2005.06.18

同行者:家族

梅雨の晴間で、絶好の採集日和となりました。
今日は、同行者の都合がつかず、
「虫取り行こうか〜」とためしに言ってみると「行きた〜い!」と予想に反する反応があっ
たため、家族を連れての採集となりました。
気温は23℃。風もあまり無く、私の知識の中ではたくさんの虫が出てくるはずです。

車を走らせ、現地に到着。
先ずは街灯廻りをして見ました。子供が暗闇を怖がるので、今日はここを中心にさいし
ゅうするよていでしたが・・・・。
虫が飛んでいない・・・・・。目安の蛾の飛来が少なすぎます。
なぜでしょう?自動販売機や看板等いろいろ廻ってみましたが、車に轢かれたノコ1匹
の確認のみでした。
その後も1時間ほど家族を車に残して廻ってみましたが成果を出せずに、仕方なく樹液
ポイントへ移動しました。

現地に着きましたが、子供もかみさんも「降りな〜い」更に「眠い〜」の連呼です。
まあ、その方が採集に集中できるので好都合ですが、子供に昆虫の生態を見せてあげ
ようとした親心は弾け飛びました。
車に家族を残して1本づつ見ていきましたが、やはりここでも虫の影は薄く、コクワの姿
を探すのも困難なほどです。当然、蛾もいなければ、他の昆虫もあまりいません。
なぜでしょう??
少し歩くだけで汗ばむほどの湿度も気温もあります。
何とかノコ2匹を見つけました。

切り株
こんな切り株からも樹液はダラダラ出ているんですけどね・・・・

とっくに子供たちは夢の中でしたが、時間も遅くなりかみさんの機嫌も悪くなってきたので
採集を終了としました。

あきらめきれずに、帰りがけに他のポイントを見てみました。
1本だけかぶと虫とクワガタが張り付いている木がありましたが、他にも樹液は出ている
ものの虫の姿は薄いようでした。

カブトペア
    樹皮の捲れの下にコクワ2匹

惨敗成果    小歯ノコ
     成果はこれだけ・・・・            これでもノコ♂です

一体何がいけないのでしょうか?
虫って不思議ですね。

カブトペア・ノコ♂×2・コクワ数匹


トップへ
トップへ
戻る
戻る