Icon久保元宏2006年買ったモノ

2006年1216日 土曜日 晴れ
ヤミ米屋業界の忘年会を抜け出して、映画(笑)。さらに&なぜか、エミリー&タテワキさんと夜遊び〜♪

Hello! My name is Motohiro Kubo!
こんにちは!
僕、久保。よろしくね!

Oh Yeah ! ★2006年5月20日の久保元宏は、今日もワインのコルクを抜いていた♪
★★ A Happy New York 2006 !! ★★

『共犯新聞』社主からの年頭の提言

「論理」を「感情」に「翻訳」していたゲージュツ家(笑)の私が、
「感情」を「論理」に「翻訳」してあげなきゃならぬ世の中かな。
がくっ。



2006年に買ったモノたち This is What I want, this is what I get.
2006年のBEST
◇■◇各ジャンルのNAMEの”背景色”が順位◇■◇
BEST 1BEST 2BEST 3BEST 4BEST 5

↑でも、この順位って私が買ったモノからの選択だから、作品の発表された年と関係ないので、注意。

うぇ〜ん!お買い物の下に書き込まれている緑色のコメントは、久保AB−ST元宏の感想文です。
ほとんど「古本」&「初版」。
CD・中古や、もらいもんばかり。
映画 ART LIVE
DATE
NAME
DATE
NAME
DATE
NAME
01/04札幌
Book off
札幌
川沿店
古井由吉『哀原』
(1977.11.25 初版、文藝春秋)
定価\920→古本\105
イメージを物語という手法で、固形化
しようとしている凄さ。そのために使って
いるあまりにも複雑な文体は詩ではなく
小説であろうとする明確な意思がある。
01/04札幌
Book off
札幌
川沿店
カーネーション『天国と地獄』
はいろう♪
(1992.8.25 Wax 徳間ジャパン)
直枝政太郎(vo,g 1959.8.26生れ)
棚谷祐一(p,electric organ, atari)
鳥羽修(g,sampling operation)
矢部浩志(ds,percussions,finger)
太田譲(b,klaxon)
定価\2300→中古\1350
1992年当時、私はロックがつま
らなくなり、マイルスとモーツアルト
ばかりを聴いていた。が、その時に
33歳の直枝がオヤジ臭をバラまき
ながら名盤を作っていたとは、恐れ
いり卵。ベックよりも先にループが
生むグルーブを消化していた先見
性、歌謡曲すら飲み込むパワー。
その根にあるのは、強靭な日本語。
01/04札幌
さいとう
ギャラリー
企画展『from05to06 展』 64名参加 \0
坂本順子 遺作「あ・ら・た」
(更新;2005年10月19日)
順子さん、またね。
02/18札幌
ユナイ
テッド
シネマ
札幌
映画『ミュンヘン』 深夜割\1200
監督;スティーヴン・スピルバーグ
脚本;トニー・クシュナー、エリック・ロス
出演;エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、
キアラン・ハインズ、マチュー・カソヴィッツ
明らかに『シンドラーのリスト』のネガ。
時代を演出する小道具や髪型も、見事。
新潮日本文学アルバム『永井荷風』
(1985.9.20 初版、新潮社)
定価\980→古本\550
遠藤周作は晩年のみすぼらしい荷風
を「文学を裏切った」と書くが、それさえも
文学である。隠者文学は今のヲタ文学と
つながっている。再読の価値は強まる。
編・訳;佐々木マキ
『あべこべ世界の住人たち
ナンセンス・ヴァース・アンソロジー』
(1991.12.5 初版、筑摩書房)
詩;スパイク・マリガン、ヒレア・ベロック
ロアルド・ダール、テッド・ヒューズ、ほか
定価\1900→古本\950
ナンセンスにはセンスがある。意味が
無いのではなく、意味をひっくり返してい
るのだ。だから時に、正意味よりも強い。
映画『博士の愛した数式』 深夜割\1200
監督&脚本;小泉堯史
原作;小川洋子、音楽;加古隆
出演;寺尾聰、深津絵里、齋藤隆成、
吉岡秀隆、浅丘ルリ子、井川比佐志
日本映画の欠点の見本。お金持ちの
室内がまったく描けていない。それは、
予算の問題ではなくセンスの問題。この
ダメなセンスが原作の解釈にもダサダサ
で出ている。監督の妙な自信が不潔だ。
穂村弘『ラインマーカーズ』
(2003.6.20 初版、小学館)
装丁;大竹伸朗
定価\997→古本\550
これもまたナンセンスを装った反意味
の束。さらに私は、意味はひっくり返す
だけで充分なのではなく、美しい言葉で
なければならない条件に気がつかされ
る。そして無美ではなく、反美の概念も。
コシミハル
『Source d'espair / 希望の泉』
フレンチ・ギャルソン♪
(1992.10.1 Fun House Inc.)
編曲;上野耕路、コシミハル
定価\3000→中古\1350
いまだに中古市場でも値崩れし
ないアーティスト。確かにじっくりと
聴いてみると、手放したくならない
魅力がある。19世紀おフランスへ
の憧れと、1980年代テクノの融合
とは奇妙だが、スノッブという共通
点がある。かつてはそれが苦手な
私ではあったが(笑)。日本語が、
このメロディーに正確に融合してい
る事実だけで才能は否定できない。
02/19札幌
シアター
キノ
映画『ある子供』 早朝\1200
監督・脚本:ジャン=ピエール&
リュック・ダルデンヌ
出演;ジェレミー・レニエ,デボラ・フランソワ
ジェレミー・スガール、オリヴィエ・グルメ
評価が高いので期待していたが、私
には愚かな男の記録にしか見えない。
これが希望の映画であれば、希望とは
なんて安っぽいものなんだろう、っーコト。
映画『ブラック・キス』 早朝\1200
監督&原案;手塚眞
脚本;手塚眞、森吉治子、田中浩司
出演;橋本麗香、川村カオリ、松岡俊介
手塚の「映画館で観てください。映画
館でこそ色が綺麗に出るように作りまし
たから。」というコメントは、素晴らしい。
まさにそのセンスが日本映画には欠け
ていた。また、ファッションや小物などへ
のディティールへのこだわりを監督が楽
しんでいるのも良い。主人公の部屋など
は小泉堯史監督に爪のアカを飲ませた
い。しかし&やはり、物語がツマラナイ。
『博士の愛した数式』こそを手塚が監督
すべきであったのだ。またしても、残念。
02/19札幌
Book off
札幌
南1条店
猪瀬直樹『あさってのジョー』
(1985.5.10 初版、新潮社)
装幀;菊池信義
定価\1100→古本\105
翌年、『ミカドの肖像』で大ブレイクす
る前年の名刺代わり?取材する相手の
人生ドラマよりも、取材行為自体のもつ
ドラマ性に興味を持つ姿勢が非凡だね
玉村豊男『東京へめぐり』
(1991.5.1 初版、朝日新聞社)
カバーイラストレーション;安西水丸
定価\1050→古本\105
1991年夏に、軽井沢から東部町へ
移住する著者の都会決別の書かな?
吉村昭『プリズンの満月』
(1995.6.30 初版、新潮社)
装画;池田良二
定価\1500→古本サービス・ディ\500
小説ではあるが、おびただしい数字。
それが取材にこだわる著者の姿勢だ。
それでいて文章にスピード感があるの
は大衆を読者に選んだもう一つの姿勢。
その二つはもちろん、選ばれたテーマの
ためにある。ただし、ここまでデータを集
めても、A級戦犯やパル判事のことなど
が正確に書けたとは言えない。データ
主義とは、同時にいつまでたっても欠け
たデータの存在がある、ということでも
あるのだ。また仮名で登場する主人公
の日常が前半に長々と書かれているが
無駄。吉村が小説にこだわった悪癖だ。
02/19札幌
Book off
札幌
南1条店
Bob Dylan / ボブ・ディラン
New Morning / 新しい夜明』
おっはー♪
(1970.10 sony)
Bob Dylan(ag,eg,organ,piano)
David Bromberg(eg,dobro)
Harvey Brooks(b)
Ron Corneliu(eg)
Charlie Daniels(b)
Buzzy Feiten(eg)
Al Kooper(organ,p,eg,french horn)
Russ Kunkel(ds)
Billy Mundi(ds)
Hilda Harris, Albertine Robinsin,
Maeretha Stewart(b-vo)
定価\1800→中古\1050
あのディランでさえ悩んでいた。
しかし、それでも、このクオリティ!
02/19札幌
シネマ
フロン
ティア
映画『クラッシュ』 深夜\1200
監督:ポール・ハギス
出演:ドン・チードル,マット・ディロン
ライアン・フィリップ,マイケル・ペーニャ
週末は映画を5本観た。
1位『クラッシュ』、
2位『ミュンヘン』、
3位『ブラック・キス』、
4位『ある子供』、
最下位『博士の愛した数式』。
特に『クラッシュ』は圧倒的。複数の物語
を同時進行させる脚本と編集はお見事。
さらに、安易なヒューマニズムに落ち着
かせようとしない姿勢がリアルさと、メッ
セージ性を高めている。それでいて少し
のファンタジーも加味していて、多面的な
現代を書ききった。アメリカもやるじゃん。
水野英子『エリザベート』原作;塚本哲也
(1996.6.5 初版、文藝春秋)
定価\1200→古本サービス・ディ\500
20世紀のもっとも重要な事件である
第一次、第二次世界大戦、東西冷戦は
みな、ハプスブルグ王朝の領域で起こっ
たという塚本の視点が新鮮。絵も優雅。
情報過多でやや説明っぽいのが欠点。
02/22札幌
ギャラリー
どらーる
企画展『第2回 寒昴展』
国松希根太 彫刻 無所属(白老)
都会と現代、簡素化と抽象化は違う。
山田恭代美 版画 道展(札幌)
版画ならではの色の重なりが、色の
イメージの”ずれ”に見えてくるとサイケ。
駒澤 千波 日本画 道展会友(札幌)
大きなうねりになる前に切断する力。
町田康『俺、南進して。』
写真;荒木経惟
(1999.9.30 初版、新潮社)
定価\1900→古本サービス・ディ\500
嗚呼。そうだ。文学とはカッコイイもの
だったんだ、とゆーコトをイキナリ思い
出させてくれる。しからば、文学はいつ
からダサくなったんだろう?そんなコト
を考えながら饒舌な文体を楽しんでい
ると、この作品すらもほんの小手調べ。
SHERBET『シャーベット』
横浜の今は解散してしまった伝説の3人メロコアバンドの唯一の作品♪
(1997.2.21Pizza of death records)
岡田洋介(b,g)
渡辺誠(g,vo)
片山豊(ds,vo)
定価\2039→中古\700
浅井健一のバンドかと思って買
ったんだけど、まったく違った(笑)。
スリー・ピース・パンクでキレはいい
し、ポップだけど、もはや興味無し。
ラフィン・ノーズから私は、こーゆー
能天気ビート・リテラシーがある。
02/22札幌
ユナイ
テッド
シネマ
札幌
映画『オリバー・ツイスト』 深夜\1200
監督;ロマン・ポランスキー
原作;チャールズ・ディケンズ
出演;バーニー・クラーク、リアン・ロウ
監督が見たいと思った映像を作り上
げることも映画の大きな魅力だし、この
作品はそれには大成功している。しかし
それだけ。膨大な金をつぎこんで童話を
映画化したようなむなしさを感じた。前作
で大成功したから作れただけのつなぎ?
村上春樹『東京奇譚集』
装画&挿画;松永かの
(2005.9.18 初版、新潮社)
定価\1400→古本サービス・ディ\500
春樹文学の根にあるものはコミュニ
ケーションにおける「伝える」と「伝わる」
の間の距離を測ることだと思う。その時
に最も距離を縮める要素は、「知的」=
「文学的」レベルが同じであるかどうか
の確認が生む喜びだ。それが、ブランド
主義と見られる場合があるだけのこと。
02/23札幌
ユナイ
テッド
シネマ
札幌
映画『フライトプラン』
監督;ロベルト・シュヴェンケ
出演;ジョディ・フォスター、ショーン・ビン
映画主演が3年ぶりのオスカー女優、
ジョディ・フォスターが、わざわざ出る映画
ではない。「鬼気迫る演技」と言っても、
単純に直線的にテンションを上げている
だけ。飛行機を密室劇としたアイディアは
良いが、映画的緊張感を演出しきれない
監督の責任もある。テレビ・ドラマ並み。
03/03郵送
田中千博
さんから
もらった。
麻井宇介
『比較ワイン文化考 教養としての酒学』
('81.5.25初版、'92.6.30 8版 中公新書)
「ワインはワインであって酒ではない」
と今では日本でも常識だが、その啓蒙。
03/12札幌
Book off
札幌
中の島店
ザ・ローリング・ストーンズ
『ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト』
♪選曲は最高、なかなかいい演奏を聴かせてくれた。
(1970オリジナル、1997.12.3CD化)
定価\2243→中古\1650
観客と年齢が近く、フレンドリー。
映画『誰がために』
原案、監督;日向寺太郎
音楽;矢野顕子
パレスチナ写真提供;広河隆一
出演;浅野忠信、エリカ、池脇千鶴

少年犯罪を被害者の視線で描く社会
派(?)。その志の高さは分るが演出が
古臭く、既製品のイメージに頼ろうとする
脆弱さがもったいない。エリカの美しさが
それを救っている、池脇だけではド壺だ。
麻井宇介、田中千博、小坂田嘉昭、
三田村雅、石井もと子、東條一元、
遠藤伸雄、大久保哲朗、上野昇、
斉藤浩、松本信彦
『講談社カルチャーブックス64
ワインを気軽に楽しむ』
(1992.10.20 初版、講談社)
豊富なカラー写真と図解、編集上手!
麻井宇介『酒精の酔い、酒のたゆたい』
(2003.5.31 初版、醸造産業新聞社)
田中氏が「ワインの技術者では最も
長い交際のあった方です。亡くなられた
後、偲ぶ会で配った遺稿集です。こちら
もその準備をしておかなければと思っ
て日々、机に向っています。」と手紙を
添えていた。麻井はワイン製造の技術
者であったが同時に名文家でもあった
のだ。名文家は名文家にも匂いが利く
もので、本書によって私は山本千代喜
を知った。この1981年に80歳で亡くなっ
た名文家からのリレーを途切らせるな!
R.C.サクセション
『楽しい夕に』
♪選曲はR&Bを聴かせてくれた。
(1972.12.5オリジナル,1989.2.4CD)
定価\3008→中古\1350
グルーブは人間の中にあるのだ。
03/12札幌
Book off
札幌
中の島店
清水義範
『今どきの教育を考えるヒント』
(199910.15 初版、講談社)
装画・挿画;浅賀行雄
定価\1500→\700
ポスト・モダン小説ってゆーか、まず
構造のアイディアありきの小説を書いて
きた著者の作品は、その方法だけで食
指が出ない私だったが、NHK-BS2『週
刊ブックレビュー』での書評がスルドイ
ので読んでみようかと買ってみた。しか
も私も中学校のPTA会長になることが
決まったので、教育の本を選んだ。しか
し、つまらん。著者はもったいぶって、
いかにも斬新な「答え」を出すかのよう
な文章を重ねてはいるが、見せ掛けだ
けで終始している。社会を論じる途中ま
ではイイが、教育につながると、ダメだ。
ジュリアン・レノン
『フォトグラフ・スマイル』
♪リ・スタート
(1998.9.17 avex inc.)
定価\2548→中古\950
先人の歌詞からのインスパイア。
映画『THE 有頂天ホテル』
監督、脚本;三谷幸喜
出演;役所広司、松たか子、佐藤浩市
しかーーーーーし!
かつて正月映画と言えば『寅さん』や
『狸御殿』などがあったが、これからは
三谷か?それだけ感じさせるゴージャス
感と安心感。しかし、ヘソマガリなのか、
私は安心して見ていられるからこそ満足
できなかった。私には必要無い映画か。
03/07札幌

逍遥日記
札幌市民ギャラリー
『札幌美術展2006 幻想の刻 永遠の夢』
中野独人『電車男』
(2004.10.20 初版、新潮社)
装画;岡村慎一郎
定価\1300→\700
まさか大ベストセラーがこの時期に、
古本屋で初版本が入手できるとは思っ
ていなかった、とゆーだけの理由で買っ
たんだけど、面白かった。ある意味、ド
キュメンタリーであり、ノンフィクションな
んだけれど、それらを無数の人間が言
葉で参加するというインタラクティブが面
白い。これは言葉の解放運動なのかも。
04/02札幌
レコーズ&
レコーズ
南2条店
Fleetwood Mac
フリートウッド・マック
『English Rose / 英国の薔薇』
ピーター・グリーンの狂気♪
(1969Epic、1991.9.21CD化 Sony)
ピーター・グリーン(g,org,ds)
ミック・フリートウッド(ds)
ジョン・マクビー(b)
ジェレミー・スペンサー(g,vo)
ダニー・カーウエン(g.vo)
定価\1800→中古\1180
白人ブルーズという異形の誇り。
ギャラリーたぴお 『竹田 博 展』
エルム画廊 『同好会展』
北海道立三岸好太郎美術館
『札幌回顧 -洋館のある街-』
ギャラリーどらーる 『米谷 雄平 展』
03/11札幌
時計台
ギャラリー
個展『村上 豊 油絵 遺作展』 \0
省略と色の限定で貼り絵のような効果。
グループ展『札幌美術学園特設絵画科』
カラフルな色の配置と、マジメな描き込
みが共通の特徴。しかし、若さが無いねぇ。
04/02札幌
八光書房
伊藤進『ハートギャラリー
はじめての認知心理学』
(1994.10.25 初版、川島書店)
定価\2200→\1000
相変わらず、イライラするほど易しい。
ところで、著者が詩人の河邨文一郎に
謹呈した時の手紙が挟まっていたぞっ!
03/11札幌
大同
ギャラリー
グループ展『Heart to Heart
- Green Lion 3人展』
石川由起枝、磯谷真美、小林真美
3人だけの学校祭。何かを起こそうとい
うワクワク感よりも、ドキドキ感?でも作品
はホノボノ感。一番面白いのはDMという
逆説のような事実も次回へのヒントかも。
04/03郵送 同人誌『羚 Rei』
第5巻 第19号 2006年 春季号
2005年3月20日発行 もらった
●巻頭エッセイ《私の漂い方》17
西川隆範「一小人漂流記」
人智学運動と個人史の興味深い絆。

●短編小説(読み切り)
澤井繁男「アルミホイル遊戯」
技法が上達。視点の移動が面白い。

●評論
神谷光信「須賀敦子論」
珍しくメジャー扱い。が、記録止まり。

●書評
久山宏一「スタニスワフ・レム著
『ソラリス』『高い城・文学エッセイ」
新関芳生「澤井繁男著
 『生の系譜』『腎臓放浪記』」
創刊時から期限を決めていた本誌も
いよいよ終刊が近づいてきた。そのた
めか、今号はメインの2人の力作が読め
た。結局、同人誌とは自分のためにあ
るものなのだ。そしてその強い意志が
創作意欲となって結実するべきである
し、わざわざ自分の身の丈に合わせた
器を作ったものだから、その自分自身
に答えるために、質が求められるのだ。
ザ・ダイナマイツ
『ヤング・サウンドR&Bはこれだ!』
♪選曲はR&Bに加えてビージーズ、モンキーズのナンバーも歌っている、しかし彼らの実力はジャズ喫茶などのステージでより発揮した、当時のGS定番ライブナンバーであったストーンズやゼムの〈ヒア・カムズ・ザ・ナイト〉の演奏は彼らの得意なR&B色と独特なダイナマイツサウンドで、なかなかいい演奏を聴かせてくれた。
(1968ビクター、1995.7.5CD化)
瀬川洋(vo)
山口冨士夫(g&vo)
吉田博(b)
大木啓造(g)
野村光朗(dr)
定価\1800→中古\1380
完璧。他者の追従などもう関係
無い境地。彼らが日本音楽シーン
のメイン・ストリームになっていたら
と思うたびに悔しい。瀬川は今、何
をしている?で、彼らの強さは時代
のフロンティアに立っていながらも
ポップであり続けたこと。一度聴い
ただけで歌えちゃう曲が多いことも
驚きだが、ロックとはそーゆーモノ。
03/11札幌
サッポロ
ファクトリー
映画『シリアナ』 深夜\1200
監督;スティーブン・ギャガン
原作;ロバート・ベア(原題『Syriana』)
製作総指揮;ジョージ・クルーニー、
スティーブン・ソダーバーグ、
ベン・コスグローブ、ジェフ・スコール
出演;ジョージ・クルーニー、
マット・デイモン、ジェフリー・ライト、
クリス・クーパー、ウィリアム・ハート
今、ジョージ・クルーニーは映画の青春
期にいる。それは実年齢ではなく、映画の
可能性への挑戦と、多作でありながらも高
クオリティを保っている集中力が示してい
る。そのためには優秀で魅力的なスタッフ
が必要であり、ソダーバーグに代表される
ようなメンツの集団もまた、青春だなぁ〜。
03/12札幌
ユナイ
テッド
シネマ
札幌
映画『ナルニア国物語
第1章ライオンと魔女』 早朝\1200
監督、脚本;アンドリュー・アダムソン
原作;C・S・ルイス
出演;ウィリアム・モーズリー
最近の映画は「映像」にばかり予算と
集中力と創造力を、つぎこみすぎだぞー!
03/12札幌
サッポロ
ファクトリー
ライブ『高田エージ』 \0
映画の帰り偶然。アメリカから帰国直後
で演奏した曲のアレンジがナイスな兄貴。
New Order / ニュー・オーダー
『Technique / テクニーク』
くらぶ〜♪
(1989.2ワーナー、2005.6.22再発)
Bernard Sumner(vo,g)
Peter Hook(b)
Stephen Morris(ds)
Gillian Gilbert(key、g)
定価\2039→中古\700
1980年代は、「ほとんど病気」の
前半からエネルギッシュな後半へ。
しかし、実はソレは単なるバブルで
しかなかったのだが。懐かしい音。
03/29札幌
時計台
ギャラリー
個展『徳丸 滋 展』 \0
あいそ笑いで苦手な接待をしていたね。
04/08札幌
ブック
マーケット
平岸店
見沢知廉『天皇ごっこ』
(1995.11.25 初版、第三書館)
定価\1751→\500
結局、文学とは視線と、その表現か。
個展『吉川 孝 個展』 \0
過剰なだけでは、突き抜けるられない。
個展『衆樹会 春展』 \0
ていねいであることと才能は別なのね。
個展『建築展-たしかなるものBASE4』 \0
建築集団が画廊で集会をする積極性。
03/29札幌
札幌ドーム
ライブ『ザ・ローリング・ストーンズ』
(更新;2006年3月30日)
06/10札幌
Book off
札幌
月寒東店
橋本治
『窯変 源氏物語』
撮影;おおくぼひさこ
スタイリスト;樋口恵理子
メーク;菊丸
(中央公論社)
定価\1600→\105
橋本のインテリさを消
すことができなかったの
が失敗の原因。原文の
の美しさに惚れたから?
『1』
(91.5.11初版)
04/01札幌
kitara
ライブ『オーネット・コールマン』
(更新;2006年4月8日)
『2』
(91.6.11初版)
04/02札幌
シアター
キノ
映画『白バラの祈り』
監督;マイク・ローテムント
主演;ユリア・イェンチ
最もドラマチックなシーンが大学構内に
散らばるチラシとゆーのは弱い。緊張感の
ある画像はいいのだが物語構築が弱い。
ザ・ローリング・ストーンズ
『LIVE LICKS』
Bステージの音♪
(2004.11.3 東芝EMI)
定価\2800→中古\1980
1970年代の『ラブ・ユー・ライブ』
のようなねちっこさは無くなったが
音の粒がクリアになり、バンドっぽ
さがカッコイー。チープなジャケット
のデザインも確信犯的な悪ガキ風。
04/02札幌
kitara
ライブ『札幌ウインドアンサンブル第11回』
クラッシックから歌謡曲まで。不思議。
四方田犬彦『モロッコ流謫』
(2000.3.5 初版、新潮社)
定価\1900→\950
才能を持てあますことなくぶちまける
もう一つの才能(=メタ才能?)がある
作者の、またしてもの新境地。まるで、
『共犯新聞』のように(?)フラクタルに
話題が広がってもセルフ・プロデュース。
04/08札幌
ユナイ
テッド
シネマ
札幌
映画『プロデューサーズ』
監督、振付;スーザン・ストローマン
製作、脚本、作詞作曲;メル・ブルックス
出演;マシュー・ブロデリック
2001年のブロードウェイの話題を独り
占めしていたが、さすがにオーラは消え、
映画も凡庸。あれほどの魔法を持ってい
た作品なのに、なぜだろう?少し、悲惨。
福田和也
『地ひらく 石原莞爾と昭和の夢』
(2001.9.30 初版、文藝春秋)
装幀;石崎健太郎、増田寛
定価\3900→\950
既に汗牛充棟の関連書の有る人を
書こうとすれば望まなくとも後衛の立場
からとなるだろうし、福田のような位置
の物書きであれば、このボリュームの
約束を出版社からされるのもアリエル。
その結果、卒論のようなデータの並び
と、それをつなぐ文学気分溢れる情景
描写。その前者はタイクツであり、後者
は質が低い。であるからこの本の最大
の功績は福田の履歴書に代表作を書
き加えたことにある。我々は情景描写
を飛ばし読みし、データを辞書のように
使うことにしようではないか。満州国と
石原の著書『世界最終戦論』の二つを
確認したい時には便利な本であるしね。
映画『ブロークバックマウンテン』
監督;アン・リー
出演;ヒース・レジャー、ケイト・マーラ
もしゲイの映画でなければ、注目とか
評価はされたのだろうか。そう冷静になっ
てみれば弱い。撮影された自然は美しい。
04/08札幌
ブック
マーケット
平岸店
ムーンライダーズ
『MODERN MUSIC /
モダーン・ミュージック』
新し物好き♪
('79.10.25クラウン、'93.8.21CD化)
鈴木慶一(vo,g)
武川雅寛((violin,trumpet,cho)
白井良明(g,cho)
鈴木博文(b,g,cho)
かしぶち哲郎(ds,cho)
岡田徹(key、cho)
定価\2000→中古\1000
「最先端」とゆーのは恥ずかしい。
04/12旭川
永山
シネ
プレックス
旭川
映画『タイフーン』
(更新;2006年4月12日)久保ですよん。免許、書き換えの日の映画〜。
04/16札幌

逍遥日記
カフェSOSO 『国松 希根太 彫刻展』
Gallery門馬 『本田征爾展〜幻日〜にて』
ギャラリーどらーる 『外山 ムツ子 展』
04/19深川
東州館
個展『斉藤 百合子 小品展』
魅力的な角度を探し当てるセンスあり。
武居俊樹
『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』
(2005.5.30 初版、文藝春秋)
装丁;石崎健太郎
定価\1680→\800
よくよく考えれば、徹夜にカンヅメの
漫画家の時代は特殊だった。今、連載
でも週刊誌に月に一回とかも珍しくない
し、プロダクション・システムが高度化し
ている。だからこそ、トキワ荘の連中が
築いた日本のマンガの黎明期は記録
しておく価値がある。しかも手塚、石森
が死に、赤塚も植物人間になってしまっ
た今、彼らの記憶のある人間たちによ
る記録が重要だ。そんな意味から編集
者が記録するというのは、小説家の研
究本では必然であったが、もちろん、マ
ンガもしかり、なのである。っーか、それ
以上に漫画家と編集者にはドロドロとし
た人間模様があった。特に赤塚不二夫
はその中でも群を抜いていた。面白い!
04/30旭川
三浦綾子
記念
文学館
展示『三浦文学の全て、「氷点」の世界』
bokemiさんのブログに「かつて日本海
側にあった思想犯の収容所」が書かれた
小説が三浦にあると知り、それを調べに
来た。偶然、未亡夫がいて会話もできた。
The Blankey Jet City 『C.B.Jim』
めちゃくちゃな髪型を♪
(1993.2.24東芝EMI)
浅井健一(vo,g)
照井利幸(b)
中村達也(ds)
定価\3000→中古\1554
私が10代であれば彼らに夢中。
05/06深川
うなかが
めーゆの
美術館
個展『渡辺 通子 展』 \0
この小さな美術館そのものが、巨大な
インスタレーション。器用さと趣味の良さと
視線と性格の良さの幸福な組み合わせ。
05/12札幌
シアター
キノ
映画『ブロークン・フラワーズ』 早朝\1200
監督&脚本;ジム・ジャームッシュ
主演;ビル・マーレイ、シャロン・ストーン
ジャームッシュにしか撮れない世界観。
『ストレンジャー・ザン・パラダイス』から、
変わっていないセンスももはや芸の領域。
05/12札幌
ミニ
ギャラリー
マルサB2
個展『山里稔の世界「静かなる空間」』\0
単なるカワイイ&スノッブ系に見えて
いた山里の作品が、その本山(?)である
デパートに置けば、不気味さが立ち上る。
06/29郵送 同人誌『羚 Rei』
第5巻 第20[終刊]号 2006年 夏季号
2006年6月20日発行 もらった
●巻頭エッセイ《私の漂い方》20
坂本忠雄「一編集者の四季」
こーゆー面白い&記録価値のある作
家の身辺モノはもっとじっくり読みたい。

●評論
神谷光信「犬養道子論」
神谷の弱点は記録の羅列に終わっ
てしまい、文章の文学性が低いこと。そ
の意味からは本作はその両方が融合
してきた。文学者の評伝が文学的では
無い文章でつづられる不快が無くなり、
いよいよ彼もこれからが本番であろう。

●エッセイ
澤井繁男「「不幸な人生」余滴」
文学者、というのは生き方でもあるん
だな、というのが読後の印象。そーゆー
意味では澤井は文学者だ。初めて会っ
た医者から「不幸」という言葉を聞き、そ
れを「不運」と言い換え、さらにその言い
換えを素直に受け入れる医者に対して
「単純な思考の持ち主の医師なのだろ
う。他意のないのはすぐにわかった。」
と思うところなど、明らかにソレだ。人間
は言葉の動物だとはよく言うが、その最
前線で言葉への違和感が生む波紋に
いちいち敏感でいるのが文学者なのだ
から。ただし、そんな人物が書く作品が
常に優れているかどうかは、別の話だ。

●エッセイ
神谷光信「燈台の光、書物の光」
終刊号だからか、こうした気を許した
緩やかな自伝がエッセイの形式を借り
ながら少し告白されることは、この同人
誌に付き合ってきた者の感慨でもある。

●連載 最終回
関口裕昭「評伝 パウル・ツェラーン」
ツェラーンの晩年のハイデガーとの交
友がそっけなく、しかしドラマチックに描
かれている。この手法が『羚』の特徴。
小島麻由美 『My mame is Blue』
おフレンチ♪
(2001.9.5ポニーキャニオン)
小島麻由美(arr,vo,ds,p)
ASA-CHANG(ds,per)
渡辺等(vc,cb)
野崎貴郎(arr,prog)
菊地 成 孔(horn-arr,as,ts)
佐々木史郎(flh,tp)
山本拓夫(as)
中路英明(tb)
小岩井聡(prro)
定価\3150→中古\1000
熟成が始まった魅力。良い演奏。
05/12札幌
ギャラリー
たぴお
企画展『色弱者からのメッセージ
こころの色展1』栗田正樹、徳中康弘 \0
作品としてツマラナイからメッセージ0。
05/12札幌
蠍座
映画『灯台守の恋』 \800
監督;フィリップ・リオレ
出演;サンドリーヌ・ボネール
ブルターニュの舞台に陰気なケルト音
楽を使わずにイタリア人作曲家を使った
センスで、文学臭が過剰にならなかった。
05/12札幌
スガイ
エンター
テイメント
映画『ラストデイズ last days』深夜\1200
監督;ガス・ヴァン・サント
出演;マイケル・ビット
映像のキュビズム。破滅ではなく孤独。
インデペンデントの巨匠(なの?)、ガス・
ヴァン・サントが、ニルヴァーナのカート・
コベイン(コバーン改め)の音楽と自殺に
インスパイアされて作った。素材のよって
表現手法が変わるのは、正しい。エイゼン
シュタイン以降の常套映像モンタージュを
逸脱した時間キュビズム(?)の極北だ。
05/12札幌
レコーズ&
レコーズ
南2条店
The Greenhornes
/ ザ・グリーンホーンズ
『Sewed Soles/ ソウド・ソウルズ
ザ・グリーンホーンズ♪
(2005.11.23 V2 コロムビア)
Craig Foxクレイグ・フォックス(vo,g)
Jack Lawrence(b,org,vo)
Patrick Keeler(ds)
定価\2520→中古\1480
映画『ブロークン・フラワーズ』を
観た直後に入った中古CD屋で、
耳に残った曲が売っていたら買う
しかない!聴いてみればキンクス
やストーンズやスパイダーズ(!)
がガレージでディストーションを効
かせていやがる。ジャームッシュは
こーゆー才能を見つけてくる天才。
05/15旭川
永山
シネ
プレックス
旭川
映画『Vフォー・ヴェンデッタ』
監督;ジェイムズ・マクティーグ
脚本;アンディ&ラリー・ウォシャウスキー
原作;デイビッド・ロイド
美術;オーウィン・パターソン
編集;マーティン・ウォルシュ
音楽;ダリオ・マリアネリ
出演;ナタリー・ボートマン、ジョン・ハート
ヒューゴ・ウィービング、スティーヴン・レイ
スティーヴン・フライ、ロジャー・アラム、
ティム・ビゴット=スミス、ベン・マイルズ
タイクツなパーティを抜け出して映画館
に行って感嘆。傑作。全ての『共犯新聞』
愛読者は観よ! へんてこりんな仮面(=
乙なべブルトン男爵に似ている・笑。)を
付けた永井豪のマンガに出てきそうな、
不審者(?)が主人公なので予告画像や
チラシを見る限り、なんだよガキの映画か
と私は早合点していた。ところが、ぎっち
ょん、早い話が、テロリズム礼賛映画
直接は触れなくても明らかにNY911の
ワールド・トレード・センター破壊をイメー
ジする画像が、テロリズム礼賛とともに、
描かれているのだよ〜ん。 しかも、それ
が「深刻」にではなく、あふれるユーモア
と、時代錯誤(笑)なヒーロ活劇のティスト
の中で繰り広げられる。途中で主人公が
言うセリフ「人民が政府を恐れるのでは
ない。政府が人民を恐れるのだ。」っーの
は、なにやら「煽動小唄」の匂いが…。ん
で、ふーっ、と全部見終わって(=実は、
広い映画館に、私しかいなかった・笑。)
エンド・ロールが始まった瞬間、♪ジャジ
ャーンジャジャァーンジャジャッジャー!
ザ・ローリング・ストーンズの「ストリート・
ファイティング・マン」のイントロが!……
なるへそ。そーゆーティストなんだわね。
こーゆーティストの映画がアメリカで作ら
れ、そこそこにヒットすればアメリカは変
わるだろーね。それは安易な楽観では
なくて、娯楽の奥に染みこませたメッセー
ジほど、効果の大きいものはないから。
いわゆるオトナな映画に比べれば、ガキ
映画っぽいけどなかなか巧みに過激な
メッセージを織り込んでいる。 嗚呼、感嘆。
07/01旭川
Book off
旭川
豊岡店
外岡秀俊『北帰行』
(1976.12.5 初版、河出書房新社)
装画;若林奮
定価\780→古本\105
初版本かつ美麗本かつ100円均一で
この本が入手できるとは思いもしなかっ
た。読みながら私が連想していたのは、
リルケの『マルテの手記』だ。リルケは
近代の都市を散歩しながら思索する若
者を描いたが、外岡が石川啄木を挟ん
で20歳の主人公の過去と現在を交互
に解き明かすように描く手法はロード・
ムービィ的であるが、より正確には『マ
ルテの手記』風だ。思えば、どんな時代
であれ過渡期であるのだから、近過去
への惜別は、いつの時代でもあること
だし、その象徴として青春期を重ねるの
は自然な発想だ。その後、著者は作家
にならずに朝日新聞の記者になる。そ
れは彼の思考にとっては必然だった?
05/12札幌
Book off
札幌
南1条店
佐野元春
『ナポレオンフィッシュと泳ぐ日』
言葉の弱さに燃えつき  そして君は唄うだろう♪
(1989.6.1Sony, 1992.9.21再販)
佐野元春(vo,g)
ブリンズレイ・シュワルツ(g)
ピート・トーマス(ds)
定価\2800→中古\105
この人は凄い人だ、と思う。才能
もあるし、その才能の見せ方も知っ
ている。しかし、そのバランスが良
すぎる部分が欠点にもなるのだか
ら、まったくロックってのは厄介だ。
07/11滝川
ブック
マーケット
滝川
黄金町店
大江健三郎『治療塔惑星』
(1991.11.28 初版、岩波書店)
装幀;司修
定価\1300→\300
前作より物語にスピード感が出た。
「中学生でも読める大江健三郎」という
手法には意味も価値もある。その理由
と本作のテーマ「治療=癒し」は「希望」
という大きなテーマの中に正確に納まっ
ている。後日談的に脱力してしまうのは
大江の高尚な祈りでもある「癒し」が、こ
の小説が発表されてから巧みな広告代
理店スタッフに「盗用」されてしまったか
のように、今では安っぽいキャッチ・フレ
ーズにすぎなくなっている。もっとも、そ
んなコトは大江にも、大江を読んでいる
者にも関係ない。それでも、この小説を
マスコミの大週刊誌のゴシップから書き
始めた大江には、世間から超越した位
置からではなく、つねにコミットし続ける
意味を大切にしている。そのバランス。
Joss Stone / ジョス・ストーン
『Mind, Body & Soul』
So I like it.♪Mind Body and Soul, Joss Stone
(2004.9.15東芝EMI)
Al Nilo(g)
Jack Daley(b)
Cindy Blackman(ds)
定価\1890→中古\700
15歳?そんなコトは、どーでも
イイんだけどスゴすぎ。その理由は
彼女のキャリアが歌からではなく、
詩作から始まったからだろう。魂を
歌うとは、どのくらい深いところから
始まっているかの深度が試される。
05/16札幌
ユナイ
テッド
シネマ
札幌
映画『アンジェラ』 深夜\1200
監督;リュック・ベッソン
出演;ジャメル・ドゥブーズ
監督は『ベルリン・天使の詩』を作りた
かったんだろーな。神話は時に凡庸だ。
05/20札幌
さいとう
ギャラリー
個展『佐藤 仁敬 展』 \0
玉石混合。つまり、発展途上中。ただし
新しい作品ほど良い。勝負は3年後かな。
05/20札幌
大丸藤井
セントラル
スカイ
ホール
展覧会『第21回 北の日本画展』 46作家
迷っている画家もいる。でも、それで
イイ。むしろ、何度でも迷うべき。日本画
「正面」に意識的なジャンルだと、私は
思う。ただ、正面と平面は違う。そこ、だ。
05/16札幌
ユナイ
テッド
シネマ
札幌
映画『ダ・ヴィンチ・コード』 早朝\1200
監督;ロン・ハワード
原作;ダン・ブラウン
出演;トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ
悲しくなるぐらいにツマラナイ。原作を
読んだ人は同情しながら観ることができる
だろーが、映画だけで独立すると弱すぎ。
みなもと太郎『冗談新選組』
(2003.12.12 初版、イースト・プレス)
対談;三谷幸喜×みなもと太郎
装丁;鈴木成一デザイン室
企画;斉藤宣彦
編集;屋田悟郎
定価\1049→\200
確実にNHK大河ドラマ『新撰組!』
の便乗出版だが、こうして天才=みな
もと太郎と「再会」できたんだから、ソレ
も悪くは無い。この本には1972年の『冗
談新撰組』と、1999年の『仁義なき忠臣
蔵』が収められているが、絵と展開は、
明らかに初期の作品のほうが魅力的。
しかし、みなもと太郎は世間が知らない
うちにいつの間にか偉大なる歴史思想
家になっていた。そんな彼の資質は、
デビュー当時から『モンテ・クリスト伯』
や『レ・ミゼラブル』をギャグ・マンガへと
脱構築(!)する手法を軽々と実践して
いたことから考えると当然のことだった
のだろう。この本はマンガだけではなく
対談も入ってはいるが、彼ならではの
オリジナリティは、マンガと論文の融合
だ。ここでは魅力的かつ新鮮な歴史観
が文章によって「表現」されている。たと
えば、「アキラメムードが庶民に安心感
を与えていた」という視点などは、今年
の沼田町の更生保護施設をめぐる町民
の受け入れ方の姿勢の説明としても、
そのまま使える。また、忠臣蔵をテロリ
ズムとして議論を組み立ててゆく力技
もスゴイ。「理性を失った情熱家は、テ
ロリズムにはしる他ありません。逆に情
熱を捨てた理性家は、皮相的な世捨て
人になってしまうでしょう。」という文章
にもハッとさせられる。しかし、みなもと
太郎のスゴイところは、議論をここで終
わらせずに、「大情熱を実現させるため
には大理性が必要であり、大理性をつ
き動かしていく原動力になるのが大情
熱だ」と考察を深める点である。複雑な
問題も希望にまで昇華させようとする彼
の原点にギャグ・マンガがあることが重
要だ。もし、劇画作家であれば、安易な
ニヒリズムやテロリズム礼賛で終始して
しまう可能性が大きいであろう。改めて
振り返れば、みなもと太郎は1947年に
京都で生れて1970年まで住んでいる。
同世代に裸のラリーズたちがいた当時
の京都で青春を過ごしているのだ。本
格的な作家活動の開始と時代のニヒリ
ズムの進行は同時だ。今回、この本で
1970年の『ホモホモ7』が半年で打ち切
られたと知った。それを決めた『週刊少
年マガジン』の編集部は大いに反省す
べきだ。もし、『ホモホモ7』が『こちら亀
有派出所』のように長期連載になって
いたら日本の文化も進んでいただろう
06/10札幌
Book off
札幌
月寒東店
Happy Mondays /
ハッピー・マンデーズ
『Pills 'n' thrills and bellyaches』
♪Pills 'n' thrills and bellyaches
(1990.12ロンドン、1999.8.25再発)
Shaun Ryderショーン・ライダー(vo)
Mark Day(g)
Paul Davis(key)
Paul Ryder(b)
Gary Whelan(ds)
定価\2100→中古\950
ギターのヘンタイ加減が80年代
初頭の匂い。しかし軽いノリは病気
の時代を終わらせた。その功罪。
05/16札幌
札幌
芸術の森
美術館
展覧会『北の創造者たち展
10th Lovely 〜らぶりぃ〜』 8作家 \640
つまらない作品でもインスタレーション
になると魅力はグンと上がる。今は、ソレ。
イノセントとは、汚れていない、とゆー意味
ではなくて、汚れ方に意識的である、と、
ゆーことであると気がつかされた展覧会。
05/21芦別
Rock
House
Dylan
ライブ『三宅 伸治
ロックンロール・ジプシー・ツアー2006』
(更新;2006年5月21日)
05/28深川
東州館
個展『渡辺 貞之 イタリア・スケッチ展』
彼に描かれることを待っている、風景。
05/28深川
うなかが
めーゆの
美術館
個展『浅沼 久美子 ステンドグラス展』
ガラスとは器。水も入れば果物も入る。
しかし、ガラスが誕生した最大の理由は、
光を入れる器として、だろう。その成功例。
05/28札幌
ギャラリー
どらーる
個展『波多野 恭輔 展』 \0
(更新;2006年6月3日)
thee michelle gun elephant
『High Time』
♪アベ、ひっかくんだ。
(1996.11.1日本コロムビア)
チバ・ユウスケ(vo)
アベ・フトシ(g)
ウエノ・コウジ(b)
クハラ・カズユキ(ds)
定価\3000→中古\950
奴らにしては甘いな、と思ったら
まだ2nd。ギター・カッティング凄い!
05/28札幌
シアター
キノ
映画『かもめ食堂』 \1200
監督&脚本;荻上直子
原作;群ようこ
出演;小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ
1970年代生れの女性監督の良い仕事
が続いている。彼女たちに仕事の機会と
環境を与えている人たちもエライ。日常が
違和感と背中合わせである発見が魅力。
05/28札幌
ユナイ
テッド
シネマ
札幌
映画『グッドナイト&グッドラック』 \1200
監督&脚本&出演;ジョージ・クルーニ
出演;デヴィッド・ストラザーン
ジョージ・クルーニのがんばりが見事。
煙草の紫煙が美しいダンディズムを表現。
06/01札幌
赤レンガ
画廊
展示販売『北海道美術文化振興協会』
危険物の免許の更新に行ったビルの
中にあった。過去に何回か来ているビル
なのだが当時は興味が無かったんだね。
Joe Strummer& The Mescaleros/
ジョー・ストラマー&ザ・メスカレロス
Streetcore / ストリートコア』
♪立つんだ、ジョー!
(2004.10.16東芝EMI)
Joe Strummer(vo,telecaster)
Martin Slattery(synth,g)
Scott Shields(ds,ag,g,b,percussion)
Simon Stafford(b,trombone,g,cello)
Luke Bullen(ds,congas,loops)
定価\2520→中古\1250
SMASHの日高正博のライナー・
ノーツが、いい。虚無的になった夜
に、これを読んだ私は復活した(笑)。
06/01札幌
シネマ
フロン
ティア
映画『嫌われ松子の一生』 1日\1000
監督・脚本;中島哲也
原作;山田宗樹(幻冬舎文庫)
出演;中谷美紀、伊勢谷友介、香川照之
市川実日子、瑛太、黒沢あすか、柄本明
日本映画にしては編集作業がすげー
上手!観客も8割が女性。しかもメジャー
映画なのにスタッフ・ロールが全て終わる
まで全員が座っていたのにも驚いた。女
がこーゆー映画を観て感性を鍛えている
横で男が鈍くなるのが、悲しいけど(笑)。
この映画、『フォレスト・ガンプ』からインス
パイアされていると私は見た。タイトルは
『無法松の一生』からだろーけれど(笑)。
06/01札幌
石の蔵
ぎゃらりぃ
はやし
個展『唐澤 節子 人形展』 \0
過剰になるとシラケルし足りないと弱い。
個展『彼方 アツコ 版画展』 \0
ノスタルジーの利用。道産の山本容子。
07/17旭川
Book
Big
Box
プラトン『世界の名著6 プラトンT』
田中美知太郎「ソクラテスとプラトン」
リュシス、饗宴、メネクセノス、
ゴルギアス、ソクラテスの弁明、
クリトン、パイドン、クレイトポン
(1966.4.10 初版、中央公論社)
責任編集;田中美知太郎
装幀;中林洋子
定価\480→古本\105
カントと比べるとこの読みやすさは何
なんだろう。全てが終わった現代の本。
06/01札幌
全日空
ホテル
個展『原田ミドー 
彫刻・デッサン展 萌芽2006』 \0
1963年生れ。情熱に追いつかない手。
Joss Stone / ジョス・ストーン
『ザ・ソウル・セッションズ』
ザ・ソウル・セッションズ♪Joss Stone
(2004.1.16Virgin,東芝EMI)
Wille "Little Beaver" Hale(g)
Cindy Blackman(ds)
定価\2548→中古\1250
アナログなざっくりとした手触り。
それがマライア・キャリーに成らず
に済んだ(?)成功。さらなる成功
はよりロックに寄ることだ。そうでな
ければ、レニー・クラビッツのソウル
版懐古趣味シンガーとゆー位置で
終わってしまう。新しいと個性は別。
06/01札幌
三越
ギャラリー
個展『竹尾 文夫 油絵展』 \0
1945年生れ。整理することで失うもの。
合同展『八木 伸子・岸 葉子2人展』 \0
八木に期待していたのだが岸の凄さ!
06/01札幌
ギャラリー
どらーる
個展『吉川 聡子 展』 \0
絵とは静止しているからこそ表現でき
るジャンル。ドラマツルギーを演出する線。
筒井康隆『虚人たち』
(1981.4.5 初版、中央公論社)
カバー画;ドーミエ「四人の人」
定価\980→古本\105
12ページに「世界の中心で愛を叫ん
だ」という文章が唐突に出てきて、あら
らと思うが、もちろん物語には無意味。
筒井得意の饒舌文を過剰放出すること
によって文章によるキュービズムを狙っ
たのだろう。饒舌はほぼ緊張が持続さ
れるが、時々、筒井の好きなレベルの
低いギャグやシャレが、組み込まれる。
それが最大の欠点。つまり、これは詩?
06/10札幌
ユナイ
テッド
シネマ
札幌
映画『花よりもなほ』
監督;是枝裕和
出演;岡田准一、宮沢りえ、古田新太
是枝監督はテレビマンユニオン出身。
そのせいか「テレビマンユニオン的リベ
ラリズム」(?)とゆーのを感じる。そのリ
ベラリズムとは、ヒューマニズムにも近い
ものだが、そーゆー世界観を知っている
私のよーなモノには、ちょいと製作意図が
見えてしまい、やや残念。見えちゃうテー
マは、「憎しみの連鎖からの逸脱」であろ
う。それはパレスチナ問題や、NY911
以後の世界を射程する、大きな提案だ。
中原昌也『エーガ界に捧ぐ』
(2003.4.30 初版、扶桑者)
装丁・本文イラスト;リリー・フランキー
対談;リリー・フランキー、阿部和重、
平山夢明、石上三登志
定価\1501→古本\1050
ホメているのか、けなしているのか、
フザケているのか?しかし正確な視線。
06/15郵送 ギロ男爵
『Guillo_kaligali Hana_uta_1』

(2006.6.15 Stop making sense)
定価\300→もらった。
>01アップルカバーの歌

■おかしい。え?「何が?」って?
だって私がタワレコ(=俵玲子)で
買った同CDの1曲目は「ブスの歌」
であるのに、オフィシャル『共犯新
聞』尼損.公務では、無難な(?)パ
ン大好き賛歌、「アップルカバーの
歌」にすりかえられているのだから
ぞなもし。
■しかし、スター☆ギロ自身が書い
ているライナーノーツによれば「アッ
プル・カバー」は山崎製パン(ヤマ
ザキ)殿の製品「アップルカバー」
に目がありません。甘く煮たリンゴ
をカステラに詰め込んでパイ地で巻
いたボリウムたっぷりの菓子パンで
す。」らしい。ヤマザキが東ハトを傘
下にした今、奥崎謙三『ヤマザキ、
天皇を撃て!』の甘い(?)誘惑を
深読みすることはもはやナンセンス
である。おそらく、これは菓子パン
「アップルカバー」をザ・ビートルズ
のコピーの暗喩として「アップル・カ
バー」の名前を借用したのであり、
だからこそCDアルバムの1曲目に
本作品集のコンセプトのネタバレと
して登場させたのが正解であろう。
さらに、このCDアルバムがmidi作
品集という、あえて自らの肉体に制
限を与えるというマゾ趣味のアイロ
ニーとして作り上げられた、作者の
ゆがんだ意図の過程でまるで映画
『ジョニーは戦場に行った』で主人
公の肉体からもがれちまった「両手
&両足&声&目&耳」のように無
残に転がっている「歌詞」は、言葉
の暗殺者=ギロ男爵の冷徹な判
断によって銃殺されちまったのであ
る。パン!ここに「菓子パン」が「歌
詞パン!」である事実が透けて見
えるのである。
■さらに、ギロ男爵のゆがんだ偏
愛は、さらに自らの手で縛り上げた
自らの肉体の不自由さに、自らゆ
がんだ「発見」を過剰なる言葉で、
おぎなわなければならなかったの
だ。音楽CDにおける「過剰なる言
葉」とは、ミュージシャン自らによる
ライナーノーツである。ミュージシャ
ンはミュージシャンであるがゆえに
音楽のみで表現作業は完結されて
いるのが自然であるのにもかかわ
らず、あえて自らの手によってライ
ナーノーツを書かねばならないとい
う過剰さは、明らかにミュージシャン
としての敗北であった。私がここで
「〜であった」と過去形にして語ら
ねばならなかったのは、ギロ男爵
のCDにおけるライナーノーツは、音
の延長にある過剰なるものではな
くて、まず、ライナーノーツありきだ
からである。
■たとえば「ブスの歌」のライナー
ノーツには「歌詞は次の通りです。
ブルーハーツ風に青筋を立てた歌
い方でどうぞ。」と書かれている。
また、「ア・ハードゲイズ・ナイト」に
は、「スクリーミング・ジェイ・ホーキ
ンスみたいにワォワォ叫びながら
歌います。」と書かれている。つま
り、「歌詞」は「歌詞」であると同時
に、「歌い方」=「ボーカル・スタイ
ル」=「声質」なのである。
■と、ここまでで安易に結論に従
属しないのがギロ=クボ非論理展
開である。彼のCDからはみ出した
過剰なる言葉はライナーノーツから
らもさえあにはみ出し、HP「ハナウ
タサイト」として増殖を続けている。
その中の過剰さの象徴である「テ
キストなページ」にはかのサザン・
オール・スターズ(笑)のボーカリス
トについて触れている一説があり、
ギロ男爵は「桑田氏は必死こいて
音楽をやっているわけでなく、「風」
な感じでフンフンと曲を書いてササ
ッとまとめちゃうんだな、と思った次
第です。それはそれで、音楽らしい
楽しさに満ちた楽曲に、なってます
ね。どれも同じ感じに聞こえるのは
桑田氏の声のせいもあるでしょう
けど、おそらくはどの曲もハナウタ
から生まれたせいではないでしょ
うか。」と、喝破している。この指摘
こそはおそらくこれから四半世紀の
世界の音楽シーンを予言したもの
となるだろう。もしくは、ならないだ
ろう。ここでギロ男爵は、「声」の特
権と、過剰なる特権が生む非特権
(=「どれも同じ感じに聞こえるの
は桑田氏の声のせい」)を同時に
指摘しその両極端を止揚しつつも
同時に成立させる怪力的エンジン
として、ハナウタの歴史的役割を分
析しているのだ。
■蛇足ながら、「「風」な感じ」の対
抗軸とは、「The Whoな感じ」であ
るのかもしれない。
■ギロ男爵のCDで体験できる、彼
のエロおやじ離れしたアレンジ能力
演奏技術、機材調達資金力などの
「3大音楽マキャベリズム(?)」の
レベルの高さは、言うまでもない。
と同時に、しかし、これらを賞賛する
ことにギロ男爵の本質を語る意味
はない。もうすでに彼の目標は次
のステージに昇っているのだから。
だからこそ、彼がこの音楽作品集
において自ら準備した「欠落部分」
=「歌詞」&「歌い方」&「ボーカル
・スタイル」&「声質」に、ライナー
ノーツが先回りしているのである。
彼の音楽が空港のBGMのようだ、
と聴こえる耳もあるだろう。しかし、
ギロ耳には、このmidi音の上に「ブ
ルーハーツ風に青筋を立てた歌い
方」が聴こえていたりしているよう
で、そこにこそこのCD作品集の本
当の完成形がある。ではなぜ、そ
の「完成形」をギロ男爵は我々に
提示することを拒否したのだろう
か?まさしく、この点にこそ彼の意
図と悪意がある。「歌」は万人に向
けられて解放されているのである。
だから、このCDアルバムには必要
ないのである。その「歌の解放」運
動=「歌の市街戦」のことを、ギロ
男爵は、彼なりの知的な専門用語
(=横文字?)で、「ハナウタ」とよ
んでいるのである。

>02中間管理職レゲエ

■ではなぜ、歌は解放されねばな
らないのか?またなぜ歌は市街戦
を戦わねばならないのだろうか?
なぜならば、そこにブスがいるから
であり、そこに中間管理職がいる
からなのである。

>03ア・ハードゲイズ・ナイト

■ここで演じられる下品な昭和キャ
バレー風グルーブはかなり魅力的
である。たとえば、ストーンズもカ
バーした「ハーレム・シャッフル」の
ねっとり感や、キャブ・キャロウェイ
の豪快さがイメージできちゃうので
ある。それは原曲の完成度の高さ
を讃える結論に議論を狭めるべき
ではなく、あえて歌われない歌詞
が準備されていてその2行目には
「And I was killed like a dirty dog」
という「替え歌(?)」があることか
ら、ギロ男爵(=ギロ男色?)のア
レンジ作業は「音」からよりも「言葉
(=歌詞)」から沸いてくるグルーブ
に影響されていることが分る。

>04中華は広味坊

■ガース・ハドソンがビック・バンド
の音の中で自由に演奏しているよ
ーな姿が眼に浮かぶ、こりゃまた
ジャージーなグルーブの昼下がり
の瓶ビールもう一本追加、みたい
なゴキゲン(笑)なナンバーであ〜
る。中華料理屋のメニューをそのま
ま歌詞にしてしまうセンスは、家族
でレストランに行った時に、自宅で
の食事のようにテレビや新聞を観
るわけにもいかず、かと言って会話
を盛り上げる道化を演じる体力も
減少している時に、逃避する唯一
のオアシスとしての、メニュー読み、
っーのから来ているのであろう。
この曲の明るいけだるさとは、その
料理が来るまでのメニュー読みと
いう唯一絶対の逃避行為から来て
いるのだ。そんな家族思いのギロ
男爵には、次回はトルストイやドス
トエフスキー以上に登場人物が多
い書物として高名なNTT『電話帳』
を歌詞カードにしていただきたいも
のである。

>05午後の歌

■しかし、「下品な昭和キャバレー
風グルーブ」→「料理が来るまでの
メニュー読みという唯一絶対の逃
避行為」と続いて、さらに「(勤務中
に)まったく「することがない」状態」
とゆー、曲調が緩む一方である。
まさしく、ハナウタとは、このような
弛緩された状態にこそ生れるので
ある。還元すれば、「歌の解放」運
動=「歌の市街戦」には緊張よりも
むしろ、弛緩がふさわしい、という
既成概念とはまったく逆の発見を
ギロ男爵は我々に提示してくれた
のだ。

>06イルカ2号

■もっとも弛緩された階級としての
ブルジョワの生活をスケッチし、ゴー
ジャスにまとめあげた佳曲。
■では、弛緩の落とし子としてのハ
ナウタとは、ブルジョワの特権なの
だろうか?そこで我々は「労働歌」
というハナウタの存在を再考すべき
である。田植え歌や、漁業網引き
歌、炭鉱節などなど、日本を含めた
古今東西に「労働歌」がある。たと
えば、ブルース(=黒人霊歌)を最
も有名な「労働歌」と呼んでもいい
かもしれない。「労働」に「弛緩」の
形容はふさわしくないと疑問を持つ
むきもあることだろう。しかし近代に
おいて、機械にすり替えられた「労
働」の多くは、過酷であったり危険
であったりするわりには、「単調」で
あった。つまり、その「単調」=「繰
り返し」が、大きなグルーブとしての
「弛緩」を生んだのであり、そこから
ハナウタが生れてくることに論理は
合致するのである。

>07love is all

■さらに愛の伝道(コケ)師、ギロ
王子様は、「愛も弛緩(→痴漢では
なく)か?」との命題への回答を提
示してきた。世に、いわゆるアダー
ジョという音楽のジャンルが、ある。
マーラーの交響曲第5番第四楽章
「アダージェット」などはクラマックス
大好き魔王のマーラーがアンチ・ク
ライマックスというマゾの極致を構
築した名曲だ。この曲が教えてくれ
るヒントは、「アンチ・クライマックス
=弛緩=グルーブ」という仮説であ
る。この仮説が補助線となって教え
てくれるもう一方の仮説は、「労働
とはアンチ・クライマックスである」
いう発見である。

>08美沙の歌

■ブルジョワ、労働、愛、ときてさら
にギロ男爵のハナウタは「思い出」
に踏み込む。映画ファンの多い『共
犯新聞』無料購読者の諸君なら、
1980年代のカルト映画『時の狩人』
をご存知であろう。この映画の監督
&脚本こそが、かのギロ監督であ
る(たぶん)。この映画こそが、ギロ
おじさまにとっての最大の「思い出」
なのである(たぶん)。その映画の
テーマ曲を編曲したのが、この「美
沙の歌」である。たぶん、当時のギ
ロ映画青年は、田中美佐子のファ
ンであったのでは、なかろうか?ち
なみに私は好きでした(←えっ?聞
いていない?がくっ)。
■「思い出」とは言っても、そこはギ
ロ男爵、この映画のテーマそのも
のが「思い出」なのだ。映画の核心
は、「機械人間たちには「感情」が
ないので生身の人間の感情を電子
信号化して受信し、麻薬のように楽
しんでいる」という部分である。つま
り、「思い出」のデータ化、「思い出」
のリサイクル商品化、である。機械
人間にとっては生人間(?)なんぞ
は、その生脳味噌にストローを刺し
て、おいしい「思い出」をチュー&チ
ュー吸うため(だけ)の「思い出」ジ
ュース、なのである。
■この仮説が補助線となって教え
てくれるもう一方の仮説は、「思い
出(=データ)とはアンチ・クライマッ
クスである」という発見である。

>09長崎はいつも

■さらなる、弛緩=アンチクライマ
ックスのターゲットは自然である。
北海道には無いが、梅雨なんぞい
つ終わるのか?の、弛緩=アンチ
クライマックスである。それを1980
年代テクノ歌謡風に、ごきげんに
(笑)かっ飛ばす(笑)ハナウタは、
痛快?

>10乃梨子のバラード

■かつて自分で書いたエロ小説を
読み返した時に、自ら感動し、さら
には、そこで音楽が自然と立ち上っ
てきた、とは、なんとも&まぁ「自ら
準備した「欠落部分」=「歌詞」&
「歌い方」&「ボーカル・スタイル」
&「声質」に、ライナーノーツが先回
りしている」ことの決定的な裏づけ
である。
■この曲で丸裸になっているので
分りやすいが、ギロ男爵の持って
いる音楽グルーブは、さざなみのよ
うな繰り返しである。

>11ぬか・よろこびの歌

■かつて、ギロ男爵が所有されて
いた農園「日本脳炎」に、米ヌカを
寄贈するという約束を交わした私だ
けに、このメロディーの残酷な明る
さに、人生の終りを予感してしまう。
曲の後半には、ザ・ビートルズ「ベ
イビー・ユア・リッチマン」でのブライ
アン・ジョーンズのホルンも聴こえ
てくる。多くの楽器が賑やかにかぶ
さってくるほどに、孤独感が増えて
しまうのはギロ男爵の屈折した少
年時代のトラウマからか?

>12おとみちゃん

■ハナウタとは、また、肉体という
ジューサー・ミキサーが熟成&加
工したコラージュである。
■また、弛緩が生むグルーブであ
るハナウタに「途中で飽きちゃう」
ギロ様ご自身の特徴が曲の後半
の(無駄な・笑?)盛り上がりであ
ろう。これは、かのポール・マッカー
トニーが弛緩グルーブに気がつい
た恥ずかしさをまぎらわせるために
「ヘイ・ジュード」以降、リンゴ・スタ
ーのソロ曲「シックス・オクロック」
後半の悪ノリなどで繰り返す才能
あるもののみが許される「照れ」で
あろう。

>13夕方の歌U

■最後に究極の弛緩とは、やっぱ
「昼寝」。

>久保さんの恥ずかしい写真♪

■しかし、もうすでに世界中に、そ
私の恥ずかしい写真がバラまか
れているよーだ。がくっ。
映画『インサイド・マン』
監督;スパイク・リー
出演;デンゼル・ワシントン
監督スパイク・リーだから観に行った。
そーゆー客は多い。しかし、楽しめるのは
会話のヒネクレたユーモアぐらい。豪華な
俳優も無駄遣い。ジョディ・フォスターは、
ここ最近の作では珍しくキレイだったけど。
08/06小樽
森ヒロコ・
スタシス
美術館
Albin Brunovsky
アルビン・ブルノフスキ
展覧会図録『迷宮の世界と心の楽園』
(1995.3.28 初版 発行部数2,000冊
森ヒロコ・スタシス美術館)
編集&発行人;長谷川洋行
定価\2500=新刊本
1993年1月にチェコと分離したばかり
のスロバキアの日本ではほとんど無名
画家の展覧会と出版をやっちゃった。
それは作品が持つ魅力が生んだのだ。
06/13深川
東州館
個展『渋谷正巳 山岳写真展』 \0
透明感が溢れる美しくも厳しい空気感。
個展『小森田鶴枝 展』 \0
色んなモチーフがあるがリンゴが魅力。
06/13深川
うなかが
めーゆの
美術館
個展『江川 博 展』 \0
1937年、夕張生まれが到達した世界
ではあるとは思うが、これを終着とするの
にはまだ早い。むしろ意味を増やすべき。
08/13留萌
GEO
留萌店
吉村昭『羆嵐』
(1977.5.20初版1979.3.10九刷新潮社)
装幀;辰巳四郎
定価\900→古本\100
歴史書などを読むと1915(大正4)年
など、つい最近のようだが、この書物の
美文で再現される北海道は、大昔だ。
06/16深川
小さな
美術館
文進堂
画廊
企画展『秀作版画20人選抜展』 \0
ここまでディープなコレクターが近所に
住んでいて、しかもそれを惜しげもなく公
開している。コレクションするという行為の
魅力と恐ろしさもまた絵画の領域なのだ。
特に今回からは図録コレクションも展示し
ていて、全国の最新図録も既に見れる。
山本康世『凍えそうな星ぼしからの便り』
(1991.6初版 山木倶楽部)サイン本
定価\1500→古本\100
表現者とは過剰な存在。問題は理解
者がいるか、どーか。いなくてもいいが。
06/16深川
うなかが
めーゆの
美術館
個展『中村 真紀 展』 \0
油絵の作家であると思っていたら、ミッ
クス・メディアの作家であると知る。しかも
同じモチーフを写真やコラージュなどの複
数の表現方法で並べて展示する豊かさ。
小川洋子
『アンジェリーナ 佐野元春と10の短編』
(1993.4.20初版 角川書店)
定価\1300→古本\100
アイディアと表現力。その当たり前の
条件を持った作家がインスパイアする。
06/25深川
深川文化
交流
ホール
「み・らい」
大ホール
演劇『恋愛戯曲』 前売\3000
作&演出;鴻上尚史
出演;牧瀬里穂、渡部建(アンジャッシュ)
斉藤慶太、大和田美帆、安原義人
スピード感があって楽しめた。メタ演劇
ってゆー手法は古いけれど、演出の勝利。
09/03札幌
Book off
札幌
南1条店
出口裕弘『東京譚』
(1996.1.30初版 新潮社)
装画・挿画;柄澤齋
定価\1800→古本\950
圧倒的な情報量の東京の中にいて
は、どんな個人であっても相対的に弛
緩した存在となる。それはボードレール
やベンヤミンがパリで「遊歩者」という思
索者であったこととつながる。夏目漱石
が書いた「高等遊民」も都市ならではの
存在だろう。それを小説で表現した作。
06/29札幌
札幌市民
ギャラリー
展覧会『61回 2006 全道展』
會田 千夏「momoco
そうきたか!とゆーアイディア一発作。
桔梗 智恵美「Life-Line
文学的アプローチは良いが、面がダメ。
木村 富秋「鳥唄(漂)
初めて良いと思った。実物にはオーラ。
久保 綾乃「戯想
繊細な技術。清潔感とオリジナリティ。
佐々木 俊二「帰還兵」(新会員)
グロテスクの無い浮遊する内臓感覚。
鈴木 智子「ソナタのかたち
音を抽象化することに成功した、知性。
佐藤 仁敬「何も、見えない
才能・技術・センスはあるのに、ダメ。
高橋 靖子「'06〔記〕セルリアンブルー
拡大」で分るメッセージに足が止る。
中村 真紀
右上の足は良いが左の黒人花嫁ダメ。
吉川博幸
初入選おめでとう。が風船はヘタクソ。
輪島 進一「アダージョ
本展で最高。恐るべき集中力の沸騰。
渡辺貞之「黒羽根の天使バランスゴッコ
擬似シルク・スクリーンの効果が成功。
渡辺 通子「マイム・マイム(ひとり遊び)
なぜか、大きい作品になると雑になる。
森 ヒロコ「翼を持った少女
やや老け顔なのが興味を削ぐが独特。
小川 俊郎「演出家M氏
安定した力とモデルを選び観る眼力。
川上 勉「月に磨く」(新会員)
省略のセンスと生をイメージする創造。
柴橋伴夫『風の王 砂澤ビッキの世界』
(2001.3.20初版 響文社)
表紙カバー;上野憲男
装幀;早川力
定価\1890→古本\950
レヴイ=ストロースは1975年に著書
『仮面の道』で、ネィティヴ・カナディアン
のクワキゥトル族の仮面の取材から、彼
らの文化の特異性と芸術性を西洋社会
に伝えた。ビッキは1983年にカナダで3
ヶ月間の文化交流滞在をし、アイヌと彼
らの文化の戦慄すべき共通点を体験す
ることになる。しかし残念ながらそれは
ビッキにとって早すぎる晩年のできごと
となってしまった。もし、レヴィ=ストロー
スがビッキを取材していたらどうなって
いたのかと想像するのは苦しさと楽しさ
を伴う。柴橋はレヴィ=ストロースでは
ない。しかし、この多面的な57年の人生
を1冊の書物にまとめた価値は重要だ。
09/25郵送 新刊雑誌『ロック画報25』
(10.10 ブルース・インターアクションズ)
特集;裸のラリーズ
イントロダクション
久保田麻琴 回想と証言
望月 彰 回想と証言
アシッド・セブン 回想と証言
阿木 譲 回想と証言
ディスク・リヴュー
非公認盤・非公式盤紹介 ほか
インタヴュー;
横山 剣(クレイジーケンバンド)
二階堂和美
定価\1260→加藤編集長からもらった。
加藤彰編集長様
とても美しい本ですね。触れるのが怖い
ぐらいです。 「サンプラーCDをつけない」
というのも、納得してしまうラリーズらしさ
(?)ですね。 編集長としての最後のお
仕事さすがです。これからの加藤さんの
仕事にも注目したいと思います。何か、
なされるのであれば、お時間のある時
にでも連絡をいただければ幸いです。
色々と、ありがとうございます。
06/29札幌
時計台
ギャラリー
個展『西村 一夫 展』 \0
作品がつまらないのか、コンセプトがタ
イクツなのか、その両方なのか?もっとも
魅力的な作品が古い油絵であった。そこ
で観れる「文明批評」も新聞の一コマ・マ
ンガの域からあまり遠くない。気合が空回
りしているのだ。気合の見直しから仕切り
直しをすればいい方向へ軌道修正できる。
個展『工藤 悦子 展』 \0
ずらり並ぶとオランジェリー美術館地下
のモネ「睡蓮」の間のような静寂が支配
個展『居林 洋子 油彩画展』 \0
ルノワールのような、原色の毒々しさ。
個展『坂下 美恵子 個展』 \0
まったりとした湿度感。ボナール以前?
個展『了道 早智子 油彩展』 \0
塗り絵のよう。生き生きしていない絵。
グループ展『木曜会』 \0 8人参加
西村一夫画伯が講師。同じ会とは思え
ない個性派揃い。個性を引き出す指導を
されているのだろうか。絵画の多様な道。
09/29持込 新刊雑誌『ファウラ(faura)』'06.6 No.12
(2006.6.15 ナチュラリー)
特集;ニホンザリガニ
斎藤和範「《科学》ニホンザリガニは
どのように進化したのか?
〜プレートテクトニクス理論による
ザリガニ類進化の推定」
「スズメ」鳥への想い、「エゾモモンガ」、
「蝗害」、逢坂誠二の丁々発止「四季」
定価\1000→斎藤和範から買った。
ナチュラリストは写真を撮るのが大好
きだ。それは標本趣味の進化形なのか
もしれない。標本趣味の特徴の一つが
分類だが、それこそは編集の大きな技
術だ。つまり、写真と分類が優れていれ
ば雑誌は作れるのである。ましてやそこ
に「北海道の大自然」とゆー、魅力的な
コンテンツがあれば、作業は順調であ
ろう。それらの条件がそろった雑誌が、
本誌である。確かに特集テーマごとの
図鑑として眺めるには申し分ない。今回
私はタルバガンのコンサートを、赤平市
で行なうという斎藤和範氏を旧知である
田原洋朗氏から紹介してもらい会った。
その初見で購入したのが本誌だ。さす
がアカデミック(=体系的)に学究されて
いる方の話は潔く、かつ手っ取り早くて
楽しい。ただ、斎藤氏とメールで意見交
換をしている中で私が住む沼田町での
ゲンジボタルの移植について彼は批判
していたので、なかなか興味深かった。
つまり、自然はそのままにしておくべき
であり、ヘイケボタルが在来種であるか
ら、それのみを育てるのが正しいのであ
って、大きくて光もよりキレイだからとい
う理由でゲンジボタルを移植するのは、
あまりにも商業主義だと言うのだ。私は
そーゆー潔癖主義(?)には常に違和
感を感じてきたものなので、「そもそも
倭人が北海道に住んでいること自体が
商業主義であり自然に反しているので
はないか?」と意地悪く反論してみた。
もちろん私もブラックバスなどが犯してい
る環境破壊ぐらいは知ってはいる。しか
したとえば、本誌の中でも斎藤氏は、大
陸大変動などと進化によりニホンザリガ
ニは棲家も形体も変わってきたというの
だ。変わることもまた、自然なのである。
06/29札幌
さいとう
ギャラリー
個展『下妻 英雄 日本画展』 \0
札幌の中心にある老舗の化粧品店の
ボンボンが16歳のときから始めた趣味が
ここに「初個展」として結実。これはもう一
つの札幌史だ。北海道にはなかなか育た
なかった上流文化の良い例。昭和21年に
始まる絵の地層と作者の優しさに打たれ
ながらじっくりと見入ってしまう。他の作品
も観てみたくなる。また、他には彼のよう
な画家は北海道に存在していないのか?
06/29札幌
大丸藤井
セントラル
スカイ
ホール
グループ展『第7回グループ環絵画展』 \0
中吉 功「北風景・港A」「北風景・港B」
シャープな厳しさ。厚塗り絵の具の美。
萩原 勇雄「残雪の川岸」
風景を自分の世界に持ってくる力技。
櫻井由紀子「室内静物」「室内静物」
小品は良いのだが大きくなるとボケる。
06/29札幌
ジャス
マック・
プラザ・
ザナドゥ
ライブ『Legend of Rock Spirits
〜ありがとうクリーム!〜』
出演;河村"カースケ"智康(ds)、
佐藤研二(b)、斎藤誠(g)
(更新;2005年10月19日)
07/08
倶知安

逍遥日記
STギャラリー
個展『徳丸 滋 展』
小川原脩記念美術館
企画展『「ふるさとの山」展2』
小川原脩、坂口清一、鈴木康子、野本醇
田丸公記、徳丸滋、穂井田日出麿
米澤邦子
07/15深川
東州館
個展『田村 隆 展』 \0
1926年深川生れ。無彩色で描く風景。
個展『村本 千洲子 展』 \0
末端過敏症の収まりどころ。できてしま
った画風は変えることができない理不尽。
07/15深川
うなかが
めーゆの
美術館
個展『村本 千洲子 小品展』 \0
ディティールにこだわる画風で描く昭和
の風景。このディティールの行き着く先が
末端過敏症。末端のどの部分が重要か?
07/28深川
ふれっぷ
ライブ『高石ともや』
(更新;2006年8月1日)雨竜町からの偉人。
11/02郵送 新刊雑誌『しゃりばり』 10月号 No.296
(2006.9.20 HIT)
特集;北海道航空物流促進フォーラム
航空貨物の現状と北海道の課題
〜航空貨物を活用した地域戦略〜
定価\500→もらった。
かつて私も連載させていただいてい
た雑誌だが、今回は佐川急便が道庁の
政策に基づいて航空貨物に力を入れる
とのことで無作為アンケートの対象にな
り、その回答の謝礼としていただいた。
相変わらずの編集ぶりだが、なるほど、
そーゆーマーケットもあるんだなぁ、と、
感心。講演をまとめるだけは辛いけど。
08/04札幌
ユナイ
テッド
シネマ
札幌
映画『ハチミツとクローバー』 深夜\1200
監督;高田雅博
原作;羽海野チカ
出演;櫻井翔,蒼井優,伊勢谷友介,堺雅人
加瀬亮,関めぐみ,中村獅童,西田尚美
蒼井優のワザトラシサに鼻白む瞬間も
何度かあったが、独特のプチ・カリスマ性
(?)は貴重かも。この映画は不思議なこ
とに、より脇役になるほどに俳優が魅力的
だ。特に加瀬亮と関めぐみが、いい。反対
に主演の櫻井翔が一番つまらない。これ
は原作が原因なのか?全体を包む濃密
な映像も美しい。日本映画もこの映像セン
スと原作があればこれからに期待できる。
11/05旭川
Book
Big
Box
樺山紘一『地中海の誘惑』
(1982.7.20初版 TBSブリタニカ)
定価\1200→古本\600
NY911以降の21世紀は、それまでの
東西冷戦とは違い、キリスト教VSイスラ
ム教という対立軸となった。それはけっ
して新しい歴史ではなく、むしろ中世以
前に逆戻りしたかのようだ。使われてい
る兵器や報道スタイルが少し変わった
だけで、何か大昔の歴史を繰り返して
いるだけにしか感じられない。冷戦時代
に書かれた本書を読みながらそう感じ
た。まさに地中海とは、「ことなった文明
がひとつの海をいだいている」精神の象
徴であり、具体的な現実でもある。だか
ら時に虚無的になろうとも、1220年代の
フリードリヒ2世のように「一滴の血もな
がれぬうちに」イェルサレムをイスラム
からキリスト教に奪還した意味が光る。
08/05札幌
シアター
キノ
映画『やわらかい生活』 早朝\1200
監督;廣木隆一
原作;絲山秋子『イッツ・オンリー・トーク』
音楽;nido(古谷建志,武田真治,上杉,吉川)
出演;寺島しのぶ,豊川悦司,松岡俊介,
田口トモロヲ,妻夫木聡,大森南朋,柄本明
監督は「新しい女」を描こうとしているの
だろーが、1980年前後に東陽一監督が売
れ線で続けていた路線の伝統芸でしかな
い。しかし、全体のバランスなど完成度は
東監督モノよりもはるかに高い。その理由
は先人の研究からによる映像と編集密度
の高さから、だろう。それでも、もうこんな
女は「新しい」どころか「古い」んだろーな、
と感慨にふけってしまった。いわゆる「負け
犬」としての都市型未婚30歳代OLの絶対
数の多さは明らかであろう。感性の「格差
社会」ってのも明らかに棲み分けされてい
るのだ。デジカメとブログが、その棲家か?
岡野弘彦『花幾年 はないくとせ』
(1987.7.1初版 牧羊社)
装幀;伊藤鑛治
定価\1400→古本\700
牧羊社の本を読んでいる時の幸福感
が味わえる。装丁の手触りや、特権的
な文学臭さがたまらん。岡野があえて、
師匠の折口信夫の随筆の題名から本
書の書名を頂戴したというところにも、
文学好きにはたまらん。この狭い世界
としての文学には厭世感が付きまとう。
つまり、シェルターとしての文学なのだ。
08/05札幌
時計台
ギャラリー
グループ展『第4回 櫂 展』 \0
(更新;2006年8月9日)
川本ヤスヒロ,斉藤 嗣火,田崎 謙一
梅津 薫,福島 孝寿,藤井 高志,渡辺 貞之
物語への過剰な憧れと、時代とのズレ。
グループ展『第30回 藻花会』 \0
教育大学の日本画OBのバラエティさ。
『北川たまみ個展』 \0
筆と流線型の相姦関係が産む浮遊感。
『ナカムラアリ個展「Pandra's Box4』 \0
静止された流線型が産むロココの憧れ。
古雑誌『文藝』2004年夏季号
(2004.4.7初版 河出書房新社)
特集:阿部和重
桐野夏生、榎本俊一、宮沢章夫、
豊崎由美、斎藤環、仲俣暁生
小説:藤沢周、島田雅彦、中原昌也
定価\1000→古本\105
小説も面白いが、その小説の評論の
方が面白かったりする。さらに、著者の
肉声にもまた妙がある。それら全てが、
「文学」であると言い切ることから始まる
磁場がある。それらが面白いと感じるの
は、ある種のライブ感覚からで、つまり
それは「現代」文学であるという裏側か
らの証明でもある。だからこそ、全集な
どのような冷凍庫ではなくて、雑誌なの
である。もちろん(?)文芸誌は売れて
いないのだが、世間がライブ感覚を求め
る意識はかなり高まってきている。それ
ならば問題は、雑誌(=送り手)の演出
である。そーゆー意味では本誌は成功
している。『リテレール』が成し遂げるこ
とができなかった「夢」が原点で復活?
08/05札幌
サッポロ
ファクトリー
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン
デッドマンズ・チェスト』 深夜\1200
監督;ゴア・ヴァービンスキー
出演;ジョニー・デップ,ビル・ナイ,
オーランド・ブルーム,キーラ・ナイトレイ
ジョニー・ディップで『デッドマン』と言え
ば、1995年のジム・ジャームッシュの映画
と記憶されるハズが、たぶん、コレになる
んだろーな(笑)。所期の目的を完璧にク
リアしちゃうディズニー大作主義に脱帽?
もしくは、これは映画とは違うジャンルの
モノであると区別すべきか(笑)?次回作
にはキース・リチャードが出演するとゆー
のも消費大国ならではのお見事さかな。
さすがディズニー、と言うか、さすがハリウ
ッド、と言おうか、とにかく情報量の多い画
面は、さすが。さぞや超大勢の美術スタッ
フが投入されているんだろうな。特にタコ
船長のキャラクターは面白い。しかし単な
るよくできた娯楽映画にしかすぎない。よ
くもまぁ、キースが出演することを承諾した
もんだ。こうして、キースの超個性ですら
「消費」されちまうのか?それこそ、ホラー。
伊坂幸太郎『魔王』
(2005.10.20初版 講談社)
装幀;松田行正
定価\1238→古本\630
発売当時、かなり高評価を得た作品
だが思った以上に普通のエンターテイメ
ントだ。しかし、かつて外岡秀俊が『北
帰行』で石川啄木を物語に同伴させた
ように、本書でも宮沢賢治が巧みに組
み込まれている。その確かな知識と技
術は、読了後にエンターティメント以上
の手ごたえを感じさせる。読者の期待を
書かずに、その手前で足踏みしている
かのように見せつつ、より深く突き刺す。
08/06小樽
森ヒロコ・
スタシス
美術館
美術館『常設展』
(更新;2006年8月9日)
森ヒロコ、スタシス(ポーランド)、
ブルノフスキー(スロバキア)、
ユゼフ・ヴィルコン(ポーランド)の動物模型
08/15深川
うなかが
めーゆの
美術館
個展『島津明美 展』 \0
今年の全道展で協会賞を受賞されたの
で、パワフルな新作展っー予想もあったけ
れど、初めて描いた油絵や版画など作家
の全体像がコンパクトながら立体的に浮
かび上がってくる内容。まるで過去を全て
さらけ出して、再スタートするかのような潔
さを感じさせる。最高の賞をとった時に、こ
の姿勢は正しいんじゃぁーないだろうか?
11/05旭川
未来屋
書店
旭川西店
朝日新聞 アエラムック
手塚治虫文化賞10周年記念
『ニッポンのマンガ』
(2005.10.20初版 講談社)
編集長;松田行正
大賞作家 夢の競演
手塚 眞 プロデュースオール描き下ろし
浦沢直樹「月に向って投げろ!」
プロット共同制作 長崎尚志
オマージュ 本広克行
高野文子「おりがみでツルを折ろう」
オマージュ●川上弘美
吾妻ひでお「墓標」

オマージュ;松尾スズキ
諸星大二郎「空気のような…」
オマージュ;酒見賢一
●人気作家 顔合わせ
井上雄彦+重松 清「仕事場初公開」
岡野玲子+夢枕獏 『陰陽師』
●描き下ろしイラスト「太陽」
●みんな手塚が好きだった!
受賞作家、お気に入りの手塚作品
手塚治虫文化賞受賞者一覧
呉 智英;藤子・F・不二雄のオマージュ
藤本由香里;岡崎京子へのオマージュ
●手塚治虫文化賞10周年記念イベント
萩尾望都×浦沢直樹×夏目房之介
荒俣 宏×いしかわじゅん
●画力対決7番勝負
しりあがり寿×西原理恵子
●サイバラ描き下ろし「イベント舞台裏」
●大人のためのCOMICナビ
Part1 1996-2001
夏目房之介×よしながふみ
Part2 2002-2006
萩尾望都×長嶋 有
●米国・GHQ収集の蔵書より発見
幻の手塚マンガ、公開!
『ハンスと金のかみのけ』ほか
●大図解 マンガの系譜
ギャグ漫画家は荒野をめざす!
スポーツマンガは永久に不滅です
●緊急書面インタビュー
マンガ原作ドラマ、作者の本音
マンガの現場から
ルポ・女性編集者に密着
女性コミック誌「Beth」“創刊”を追う
『のだめカンタービレ』エース担当を追う
●ルポ・アシスタントに密着
庄司陽子先生『生徒諸君! 教師編』
圧巻のCG技術 奥 浩哉『GANTZ』
関川夏央1
「プラハで話した日本マンガ文化論」
養老孟司「マンガが伝えられること」
定価\1100→もらった図書券で購入。
これは、買い、だ。そもそも、すげー
メンツに一気に新作を書かせようとゆー
アイディアがすげぇ。で、新作が無理な
らば、魅力的な相手をぶつけての対談
をさせるとゆー展開もグー。さらに対談
が無理(=死んだとか、重病とか。)で
あれば、選ばれたライターにオマージュ
を書かせるっーのも、グー。つまり、そん
な感じで考えられる優先順位をほじくり
出そうとゆー編集の知恵がそのまま真
っ直ぐにマンガへの愛情と結び付いて
いる技術が産む幸福という温泉のよう。
08/16札幌
山里稔
アトリエ
アトリエ『山里 稔』
(更新;2006年8月22日)
08/31深川
東州館
個展『北口 さつき -この20年- 展』 \0
日本画の特徴の「正面」の意味を探れ。
08/31深川
うなかが
めーゆの
美術館
個展『北口 さつき -この20年- 展』 \0
勉強とエネルギー。新しい試みや、小さ
な工夫にも素直に取り組んでいる。過渡
期であっても作家とは作品を残す生き物。
08/31深川
ギャラリー
さんぽ道
個展『山ア 弘子 七宝作品展』 \0
花は花であるだけで美しいのに、なぜ、
人は花の絵を描くのだろうか?謎が魅力。
08/31深川
カフェ
今保羅
個展『畠山 桂子 個展』 \0
油絵を乗せてゆくだけのような作業で
あっても、そこに視線があれば絵は完成。
09/03札幌
シアター
キノ
映画『ゆれる』 早朝\1200
監督&原案&脚本;西川美和
出演;オダギリジョー,香川照之,伊武雅刀
新井浩文,真木よう子,蟹江敬三
かつての日本映画であれば、女が橋か
ら落下するシーンを撮影して使いたがった
であろう。なぜならば、その部分が全体の
中で最も「ドラマチック」であると想われて
いたからだ。しかし、実はその安易さが日
本映画の敗北の理由だったのだ。ラストを
「お涙頂戴」や「予定調和」ととると評価は
落ちてしまうが、広義の「希望」が必要な
時代であるという監督の「ゆれる」気持ち?
映画『トランス・アメリカ』
監督&脚本;ダンカン・タッカー
出演;フェリシティ・ハフマン
「希望」をどう描くかが現代の全ての芸
術のテーマになっているかのようだ。この
映画もその系譜である。ポイントはゲイの
母ではなく、それを見つめる息子の存在。
かなり異質な素材は、優れたアイディアで
あるが、物語の骨格は古典的なロードム
ービィであり、成長物語だ。だから奇をて
らっているように見えても、骨太なのだよ。
09/03札幌
スガイ
エンター
テイメント
映画『ユナイテッド93』
監督&脚本;ポール・グリーングラス
出演;ハリド・アブダラ、ポリー・アダムス
観客の勇気の物語と宣伝されているが
むしろテロリストの内面を無視していない
監督の描き方にこそ、メッセージがある。
11/17札幌
Book off
札幌
川下店
萩原葉子『蕁草の家』
(1976.9.10初版 新潮社)
装画;岡本半三
定価\760→古本\105
久世光彦などのようにノスタルジーや
考古学(?)が基の昭和初期の光景で
はなく、ホンモノならではの凄味が全体
に充満している。父の朔太郎が母との
離婚を書いたことがトラウマになってい
るが著者も身内暴露を文学に昇華した。
映画『ブライアン・ジョーンズ 〜
ストーンズから消えた男』
監督;スティーヴン・ウーリー
出演;レオ・グレゴリー、ベン・ウィショー、
ルーク・デ・ウルフソン、モメット・メイザー
不思議だったのは初めて観た映画なの
になんだか一度観た映画を「ああ、そうだ
ったねぇ〜。」と、反芻を楽しみながら観て
いる気分で観た、ってコト。いつの間にか
ブライアンは私(たち)の中に住んでいる?
小沢昭一『むかし噺うきよ噺』
(1998.8.25初版 新潮社)
装幀&挿画;和田誠
定価\1365→古本\105
この本もまた萩原葉子のように昭和
初期の回顧だが、これは独特の考古学
を言葉の”芸”で披露している。”芸”を
説明する”芸”なのだから、たまらん。謙
虚な言い回しながら、毒のメッセージ。
09/06沼田
ほたる館
パネル・ディスカッション
『だいじょうぶ?食と環境エネルギー』 \0
出演;木元教子、大山のぶ代、神津カンナ
情報が薄い。むしろ観客である沼田の
町民の方が彼女たちにとって魅力的な情
報(=日常!)を持っている。ならば彼女
たちの役割はそれらの分析とデータの集
役と整理から出てくる具体案だ。そこまで
への意志がなければ、高級井戸端会議。
永江朗
『批評の事情 不良のための論壇案内』
(2001.9.4初版 原書房)
定価\1680→古本\650
定規で線を引くように、よくもまぁ正確
な言葉を上手に選び出すもんだ。もしく
は、そうしようとしている。1980年代が
ワープロ普及期で、彼はパソコン世代。
09/09札幌
札幌ドーム
イヴェント『日本のまつり』 出演した
(更新;2006年12月23日)
09/14深川
うなかが
めーゆの
美術館
グループ展『第4回 櫂 展 小品展』 \0
全道展で活躍する個性的な作家7人。
油絵における小品とは短編小説よりも
詩や俳句に近いと想う。渡辺貞之がいつ
もの色を捨て、モノクロのポピーを描いた。
宮脇淳『公共経営論』
(2003.8.6初版 PHP研究所)
定価\1890→古本\950
『共同幻想論』がそーだったよーに、
この本もタイトルが結論とメッセージを持
っている。緻密な分析だけではなく、踏
み込んだ具体的な提案があるのが著
者の魅力。だれもが不快と感じているこ
とにこそ、それらのヒントがあるのだね。
10/06深川
東州館
個展『森脇啓好写真展 宗谷〜冬の旅〜』
雪があるからモノクロが似合うのかな?
10/07沼田 りょう『体育館の消火器』
(更新;2006年11月13日)
10/28深川
うなかが
めーゆの
美術館
個展『天使が集う 富田知子
〜もう一つの作品展〜』 \0
なぜ画家は天使に惹かれるのだろう。
永遠、ユニセックス、無垢。そう欠落の証。
村上春樹『アフターダーク』
(2004.9.7初版 講談社)
ブックデザイン;和田誠
写真;稲越功一
定価\1470→古本\750
まさか春樹は映画に嫉妬しているの
では?と、思っちゃいたくなるポキ&ポ
キした、まるでト書きのよーな文体。時
にはモロ、脚本のよう。そして「カメラの
視線」とあえて書く。それらはSFXなど
でお手軽に想像を映像化できるように
なった時代への、想像(=小説)からの
嫉妬のよーにも取れる。実際、書かれ
ている内容も春樹であれば簡単に書け
ちゃうよーなストーリー。ある意味、自己
模倣。だからたぶん、気軽に家庭用ビ
デオカメラで、映画を撮っちゃった的ノリ
があるのかも。それでも、さすが彼の文
章には読者を吸い込ませて、次から次
へと読み進みたくなるパワーがある。そ
れがどんな国の言葉になってもそーだ
からやっぱスゴイんだろう。相変わらず
固有名詞がまるでツボを押さえた囲碁
の定石のよーに出てくる。それは、その
固有名詞を共有しているのだという、無
言ながらも同じ趣味仲間の確認をする
ことによる、春樹孤島の住民である安心
感と同時代性が確保できた安住かもね。
11/03沼田
沼田町民
会館
イヴェント『沼田町民文化祭』 \0
沼田町民でありながら文化人ではない
私は参加していないが、沼田祐輔の油絵
を初めて観ることができてラッキー。ただ、
彼の若さで2年連続で独立展に入選して
いることのスゴサが分っている文化人が、
沼田町にはたして何人いるのかが心配だ。
11/05深川
東州館
公募展『10号公募展』 \0
イヴェントを起こそうとしている東州館。
グループ展『六花展 Vol.3』 \0
描こうとするまでの気持ちの方が強い。
11/12深川
み・らい
ライブ『ときめきコンサート』
(更新;2006年11月17日)
11/16沼田
ほたる館
ライブ『菊入三恵オペラ・コンサート』
(更新;2006年11月17日)
11/17札幌
ギャラリー
どらーる
個展『佐々木けいし 展』 \0
(更新;2006年11月22日)
11/17札幌
北海道
近代美術館
企画展『FIX・MIX・MAX!』 \500
(更新;2006年11月22日)
11/17札幌
北海道立
文学館
個展池澤夏樹のトポス
〜旅する作家と世界の出会い〜』 \600
(更新;2006年11月22日)
11/22郵送 田中千博『食の鳥獣戯画
江戸の意外な食材と料理』
最後に・・・!
(2006.11.17初版 高文堂出版社)
推薦者;服部幸應
定価\2500→新刊本、もらった。
こんなに読みやすい田中さんの本は
初めてかも。古典になるべくして出版。
11/17札幌
ユナイ
テッド
シネマ
札幌
映画『父親たちの星条旗』 深夜\1200
監督;クリント・イーストウッド
出演;ライアン・フィリップ、アダム・ビーチ、
ジェシー・ブラッドフォード、ジョセフ・クロス
(更新;2006年11月22日)
07/01旭川
Book off
旭川
豊岡店
小島麻由美『二十歳の恋』
♪フランソワ・トリフォー
(1996.9.20ポニーキャニオン)
定価\2548→中古\1000
頭打ちリズム、情報再生と覚醒。
11/19
岩見沢
まなみーる
ライブ『空知スクールバンド交歓演奏会』
小学生のブラスバンド発表会なんだか
らレベルは低くてもいいんだけれど、素材
(=児童)は代えられなくても工夫(=教
師)することによる差が明らかに見えて、
なかなか参考になるサンプル群として楽し
めた。まず、ほとんどの学校は音楽センス
のある児童をトランペット担当にしているよ
うだ。その反対の児童は、打楽器が多い。
しかし、アンサンブルで一番かなめになる
のが打楽器なのだから、そこの工夫に気
が付いているかどうかの差が明らかだね。
11/30郵送 菊地又男『遺作作品集』
(2001.12.6初版 新北海道美術協会)
編集;阿地信美智、阿部国利、
坂本順子、古田瑩子
→ふきたんぽぽ嬢から、もらった。
(更新;2006年11月30日)
07/11滝川
ブック
マーケット
滝川
黄金町店
ザ・ビートルズ『アンソロジー 1』
♪ロケンローと、ユーモアと、友情?
(1995.11.22東芝EMI)
定価\3600→中古\980
ビートルズの歴史とは、ユーモア
がだんだん減っていく歴史である。
11/22札幌
ホール・
スピリ
チュアル・
ラウンジ
ライブ『ズボンズ「bigger bomb tour2006」』
前売り\2500+ドリンクオーダー\500
出演:ズボンズ/FRASCO DANCE、
マツボックリマンTHEギネス、海賊、
seaquelae、DJ PEE(GOLDEN BATS)
(更新;2006年11月24日)
12/01札幌
石川書店
神坂次郎
『縛られた巨人 南方熊楠の生涯』
(1987.6.15初版、新潮社)
定価\1500→古本\300
思えば熊楠ルネッサンス(?)は、こ
の本から始まったのかもしれない。意識
的に生きるということは物語ということ?
11/24深川
うなかが
めーゆの
美術館
企画展『クリスマスの贈り物展06』 \0
参加;幸田尚子・cozy place・桔梗智恵美
恒例になったアートの物販展。花咲く庭
が似合うこの建物は、雪も似合う。冬季の
閉鎖を淋しがりながら、雪に足跡を作りな
がら三々五々と今年出会った人たちが集
まる。そんな広がりこそが作品なのかも。
中村真一郎『読書のよろこび』
(1991.8.15初版、新潮社)
挿画;著者
\1400→古本\100
旧制高校の文学の香りには底知れ
ぬ魅力がある。しかし、こうしている間に
も彼らは死んでゆく。大正生まれの読書
人がいたら、できるだけ話を聞くことにし
ている。そんな機会もどんどん失われて
ゆくことだろう。では、どうしたら良いの
だろうか?そう、彼らが残した本を読む
のである。そんな時、この本のように、
かつてほとんどの新聞が毎月2回にも
渡って掲載していた文芸時評は貴重だ。
07/17旭川
Book
Big
Box
Bob Dylan / ボブ・ディラン
『Desire / 欲望』
♪ロケンローと、短編小説。
(1976.1、1991.12.1CD化 Sony)
定価\1800→中古\1260
短編小説のような言葉をポップ・
ソングにしてしまうタフさと、表現力。
11/24深川
東州館
企画展『ローギュラート展
旭川市を中心に活躍する4人の作家たち』
盛本学史
折り重なる闇を描きつつ、光への憧れ。
木滑美恵
輪島進一の影響。しかし、それも重要。
斉藤順子
ヨーロッパ中世の得体の知れない美。
長岐和彦
抽象の愉楽を感じるが観てると飽きる。
展覧会『多度志保育園児童による版画展
こどもの眼』 \0
協力した大学生の版画も展示されてい
たが、明らかに児童の作品の方が面白い。
12/09札幌
Book off
札幌
南1条店
三浦綾子
『銃口』
(1994.3.10
初版、
小学館)
装幀
;菊地信義
カバー装画
;小磯良平
\1600→
古本\500
『上』
こーゆー
本を読むと、
芥川賞と
直木賞の
違いが分る。
The bluetones / ブルートーンズ
『Expecting To Fly』
♪ロケンローと、ユーモアと、友情?
(1996.2.1 A&M Polydor)
定価\2500→中古\580
ボーカルに個性があると、永遠。
12/01札幌
シアター
キノ
映画『麦の穂をゆらす風』映画の日\1000
監督;ケン・ローチ
出演;キリアン・マーフィー、
ポードリック・ディレーニー、
リーアム・カニンガム、メアリー・リオドン
(更新;2006年12月5日)
『下』
現代史を
物語に埋め
込んで再現
させる。その
技術は凄い
編集能力だ。
映画『幸福のスイッチ』 映画の日\1000
原案&監督&脚本;安田真奈
主題歌;ペペチオ「幸福のスイッチ」
出演;上野樹里、本上まなみ、沢田研二
中村静香、林剛史、笠原秀幸、新屋英子
石坂ちなみ、深浦加奈子、芦屋小雁
(更新;2006年12月5日)
保坂和志『この人の閾(いき)』

(1995.8.10初版、新潮社)
挿画;黒田アキ
\1300→古本\700
さすがに&いかにも、こっちは芥川賞
な小説。25年ほど前、私が雑誌『ロッキ
ング・オン』の文体の影響からか、カッコ
書きを文章に挿入するクセがあったら、
「それは文章が下手だからだ。」と指摘
されたことがあったが、この著者にも多
い。しかしそれは主人公の脳味噌の重
層を正確に実況中継するためなんだね。


08/05札幌
レコーズ&
レコーズ
南2条店
白井良明『City of Love』
♪ロケンロー?Wow?
(1988.8.31 ポニーキャニオン)
定価\3200→中古\500
今聴くと恥ずかしいけど当時は?
12/01札幌
北海道
近代美術館
展覧会『第5回 具象の新世紀展』 招待
線の動き。
(更新;2006年12月5日)
ケンケン『Party of Invaders』
♪ロケンロー?
(2006.6.21コロムビアミュージック)
定価\2800→中古\1480
若い時にしかできないこと以上?
12/01札幌
ギャラリー
どらーる
個展『川口 浩 展』 招待
線の動き。美しさと、汚れ。
(更新;2006年12月5日)
菅野よう子『ハチミツとクローバー』
♪ロケンロー?ちっちゃな車で!
(2006.7.12 ユニバーサル)
定価\2500→中古\750
フォーク・ロックって永遠なのね♪
12/08深川
東州館
グループ展『アートの原点 独自の感性
知的障害者更生施設あかとき学園
あかとき発信 元気なアート展 V』 \0
こんなことで驚くのは不謹慎なのかもし
れないが、去年より彼らは成長している!
個展『佐伯輝美 展』 \0
丸さ、もっこり感。そのふくらみを抱くよ
うに、描いている。抱く代わりに描く、とい
う行為は、抱くよりもストレスが残るのだ
が同時にカタルシスを別の種類に置き換
えてゆく。描くためには観なければならな
いのだが、抱いた経験者だけの線もある。
ローリング・ストーンズ
『ア・ビガー・バン
スペシャル・エディション』DVD付き
♪Hey, ロケンロー!
(2006.1.25 Virgin 東芝EMI)
定価\3500→中古\2680
まさか今が最盛期?新人の様。
12/09札幌
シアター
キノ
映画『暗いところで待ち合わせ』朝\1200
監督;天願大介
原作;乙一(28歳)
出演;田中麗奈(26歳)、井川遥(30歳)、
チェン・ボーリン(23歳)、宮地真緒(22歳)
目で見る♪
アブノーマル小説家=乙一の代表作、
らしい。アブノーマルと言っても「ヘンタイ」
ではなく常に新しい視線を表現している。
本作は、その視線そのもの、盲目の女の
家に忍び込んで、住み着いた男の物語。
俳優の演技は、やや直線的過ぎるが、シ
チュエーション・プレイを無難にこなしてい
る。しかし、その努力を無駄にしてしまっ
ているのが、ダメな映像だ。清潔な室内を
描いているからプレハブみたいになる、と
ゆーイイワケは成り立たない。映像が、安
っぽいコントの舞台にしか見えないのだ。
映像の深みの無さは絶望的だ。最近は日
本映画も優れた映像を構築した作品が増
えてきているだけに残念だ。今年の日本
映画で魅力的な映像は『ハチミツとクロー
バー』、『ゆれる』など。クダラナイ映像は、
『博士の愛した数式』、そして本作。『博士
の愛した数式』の監督は、黒澤明の下で
働いていたベテラン、小泉堯史。そして本
作の監督は巨匠・今村昌平監督を父親に
もつサラブレット(?)。少々、「逆差別」っ
ぽくなるが、どーも古き良き日本映画の経
験がある監督ほど映像がダメだ。ただし、
主人公が首を絞められる前後のフィルム
のコラージュは優れている。天願監督には
是非、撮影&美術スタッフを総入れ替えし
て、次回作を撮影して欲しい。原作を読ん
でいないので推測だが、小説は良さそう。
須賀敦子『トリエステの坂道』

(1995.9.12初版、みすず書房)
カバー;カラヴァッジョ「果物籠」1596年
\1854→古本\105
彼女の文を読むと、「品の良さ」とは
家柄でも裕福さでもなく、「生き方」なの
だと分る。それは文体にも現れている。
つまり、言葉とは人間の「品」が露骨に
現れるフロントなのだ。そんな彼女が旅
や人との出会いに興味を持つ人生を選
んだのは、また自然なことなのだろう。
それが言葉が選んだ「生き方」なのだ。
08/05札幌
Book off
札幌
南1条店
TERAROCK名盤100 63位
あぶらだこ『あぶらだこ』
♪ロケンロー?
(1985の1st 1996.1.25CD化 徳間)
定価\2039→中古\1650
硬質な詩と音。日本語のロック。
TERAROCK名盤100 52位
小川美潮『4 to 3』
♪ロケンロー?
(1991.2.21 EPIC/SONY)
定価\2800→中古\1350
エキセントリックを捨てたピユア。
08/13留萌
GEO
留萌店
Otis Redding『Otis Blue』
そこで、ターン!
(1965の3rd 1989.1.25CD化MMG)
定価\1875→中古\1380
こんなスゲーLPが当時は1位に
ならなかったんだから、今と同じ?
で、よーく聴くとR&B一色ではなく
て、かなりバラエティにとんでいる。
オーティスも模索していた時期か?
12/09札幌
スガイ
札幌劇場
映画『パプリカ』 深夜料金\1200
監督;今敏
原作;筒井康隆
製作;マッドハウス
音楽;平沢進
声優;林原めぐみ、江守徹、大塚明夫、
古谷徹、山寺宏一
ぶんちゃか、ぶんちゃか、ぶんぶん♪
すげーホメれば、『カリガリ博士』(1919
年)の系譜に属する映画。しかし、開きな
おった「夢オチ」とも言える。がくっ。最初
から「これは夢」だよ、と、情況を納得させ
られるのも、ちょいとズルくは、ある。メタ
映画であることにより「モンタージュ手法」
オチもメタ化しちゃうのもちょいズルだな。
それに、あのパレードのシーンも『千と千
尋の神隠し』などで我々は既視済みであ
る。それでも、この映画の魅力が維持さ
れるのは、使い古されているとは言え、多
くの引用も含めての、過剰なるイメージの
放出パワーである。どーせなら、映画の
全編に平沢進の音楽を流しっぱなしにし
たほうが、トランス感覚アップだったかも。
雑誌『Japan Mail Media』Vol.1

(1999.11.30初版、日本放送出版協会)
編集長;村上龍
特集「日本の選択した道」
Debate
1999 日本経済の現状と将来への選択
不良債権の発生から金融再生まで
国家と市場、その役割と限界)
Q&A Eメール編
\1260→古本\105
村上龍の才能は「質問力」。しかし、
それさえも今までの日本には無かった。
あらゆる犠牲を一掃するための質問力
として、ソレは機能している。もちろん、
今までも質問を武器に舞台に出ようとし
た若者はいた。彼らと龍との違いは明ら
かであり、彼らが「政治」または「歴史」
に質問を集中するのに対して、龍が出
す質問は「経済」であり「現在」である。
この差はまた龍による古い若者たちへ
の批判ともなっている。かつての「政治」
青年たちが有効的な対決軸を見つける
以前に無益な対立を選択することにカタ
ストロフィを感じていたことに対して、龍
はあくまでも慎重に議論を進めてゆく。
そこにマニュアル世代の彼岸を見ること
も可能。徹底したデータ・ベースが武器。
Jethro Tull『Aqualung』
♪ロケンロー?
(1971.3の4th 05.4.13CD化 東芝)
定価\1850→中古\1180
イギリス的、とゆーのかな。異物。
ヒッピー・ヒッピー・シェイクス
『ヒッピーズ・イン』
♪ロケンロー?
(1988.2.21 日本コロムビア)
定価\3000→中古\880
知的な遊びとしてのネオGSか?
12/09札幌
ユナイ
テッド
シネマ
札幌
映画『硫黄島からの手紙』 深夜\1200
監督;クリント・イーストウッド
原作;アイリス・ヤマシタ
出演;渡辺謙、二宮和也、伊原剛志
江戸前のパン屋でぇいっ♪
おそらく、今、最も尊敬されている映画
監督が、イーストウッドだろう。その影響を
受けたかのような最近のジョージ・クルー
ニーの活躍も素晴らしい。優れた表現者
は優れた後輩を無言のうちに育てている
のだ。そんな映画界の「精神のバトン・リ
レー」が、この軍隊映画でも、渡辺謙と二
宮和也の上下関係の中に描かれている。
そして、ユーモアが上下関係をフラットで
可能性を産む関係にする。それは、戦前
に渡辺謙や伊原剛志がアメリカで友情を
築いていたというパラレルで語られる、日
本とアメリカの関係にまで普遍化される。
ユーモアはたとえ軍国主義のような硬直
化した存在をも溶解させちまう。それがイ
ーストウッドが長い映画人生の締めくくり
に選んだテーマだろう。つまり、この映画
のポイントは、ユーモアだ。陰惨な帝国陸
軍の思想と悲惨な肉片の飛び交う戦場。
それらを脱構築し、希望を維持するのが
ユーモアだ。実際この映画の中でユーモ
アを使うものは知的で魅力的に見える。
つまり、陰惨&悲惨の緊張感&集中力と
ユーモアの弛緩がこの映画の陰影を深く
しているのだ。二宮和也がアメリカで高い
評価を得ているのも、そんな理由からだ
ろう。しかし、そのことで日本人は得意に
なってばかりはいられない。なぜならば、
このほぼ全編が日本語で覆われている
映画は、日本映画ではなくて、アメリカ映
画なのだから。なぜ、この映画が日本人
によって造られなかったのか?なぜ、日
本人はこのテーマと映像を今まで選ばな
かったのか?ここで私たちは若き日のイ
ーストウッドの映画歴を思い出したい。19
59年から7年間、CBSで放映されたテレビ
西部劇『ローハイド』で美男子のカウボー
イを演じた若き日のイーストウッドは人気
者になった。1964年にはイタリアのセルジ
オ・レオーネ監督に招かれ、マカロニ・ウェ
スタンの先駆『荒野の用心棒』に出演し、
映画史に記憶。彼はマカロニ・ウェスタン
俳優としてアメリカに逆輸入されたことに
なる。だからイーストウッドにとっては日本
語でアメリカ映画を造ることなどイタリアで
西部劇を撮影するほどに自由に立ち向か
えたのだ。これは手ごわい相手ではなく
優れた先輩として学ぶ映画でもあるのだ。
Dream Theater/ドリーム・シアター
『A Change of Seasons』
♪ロケンロー?
(1995.9イーストウエストジャパン)
定価\1785→中古\1380
まるで映画におけるCGみたい。
舞城王太郎『阿修羅ガール』

(2003.1.30初版、新潮社)
カバー;佐内正史「女生徒」より
\1470→古本\750
言文一致運動っーのは、永久革命み
たいなモンにならざるを得ないワケだけ
ど、そのメンドーだからこそ生れる魅力
って、ある。その「永久」の途中におけ
る優れた現状報告がこの小説であるこ
とは間違いない。で、この小説をさらに
魅力的にしているのは純文学であるの
に(?)物語の推進力も同時に持ちえて
いる、こと。つまり文体には同時に思考
の方法論も組み込まれているっーコト
の証明でもあるのよね。思考の方法論
を「社会」に解き放てば、「物語」をすく
い上げる、ってコトだね。だから、この小
説では常に物語は突然に始まる。それ
は文体と同じ文法の物語だ。それでは
なぜ「言」は常に「文」の先にアルのだ
ろうか?たぶん、スピードの問題だね。
何に対するスピードかと言うと、情報に
対するソレ、だ。小説が発明されてから
こっち、情報の密度は高まる一方だ。そ
の密度に鍛えられた「言」は進化した反
応を身に付ける。いわゆる「ボケ&つっ
こみ」や「ノリ」っーのも、それ。ただし、
それを「文」にするのには、才能がいる。
09/03札幌
フレッシュ
エアー
Bob Dylan『Before the Flood』
♪ロケンロー!
(1974.6.20 1991.12.1CD化 Sony)
定価\3000→中古\2000
これこそインプロビゼーションか。
The Street Sliders『Last Live』
♪ロケンロー?Hey, Hi.
(2001.1.24 EPICレコード)
定価\4078→中古\1500
細部まで集中された偉大な全体。
11/08郵送 jimono『Plays The Beatles 2006』
Djebe Bala『Drums for unity』

(更新;2006年11月10日)
12/16札幌
シアター
キノ
映画『太陽 The Sun』 深夜料金\1200
監督;アレクサンドル・ソクーロフ
原作;アイリス・ヤマシタ
出演;イッセー尾形、桃井かおり、佐野史郎

あの喜劇俳優に似ているか♪
昭和天皇を演じるイッセー尾形が素晴
らしい。もちろん、彼が得意の形態模写に
よる、天皇のモノマネだ。はたして、モノマ
ネとは「演技」なのだろうか?しかし、よく
考えてみれば、モノマネほど、指先から、
背骨のぐにゃり感から、顔の皮膚の移動
まで細部に渡って「芸」が注目される演技
もない。そして、「神」であった天皇は日本
国民から注目されていた。さらに頭のいい
監督は全体にシュールな味付けをするこ
とで、モノマネと「神」の注目者を見事に映
像で合致させた。その映像美には1920年
代のドイツ表現主義が得意の影や、ビス
コンティのロウソク、ダニエル・シュミットの
オタク趣味など偉大なる映像作家たちの
偉大なる感覚がおそらく考えられる最高
の形と最低の予算で消化されている。つ
まり、まるで大日本帝国のように、この映
画の中心には全ての観客の注目を集め
るべくモノマネ昭和天皇が存在し、さらに
それを取り巻く複雑で深遠な映像演出が
覆っている。映画を観る者は、当初はイッ
セー尾形の素晴らしさに全ての気がとら
れてしまうが、徐々にその周縁のすごさに
気付く。そのピークが映画の流れの中央
に置かれた東京大空襲だ。ここで監督は
米軍爆撃機を、うねる魚で描くというとん
でもない大技をかましている。あまりに悲
惨で、美しい。が、考えてみれば戦争ほど
シュールなものもない。人間が努力して築
かれた近代都市を、人間が破壊する。ま
た、戦時下の「国家」という暴力装置も、
またしかり、である。全編、ほとんど日本
人俳優が日本語で語る内容であるのに、
世界中で賞賛をあびるのも、陳腐になら
ないシュールからだ。おそらく、日本以外
の観客はイッセー尾形のモノマネが分ら
ないだろうし、それは現代の日本の若者
もそうだろう。それを超える映画であるの
だから、主演賞よりも作品賞だ。しかし、
語られる日本語の妙や、時にユーモア。
これらは日本人でなければ味わうことが
できない面白さだ。外国映画を楽しむ特
権を日本人が持つというのもシュール?
岡崎京子『女のケモノ道』

(2005.4.25初版、文藝春秋)
ブックデザイン;坂本志保
解説;よしもとばなな
\1300→古本\105
1994〜1996年の連載を2005年に出
版するのって、一種の民俗学でもある
んだけど、岡崎は沈黙せざるを得ない
ばかりに、あの時代を冷凍保存したよ
ーな象徴になってんの、ね。最近の私
は、古本屋で岡崎初版本を見つけると
無条件で買っている。それは民俗学的
興味と、何か、だ。その「何か」とは同世
代の私の「失われたバブル」(=バブル
を体験できなかった・悲。)追体験か?
それが分るまでは買い続けるのかよ?
11/21郵送 guillo『Blossoms and blue』
指、入れる?
(更新;2006年12月30日)
2006年の感想私にとって、今年は・・・
●「論理」を「感情」に「翻訳」していたゲージュツ家(笑)の私が、「感情」を「論理」に「翻訳」する。
1.より、したたかな戦略こそが、より生産的である。
2.孤立の強みと、連携のたくましさ。



それでもお前は、
戻りたいのか?
But,do you want back?

Give me your Mail !

♪よーこそ!

▼「買い物」、それは資本主義下の共犯行為である。 My favorite things.
ふふふふ。1999年 20世紀の終わりに〜。2000年 ニューヨークに行ったよね。んで・・・。2001年 最後にはジョー・ストラマーが死んだんだよねぇ。2002年 飛ぶ!2003年 飛ぶ!2004年 よいっ!2005へ、飛ぶ!2005年 2007年の終わりに〜恋をするならぁ。2007年 フランス人になった夜明け。2008年 テラダヤとの香聡庵での朝。2009年 2010年の終わりに〜恋をするならぁ。2010年