Counter
 2006年12月14日に、参議院特別委員会で教育基本法「改定」案が、与党によって採決が強行されました。翌15日には参議院で法案が可決・成立との見通しもあり、何かできること、起こっている事態に対しての反応をしようということで、急遽自由の森学園の教員や生徒の有志が集まりました。その結果、以下の文章をもって反対の姿勢を表明することとなりました。

教育基本法「改定」案に反対します

2006.12.15 自由の森学園有志

昨夜12月14日、参院特別委員会で、教育基本法「改定」案が与党(自民党・公明党)によって採決が強行されました。今日12月15日にも、法案は可決・成立との見通しも出されています。
一人ひとりの子ども・青年の成長と尊厳を大切にし、自由と自立を目指す、人間らしい人間を育てる自由の森学園にかかわるものとして、この暴挙を断じて許すわけにはいきません。
この「改定」法案は、ひとことで言えば、教育基本法の性格を、
<国民が国家に対して、平等や平和、個人の尊厳を大切にする教育の条件整備を願う宣言書>
から
<国家が国民に対して、競争や格差、愛国心を煽る命令書>
に変えようというものです。現代日本と教育が多くの問題を抱えているのは事実ですが、今回の一連の「改定」は、その解決や克服を誠実に願う声や運動とは異なる、政治的・経済的文脈からの教育「改悪」作業に他なりません。
問題点は多々ありますが、まずもって次のような問題があげられます。

  1. 今、なぜ教育基本法「改定」なのか、理由がまったくはっきりしないこと
  2. 「国を愛する心」の強要、能力主義・競争主義の拡大、国民の教育権から国家の教育権への明確な移行など、現行教育基本法の精神・理念を根本から踏みにじる、法に値しないひどい法案であること
  3. やらせタウンミーティングなど、世論喚起のあり方、法案審議・進め方について大きな過ちを犯しており、そのことを首相自らが認めているなかでの「採決強行」であること
  4. 世論の多くは、国民的課題である「教育問題」について、徹底的な審議を求める声であること

これらの理由により、現在の与党による教育基本法「改定」案に断固反対するものです。
自由の森学園は、憲法・教育基本法の理念に基づいて建学されました。今回の法「改定」は、自由の森学園の教育理念・実践の土台を根本から掘り崩しかねない重大な事態であると考えます。のみならず、日本の教育や子ども・青年たちの未来を誤った方向に導くものです。
そこで今日、まずは足元から、ということで自由の森学園関係者、自由の森学園ゆかりの人々による、「教育基本法『改定』案反対」「教育の自由を守れ!」「民主主義破壊の強行採決抗議」のアピールを社会に発信します。
もし仮に教育基本法「改定」案が通ったとしても、私たちは、憲法・(現行)教育基本法の理念に沿った、自由で平等な教育をすすめる、学びと成長の場であることを誠実に求め続けていくことをここに宣言します。


中学1年から高校3年生まで30名を含め、会に集まった人たちからもその後賛同してくれた方々からも、今回の教育基本法「改正」について、さまざまな言葉をもらいました。少しずつですが掲載していきます。

メッセージを読む

* * *

お知らせ:2月1日教育基本法学習会を行いました。
報告はこちらから

* * *

アピールを読んだ方からのメッセージも掲載し続けていきたいと思います。賛同してしていただける場合には、下記メールアドレスまでお知らせください。
お名前と、自由の森学園との関係をお書き添えください(在学年など)。また、匿名・ニックネームでの掲載希望の方はその旨明記してください。
サイトに反映されるまでかなり時間がかかることもありますが、悪しからずご了承ください。

メールアドレス:kyokiho1215@yahoo.co.jp

<アピールの呼びかけと賛同人>
菅間 正道
田上 麦文
齋藤 理子
上野 文康
加藤 昭仁
新井 達也
岩月 桃子
岩田 大樹
川村 昇
渡辺 礼一
赤田 浩
藤原 敏
泥谷 政秋
泥谷 千代子
大江 輝行
鬼沢 真之
名雪 順一
齋藤 知也
伊藤 伸也
塩瀬 治
坂本 匡之
野口 敏宏
大島 信子
原 裕子
孝山 博
高木 敏和
丹羽 晶子
松田 和彦
道正 幸信
横手 康雄
薮内 志津子
河口 雅史
後藤 幹
若林 豊子
平野 泰彦
中野 裕
山崎 陽子
石井 隆至
佐々木 玲子
仲本 佳子
増島 高敬
匿名
森 美音子
及川 恵美子
及川 文人
前川 直樹
前川 知子
前川 真哉
高室 成幸
小林 けさみ
定塚 才恵子
ジーグラー・ポール、千恵美
住吉 千恵子
河野 るみ子
河野 究一郎
上田 明子
中村 裕子
渡辺 貴志子
乾  京子
大城 資子
井出 清子
本田 純
青島朋子
三谷裕美子
山本昭吉
山本真実
鳥羽 恵
佐藤 智
河本洋一
鳥羽 敦司
鳥羽 惠
鳥羽 遙
鳥羽 諒介
鳥羽 凛子
中野 智子
中野 敦子
匿名
佐藤 静子
柏 倉 誠史
臼井 俊一
臼井 利枝
鈴木 孝雄
鈴木 佐和子
藤家 美栄子
金澤 光子
中島 大地
中島 総子
矢口 和正
板垣 勝義
板垣 京子
板垣 裕亮
板垣 敬子
丸山 匠太郎
西尾 桂子
西尾 大介
西尾 荘太
玉木 志乃
市川 康世
市川 恵子
安井 俊夫
河合 功
河合 美奈子
佐藤 京子
太田 雅也
吉村 洋子
岩崎
米蒸 健一
岡田 檀
岡田 昭人
岡田 幸代
片山 吉晴
森 薫里
内藤 洋一
内藤 英子
大林 えり子
内田 麻衣
瀬川 桃子
天貝めぐ
森谷竜之介
ジーグラー・玄
小田嶋尚子
竹内亜希子
竹内尚代
松永育子
匿名
田中和美
矢野あかり
矢野尚美
矢野敬生
広木優子
鈴木朋
山之内茉由子
広木賢治
広木身江子
広木健一
広木千枝子
中村雅志
中村淳子
中村天磨
中村玉輝
遠藤仲男
遠藤明子
遠藤愛
古関万人
中野茜
田倉京子
河畑麻衣
菊池みどり
肥沼勇太
豊島頌平
猪俣大紀
住吉和弘
岩崎福春
岩崎勉
岩崎みのり
匿名
本間莢花
岡田翔太
茂木千沙子
岩井由乃
前田
森岡知子
伊藤真実
藤沢みずき
田島浩之
松橋
広岡鉄平
広岡耕平
前山希子
小川太一
黒澤敬太郎
佐々木麻由
加藤結
市來碧子
アカシワタル
内沼博
川島成且
黒田裕太
伏見征也
早川誠
森田優
入江美穂
飯野菜都子
鏑木 智惠
鏑木 悠幹
藤本海太
匿名
小金澤千代子
木下みのり
高橋幸枝
新保貴大
大田黒 舜
足立さや
じんざそう
匿名
桐山 啓介
塚本 憲治
大久保慶隆
杉野圭佑
道正健
富田翔
山本和史
匿名
山下杏衣里
桶田幸恵
新田聡子
河野匠
河野悠
河野翔
河野弘子
下津千尋
柳三四郎
村藤駿介
わたなべあきひこ
名和田俊二
小山美王子
小山花絵
菅 香保
瀬戸真弓
及川寿雄
及川眞理子
及川博子
及川俊樹
原恵理
森谷健太郎
市川りえ
内田菜生
田島京佳
笹尾朋民
野本典子
金子利幸
金子美樹
村藤裕子
金子博
高橋伸枝
菊池寿一
菊池千恵子
菊池翔太
菊池浩二
菊池優太
菊池優歌
塩瀬七海
則松文子
町田正行
塚本香里
山本恵美
岡田栞
新井章
新井洋子
新井麻友
なな
北嶋睦樹
岡田心平
山崎陽
竹内弘真
福田智志
和賀涼子
ダイ
木下海
匿名
和賀智子
芹沢哲
芹沢真理
匿名
清水れい子
板垣奏男
嶋本有里子
有賀 真琴
タマオ
及川歩
宮本祥子
高田那由太
渡邊恭子
匿名
木村勝雄
吉川佐喜
小森谷惠代
校條実
校條孝子
匿名
河野夢以
佐藤祐
三島千香子
増田緑
池宮耕基
池宮律子
横井俊太郎
横井元
横井正蔵
横井直子
松尾直人
松尾由紀子
田所房子
田所徹
田所健太郎
黒田和余
井手清子
加茂光
軽部敬子
木村秀子
木下共司
境屋純子
柳川立行
匿名
三好遥
三好安見
喜多克己
石原桂
味沢幸世
遠藤翔
今井綾佳
大渕英次郎
大渕洋子
大渕隆子
塩野目友恵
金井大吾
及川真実
及川弘
及川努
武田実樹
小山内香代子
服部真未
安藤未紀
小宮山良子
和久津まどか
政所佑果
佐々木絵理
出水唯香
関根希
奥野友貴
有賀文子
則松和恵
木下栄子
鈴木由美子
匿名
味沢恕子
吉田良子
岡田リマ
堀 道明
堀 穂苗
市川由美
江口優子
山本 結
和田良文
和田美穂子
和田裕太
香西由紀子
香西 幸
香西 恵
小澤優理
小澤早百合
山口千里
藤家桂
鏑木クミ子
宇賀治香奈子
山澄隼人
富山 聡
三浦 萌
斉藤洋介
中島節子
山田未来穂
森 ますみ
小野千江子
匿名
軍司昌子
児玉俊一
児玉恵仁
児玉 奏
児玉 寧
布川喜美
岩城みどり  
岩城敏彦
大和田真帆
はるか
丸山優子
丸山巧平
中島水樹
中島渉
早川健治
遠藤遥
遠藤佳奈
丸山あき子
丸山めぐみ
上庄あかね
上田康子
澤村明子
富田裕行
富田知子
野原けい子
ジョン
下田波穂
長 谷川利亮
長谷川 順子

皆様から寄せられたメッセージです

2008年6月24日現在