怪 異 考 ― 「 孕 の ジ ャ ン 」 の 考 察 ―
home



 著  者  紹  介 


(前略)その怪異は、自分の郷里高知附近で知られている「孕のジャン」と称するものである。孕は地名で、高知の海岸に並行する山脈が浦戸湾に中断されたその両側の突端の地とその海峡とを込めた名前である。この現象については、最近に、土佐郷土史の権威として知られた杜山居士・寺石正路氏が雑誌「土佐史壇」第十七号に「郷土史断片」其三〇として記載されたものがある。


 『(前略)昔は大分評判の事であったが、此の頃は全くその沙汰がない、根拠の無き話かと思えば、土佐今昔物語といふ書に、沼澄(鹿持雅澄翁)の名を以って下の通り記されている。   

孕の海にジャンと唱うる希有のものありけり、誰しの人も未だその形を見たるものなく、其物は夜半にジャンと鳴響きて海上を過行なりけり、漁業をして世を渡るとちに、夜半に小舟浮べて、あるは釣を垂れ、あるいわ網を打ちて幸多かるも、此のもの海上を行過れば忽に魚騒ぎ走りて、時を移すとも其夜は又幸なかりけり、高知ほとりの方言に、ものの破談になりたる事をジャンになりたりといふも、此海上行過るものより出たることなん語り伝へたりとや。            

この文は鹿持翁の筆なれば大凡小百年前のことにして孕のジャンは此程の昔よりもすでに其の伝があったことが知れる(後略)』


寺石氏はこのジャンの意味の転用に関する上記の説の誤謬を指摘している。また終に諏訪湖の神渡りの音響の事を引き、孕のジャンは何か微妙な地の震動に関したことではあるまいかと述べておられる。

私は幼時近所の老人から度々これと同様な話を聞かされた。そしてもし記憶の誤りでなければ、このジャンの音響とともに「水面に漣が立つ」という事が上記の記載に附加されていた。  

この話を導出しそうな音の原因に関する自分のはじめの考は、もしや昆虫か或は鳥類の群が飛び立つ音ではないかと思ってみたが、しかしそれは夜半の事だというし、また魚が釣れなくなるという事が確実とすれば単に空中の音波のためとは考えにくいと思われた。ところが先年筑波山の北側の柿岡の盆地へ行った時に彼地には珍らしくない「地鳴り」の現象を数回体験した。その時に自分は全く神来的に「孕のジャンはこれだ」と感じた。この地鳴りの音は考え方によっては矢張ジャーンとも形容され得る種類の雑音であるし、またその地盤の性質、地表の形状や被覆物の種類によっては一層ジャーンと聞え易くなるであろうと思われ得るたちのものである。そして明らかに一方から一方へ「過ぎ行く」音で、それが空中ともなく地中ともなく過ぎ去って行くのは実際他に比較するもののない奇異の感じを起させるものである。丁度自分が観測室内にいた時に起った地鳴りの際には、磁力計の頂上に付いている管が共鳴してその頭が少くも数粍ほど振動するのを明らかに認める事が出来たし、また山中で聞いた時は立っている靴の底に明らかに極めて短周期の振動を感じた。これだけの振動があれば、適当な境界条件の下に水面の漣を起し得るはずであるし、また水中の魚類の耳石等にもこれを感じなければならない訳である。尤も、魚類がこの種の短週期弾性波に対してどう反応するかについて自分はよく知らないが、これだけの振動に全然無感覚であろうとは想像し難い。 

地鳴りの現象については、既に大森博士等によって色々研究された文献がある。その本当の原因的機構は未だよく分らないが、要するに物理的には全くただ小規模の地震であって、それが小局部に且つ多くは地殻表層に近く起るというに過ぎないであろうと判断される。 

もし「孕のジャン」として知られた記録通りの現象が、実際にあったものと仮定し、またこれが筑波地方の地鳴りと同一系統の地球物理学的現象であると仮定すると、それから多少興味のある地震学上のスペキュレーションを組立てる事が出来る。 

ジャンの記録は既に百年前にある。もっともこの記録では、当時これが現存したものか、あるいは過去の事として書いたものか、余り判然とはしない。そしてとにかくわれわれの現時はないと云われている。自分の幼時にこの事を話した老人は現に自分でこれを体験したかの如く話したが、それは疑はしいとしても、この老人の頭の若かった時代にこの話しがかなりの生々しい色彩をもって流布されていた事は確らしい。

土佐に於ける大地震の最初の記録としては、西暦六八四年、天武天皇の時代の地震で、土地五十万頃がして海となったという記録があり、それからずっと後には慶長九年(一六〇四)と安永四年(一七〇七)並に安政元年(一八五四)とこの三回の大地震が知られており、このうちで、後の二回には、海濱の地帯に隆起や沈降のあった事が知られている。さて、これらの大地震によって表明される地殻の歪は、地震のない時でも、常にどこかに、どこかの程度に存在しているのであるから、もし適当な条件の具備した局部の地殻があれば、そこに対し小規模な地震、即ち地鳴りの現象を誘起しても不思議はない訳である。そして、それがある時代には頻繁に現われ、他の時代には殆んど現われなくなったとしても、それ程不思議な事とは思われない。 


今問題の孕の地形を見ると、この海峡は、五万分の一の地形図を見れば、何人も疑う余地のない程明瞭な地殻の割目である。即ち東西に走る連山が南北に走る断層線で中断されたものである。更にまたこの海峡の西側に比べると東側の山脈の脊梁は明に百米ほどを沈下し、その上に、南の方に数百米もずれ動いたものである事が分る。尤もこの断層の生成、これに伴う沈下や辷動の起った時代は、おそらく非常に古い地質に属するもので、その時の歪が現在まで残っていようとは信じられない。しかしそのような著しい地殻の古疵が現在の歪に対して時々過敏になり得るでもらうと想像するのは単に無稽な空想とはいわれないであろう。 

それが問題の怪異の一つの可能な説明としては、これは、ある時代、おそらくは宝永地震後、安政地震の頃へかけて、この地方の地殻に特殊な歪を生じたために、表層岩石の内部に小規模の地辷りを起し、従って地鳴の現象を生じていたのが、近年に至ってその歪が調整されて最早変動を起さなくなったのではないかという事である。

この作業仮説の正否を吟味し得るためには、われわれは後日を待つ外はない。もし他日この同じ地方に再び頻繁に地鳴りを生ずるような事が起れば、その時にはじめてこの想像が確められる事になる。しかしそれ迄にどれ程の歳月が経つであろうかという事については全く見当がつかない。ただ漠然と、上記三つの大地震の年代差から考えて、今後数十年ないし百年の間に起りはしないかと考えられる強震が実際起るとすれば、その前後に何事かありはしないかという暗示を次の代の人々に残すだけの事である。しかしもし現代の読者のうちでこれと類似の怪異伝説あるいは地鳴りの現象についてなんらかの資料を教えてくれる人でもあれば望外の幸である(後略)。

(昭和二年、思想)


    【孕 の ジ ャ ン】