2005.09.11

同行者:つっちーさん

今日は待望の「ヒラタ採集」の日であります。
私は生まれて以来ヒラタを捕まえた記憶がありません。
神奈川では稀少なヒラタも静岡以西では普通種ということで、静岡へ行ってきました。
しかし、静岡はまったく土地勘が無い為困っていたところ、某X氏に「採れる所」を教えて
いただきました。全く感謝の至りです。

午前9時にいつもの待ち合わせ場所でつっちーさんと合流し、東名高速で一路西を目指
します。
2時間足らずで目的地に着きました。気温は30℃。かなり蒸し暑い気温の中長袖、長
靴、軍手。
河原のため幾分風がありましたが、動けば滝のような汗が出てきます。

ヒラタのいる河原
   こんな場所で採れるんですね〜

しかし、先ず初めの木の洞にてヒラタ♂を発見!
「これならいける!」と気合が入りましたが、その後はひたすらコクワ・・・・・。
何故かでかい!しかしコクワ・・・・・。
疲労とスズメバチのため水分補給にコンビニへ行くことに。
この時点でヒラタは♂2・♀1である。しかも自分では1匹も採集していない・・・・。
まあ、それでもヒラタは採集できたので50パーセントの満足度である。
このまま帰ってもいいかな・・・・とも思いました。
つっちーさんがノコのお土産を頼まれているとのことで、帰りに伊豆にも寄ってみたい
し・・・・。

洞の中のヒラタ♂    
      洞の中のヒラタ♂

しかし、やはり自己採集のヒラタが欲しいとのことで納得がいかず、わがままながら再度
舞い戻り挑戦してみる事にしました。
今度は先ほどとは反対方向に採集してみることにしました。
すると、初めに見た洞のなかでクワガタの姿が。コクワと思いましたが引きづりだしてみ
るとなんとヒラタではないですか!歯の先端が削れているいかにもWILDらしい個体で
す。
喜びに興奮しているその直後の洞を覗いてみるとこれもヒラタである!歯をこちらに向け
ているので引きずり出す前からヒラタと判明!しかも洞は浅く、退路はない状態。
あっさりゲットしてしまう。
そのわずかに後、なんと同じ洞から3匹のメスが出てきました。オスもいたようですが奥
に逃げられて断念しましたが、ハーレムを作っていたようです。
もう、満足度100パーセントです。その後も欲を出し探し回ってみましたが、何故かその
後はコクワばかりでした。(でかいけどね・・・)
スズメバチも普通に飛び回っています。こいつさえいなければもうちょっと藪こぎ出来た
のですが、私は過去に1度さされているので無茶は出来ませんでした。

ヤナギの樹液
     逃げるコクワの♀  幼虫は流木に乗った瞬間割れ目から出てきてしまったものすでに前蛹

この時点で15時です。これから伊豆に行って採集は可能なのでしょうか?
しかも天候が怪しくなってきていて、あめもポツポツと降ってきています。

急ぎ伊豆に向かいました。目的地に着いたのは17時頃でした。
まだ明るいのですが、林に入るとさすがに薄暗くなっており木をけって何かが落ちてきて
も探し出すのはかなりの困難でした。しかもわたしはけりは苦手・・・・。
そんな中でしたがノコのオスを1匹捕まえる事に成功しました。
話ではクワガタがボトボト落ちてくるそうですが、さすがにシーズンも終わりのようで甲虫
の影は薄くなっていました。
その後伊豆を少し回ってから帰路につきました。

9月のノコ    
今年最後になるであろう9月のノコ       クヌギ林のシイタケ栽培

その車中の事・・・・・・・突然左足がつりました。車を止めて治まるのを待ち、再度走り出
すと今度は右足がつってきました。さすがに右足はブレーキとアクセルを踏み込むほうな
ので早めに車を止めて治まるのを待ちました。
こんな事は初めてでしたが、日ごろの運動不足を実感した瞬間でした。

   歯の削れている♂
      39ミリの♂         歯の先端が削れている♂(こちらも39ミリ)


ヒラタの♀
ヒラタの♀24ミリ コクワのヒラタのメスの判別は・・・・むずかしい



成果
ヒラタ♂4・♀4、ノコ♂1、コクワ多数





トップへ
トップへ
戻る
戻る