能楽師・桑田貴志 深川能舞台WEBサイト

お知らせ

桑田貴志 能まつり 「望月」

日時 平成30年4月14日(土) 14:00開演 (13:00開場)
会場 二十五世観世左近記念観世能楽堂
GINZA SIX 地下3F
入場料 指定席S席(正面) 7,500円  S席完売
指定席A席(脇正面・一部中正面) 6,500円  A席完売
自由席(中正面) 5,500円  完売
学生席(中正面) 3,000円  完売
内容

仕舞 「玉之段」/観世喜正、「天鼓」/観世喜之
狂言「墨塗」/野村萬斎
能「望月(もちづき)」/桑田貴志

「望月(もちづき)」
信濃国・安田友治が望月秋長に討たれた後、家臣の小澤友房は近江・守山で旅館の亭主となった。そこへ友治の妻と遺児の花若が一夜の宿を乞い3人は思い描けない再会を喜ぶ。そこに望月も宿泊することとなる。友房は望月を討つ絶好の機会と、友治の妻を盲御前に仕立て、花若には八撥を披露させて策略をめぐらす。そして友房は赤獅子頭の姿で獅子舞を勇壮に舞う。あまりの面白さに望月は酔い伏して、その隙に友房は花若と共に望月を討ち、本懐を遂げるのであった。
チラシを見る(PDFファイル)

お知らせ一覧ページへ