機械式計算機、 歯車式計算機

あるいは手廻し計算機 (手回し計算機) とも呼ばれる計算機です

 日本、中国では算盤が普及した為、計算にそれはど不自由しませんでしたが
西洋では、ネピアの計算棒等、少々手数の掛かる用具で計算していました

 19世紀にイギリスで機械工業が発達すると、アリスモメートル計算機等の、
機械機構を使った計算機が登場、次第に改良が加えられて、19世紀末には
オドナーが今日知られているスポークホイール式の計算機を完成、世界各国で
これを模倣した計算機が作られました。

 日本では、発明家、矢頭良一氏が自動算盤を完成、 又、大正12年には大阪の大本寅次郎氏
がオドナー式計算機の国産化に成功、虎印計算機の名で発売します。

 虎印計算機はその後、洋風にタイガー計算機と名前を変え昭和40年代に電卓が出現するまでに
およそ50万台生産されます。

 しかし、次第に電卓に押されて、使われなくなり、ゴミとして捨てられている物があると、元々この手の
機械が好きな私は拾ってきて、ハンドルをグルグル チーンと回して遊んでいたのです。
 
 かっては、科学計算、工業技術計算に多用され、カメラ会社では数百人の女性計算員がハンドル
をグルグル廻して、光学計算をしていたそうです。

 当地、峰山町にも、日本計算機があり、タイガー計算機と並ぶ、大きな会社があった事を
若い人にも伝えて行きたいと思います。

 私も小学生の頃、宿題を計算機でやっていたことを思い出し、屋根裏部屋から探してきました、
綺麗に掃除して紹介します。   元々家にあった物、拾ってきた物、貰ってきた物、などです。
タイガー計算機、製造番号 17703  昭和12年頃、
加減算切り替え機構が無いので、使いづらい。
マークが虎の顔になっている物は初期の製品、今でもちゃんと計算出来ます
タイガー計算機、製造番号 109400   昭和29年頃
私見ですが、コレクションとして、手に入れるなら、この頃の物が一番良い、ダイヤル以外のほとんどの部品が金属で出来ていて、壊れにくく、手作りの良さも残っています。
これ以降の、位取り指針がプラスチックの物は、経年劣化で、この指針が壊れやすいのです。
タイガー計算機、製造番号 133364  昭和31年頃
某大手自動車メーカーの会計課で使われていた物、電算化で不要になった物を
社員の方がもらって帰り、それを私が譲って頂きました。
タイガー計算機、製造番号 170799  昭和34年頃
峰山町で製造された日本計算機 HL-21型  製造番号 195121

この計算機は、日本計算機の本社から購入したもので、価格は確か、3万円か4万円位
だったと思います。  そんなわけで、説明書もまだ在りました。

購入数年後、突然、サービスマンの方が訪ねて来られ、カバーをはずして、整備をしてくれました
お金がいるんですか?、と訪ねたところ、アフターサービスですから、いりませんと言われて帰られました
ああ、何て親切な会社なんだと、感心した事を覚えています。

タイガー計算機の内部、右の写真は、当サイトで紹介している、米軍暗号機M-209の内部です

同じ数学機械という性格からか、似た雰囲気です。
機械式計算機ではありませんが、IBMのホレリス式計算機に使われたカード穿孔機です

19世紀末に米国の国勢調査の集計を機械化するために、開発されたパンチカード式
集票機は戦前、戦後を通じて、1950年代まで各国で使われました。

第二次大戦中は暗号解読に大きく貢献したことでも有名です

ホレリス機は本体、カードリーダー等、とても大きくて、穿孔機くらいしか入手出来ません。
80列ある内の、どこに穴を開けるかによってデータを入力します、

初期の穿孔機は指の力だけで穴を開けていたので、オペレーターは腱鞘炎
に悩まされ、すぐに電磁石の力により動作するよう、電動化されました。
初期の機械の内部  左側の数字表示はハンドルの回転方向により赤白に表示が変わる。
戦前のロゴ
戦後のロゴ
タイガー計算機のサイト
モンロー計算機
こちらで紹介しています
画像をクリックして下さい
海外のサイト  クラシック計算機の画像豊富
サイトの
トップへ
画像をクリックして下さい、
ホレリス穿孔機のページへ移動します