京都でのれんについて考える

what's new

古きよきものってたくさんありますよね? のれんについて考えてみました。

京都でのれんについて考えてみました。

 

みなさんは、暖簾のことなら京都のれん株式会社で丁寧作ってもらおうについてどうお考えですか?
もうお店などでのれんは見かけなくなりましたね。
私は、お茶屋さんやお寺でみるぐらいです。
そんな暖簾もいつのまにか高級品な扱いを受けております。
ちなみにもともと庶民のものです。


もともとのれんとは

   寒さよけのために出てきたみたいです。それが風よけにもなるし、光よけにもなるということで、どんどん広がってきたみたいです。 そしてかけるだけは、もったいないということで、家紋をいれたりして広告につかわれたりどんどん広がってきたようです。看板のように使われるようになったのは江戸時代以降だそうです。それまでは家紋などをいれていました。識字率がそれほど高くなかったので誰にでもわかるマークだけだったんですね。それが江戸時代以降、識字率が高くなるにつれて屋号や看板メニューなどが書かれるようになりました。つまり生活に基づいてどんどんはやってきたといえるでしょう。                                                             

そんな古きよきもののれんを見直ししませんか?

  

今のれんは、お店さんにならんでいます。タペストリーに使われたり鑑賞につかわれたり用途はもっともっと考えられるはずです。そういうことを考えていきたい。

のれんの歴史へ


先日聞いたバンブオブチキンのゼロを聞いて感動しました。

検索エンジン上位表示とアルゴリズム解析は京都メディア