2005.07.16

同行者:つっちーさん・つっちーJr

前回、山梨灯火採集でミヤマがたくさん採れたので、また行きたくなりました。
今回はつっちーさんの息子さん同行です。
灯火採集の良いところは山の中に分け入らなくても向こうから飛んでくる事です。したが
って、危険も少なく、子供連れに適した採集といえるでしょう。

前回は雨に泣かされました。
今回は予報では前回よりも良いようです。現地の18時以降の降水確率は20パーセント
です。
月齢が悪いので曇ってくれるのは大歓迎ですが、雨が降るのは困りますのでその微妙な
状態を保ってくれるのを望みます。

15時に横浜を出発しました。3連休の初日ですので、下り線とはいえ渋滞は覚悟の上で
す。空いていれば1時間半くらいで着くのですが、18時現地到着予定での出発です。
ところが思った以上の渋滞。この渋滞は事故渋滞だったと分かりましたがロスが気にな
ります。
中央道を走り、目的のインターで降りた時点で18時となってしまいました。
しかも、到着と同時に雨がぽつぽつ降り出し、しばらくすると本降りになってきました。
スタートからへこみましたが、夕立だろうと心に言い聞かせ現地に向かいました。
しかししばらく走ると雨は小降りになり、トンネルを抜けると雨が降った気配もありませ
ん。それどころか青空・夕焼けも見えます。
川端康成の「雪国」の有名な一文にもありますが、トンネルを抜けると気象状態が一変し
ていました。やる気も満々になってきました。

雨    晴れ
         雨です・・・・しかし、しばらく走ると路面もぬれていません

現地も晴れ
      現地も晴れ

18時45分くらいに現地に着き、灯火の設営を急ピッチで行いましたが、釣り人がいた
のでその方が帰った後の19時半頃の点灯となりました。

前回のゴールデンタイム20時〜21時はすぐに来ましたが、飛来は余りありません。
原因は何か?
雲があまり出ておらず、月が見事に顔を出しています。しかし、半月くらいです。
風も前回よりも少々ありますが気になるほどではありません。
気温は大分下がりましたがこの時点で22℃。前回は20℃を切っていました。
虫の飛ぶ条件とは難しいものです。

月
    早く雲に隠れてくれ〜

それでも、コンスタントにぽつぽつと飛来はありましたが何故かメスばかり。
オスがなかなか増えません。
子供はやはりオスのほうに魅力があるようで、少しづつ親もあせってきました。
そうこうしてるうちに月も沈み、辺りの闇は増して来ましたが、飛来は相変わらずです。

アカアシ♂    ミヤマ♀
今回の初飛来クワガタはアカアシ♂           ミヤマの♀

   
数少ないオスの中で最大58mm      今回はこいつの飛来も少なかった

気温も大分下がり、18℃になりました。快適なようですが寒いくらいで、つっちJrは寒さ
のあまり寝れません。今回はテント持参しましたが、結局車中で寝てました。
そんな中、大き目の個体の飛来!ドキッとしましたが、かぶとのメスでした。
標高は1000メートルを越えていますがかぶと虫も飛んでくるんですね。ちょっとした発
見でした。

1000メートル移住に飛来カブト♀    テント
      かぶと虫♀です。         テント持参したんですけどね・・・・

翌1時を越えた辺りで大人も交代で仮眠を取りながら、空が明るくなってくる4時過ぎまで
灯火をしました。徹夜灯火となりました。(途中燃料2回注入)
結局、ゴールデンタイムも無し、飛んでこない時間帯も特に無し。
ダラダラ飛来でした。
成果    
    今回の成果です。         空が明るくなってきてしまった・・・・・

成果:ミヤマ♂×6、♀×20・アカアシ♂×1、♀×2・かぶと虫♀×2



トップへ
トップへ
戻る
戻る