan.
バッタは、ヒンズー教の Kush 山、アフガニスタンの伝統的な穀倉地帯の北である平原に特有である。

Normally the problem is kept under control by local farmers digging narrow trenches around infested areas to trap young locusts, which cannot fly.
通常、その問題は、飛ぶことができない若いバッタを閉じ込めるために、横行されたエリアの周辺で狭いトレンチを掘るローカルな農場経営者によって制御されている状態に保たれる。

But this year, the problem has mushroomed to proportions not seen since the late 1970s.
今年、しかし、その問題は、 1970 年代末以来見られなかった割合に急成長した。

"This is due to a combination of lack of control in recent years due to political instability and the difficulty of getting into the areas (because of security)," China said.
「これは、近年の政治的不安定によるコントロールの欠如の結合、及び、エリア ( セキュリティのために ) に入ることの困難が原因である」と、中国は言った。

The international community's lack of interest in Afghanistan over the years has starved the fight against locusts of precious resources, he added.
国際社会のアフガニスタンに対する関心の欠如が貴重な資源をバッタとの戦いに何年もの間切望させた、と彼はつけ加えた。

To fight the army of insects marching towards the crop growing areas, the FAO and several nongovernmental organisations have deployed 1,300 hand-held sprayers and five vehicles mounted with machines to spread pesticide.
エリアを強める作物の方へ行進する昆虫の軍隊を指揮するために、 FAO 、及び、いくらかの非政府の組織は、殺虫剤を広げるために、機械を取り付けられる 1,300 台の携帯用の噴霧器、及び、 5 台の乗物を配置した。

"So far, we appear to be winning the battle," China said.
「今までのところ、我々は、戦いに勝っているように思われる」と、中国は言った。

With the help of the FAO, local farmers are targeting the arid areas that lie between the locusts and the farmlands.
FAO の補助によって、ローカルな農場経営者は、バッタ、及び、農地の間にある乾燥したエリアをターゲットにしている。

In Baglan province north of Kabul, several thousand farmers dressed in orange boiler suits were out in the fields spraying the ground, which appeared to shimmer under a sea of locusts.
カブールの北の Baglan 行政区において、オレンジのボイラー服を着ていた数千の農場経営者は、グラウンド ( 大量のバッタの下でちらちら光るように思われた ) に噴霧するフィールドで外に出ていた。

"It's incredible -- the ground looks as if it's moving, there's so many of them," said one traveller who had just returned from the region.
それは、信じられない、 -- 、地面は、まるで、それが動いているかのように見える、そうである、多数の、それら、言われる、 1 人の旅行者、持つ、領域から単に返される。

China estimated that crops, mainly wheat, worth $60 million on local markets, were at stake from the plague.
中国の見積りでは、作物、主としてローカルなマーケットでの 6000 万ドルの価値のある小麦は、疫病から危かった。

"This could affect the livelihoods of several million rural households," he said.
「これは、数個 ( 百万 ) の田舎の世帯の生計に影響を及ぼすであろう」と、彼は言った。



Scientists Pledge to Restore Afghan Agriculture
科学者は、アフガニスタンの農業を回復することを誓約する

ALEPPO, Syria, February 15, 2002 (ENS) - Millions of hungry people across Afghanistan who are now dependent on food aid from international donors could be self-sufficient within five years as a result of a new global effort to rebuild the country's agriculture announced here Thursday.
ALEPPO 、シリア、 2002 年 2 月 15 日 ( ENS ) - 今国際的ドナーから食物補助に依存しているアフガニスタンを横断する何百万もの空腹の人々は、木曜日にここで発表された国の農業を再建する新しいグローバ ルな努力の結果 5 年以内に自給自足であろう。

In Afghanistan today, few have a full cooking pot.
今日のアフガニスタンにおいて、わずかしかが、十分な料理用のポットを持っていない。

(Photo courtesy Pavarotti and Friends) The newly formed consortium of research institutes, relief and development organizations, universities, and aid agencies will undertake a multi-million dollar effort called the Future Harvest Consortium to Rebuild Agriculture in Afghanistan.
( 写真礼儀 Pavarotti 、及び、 Friends ) 研究所、安堵、及び、開発組織、大学、及び、支援団体の最近形成されたコンソーシアムは、アフガニスタンに Rebuild Agriculture への Future Harvest Consortium と呼ばれる数百万ドル努力に着手するであろう。

"Agriculture in Afghanistan is going to need a lot of help," says Adel El-Beltagy, PhD, director general of the International Center for Research in the Dry Areas (ICARDA) based in Aleppo, the lead organization in this new initiative.
Adel El-Beltagy 、 PhD 、アレッポに本拠を置く Dry Areas ( ICARDA ) における Research のためのインターナショナルセンタの長官、この新しいイニシアティブにおける主要な編成は、「アフガニスタンの農業は、多くのヘルプを必要としようとして いる」と言う。

Scientists, development experts, and representatives of U.S. universities recently met in Tashkent, Uzbekistan to initiate the consortium and develop plans for the recovery effort.
科学者、開発エキスパート、及び、米国の大学の代表は、タシケント、コンソーシアムを加えるためのウズベキスタンで最近会い、そして、回復努力の計画を展開する。

In addition to ICARDA, initial consortium members include the Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO), CARE International, the International Maize and Wheat Improvement Center (CIMMYT), the International Crops Research Institute for the Semi-Arid Tropics, the U.S. Agency for International Development, and the Canadian based International Development Research Center.
ICARDA に加えて、最初のコンソーシアムメンバーは、国際連合 ( FAO ) 、注意インターナショナル、インターナショナルとうもろこし、及び、小麦改善センタ ( CIMMYT ) の食物、及び、農業編成を含み、インターナショナルは、セミ‐乾燥した回帰線、米国の国際開発庁のために研究所を切り取り、そして、カナダ人は、インター ナショナル開発調査センタの基礎を築いた。

Future Harvest, the consortium partner that gives the group its name, is a global nonprofit organization that builds awareness and support for food and environmental research.
Future Harvest 、その名前をグループに与えるコンソーシアムパートナーは、食物、及び、環境調査のために認識、及び、サポートを作るグローバルな非営利団体である。

Future Harvest supports the 16 food and environmental research centers that are primarily funded through the Consultative Group on International Agricultural Research.
Future Harvest は、インターナショナル Agricultural Research の諮問委員会を経て主として資金を提供される 16 の食物、及び、環境調査センタをサポートする。

Agriculture is the largest and most important sector of the economy in Afghanistan, a country of about 22 million people.
農業は、アフガニスタンの経済の最も大きく、最も重要なセクタ、約 2200 万人の人々の国である。

Of Afghanistan's 65 million hectares of land about half was once rangeland for livestock and eight million hectares were cultivated.
アフガニスタンのものの、半分に関する 6500 万ヘクタールの土地は、 1 度家畜のための放牧場であり、そして、 800 万ヘクタールは、耕された。

Orchard of Golden delicious apples in Afghanistan's Chak Valley, Gazni Province, 1994.
アフガニスタンの Chak バレーの金のおいしいリンゴのオーチャード、 Gazni 行政区、 1994 年。

(Photo M. Griffen courtesy FAO) Once a fertile land, growing wheat, maize (corn), barley, chickpeas, lentils, carrots, potatoes, melons, apples, and pistachios, Afghanistan has suffered prolonged war conditions.
( Photo M. Griffen 礼儀 FAO ) 、 Once 、豊かな国、小麦、とうもろこし ( コーン ) 、大麦、ヒヨコマメ、ヒラマメ、ニンジン、ジャガイモ、メロン、リンゴ、及び、ピスタチオを栽培して、アフガニスタンが長期の戦時を経験した。

Constant strife, plus three years of the region's worst drought in 40 years, have depleted critical seed stocks and damaged land and water resources.
一定の争いプラス 3 年の 40 年の領域の最も悪い干ばつは、重要な種ストックを使い果たし、そして、土地、及び、水資源を損傷した。

The Future Harvest consortium will provide farmers with seeds to plant for the upcoming spring and fall growing seasons and vaccines to prevent disease in Afghan livestock.
Future Harvest コンソーシアムは、やがて来る春の間植樹するために、種を農場経営者に供給し、そして、アフガニスタンの家畜において病気を防止するために、増大する季節、及び、ワクチンになるであろう。

About 3,500 metric tons of seed will be made available in the spring and about another 10,000 metric tons in the autumn.
約 3,500 メートルトンの種は、春に、そして、秋の更に 10,000 メートルトンについて利用可能にされるであろう。

In 1992, Afghanistan's national agricultural genebank, a facility used to safely store seeds and other plant material, was destroyed during the civil war, and there were fears that Afghanistan's agricultural heritage had been lost.
1992 年に、アフガニスタンの国家の農業遺伝子銀行、種、及び、他のプラント材料を安全に格納するために使われるファシリティは、内乱の間に破壊され、そして、アフガニスタンの農業遺産が失われたのではないかという懸念があった。

But samples of many, of the seeds and other plant genetic resources were collected in the early 1970s by scientists in Afghanistan.
しかし、種、及び、他のプラント遺伝子資源の多数のサンプルは、アフガニスタンの科学者によって 1970 年代初頭集められた。

They are safeguarded in genebanks maintained at ICARDA, CIMMYT, and other Future Harvest Centers, principally in India, Mexico, and Syria.
主としてインド、メキシコ、及び、シリアにおいて、それらは、 ICARDA 、 CIMMYT 、及び、他の Future Harvest Centers に維持される遺伝子銀行で保護される。

All of these plant materials will be available for repatriation to Afghanistan.
これらの工場資材の全ては、アフガニスタンに本国送還に利用可能であろう。

The consortium will reintroduce traditional wheat, maize, barley, chickpeas, lentils, and other seeds that have been used by Afghan farmers for centuries, and also introduce seeds that have been improved through breeding to be more productive and disease tolerant.
そのコンソーシアムは、伝統的な小麦、とうもろこし、大麦、ヒヨコマメ、ヒラマメ、及び、アフガニスタンの農場経営者によって何世紀間も使われた他の種を再び‐紹介し、そしてまた、更に生産的であるための飼育、及び、病気によって向上した種を紹介するであろう、寛大な。

They will offer new seed varieties that have been bred to grow in conditions similar to those in Afghanistan, helping to introduce crop diversification.
それらは、新しい種種類 ( 作物多様化を導入するのを助けるアフガニスタンのそれらと類似したコンディションにおいて成長するように育てられた ) を提示するであろう。

"Right now the seed situation in Afghanistan is critical," says El-Beltagy.
「ただちに、アフガニスタンの種状況は、重要である」と、 El-Beltagy は言う。

"We believe the majority of the country's seed was lost when farmers planted the 2001 crop.
我々が思うに、農場経営者が 2001 年の作物を植えたとき、国の種の大多数は、失われた。

When the rains failed for a third year in a row, it put an end to their ability to stay on the land."
雨が一列の 3 分の 1 年の間フェイルしたとき、それは、国に留まるそれらの能力を終わらせた。

"Our highest priority will be to revitalize wheat, which makes up 80 percent of the nation's grain production," he said.
「我々の最も高い優先順位は、小麦 ( 国家の穀物生産の 80 パーセントを作り上げる ) に新しい活力を与えることであろう」と、彼は言った。

FAO and international aid organizations have already begun the process of producing seed in Afghanistan.
FAO 、そして、国際的な支援団体は、既にアフガニスタンで種を産出するプロセスを始めた。

Itinerant poppy harvesters collecting opium in Nahr-e-Saraj, Afghanistan (Photo courtesy UN Pakistan) The new Afghan government is committed to eradicating poppy cultivation that keeps the illegal drug trade thriving.
Nahr-e-Saraj においてアヘンを集める巡回するケシ収穫機、アフガニスタン ( 写真礼儀 UN パキスタン ) 新しいアフガニスタンの政府は、違法の薬取引を栄える状態に保つケシ養成を根絶することに約束される。

But, says John Dodds, PhD, a Washington based representative of ICARDA, it will have a hard time achieving that goal unless it can provide alternatives to help farmers earn cash.
しかし、 John Dodds を言う、 PhD 、 ICARDA を代表するワシントンベース、それは、ひどい目に遭うであろう、農場経営者が現金を稼ぐのを助けることが、これに代るものを提供し得ない限り、そのゴールを達成する。

"Afghanistan will need to move quickly to provide farmers sound alternatives to displace poppies," says Dodds.
「アフガニスタンは、ケシと置き換えるために、農場経営者の堅実な選択肢を提供するために、迅速に動く必要があるであろう」と、 Dodds は言う。

"Fast-growing fruits and vegetables, like carrots and melons, are a good way to do that because they can be grown quickly and command a higher return than most other food crops."
「急成長する果実、及び、野菜は、ニンジン、及び、メロンのようにそれらが迅速に成長し得るので、それをする良い方法であり、そして、他のほとんどの食物が収穫できるより、更に高いリターンを命令する。」

Dodds says if the focus is kept on seed production, food aid programs can gradually phase out their operations over the next few years.
Dodds によれば、その焦点が種生産に関して保持されるならば、食物補助プログラムは、今後数年間にわたってそれらのオペレーションを徐々に除去し得る。

It will be essential to phase out food aid while farming activities increase so that markets are not distorted by aid supplies, he advises.
マーケットが補助供給によって歪められないように、農業アクティビティが増加するとき、食物補助を除去することが本質的であろうことを、彼は勧める。

Scientists estimate that almost half of the nation's livestock has been lost.
科学者の見積りでは、国家の家畜のほとんど半分は、失われた。

An immediate goal is to help farmers keep their remaining animals alive to regain the desired animal population and provide milk and other basic animal products for immediate domestic consumption and trade by Afghan families.
当面の目標は、農場経営者が所望の動物人口を回復するために、それらの残っている動物を生かしておくのを助け、そして、アフガニスタンのファミリーによる即座の国内消費、そして、取引のためにミルク、及び、他の基礎的な動物製品を供給することである。

The consortium will also supply vaccines for cattle, sheep, and goats to prevent diseases.
そのコンソーシアムは、病気を防止するために、ワクチンを畜牛、羊、及び、ヤギに同じく供給するであろう。



アフガン会議閉幕:
「継続的な連結」掲げ 議長最終文書を公表 

2002.01.22

 アフガニスタン復興支援国際会議は22日、東京都港区の新高輪プリンスホテルで、2日間の協議を総括し閉幕した。この後、緒方貞子アフガニスタン支援政 府代表ら共同議長が記者会見し、人道支援、復旧、復興、開発の「継続的な連結」を掲げた議長最終文書を公表した。参加した各国・国際機関から拠出表明され た支援額は、総額で45億ドル以上、02年分では18億ドル以上となった。 
 会議では、支援国、国際機関が復興支援の進展や資金の利用状況を調整するための「執行グループ」が設置され、第1回会合を開いた。3月にはカブールで次 回会合を開く。執行グループにはアフガニスタン暫定行政機構、世界銀行、アジア開発銀行、国連開発計画(UNDP)のほか、日本など主要支援国が参加す る。アフガン暫定行政機構がグループの議長となり、年4回、カブールで開催される。

 文書では、復興のかぎとなる優先分野として(1)行政能力の向上(2)教育(3)保健・衛生(4)道路、電力、通信などのインフラ整備(5)経済システ ムの復興(通貨制度)(6)農業と地方開発(食糧安全保障やかんがいシステムの開発)――を挙げ、地雷除去の重要性も指摘した。

 「総額45億ドル以上、02年分18億ドル以上」の支援額については、アフガン暫定行政機構のカルザイ議長(首相)が要請した「初年度で18億から20億ドル」と合致しており、アフガン側の求めに応える形となった。参加国が資金を拠出する信託基金は世界銀行に設置する。

 記者会見の冒頭、緒方政府代表は「会議は大成功のうちに終了した」と総括。オニール米財務長官は「米国は1年目からかなりの拠出をした。日本とともに共同議長を務めることができてうれしく思う」と復興会議への満足の意を表明した。

 パッテン欧州委員会対外関係担当委員は「ドナー(援助国)の利益ではなく、アフガニスタンの利益のためということを念頭に置く必要がある」と強調した。

 アフガン暫定行政機構のアルサラ副議長(財務相)は「この会議はアフガンの平和と安定にとっても歴史的な意味を持つ。皆さんの支持、支援なしには継続的な平和と安定の保証は難しい」と謝意を示した。

 なお、国際会議に先立ち開かれた「NGO(非政府組織)会議」への参加を外務省から拒否された日本のNGO「ピースウィンズ・ジャパン」など2団体は、会議参加の登録証を受け取り、22日の会合にオブザーバーとして出席した。

[毎日新聞1月22日] ( 2002-01-22-21:39 )

アフガン:
地震の死者は少なくとも1000人 首相が現地視察 

2002.03.27

 【カブール藤生竹志】アフガニスタン北部を25日襲った強い地震で、アフガン暫定行政機構のカルザイ議長(首相)は27日、バグラン州に入り、被害現状 を視察した。首相は死者が少なくとも1000人で、1500〜3000人が負傷、約40の村にわたり、2万人が家を失ったとの推計を明らかにした。国連関 係者によると、最悪の場合、5000人が死亡したとの情報もある。
 医師やNGO(非政府組織)のメンバーらが現地入りし、けが人の治療や行方不明者の捜索、がれきの除去にあたっている。カルザイ首相は国際社会にも緊急支援を呼びかけた。

 現地の司令官などによると、バグラン州一帯では地すべりがあちこちで発生。最も被害のひどかったナフリン村では約200人が死亡、家屋の多くが跡形もな く倒壊した。けが人が治療されずに放置されている例もある。余震が続いており、電気も水もないままで、市民は戸外で救援を待っている。

 世界食糧計画などが、食料や毛布、衣類などを調達しているが、被災地付近の道路は寸断されているうえ、内戦の影響で各地に残る地雷が救援の妨げとなっている。 暫定政権は26日に、1800人が死亡したとの推計を発表したが、下方修正した。

[毎日新聞3月27日] ( 2002-03-27-21:07 )



アフガニスタン情勢と国境なき医師団(MSF)の活動

*この活動情報は2001年8月27日現在のものです。

 

1.歴史的背景

1979年、ソ連による軍事侵攻が始まった。10年に及ぶ抵抗の末、共産主義体制に反発するムジャヒディーン(イスラム聖戦士)はアメリカ、パキスタンや サウジアラビアの支援を受け、ソ連を追放する。しかし、異なる民族や宗派のムジャヒディーン同士で内戦が首都カブールで生じ、多くの国民がイランやパキス タンに逃れた。1994年、パキスタンで組織されたイスラム原理主義を掲げる新興武装勢力、タリバンが南部を制圧し、その2年後には首都カブールを陥落。 マスード将軍の北部同盟支配下地域バダフシャンとパンシールを除く、国土の9割を支配する。2000年末、タリバンが反タリバン連合の戦略的要衝である北 部タカル州の州都タロカンを制圧した。それによって反タリバン連合は主な物資補給路を失った。


タリバンはコーランの厳しい解釈をすることで知られている。アメリカやロシアとの関係は緊迫しつつあり、国連安保理はタリバン側に対し国際テロの黒幕、ウサマ・ビン・ラディン氏の身柄を第三国に引き渡すよう要求したがタリバンが応じなかったため、制裁が強化された。

面積: 65万2000km2
人口: 2140万人
独立日: 1919年10月9日
政体: イスラム国
人種: パシュトゥーン人(約半数)、タジク人(30%)、ハザラ人、ウズベク人他

 

2.医療及び人道援助の現状
アフガニスタンの食糧事情は悪化する一方である。世界食糧計画(WFP)によって必要とされる食糧の3割が援助されている。しかし、援助の配給システムが 不十分なため、このわずかな食糧も各地へ供給することが不可能となっている。既に50万もの人々が隣国イランやパキスタンなどへ流出している。タリバン政 権がケシ栽培の禁止を命じて以来多くの国民は重要な収入源を失っている。20年に及ぶ内戦の影響でアフガニスタンの保健制度は最低限のものでしかない。呼 吸器系疾患、はしか等の伝染病、破傷風、ポリオやコレラが頻繁に見られる。


また、アフガニスタンの女性は教育や医療を受ける権利を侵害されており、職業を持つことも禁じられている。アフガニスタンの妊産婦死亡率は世界で2番目に 高いとされ、ユニセフによれば女性1000人のうち17人は出産中、あるいは直後に死亡する。また5歳以下の幼児死亡率は1000人に257人という高さ で、世界で5番目とされる。

1999年には現地で活動を行っていたいくつかの国際援助団体が、資金不足からアフガニスタンを去り、同年10月に国連により課せられた制裁の結果、国内へ物資を届けることが非常に困難になっている。


・ 幼児死亡率(1歳以下): 1000人のうち151人(1995〜2000年)*
・ 平均寿命: 45.5歳(1995〜2000年)*
・ 医師の数: 7,143人につき1人の医師(1993)*
・ 飲料水: 国民の6%にしか安全な飲料水がない (ユニセフのデータによる)
・ 国内避難民: 約50万人(3分の1が難民キャンプで暮らす)
・ アフガン難民: 280万人*(主にパキスタンとイランに避難)
*L'Etat du Monde 2000, edition la Decouverte参照

 


アフガニスタンの将来
 アフガニスタンの将来は、短期的には厳しい。しかし、タリバンとアルカイダが間もなく歴史に埋もれることからだけでも、希望は見いだせる。

 人道面では、米国および他の国々が、国際的連合の構成国として、国連世界食糧計画(WFP)などの国際救済組織と協力し、タリバンがもたらした人類の悲劇を回避するための措置を引き続きとっている。

 9月11日の悲劇の以前からも、米国は、長い間アフガニスタンの人々に対する最大の人道的物資提供国であった。昨年は、約1億8000万ドルの人道援助を行った。

 ブッシュ大統領は最近、米国がアフガニスタンに対し、3億2000万ドルの追加援助を行うと発表した。米国の飛行機が、アフガニスタンの食糧事情が悪化 している地域に数十万人分の食糧を投下した。輸送中あるいはその地域に貯蔵されている20万トン余の食糧援助の約85パーセントは、米国からのものであ る。

 最近、米国はアフガニスタンの人道危機に対処するための5項目戦略を発表した。

冬が到来する前に、食糧、種、毛布、衛生キットを輸送するための輸送経路を可能な限り多く開いて死亡率の低下を図る。

村落や地方に可能な限り多くの食糧を輸送し、人の移動を最小限に食い止める。

地元の商人に大量の食糧を販売し、食糧価格の低下および安定を図る。

援助物資が、必要としている人々の手に確実に渡るように図り、またタリバンが援助物資を略奪したり、ごまかしたりすることのないようにする。

アフガニスタン人が家、村、農地、市場の建て直しを、可能な場所から始めることを促すために開発救援計画を開始する。


 外部の人間ではなく、アフガニスタン人が自国の未来を決めなければならない。コリン・パウエル国務長官は、「われわれは、すべてのアフガニスタン国民を 代表し、国民の要求に応える用意があり、国民を抑圧しない政府が、やがて生まれることを望んでいる。そのために、われわれはあらゆる異なった分派と接触し て、タリバンが崩壊し権力を失った後に、そうした政府をどのようにして樹立することができるかを検討している」と述べている。

 アフガニスタン国内での援助戦略に加えて、米国は、国連難民高等弁務官事務所などの国際組織を通じ、パキスタンその他の近隣諸国にいる数百万人のアフガニスタン難民に援助を提供している。


○日記 〜アフガニスタンの反省は活かされているか

アフガニスタンでの戦いは最終段階に入っている。これに伴い、今後厳しい冬を迎えるアフタニスタンでの食糧問題への取り組みが急務となっている。
日本のメディアも最近は食糧援助等に関する報道が増えてきた。

日本でアフガニスタンの貧困問題が語られるとき、それはたいてい、これまでアフガ
ニスタンの惨状に目を向けてこなかったという自省を含むことが多い。それはそれで
良いことだと思うのだが、どうもそこで思考が停止してしまっているのが気になる。

アメリカのニューヨーク・タイムズ紙は、12月13日付で「アフガニスタンのため
の食糧」と題した社説を載せている。 http://www.iht.com/articles/41709.html
ここでは、アフガニスタンの食糧事情、米軍による攻撃の影響が率直に語られた後、
「アフガニスタンは、飢餓の危機にあるいくつかの国の一つである」と付け加えられ
ている。コンゴ、ルワンダ、ソマリアなどの国は、現在のアフガニスタン以上に援助
を必要としているのだそうだ。

アメリカは独善的だという批判をよく耳にする。確かにそういう面はあると思う。し
かし、この援助問題に関しては、日本はそのアメリカよりもさらに視野が狭い。日本
のメディアで、アフガニスタン以外の国の食糧問題も同時に指摘している報道に僕は
触れた記憶がない。どこもアフガニスタンの食糧事情については詳しく説明するのだ
が、それ以外の国の深刻な食糧問題にはまったく触れていないのである。あたかも、
食糧問題はアフガニスタンのみであるかのように。

「これまでアフガニスタンがこんなに大変な状況だとは知らなかった」と、反省して
おきながら、その反省はアフガニスタン一国で停止してしまい、それ以上に深刻な状
態にあると言われる他の貧困国にはまったく目がいっていない。「反省」が十分活か
されているとは思えない。

最近、アフガニスタン現地で働いているNGO職員や医師、専門家が、その貧困状況
をメディアで伝える姿をよく見る。それ自体は非常に意味のあることだと思う。しか
し、たった一言、最後にでも、以下のような言葉を付け加えてほしい。「私はたまた
まアフガニスタンに関与していますが、世界にはアフガニスタンの他にも援助を必要
としている国がたくさんあることを付け加えておきます」。

船長ハリー